« アグネスホテル | トップページ | 金木犀の咲く頃 »

2006年9月21日 (木)

ひなぎくちゃんのお庭

こけもも文庫、秋に向け始動!
の具体的なお話。
アクセサリー作家のneigeさんのホームページにも詳細がアップされたことですし
私もここで、今回のコラボについてお話しますねー。

昨年のクリスマス、neigeさん(またの名をお達者部員)のアクセサリー個展で
何か一緒にできたらと、声をかけていただいて、実現したのが「こけもも文庫」
けやき荘というアパートを舞台に、5つの物語をつくりました。
そしてまた、本当に嬉しいことに今回も声をかけていただいて、
実現の運びとなりました。

物語から生まれるアクセサリー、
neigeさんからの希望は小さな女の子が主人公で
小鳥が出てくるというもの。そして、子どもにも読み聞かせができるもの…。
えーーっ!?責任重大、けどすごく楽しそうで、考えただけでわくわくしました。

そして、今回のお話は二つ。
雑貨屋のbois2とmoca2で同時開催。
なので、bois2用とmoca2用。

私の中での一番のテーマっていうか、モチーフは「庭」
小さい頃住んでいた島の家の庭。
深い沼みたいな池と、浅い、小川みたいな池。
池を覆うようにソメイヨシノと枝垂れ桜。

木登りをしたタイサンボク。
隠れ家になった雪柳。
枝垂れ桃の木の下で、よく本を読んでいました。

家の前には母の丹精したバラ園。
季節の花が耐えることなく、
春には色とりどりのチューリップやラナンキュラス、アネモネ。
日陰にはすずらん。
夏を告げるガクアジサイ。
唄うように咲く朝顔。
秋には貴船菊とコスモスが背の丈ほどになり
冬にはサザンカが凛とした真っ白い花を咲かせました。
ここには挙げきれない、様々な草花や木の花が、
家の庭にはありました。

よそのお家の庭も大好きで、
古い病院のお庭、お寺のお庭。
庭は、私の空想の場所でした。

そして春、お友だちのお庭に招待していただいて
お友だちのご近所の奥様のお庭も拝見させていただいて
(ああ、この二つの庭は本当に素敵でした)
子どもの頃抱いていた庭への想いが蘇ってきました。
何か、この想いが形に出来たらと思っていたところ
物語のお話を頂き、よしっ!と思ったしだいです。

庭、
秘密めいていて、閉鎖された世界。
けど、そこはとてつもない宇宙が広がる大きな世界。

とてもじゃないけど表現しきれない…。
けど、私なりの庭が描けたらいいなと思っています。

そして。
やっぱり「せつない」は、私の表現するものには付いて回るんですよねーー。
bois2は「ひなぎくちゃんとまほうのかぎ」
ひなぎくちゃんという主人公の女の子の名前、
これはお話が出来る前に、一番最初に決まりました。
moca2はもう少しビターにリリカルに…。

さて、こけもも文庫。
どうなることやら。
また少しずつ、お話できたらと思います。

060921_20050001 さて、そんなお達者部員から届いたバターサブレ。
郵便局員の陰謀か?
開けてみたら粉々に(涙)
かろうじて1枚形が残っているのはそのままおいしく頂きました。
なるほど、口に入れたらほろほろと崩れるその食感。

そして、もろもろになってしまったサブレ。
はーーい、素敵に変身。
チョコバナナパッフェですよ。
上にかかっているのが、サブレのもろもろです。
あと、結婚式で頂いたゴマクッキーも少し加え
う、うまい!!。

サンキュウ☆二つの味が楽しめましたよ。

|

« アグネスホテル | トップページ | 金木犀の咲く頃 »

コメント

ぬぉー!郵便局員の陰謀か。
はたまた笑いの神降臨か。
いやいや、おジィには良い思いはさせぬという神の罰か。
そらっぱさんとまったく同じ送り方をしたのに、
そらっぱさんは形が無事で、お達者なエムジジ様には
粉々という神の仕業。
しかし、一枚だけでも食感を味わえていただけて良かったです。
粉々になったのをパッフェにするというのもクランキーぽくて良いですな。

つか、コトヤの新入荷やばそうです。
明日、偵察に行って参ります。

投稿: いずジィ | 2006年9月21日 (木) 22時44分

くぅぅぅぅっ…
ただいまそらっぱ*さんのHPに行き確認した所
原型をとどめた美しいバターサブレの写真が…。
ああ、あんな風だったのですね。
ワシの所に配達に来たのは
郵便局員に変装した隠密。
そうに違いない。

まあでも、そんな隠密の陰謀にも屈することなく
粉々だったからこそのパッフェ。
(しかし、ワシらは普通にパッフェと、小さな「ッ」を入れて表記しているが、これを読んだ乙女たちは、まあまあ、やはり年よりはカタカナに弱いのね、などとうつむき加減に笑っているのでは…。)

あー、コトヤに行かれるのですね。
トリまで往復8時間の旅。
ここを越えれば、パラダイス。
コトヤ、引き続きレポお願いします。

投稿: みち代 | 2006年9月22日 (金) 10時05分

才女 エムヲ姫さま お元気で何よりです
とも子ばばも ほんのちょっぴり参加してしまいました
エムヲ姫様たちには ついて行けない ばば ではありますが
ご挨拶程度に寄らせていただきました
恐ろしいほどの たくらみのある いずみさんの個展のようで
胸が張り裂けそうなくらい 楽しみでございます
 頭も体も パンクしないようにと案じております
お庭の風景が とてもよく伝わりました
私も記憶にございます
ではこのへんで。


投稿: とも子ばば | 2006年9月22日 (金) 18時36分

にゃー!とも子さんだ!とも子さんですよ!
みなの者であえであえー!←?

個展、ご期待に沿えるように頑張ります。
個展中はジィ排除で100%乙女で☆(いや、無理か?)

つかですね、パッフェ。
普通にパッフェと何も考えずに打っておりました。
えぇ・・・何も考えず・・・エムジジ様に合わせた訳でも無く・・・。
ええんじゃ、ワシらはデスコじゃデズニーランドじゃ。

投稿: いずジィ | 2006年9月22日 (金) 21時07分

にゃにゃーー!!とも子さんじゃあ。
いや、隣国のとも子姫。
本日はお越しいただき、光栄にに存じまするぅぅぅっ。(半泣きか?!)
嬉しいお言葉の数々、ありがとうございます。
私は、とも子姫のお庭も大好きで、
一見して、野原のような、設計されていない庭が好きです。
小さな草花も、バラも、同じ位置で咲き誇っていられるような
そんなとも子さんのお庭。

とも子姫、またのお越しをお待ち申し上げておりますぞ。

そして、いずジィさま。
ええ、頑張りましょう。
ええ、一番の頑張りどころはやはり、
乙女度100%☆

投稿: みち代(エムジジ) | 2006年9月22日 (金) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひなぎくちゃんのお庭:

« アグネスホテル | トップページ | 金木犀の咲く頃 »