« 世界のかたすみの本屋にて | トップページ | 結婚式シーズン☆台風シーズン »

2006年9月13日 (水)

なつめの木のある風景

雨ですね。
今日もこの時間の更新。

雨の日は家に居たい。
特にこんな冷たい雨の日は、家でぼんやり窓の外眺めたいですね。
そんな私はまたしても11月の空の下に飛んじゃってます。

通勤のバスから見える範囲で、なつめの木が二本確認できます。
一本は畑のすみっこに。
一本は庭から道路に向かって枝を落としています。
まだ緑の実、赤くなったもの、黒くなって食べごろのもの。
なつめの実は、林檎みたいな香りと食感で、
口の中に入れたら、甘酸っぱいまさに林檎の味が広がります。
近所の木になったものを頂戴して口にした経験を
誰もがもっているのでは?

かく言う私も、えぇ、えぇ。
小学生の頃、うちから自転車で15分くらいのところになつめの木がある家がありました。
その家の前には幅が4メートルくらいのどぶ川が流れていて
コンクリートの橋が架かっていました。
庭からそのどぶ川に向かって枝垂れるように、なつめの古い木がありました。
浅い川の中に入っては、手の届く実をちぎって、
そのまま口に入れていました。

そのなつめの木のあった一角の風景は
今も鮮明に覚えていて、
それはですね、思い出ありまして。

なつめの実の色づく、やっぱりこの季節でした。
台風のあと、どぶ川も増水して、茶色い水がどうどうと流れていました。
学校が終わって自転車で男子女子5~6人と待ち合わせて
なつめの木に行こうと約束。
集団で自転車暴走しながら向かっていたその時。
やはり笑いの神降臨。
かなりなスピードで自転車をこいでいた、トップ独走のわたし。
橋に差し掛かったときにもスピードは落ちず、ブレーキングテクの甘さから
20センチほどの欄干をそのまま乗り越えどぶ川ダイブ!!

ダイブするその瞬間目の端に映ったなつめの木のある風景。
そして、案外と深い水深に一旦頭までもぐって、
再び顔を水面に出したときに見たのが、やはりなつめの木のある風景。

なつめの家のおばちゃんが家に電話してくれて、着替えを待つ間、
水底に沈んで、すぐには引き上げられない自転車をおじちゃんが引き上げてくれている間、
ずっと目に映ったのはなつめの木のある風景。
バチがあたったのか?!

つか、チキンレースかよ?!

|

« 世界のかたすみの本屋にて | トップページ | 結婚式シーズン☆台風シーズン »

コメント

えぇ、私もあります。チキンレース経験。
あれは実家の側で有名な急な坂道。
その頂上から猛スピードでチャリを飛ばす私。
が、何を思ったか突然急ブレーキをかける私!
勢い良く転がる自転車と馬鹿な子ども!
人生でも一番か二番目の大怪我をしました。
その後泣きながら自転車を押して帰っているところを近所の巴堂のカステラ工場のお姉さんに捕獲され家まで送ってもらったのでした。
その時にもらった不二家のキャンディー、今でも鮮明に覚えています。
あれは確かにソフトキャンディーだった・・・。

骨董市、行って参りました。
雨でもやるのですよ。
で、ダンボールの隅でやさぐれている数々の物発見!
詳しくはHPにて・・・。

コトヤ、無事に存続しておりました。
がしかし・・・今日は定休日でした。
入り口にディスプレイがあったじゃないですが。
あれがガラス越しに見えたのですよ。
かなりレベルアップしています。
お花模様のお米ストッカーやばかったです。
それと「きのこ」という絶妙なフォントときのこの絵が描いてあるコトヤの新しいフライヤーも見えました。
取りたい・・・。向かいの店主の絵美さんも好きそう。
という訳でここで引き下がっては乙女、いや、ジィが廃るので明日再チャレンジしてきます。

投稿: いずジィ | 2006年9月13日 (水) 17時03分

どもども、季節の変わり目にめっちゃ弱いエムジジでございます。
昨日は午後より、三途の川あたりを彷徨っておりました。

雨の降りそぼる中の骨董市。
忘れ去られた箱の底のやさぐれものたち。
世間に背中を向けながらも、世を捨てていようとも、
それでいて、ちょっと見つけて欲しいの。。。っていうかすかな念を発するものたち。

ああ、その情景を思い描くだけでも短編書けそうな勢いですのお。

HPアップ楽しみにしております。
そして、コトヤのレポもお願いしマッスル☆

投稿: みち代 | 2006年9月14日 (木) 09時41分

いずジィ殿!!コトヤとはパラダイスですか!?「きのこ」という文字で俄然テンションがあがっている絵美でございます。
お店でも急遽「きのこフェア」をしようとたくらんでおる次第でございます・・・
いいですね~~骨董市。私は京都の北野天満宮の「天神さん」しか行ったことがありません・・・行きたいです・・・うぅぅ。


さて、なつめといえば私も小さな頃に家のすぐ近くに木があって、幼なじみと一緒に木を蹴って落として食べておりました。
私の好みは青くてまだちょっと硬いヤツです。味の薄いりんごのような・・・

だいぶん前に切られてしまい、久しく食べていません。
食べたいなぁ。。。


投稿: 向かいの店主 絵美 | 2006年9月16日 (土) 01時09分

えぇ、コトヤはパラダイスですよ。
特に向かいの店主の絵美さんにとっては・・・。
かなりドツボだと思われます。
骨董市に合わせて一度トリにおいでませー。
ちなみに「きのこ」フライヤーはエムジジ様に預けましたので今度お受け取りくださいませ。

p.s.14日の朝日新聞見てたまげました!
最初気付かず、生ゴミを包もうとしてひっくり返したところ発見しまして・・・。
慌てて切り抜きしておきました(笑)
もち永久保存版☆

投稿: いずジィ | 2006年9月17日 (日) 00時26分

いずジィさん、
お達者出版でここは一つどかーーんと乙女トリツアーでも主催しちゃいますか?
え?お達者出版じゃ集まらん?

絵美さん、コトヤは本当にすばらしいセレクトのお店です。
全てが私のツボにどんぴしゃり。
やはりここはツアーを。
そして、駅前で自転車を借りて、
トリの街を爆走しませう。
えぇえぇ。
お達者どのも走りはいつもチキンレース並み。

投稿: みち代(エムジジ) | 2006年9月17日 (日) 02時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なつめの木のある風景:

« 世界のかたすみの本屋にて | トップページ | 結婚式シーズン☆台風シーズン »