« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

時計草、きりきりと。

本日のmoca2、
ガーデニアのモデルさん二人が揃い踏み。
写真の前でお二人がおしゃべり、なんて!!
なんともレアな空間。
居合わせたお客様、すごく幸運ですよーー。
その上、お向かいの雑貨店の店主さんまで!!

わしゃ、シアワセじゃ~~ほわ~ん。。。。
060909_11250001
そして、今日はまたまた撮影会。
前回とは全く違った画が撮れたと思います。
近日公開いたしますので、お楽しみにです。

さて、ガーデニアの中に「時計草」が出てきます。
時計草ってどんな花ですか?
っていうご質問を頂いたので、右の写真。
ツタ状の植物で、こんな不思議な花が咲きます。

なんとも浮世離れした花です。
通勤途中に、
時計草が垣根になっているお庭があるんですが
開花時期はそりゃあもう。
この花が全部こっちを見ているんですよ。
いっせいに。
こ、こわいですから。

これが、百ほども咲いていて、一斉にきりきりと回る様を想像したら…。060909_11250002
物語が生まれたわけです。
「時計草がうるさくて、眠れない」
と、相成ったわけです。

ひなぎくちゃんとまほうのかぎ
は、ちゃんとストーリーになっていますが
ガーデニア
は、読んだ人が色んなことを想像していただけるように。
もちろん、私には私の「ダリア」と「くちなし」のストーリーがあります。
その時々で、ストーリーは変わるんですけどね。

でも、ひなぎくちゃんもガーデニアも根本は同じテーマかも。

庭のダリアが散り始めました。
明日から11月です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

コラボ個展「お達者文化祭」開催中…

昨夜、12時前までかかって個展準備。
帰ったらすぐにバタンキュー(しかし、バタンキューってこの言葉…。)
朝起きたら7時過ぎ。ひぃぃぃぃぃっ!
大急ぎで準備、仕事ぎりぎりセーフ。

今日からはじまっております。
bois2はneigeワールド炸裂です。
これまでとは少し違った、風が通りぬける感じのディスプレー。
neigeさん特有の色彩で描かれたコラージュも
ひなぎくちゃんの世界を描き出していただいて、本当に嬉しい。
アクセサリーもひとつひとつに物語があって、
どれもこれも欲しい、いやしかし、
前のクリスマス個展の傍若無人ぶりを反省し、
(そう、値札に「売約済み」あれは私の仕業です、すみません)
今回は「お手つき禁止」。
心の反省帳に毛筆で縦書き「お手つき禁止」

さて、moca2ですが。
わしゃ、neigeワールドを壊してやしないだろうか。
neigeアクセとワシの作ったものは、ちゃんと共鳴し、融合し、
一つの世界となっておるのでしょうか。
ああ、心配。おろおろおろ…。
感想などをお聞かせいただければ嬉しいです。
写真絵本も、お手にとって開いていただけたらうれしーですが、
ご自由にご覧ください、とかアナウンスした方がいいのかな?

あの写真絵本も、少し追加で作ろうかなーと思っておりますので、
興味ある方は、メールでも書き込みでもくださいませ。
あと、ひなぎくちゃんのほうも、
せっかくコラージュもあるし、絵本という形にできたらいいなと、
勝手に一人で思っていますが、どうでしょ?neigeさん。

さて、コラボ個展「お達者文化祭」も開催真っ只中ですが
こけもも文庫、次へ向けて始動です。
また、詳細が決まり次第オシラセしますが
明日はその準備の撮影が市内某所で行われます。

止まっている暇はない!
考えてる隙はない!!!
そんな勢いで、次々と計画が企てられる。
取り合えず今は、勢いに乗っかって突っ走る。
そうするうちに自ずと時間はすぎてゆくでしょう。

コラボ個展「お達者文化祭」(…いや、そんな名前じゃなかったような。)
へお運びの皆様、
二人の世界がひとつに混ざり合うさまを、
そして、neigeさんの乙女の夢を形にしたかのようなアクセサリーを
どうぞお楽しみくださいますよう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

個展前夜。

061029_003701
あさっての本番に向けて
出番を待っている子たちです。
もっともっと、やりたいことはあったけど
それはまた次回に。

モデルさんたちのカワイさのおかげで
今回は救われた感強し。
明日は準備。
neigeさんは今日から準備に向かわれたのか、
今回ばかりはワシ、敏腕じゃなくてスミマセぬ。

彼女はすごく頑張りやさんで、
なので、体のことが心配です。
あなた一人の体じゃないのよ(はぁと)…みたいな。
ワシは行程がめっちゃ遅れているため
もうひと頑張りです。

終わったらうまい酒を酌み交わすのじゃ(無理?)。
061029_003801
今日は八雲の相方とミスドで会っていました。
この間から良く会うよね((笑))
今日も色んな話をしました。
私も彼女と話すことで、自分自身のことも、見えてきています。私は彼女にすごく助けられているのです。
本当にありがとう。

くるりの岸田の声が頭の中をぐるぐる。
最近は全く音楽を聴いていません。
まだ、音楽に助けられるところまでは、戻っていない。
音楽に助けられたよ、って、これがいえるようになって
音楽が聴けるようになるのは、まだ少し先でしょう。
この私が、この私が、スピッツも聴かない。
「東京」の、泣き声で唄う岸田の声がぐるぐる。

相方と分かれたあと、自転車で川原まで出ました。
逆光の中の風景は、私たちの大好きなオレンジ色の風景で
光の粒子が見えるような、そんな中で
ねこじゃらしも風知草も全部、柔らかい光に包まれて風に揺れていました。
風はひんやりと心地よく、
指先が冷たくなる感じ、ああ、この感じ。11月もすぐそこだものね。

温かいものを思い描いて、11月に向かおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

ツワブキの花

今朝、走ってうちを出るときに、目の端に黄色いかたまりが映った。
ツワブキの花がかたまって満開でした。
毎年、庭の奥まった所のさざんかの木の下に咲く花。
ああ、いつの間にか咲いていたんだね、気づかなかった。

顔を上げたら、小高い斜面の上に彼岸桜が花を咲かせています。
沢山のことを見過ごしてしまった。

けど、やっぱり現実は容赦がなくて。
会社に来ると、その現実をつきつけられます。
出社拒否傾向にあったりで、ほんとこのままじゃ。。。
先のことを、未来のことを考えて
ここではない、ほかの場所のことを。

昨日は、アカシヤビルジング(文学バー苔桃文庫が入っている雑居ビル)の
他のお店の店主さんたちと晩ごはんを食べに行きました。
とはいっても、みんな仮想妄想店舗。

アンティークと紅茶のお店の店主さん。
手芸屋(マッサージもやるの?)の店主さん。
洋菓子カフェのパティシエ兼店主さん。
あ、enokkoはどんなお店がいいのかなあ?
まだ空きスペースはありますので、興味のある方は入居しませんか?
え?そんな妄想集団には入りたくないですか?

他にも、種もの屋(ガーデニンググッズも取り扱う?)、雑貨屋、定食屋、ライブスペースなどなど、個性的な店主が個性的な店舗展開を空想の中で。
それがアカシヤビルジングなのです。
これは色んな形で媒体で、展開していけたらと思っています。
気長にやって行きますので、気長にお付き合いください。

そんなこんなで、天才料理人Yさんの作る中華料理を堪能しながら
楽しい時間が過ごせたのでした。

月曜日からはいよいよ個展です。
Fh030005_2    

moca2版「ガーデニア」ちらっと公開

Fh020026_2

本当にに可愛らしいお二人です。

八月の飛行機雲
ちょっとだけ切ない気持ちで、健やかに歌えるように
また二人で笑ってちょっとだけ泣いて、
そんな日が必ず来ると。
ゆっくり歩こうよ。
気長にその日を待とうよ。
それが私の一番の願いです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

ひなぎくとダリアとガーデニア

いろいろあって
止まっていたお話作り
やっと完成しました。

「ひなぎくちゃんとまほうのかぎ」bois2用のお話
そぎ落とし、付けたし、まとまったものになりました。

「ガーデニア」moca2用のお話
ガーデニア、和名は「くちなし」です。
ダリアとくちなしという二人の少女
雨の似合う白い花、くちなし。
夏の終わりに庭を彩る赤いダリア。
その物語の少女を演じてくれたモデル二人は
現世に舞い降りてきた、お花の妖精でした。

お話は、予告どおり
リリカルにビターに仕上がりました。

ただいま一人祝杯。
ようやった、自分。
自分に乾杯、ですよ。
すでにビールロング缶は一本空け、
ただ今チューハイにかかりました。
かなり早いピッチです。

言葉は、
気持ちが参ってるときにはほんと出てこなくて
今回ばかりはもうダメかと、何度もあきらめようと思いました。
やればできるじゃん、私。
やっぱり今日は、乾杯自分!!

酔いが、早くも回ってきたようで
今日はこのまま眠りましょう。
久しぶりに、ゆっくりした気持ちで
眠りにつきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

少し前へ。

時間が止まっていました。
止まった時間がまた少しずつ動き始めます。
過去も未来も描けない日々でした。
怖くて、描けない日々でした。

もうすぐ個展がはじまります。
這ってでも辿り着きます。
その場所へ。
私には、できることがある。
まだやれる力は残っている。
それが救いです。

新しい計画もあって、
モノを作るということは
私にとっては未来を描くことで
何もないこの目の前に
形をつくる、未来を描く。
私には物づくりがあって本当に良かった。

少し前へ。
一人じゃないと言ってくれた
今出来ることだけを考えてと言ってくれた
明け方の、深夜の、電話に付き合ってくれた
話を聞いてくれた、
みんなありがとう。
心配してくれて、本当にありがとうございます。
ひとりひとりの顔を浮かべて、ありがとう。

まだまだ時間がかかりそうです。
時間。
どれだけ時間が過ぎれば良いんだろう。
今はそれも考えないようにしよう。

個展用の写真撮影
色んなこと忘れて楽しかった。
ほんと、鼻血ものですよ。
お楽しみに!






| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »