« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

巻かれる。

「巻く。」展、いよいよ明日となりました。
先ほど準備を終え、家に帰ってご飯も食べて憩ってます。
渡利現場監督のすばらしい采配とセンスのおかげで
いつもの木村兄弟雑貨店と
趣を異にした空間ができあがっています。

061130_21310001 しゃべりながらも、三人の手は休まず、
きっちりみんなで仕事が出来ました。
なんか、すばらしいコンビネーション。
気持ち良い仕事っぷり。

全景ちらっとご紹介。
満足!達成感!!
準備期間は短かったけど
本当に充実した日々でした。

neigeさんの個展に引き続き
この時期に、三人展をやることは、
私にとって、助けになりました。
kimちゃんyukaちゃん、本当にありがとう。
心に少しずつ力がついてきました。
二人に引っ張り上げられて、ここまで来ることができた。
ありがとう。

この1ヶ月、すごい勢いで走ってたから、
急に止まってしまうと、勢いあまってつんのめって
三回転半くらいして転びそうで
満身創痍、なんてことに。。。それはちょっと避けたいなあ。
徐々に速度を緩め、
Vol.2に向けてまた、準備を始めたいと思います。
つか、Vol.2。
またやろうねって話になりました。
まだ今回のがはじまってもないのにね(笑)

「巻く。」展開催中、少しずつ納品もしたいと思っています。
また、全然別のものを作るかも、なので、
1回と言わず2回3回、皆様のご来店をお待ちしています。
明日はkimちゃんとyukaちゃんがお店にいます。
土日は私も居りますので
三人がそろった濃い空気の中に、是非是非!

三人展「巻く。」~くるくる くるり~
12月1日(金)~12月10日(日)
@木村兄弟雑貨店

色んな「巻く。」に巻かれてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

雑貨小物できました。

061129_23050001 はい。本日2回目の書き込みです。
はい。できました。
さて、これは何でしょう?

是非お店に来て手にとってみてください。
moca2アヤちゃん、
この前moca2で買ったもの、
奥の三点に変身です。

もともとがとても可愛いものだったのに
余計なことしやがって状態?(笑)
まあでも、へんてこでわたしの好きなものになりましたよ。

明日からmoca2でロシアフェア*
まずは11時30分、moca2開店と同時にロシアフェアです。
ロシアの可愛い子たちを我が家に連れて帰らないと、ね。
午後はのんびり(でもないかな?)モカフェったあと、
夕方から木村兄弟で準備です。

みなさん、ロシアフェアのあとは「巻く。」展ですよーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マフラー隊☆

本日午後休。
明日は準備のため一日休暇。
そんなに休んでだいじょーぶ?
な、日々ですが。。。
今月の事務処理及び仕事は、本日の午前中片付けました。

今回の「巻く。」展、ご存知のようにロケ班(つってもモデルさんも含め三人)出動、
フライヤー用写真撮影をしたわけですが、
実はもう一つのロケ班が…。061129_15450001

「巻く。」展に向けて、何故だかベタなものが作りたくて、
というか、何じゃこのダサさは?!みたいなものを作りたいと。
そして作りました。
なおかつ、このマフラー隊の子たちを連れて、
裏山や畑でスーパーで早朝、夕暮れロケ。
良い絵が撮れました。。。。良いのか?それで!?

「巻く。」本編の方の写真は
アルバムに入れて皆様に見て頂くようにします。
併せて、この番外編も…。
いやいや、二人の許可を得ないとね。
本編の、装苑編の方は間違いなく置いておきますので
皆様、ご自由にお手にとってごらんください。
二人のモデルさんが本当に素敵ですから。

今日は早退して、ただいま小物を製作中。
チープでかわゆいものが出来そうです。
出来たら、今夜にでもまた載っけますね。

では引き続き製作に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

おままごと

061127_23390001 道端によもぎの群生。
新芽のところが柔らかそうで
草もちにしたらおいしいだろうなあ、などと思いました。
初冬、植物は次のサイクルに向けて枯れ行くイメージですが
家の畑は冬野菜の緑が青々と。

しめった黒い土と
鮮やかな緑のコントラストは美しく、
野菜の隅っこに菊が首をうなだれて咲くさまも
良い風情です。

この季節、この風景
きまって思い出すのは「おままごと」
私といとこのおままごとは
母から古い包丁をもらって、
畑の冬野菜の葉っぱなんかをまな板の上で刻む、
それを欠けたお茶碗とかによそう。
花をむしって美しく盛り付ける、
南天なんかのきれいな色の木の実や草の実を
競うように見つけてきては、お菓子(泥の)を飾り付ける
そんなおままごとでした。

白いさざんかの木の下が台所で、
手が寒さでかじかんでも、それでも楽しいおままごと。

みなさんのおままごとはどんなでしたか?

さて、本日もマフラー(かぎ針)を2点。
シンプルな模様編み。
それにリボンとバックルをポイントに。
毛糸は新しいものですが、
リボンとバックルは、これも松江で仕入れてきたもの。
ガラスケースの奥の、小汚い(ごめんなさい。。。)箱の中から出てきたものです。
これ、私の中ではヒット!なんか古臭くて可愛い。

木村兄弟雑貨店で、すごくかわいい湯のみ?大き目のそばちょこ?ビアマグ?
とにかく色々使えそうな三上先生作品の焼き物をふたつ買いました。
白地に水色の水玉。
ピンと来た方もいるはず、そうカルピス!
打ち合わせに来ていたyukaさんもふたつ買いました。

あったかいもの、飲もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

矢車草、風に揺れ。

またまた雨の日曜日。
しかし今日は引きこもらないで木村兄弟雑貨店に三人集合。
いよいよ金曜日にせまって参りました、三人展の打ち合わせ。
だんだんカタチも見えてきて、わくわく感も高まってきました。

ディスプレーとか、出品するものとか、
三人三様のものが、一つの空間にぎゅっと集まります。
それぞれの色が、どんなふうに調和するのか、
すごく楽しみ。
まだ、あと数日、集中して作っていきます。
私の作ったものと波長があって、
そのモノと気持ちが寄り添ったら、
是非是非お家に連れて帰ってやってください。

061126_21090001 今日はフリースのマフラーを4本。
このブルーのタータンと、前に載せた赤のタータン。
フリンジを色んな素材で。
雪のモチーフは白いモヘアです。
巻いてみたけど、フリンジが色んな表情でて可愛かったです。

普通のものの方が使いやすい?と思いながらも
普通のものは他のお店で買っていただくとして、
私の思う「可愛い」をどんどん作りたいと思います。
なんですが、
最近は寝不足のせいかビール1杯で酔っ払い、
どうしちゃったんだ?

そんで、今日帰りのバス乗り過ごしました。ひゃああああ。
なので今日は寝てもいいかしら?ね?お二人さん。

昨日は、種もの屋店主さんと、町内デート。
061126_18070001お願いしていた矢車草の苗を受け取りました。
今日は雨だったので、明日仕事を早く切り上げて
畑に植えましょう。
この苗が育って、花が咲く頃、
私はどうしているでしょう。
そんなことは分かるはずもないけど、
季節は巡って、この矢車草も花をさかせるでしょう。
誰のためでもなく、誇るでもなく、
ただ花を咲かせるでしょう。

矢車草、風に揺れ
空は青く、
ゆっくりとした心持ちで、
ウクレレを弾きながら唄っていられたらいいな。

花言葉は「幸福」だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

銀幕

ということで、先日のブログのコメントの続きを。
のばらさまより、映画の話題を頂き、
映画、詳しくはないですし、最近は全然観ていません。
が、学生の頃は映画館へも良く行きました。
暇があればビデオ借りて観てました。

でも、観るのは30年代~60年代のいわゆるクラッシック映画です。
コメントにも書いたけれど、この時代の映画のファッションは
本当に素敵。
デートリッヒの「嘆きの天使」でのタキシード姿。
上品で、男装でありながらも匂い立つ女らしさ。
「シェルブールの雨傘」でのカトリーヌ・ドヌーブ
どの場面を取っても全てが可愛らしく、全部真似したくなるような
そして、結構真似してました(笑)
サブリナでのオードリーもお手本でしたねー。

リズの出ていた「若草物語」も、4姉妹がみんな可愛くて、大好きでした。
B.Bもグレースケリーも、みんな私のお洋服選びのお手本でした。
広島では売ってなかったから、自分で作ったりしてましたよ。
その頃の私の呼び名は「洋裁みっちょん」(笑)

しぶい所で、ローレン・バコール。
個性的で知的な佇まいは、かっこよかった。
キャサリン・ヘップバーンもまた、知的で。
チャップリンの映画に出てくる女優さんたちもまた、可愛らしく純潔で真の乙女道。
白黒だから余計そう見えるのか?

銀幕の女優さんたちは
たとえ、薄い布切れ一枚しかまとっていなくても
気高く、上品で、美しかった。

ビリー・ワイルダー監督の作品は
軽くって物足りないと言うむきがあるかもしれませんが
私は大好きです。おしゃれで、楽しくて、可愛くて。
映画、楽しくなくちゃ。観ていてウキウキしなくちゃ。
なので、有名どころはほとんど観ています。

その中で、あまり知られていない作品を
のばら様に向けて。
「あなただけ今晩は」という作品があります。
ジャック・レモンとシャーりー・マクレーンの(アパートの鍵貸しますのコンビですね)
シャーリー・マクレーンが娼婦の役なのですが
すごく素敵なのです。
緑をポイントにした、下着だったり、タイツだったりするのですが
本当におしゃれ。

風とともに~のような壮大なドラマではありませんが
ちょっとしたところに「粋」がちりばめられていて、
とにかく、彼女のファッションがすごく印象に残ります。

また折に触れ、この頃の映画の話を。
ほんと、申し訳ないくらい最近の映画はみていない…。

061124_22460001 今日はレースブレスを編みました。
革にレース編みをほどこしたもの。
それでボタンを留めただけのシンプルなもの。
これを明日に向けていくつか製作。

さて、頑張るぞーー!
大詰めです。
ええ、ええ。もちろん今日も鼻ティッシュ。

ああ、こんなことでは銀幕の女優さまをお手本にしていた
なんていっても説得力なしじゃ。



| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年11月23日 (木)

青い毛糸

ちゃりーーん(かぎ針の落ちる音)
「腕が、腕がーーーー。。。」

そろそろやばいです。古傷が痛み始めました。
古傷、それは「テニス肘」
テニスもしていないのにテニス肘。。
短時間で、すごい勢いで編み続けると
編み物でテニス肘になるのですよ。
編み物部のみなさま、気をつけましょうね。
ひどくなると、お風呂に入ったときに洗面器が持ち上げられない。
荷物を持つと激痛が走る。
そんな症状がでますからねー。

061123_22080001 松江の手芸屋で見つけた青いモヘアの毛糸。
なんともくすんだ良い色で
在庫全部(といっても3個)お買い上げ。
この色、そうです。
矢車草の青。
何を編めばいいだろうと、ずっと取り掛かれないでしましたが
昨日からモチーフを編み始め、
ぐるりとふち編みをしたら、そのふち編みが
良い感じにフリルのような花びらのような感じ。
思いがけず、素敵に仕上がりました。

赤いダリアも好きなのですが、
基本的に青い花が大好きです。
おおいぬのふぐり、ムスカリ、飛燕草、デルフィニューム、ブルースター。
空のような青い色の花。

相変わらず水っぱなが。
なので今日も家で鼻ティッシュ。
あれ、花の話題がいつのまにか鼻に。。。。

お後がよろしいようで(笑)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

働く女

パフィーちゃんたちの新曲、ユニコーンの「働く男」をカバー。
ユニコーンは私のアイドルでした。
そういえば、RIZEはhideさんの「ピンクスパイダー」をカバー。
hideさんのこのアルバムはとても好きでした。

カバー多いっすねー。
NOKKOの「人魚」をアムロちゃんが出してたし。
なんか、思い出深い曲が、違う人の唄で流れてくるのはやっぱ違和感。

忘れられない歌を突然聴く~♪(中島みゆき「りばいばる」)みたいな?
やっと恨みも嘘もうすれたころ~
忘れられない歌がもう一度流行る~~~
愛してる~愛してる~今は誰のため~~
愛してる~愛してる~君よ歌う~~♪みたいな?(笑)

さすがーみゆき節だな。

そういえば、松江に出張に行ったとき、
久しぶりにカラオケに行きました。
「なわのれん」のかわゆい男子アルバイト、ミチト君18歳(島根大)に
場所を教えてもらって。

カラオケと言えば、聖子ちゃん。
王道です。
「顔作んなっ!声作んなっっ!!」と、言われながらも。
「ほんま、勘弁してくれっ!!」と言われながらも。
天使のウインク、天国のKISSなどなど。

聖子ちゃんのトレビュート出るらしいですね。
CHARAも参加とか。
聴きたいっす。

松江、府中市と出張続き。
今日は会議。
スーツ姿多し、のこのごろです。
スーツ、私の中では完全コスプレ。

松江のときは黒のパンツスーツに白のシャツ。
大きなイベントのときは、デキるイベントスタッフのコスプレです。
髪もきゅっとまとめて、です。

府中市は講師だったので、
同じく黒のパンツスーツに、青ストライプのシャツ。
キャリアな女のコスプレです。

そして本日の会議は
膝丈タイトスカートのスーツ。
髪もおろして、
敏腕秘書のコスプレです。

いやしかし、どれもカタチだけで実質を伴わないのがカナシイ。
職場ではほんま、バカ担当ですから。
後輩から、
ほんまバカっすねーー。偏差値低すぎです。
と言われますから。

まあ、バカもいないとね。職場が暗いから。

そんなスーツ姿で、木村兄弟雑貨店へおじゃま。
naglogさんにお願いしていた
ペンケースに付けるボタンを持って。
naglogさんのペンケースに、
浅草のボタン屋で買ったオリジナルボタンを乗っけてみたら
まあ、なんてしっくりくるんでしょうーー。
とても素敵なお品になりそうです。

ちなみにその浅草のボタン屋さんは、すずめが店番してました。。。って(笑)

思いがけない粋な心憎い演出まであって、
(さっそく月光荘のトートバッグに付けました。)
嬉しい限りでゴザイマス。

その後、マキとウエスギで布を買いました。
さてさて、何を作ろうか?

働く女は、立ち止まらないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巻く、近づく。

Page0002 びえっくしょーーん。。。
ちくしょうめっ!
びえっくしょーーーん。。
ちくしょうめっ!!

くしゃみが数回続けざまに。
しかも、
くしゅん・・・
などとかわいらしいものではなく、乙女の微塵も感じられないくしゃみ。

そのあと、水っぱながだらだらと。
なので、鼻ティッシュ。
えぇえぇ。終わってます。
鼻風邪ひいてしまったのでしょうか。
風邪にはとことん厳しいワタクシも、自己管理などという暇もなく、
いやしかし、本日は薬飲んで早々に寝ましょう。

「巻く。」もいよいよカウントダウンの状況。
本日も変わらず、バスの中でもかぎ針をしゃきーーんと取り出し、
手芸のみっちゃんはひたすら編む編む。
なんかでも、果たしてこれは良いのか悪いのか、
自分の作っているものは、これはどうなのか?

もしかしたらヤバイんじゃない?
イケテなーーいしろものなんじゃない?
などと。疑問を抱きつつ、公民館のバザー状態だったらどうしよう?とか。
ちょっと立ち止まって冷静に考えているところです。

そんなわけで、アカシヤビルジング1階の種もの屋さん。
矢車草の苗はまだ大丈夫でしょうか?
私の大好きな矢車草。
5月の空の下、風に吹かれている
濃い紫や青や薄い桃色の花の風情を思うと
気持ちがふっと緩やかになります。

そうそう、アカシヤビルジングに新しい入居者が。
とってもかわゆいenoccoさん。駄菓子屋さんをはじめるそうです。
まだもう少し空きスペースがありますので
気になる方はお早めに(笑)

今のところ、1階は、
種もの屋さん、定食屋さん、カフェ、手芸屋さん、アンティークと紅茶のお店。
2階は、雪印雑貨店、駄菓子屋さん、
お向かいの雑貨店店主さんが夜はライブスペースを運営される予定。
あと、3階の屋根裏的な小窓ひとつの空間が、
そう、ワタクシの文学バー「苔桃文庫」です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

音楽のある生活

雨の週末でしたね。
私の中の理想的?な11月の空模様。
窓の外は、色づいたケヤキの葉っぱが冷たい雨に打たれて
歩道に張り付いています。
暖かい部屋からそれを眺めるのは少しほっとします。

雨を良いことに、この二日間引きこもり状態。
スペシャTV付けっぱなしで、編み物。
音楽に耳を傾けながら、
編み目を頭の中で数えながら、
でもずっと、考えていました。

音楽。
音楽に助けられた、そのことに気づきました。
日本中に、音楽を愛する人たちがいて、
愛の歌や恋の歌や、誰かを強く想い唄う、
ありがとうの気持ちだったり、ただただ君を想うその気持ちだったり、
優しく包み込む気持ちだったり、
そんな唄に共感し、涙し、共鳴し、
そして自分の大切な誰かのこと、大切なもののことを、音楽を聴きながら想う。
そんな人たちが沢山いるんだと思うと
そして、「売れる」ことだけじゃなく、その想いを伝えたいと
音をならして、唄っているひとたちが、沢山いると思うと
人を信じられる。
そんなふうに、音楽に気づかされ、助けられることもあるんだと、
なんか今までは、歌詞そのものだったり、楽曲そのものだったり、
それに助けられたり泣いたり、そんな風だったんだけど、ね。

音楽のある生活。
再開です。

061120_002101_1 二日間編み続け、なんか編み物も飽きてきて
フリースのマフラー作ろうかと。
雪の結晶のモチーフくっつけて
もう少しアレンジして
完成。
ほかにもう1パターンつくろうかと思案中。

今、いろんなアイデア浮かんできて
全部実現するには時間が…。
ドラえもーーん、助けてよ。
頭の中で考えたアイデアを、言葉にしなくて直接脳波から読み取り
忠実に形にしてくれる、そんな、手芸ロボット。
あと、頭の中に浮かんだ文章を言葉にしなくても、そのままPCに起こしてくれる
ナイスなソフトがあれば、インストールするのに。。。
私の中にインストールされてるのは世渡りソフト「お上手XP」だけ。
けど、ヴァージョンアップはできません。
本体が、対応しきれず不具合が生じ固まる危険性大。

明日はまたしても出張。県内です。
もちろん、編み物セットは忘れずに!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月17日 (金)

明日のことは明日。

仕事帰り、焚火の匂い。
さざんかも咲いていますね。
さざんかは凛とした、すがしいかおりがします。
白いさざんか、源氏物語の明石の君を思い出します。

文学バー(インチキ)と言いながら、
インチキトークさえしていないこの頃。
ちょっと意識的に、源氏物語。。

源氏物語の中で、一番すきなのが明石の君。
逆境の中でも、背筋を伸ばしてまっすぐ前を見て生きているイメージ。
冬、凍りつきそうな空気の中、凛と咲くさざんかの花。

風とともに去りぬのスカーレット・オハラ、
彼女もまた、逆風の中すっと背筋を伸ばし、あごを上げ強い視線で先を見る。
母が時々、私のことを「愛しのスカーレットよ~。」と呼びます(笑)
スカーレットのように強くはないよ、母さん。
でも、前を見て。懸命に前を向いて生きていくしかない。
私にそう言ってくれた彼女の、その言葉は、
今の私のこころを支えてくれています。

僕らはこんなふうに自分の弱さをさらけ出しながら、ぶざまなままで懸命に前を向くだけだ。

八雲相方に送ったメール。
本当に私たちは、あきれるくらい、だねー。
昨日私はブザマだった。

Ts350010 松江のたぬき書店(古書の店)で入手した太陽。
昭和44年発行。
たぬき書店の古本は全て透明の袋に封入されています。
まさにビニール本。。。っておいっ。
はさみを入れた瞬間に、外に漏れ出す昭和の空気。
懐かしい匂い。

これ、表紙だけ見るとやばい?
そっち系?
そんな感じのイラストですねー。
けど、中身は、名画にみるバラ。
とか、バラ工芸、とか、バラ・色と形、とか。

興味深い。
構成もデザインも。
フォントなんかもう、最高っす。

Ts350013 で、これ。
高島屋の広告なんですが、すごく素敵です。
「一輪の花が美しい心をはぐくむようにバラのタカシマヤは暮らしを豊かに彩る品をお届けいたします。」
と書かれている。

うーーん、流石。
ただでさえ心奪われる髙島屋の包装紙。
いかしてるなー。

ビニ本なので、中身見ずに買ったのですが、
当たり!!
若尾文子ですよ。
美しくもエロティックな着物姿。
つか、この時代の女性の写真。
エロティシズムばんばん出てます。
露出が少ないのに。
こうだくみがエロかっこいいとか言われてるけど、
全然エロくもないし
かっこよくもない。
若尾文子を見ろ!!って。

あともう1冊太陽があります。
これは、クリスマス絵画の特集(昭和41年発行)。
また後日、感想などを。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月16日 (木)

残業中。。。

昨夜は、懐かしい方と会食。
昨年まで同じ職場に居た、大好きな、お母さんみたいなひと。
お会いして、気持ちがあふれ出してしまって
あっぷあっぷ。

ホントウハズットナキタカッタンダ。

なんてね(笑)
今は、闇雲に走っている感じ。
周りのものにも目もくれず、走りを緩めたら、
ダメになってしまいそうで。
また、逆戻りしてしまいそうだから。
なので、兎に角、眠る間も惜しんで、
昼休みも、ずっと、編む編む編む。。。
12月までは、「巻く。」だけをめざして。

今日も仕事はモカの内服液を2本飲んで、
でも体に悪そうなので、明日は栄養ドリンクとかにしよう。
って、おいおい。

かぎ針のマフラー4点できてます。
今日からモチーフつなぎのマフラー編んでます。
そのあと、棒針で、男の子もできるようなマフラー。
ベルトとか、ブレスとか、巻きスカートとか。
作りたいものは沢山あるけど、時間がっ。
さっさと仕事片付けて、うちに帰って編もう。

腹巻き、どうでしょう?
江戸時代は胴巻きって、お金とか貴重品とかを着物の下に巻いていたらしい。
…近所の隠居じじじゃないんだからねえ。。

通勤のときとか、道を歩いているとき、買い物、お出かけ。
「巻く」ものを意識してさがしてみるとけっこうおもしろい。
食べ物、建築、植物、ザッカ。
いろんなものに、巻かれましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

糸口を見失う。

♪る~るるる~母さんが夜なべをして~手袋編んでくれた~~♪

この歌を胸に、今夜も編み物。
昼休みも編み物、ひとり手芸部。

今日も、あ、もう昨日か。
昨日の昼休みも、松江で買った昭和緑のモヘアで
くるくるくるり~くるくるくるり~くるく…んん?
なんじゃこりゃあーー!糸がからまっとるやんかーーーっっ。

細いモヘアを二本取りで編んでたのですが、
最初、糸口が見つからず、しょうがないので中心部をえいやっ!
と塊でごっそり引っこ抜いて、そんで糸口をようやく見つけたのですが、
その塊の部分と、編み進めている糸と、本体へつながる糸が…って、
すでに文章ももつれこんがらがりぎみですか?
兎に角、
もつれにもつれたわけですよ。
で、昼休みの30分以上、このもつれた糸を解く作業に追われ、
やっとほどけ、さて、作り目。
いざ模様編み、と思ったら
こんどはもう一方の毛糸が、毛糸がーーーーっ。
しくしくしくしくしくしく。。。

まえよりひどいもつれ具合。
しかし何故?
試練?
呆然とする中、昼休み終了のチャイム。
ああ。

で、続きを家で。
また格闘すること30分。
しかし本当に手強くて、ついにはさみで切りました。ははは。
30分が無駄。
ごめんなさい、神様。
私にはこの試練は乗り越えられなかった…。

今は平常に戻っています。
模様編みも進んでいます。
それより、この何ともとろくさい愛すべき緑。
何を作れば一番生きるんだろう。
そんなことを思いながら、ミニストールを編んでいます。

あ、この毛糸のラベルがめっちゃかわいくて、
ボンルビーモヘアAと、ナイスなフォントで書かれ
70年代か?の欧米のお嬢さんが、キュートなニットを着てにっこりポージング。
スキャンできたら載せますね。

みなさん、編み物の際は、「糸口」見失わないようにしましょう。
つか、ごっそり塊引っ張り出したのが敗因です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

宍道湖畔の犬

パトラッシュ!
わんわん…。

フランダースではなく、宍道湖畔。
パトラッシュは、しばいぬ。

さて、ルイス・C・ティファニー庭園美術館。
前回、会社の旅行では、わずか2時間。2時間で回りきれと。
そのあと境港の市場で魚買うからと。
よくわからんお菓子の城とかで饅頭買うからと。
だから美術館は2時間、これしか与えられないと。

しかし2時間では、美術館ですら全部回りきることが出来ず
半分のところで終了、
「殿~~ワタクシにお慈悲を~~!!」
と、泣きながら美術館の柱にしがみついたのですが(うそですけどね)
強制退出、無理やりバスに引っ張り込まれた悲しい過去。

今回は、丸一日ですよ。
時間配分さえ間違わなければ、ちゃんと納得満足イエィ~♪

9時30分、風雨の中を美術館に到着。
12時にランチ休憩を取ることとし、まずは
前回全く回れなかったイングリッシュガーデンや温室、チャペル目標。
まずは庭園を見ようと、意を決してパーカーのフードかぶって外へ。
するとどうでしょう。
雨は小降りになり、やがて止んだりと、ああ、神様ありがとう。
落葉樹、果樹、様々な種類のバラ、ハーブや草花。

雑然とした、目を凝らすと宝物を発見するように色んなものに出会える庭。
そんな印象です。
Ca250029 なので、茂みの奥や、歩道から離れた場所もくまなく見逃すものかと背伸びし、しゃがみこみ、あるいは覗き込み、警備のおじちゃんからなぜか「ご苦労様です」と言われ、もう楽しくって楽しくって、

気がつけば、体は冷え切り、山陰の気候をなめるなよとばかり、弱い雨はパーカーを通り越し、私から確実に体温を奪うのであった。

それでも、同じところを何回も回っても、
そのたびごとに新たな発見があり、
サフランの花が咲いているのを見つけたときは、
声に出して言っちゃいました。

んで、庭だけで午前の部終了。
待ち合わせ場所へ。
その姿を一目見た同僚は、
「くちびる青いよ」
ワシは藤木くんかーーーっ!
Ca250015
←つるひめそばの花も、地面のところどころを
埋め尽くしてました。

確かこれ、neigeさんの好きな花だったよねーー。
ピンクでまん丸で小さくて、
本当にかわいらしいお花です。

宍道湖名物うなぎを食べて、
くちびるの色も戻り、
午後の部。
午前に回れなかったチャペル。

ステンドグラスの美しさに座り込んで動けなくなった。
幸いにも他にお客さんはいなくて、静かな空間に座って
キリストや天使に囲まれていると、なんか泣けて泣けて。
静かな涙でした。これまでとは違う。

30分ほどずっと座っていて、すごく眠くなって、
「パトラッシュ、僕はもう疲れたよ。すごく眠いんだ。」
そんな台詞が(笑)
あとで同僚に話すと、お前のパトラッシュはしばいぬだと。
そして、そのしばいぬは、お前と逝くのがいやで暴れまわるだろうと。
またしても、美しくも悲しい話が台無しです。。。

美術館は、最初の部屋でまたしても時間配分を誤り、
途中、前にすでにじっくり見たものは流して、なんとか満足いくまで観る事ができました。
美術館の感想については、是非ご覧くださいとしか。
先入観なしで、是非是非じっくりと、一度は見ていただきたい美術館です。
来年3月には閉館予定です。
まだ言ったことのない方は、それまでに1日かけて、堪能していただきたいです。
あ、評判の高かったカフェですが、まあ、あんなものかなと。

紅茶は紅茶。
珈琲は珈琲、以上ですが何か問題でも?
って感じのスタンス(笑)まあ、団体ツアー相手だからしょうがあるまい。

061112_224001
あ、出張前に買い物に行って、合計金額が7,777円。
今日、買い物に行ったら合計金額が8,888円。
なんかラッキー?

いやしかし、この幸運をもっと他のところで使いたかったーー。
くううううううっっっ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

ぶらり松江、城下に佇む女が一人。

タイトル長っっ!

城下町、松江よりただ今戻ってまいりました。
水木金と、3日間の出張。
全国規模の大会IN松江。
そして今日は、9月末に会社の旅行で行ったルイス・C・ティファニー庭園美術館に再び行ってきました。
仕事はハードな3日間でした、が、ホテルの近くの「なわのれん」という居酒屋。
Pap_0061 お料理もおいしくて、料理人も、バイトの子たちもみんな良い人ばかりで。
3泊のうち、2日はこの店。
松江にお立ち寄りの際は、是非。

とても素敵なお店でした。

これは、橋の上からみた宍道湖の夕景。
堀川を遊覧船でめぐる、堀川めぐりもしてきましたが、
お堀端で、お堀とともに暮らすその暮らしぶり、
宍道湖とともに街を形成したその様子などが伺え、
興味深いものがありました。

1日目の夕方、この日は接待もなく少し時間があったので、商店街へGO!!
目に入った古本屋。
たぬき書店。
ここで、太陽とカラーブックスを購入。
店主のおじちゃんが、遠いところから来て重いもんを買ってくれるから、といって
おまけしてくれました。
ありがとうおじちゃん。
古本屋のおばちゃんに、手芸屋さんはありませんか?とたずねたところ、
少し先に歩けばあるとのこと。
地元にふるくからある商店街をゆるゆる歩き
発見しました。
ひゃあああ!!
ボタン、レース類、毛糸。
今では決して見ることのできない色、かたち。
ボタンを見ただけで時間がいっぱいいっぱいになり、
金曜日に再度ゆっくりと行きました。

毛糸も、昭和の色合い。
なんともいえない発色です。
これでまた、「巻く。」ものを作ろう。

4日も同じ町にいると、
街のよそよそしさが無くなり、
自分自身の気持ちもからだも、ゆっくりと町になじんでいくよう。
松江もすっかり私のなじみの町となり、
商店街の優しいひとたち、
堀川の風景。
宍道湖。
好きな町がまたひとつ増えました。

ティファニー庭園美術館のことは、また次回。
激しい風雨のなか、それでもイングリッシュガーデンを2時間も彷徨い歩き、
野戦病院からの帰還、そんな感じで午前の部終了。
うなぎで体力増強。
午後からはいよいよ美術館。

そんな1日。
つか、丸一日ティファニーにおったんかーっっ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 8日 (水)

解禁。

Huraiya_2































本日解禁。
次のイベント、詳細発表です。
タイトルは

三人展
「巻く。」~くるくる くるり~

です。
いろんな「巻く」を展示販売。
この写真を使ったフライヤー
moca2、bois2、木村兄弟雑貨店などなどに置いてありますので
是非手にとってみてください。

場所は、木村兄弟雑貨店。
期間は12月1日~10日まで。

三人、というのは。
この写真のモデルさんお二人と
ワタクシ「こけもも文庫」です。

少し前から、撮影会の様子など
チラッとご報告していますが、
こんなことになっています。
ヘアメイクはyukaちゃん。
色んな巻き物をくるくる巻きにして
撮影に望みました。

写真撮影、フライヤーは引き続きこけもも文庫担当。
まさに装苑って感じの写真が沢山撮れた中の、迷いに迷った1枚。
けど、他の写真も、すごーーくいい感じの上がりなので、
何かの形でお見せできればと、思案中。

私が撮らせていただくモデルさんはみんな本当に可愛くて
へなちょこカメラマンの私でも、なんとか形にすることができて
みんな、ありがとーーー!なのです。

前回のneigeさん個展のときのガーデニアとはまた
全然雰囲気が違っていて、
これまた楽しい撮影会でした。

今度は私もちょこっと巻き物製作中。
kimちゃんもyukaちゃんも、ちゃんとした作家さんなので
二人の足をひっぱらないように、頑張らなくては・・・。

また少しずつここで、紹介していけたらと思っています。

明日から3日間松江に出張です。
3日分の荷物と、編み針と毛糸。
旅行かばんの中にばっちり待機中です。

携帯から、更新したいなあと思うしだいでゴザイマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

味噌味たまごごはんドリア

ふらふらふら~~。。。
ぱたり。

はっ、ここはやっと広島の我が家。
岡山県津山市、遠いです、遠過ぎます。
今やっと戻ってまいりました。

途中、鳥取県境あたりでは有名な濃霧にまかれ、
田んぼの中にゆれているのはあれは!?
狐火かっ!!
などという、日本昔話的なこともなく、
ごんぎつねの話で盛り上がりながら、
ごんが最後に鉄砲で撃たれたとき、
「ごん、おまえじゃったのか、すまん、ごん。」
と言われ、
「遅いわっっ!!」と突っ込んで息絶えたかどうか?
そんなどうでもいい話をだらだらと続けた車中。
悲しくもいい話がだいなしです。

津山から岡山に抜ける途中、腹減り隊は1軒のカフェに立ち寄りました。
カフェ、私の中では喫茶店なんですけどね。
フツーに喫茶店の軽食メニュー。
で、私はドリアを注文しました。
程なくドリア登場。
表面チーズに焦げ目がついておいしそう。
ドリアの横にさりげなく置かれたタバスコ。うーーーん。
一口食べると、んん?味噌味?
いや、確かに味噌味のたまごごはん。
まあでもそれもありかなあ。
食べ進めると、ううん?パイナポー?
いやまさか、でも確かにパイナポー。

さて、皆様。
ここで想像してみてください。
味噌味たまごごはんの具は、いちょう切りのパイナポーとにんじんと
千切りのきゃべつ。
その上にホワイトソースとチーズ、そしてタバスコ。
いかがでしょう?

ワタクシ的には、ありでした。
料理にパイナップル、嫌いな人は全くダメでしょうが、
大丈夫の人は、ありですよ。
タバスコも、ちゃんと生きるんですねー不思議と。

岡山のどのあたりに位置するかも全くなぞですが
アトミックカフェ。
9時過ぎにもかかわらず結構人が入っている、侮れない喫茶店です。
ちなみに他の人が食べたオムライス、
味付けご飯のうえにとろとろふんわりたまご。デミグラスソース。
味付けご飯とソースのバランスが良くおいしかったとのこと。
カツカレー、カツは薄切り肉を重ねたもの。
カレーは、深い辛さの奥に、ひそやかな甘み。
ちょっと食べさせてもらいましたがおいしかった。
とんかつ定食も薄切り肉を重ねたとんかつ。
それにデミグラス。
このソースは、酸味がやや強く、和風な感じでうまかったっす。

以上、本日の晩ご飯レポでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

後夜祭終了。

bois2とmoca2で展開された「ひなぎくちゃんとまほうのかぎ」も本日で終了。

18時過ぎ、bois2の撤収は始まりました。
天井からつるしたオーナメントやレースをはずし
続いて壁のコラージュや物語をはがし、
さっきまでの空間が嘘のよう。
ぽっかり白い空間がそこにはありました。

それは、ひなぎくちゃんとまほうのかぎの中にあった、
夏の庭の、小さなカーニバルが終わったあとのように
私たちの胸はきゅっと小さく鳴いたのでした。

いや、そんな乙女チックなものではなく
口からタマシイ抜け出した状態。
ぼーーーーーっと。
目も口も白丸で表現されるような
そんな状態。

上空1メートルばかしのところにタマシイを浮かせたまま
ひっそりと二人だけのお達者文化祭後夜祭@souk bois2
焼酎じゃああ芋じゃああ!!
えぇ、えぇ。いつものワタクシならそうくるところでしょうが、
本日はノンアルコール。
小さい声で

ウーロン茶お願いしましゅ・・・・


今日は飲んだらぶっ倒れそうな、そんな予感。
neigeさんも私も、ほんまにタマシイ脱出状態なのでした。

そんな抜け殻のワシら。
souk bois2季節限定スイーツ、いもくりパッフェを一口食べた瞬間、
浮遊していたタマシイが、入れ物(ワシらの本体ですな)にしゅるる~と戻ってきました。
ああ、生き返りました。ありがとう、いもくりパッフェ。

060822_08120001 1週間の個展、沢山のお客様にお運びいただきました。
ありがとうございました。

私のつたない文章を読んでいただいた方、
本当にありがとうございます。
言葉で表現することは、私はまだまだで、
ましてやそれを多くの方に見て頂く事は、
恥ずかしい限りではありますが、
少しでも心の中に、優しいとか、懐かしいとか、切ないとか、いとおしいとか、
そんな、誰かに対する、何かに対する、色んな気持ちを思い出したり、抱いていただけたなら、幸せです。
ありがとうございました。
Ca250006
さて、写真二枚。
昨日のブログで触れた「へくそかずら」
どんなのか知りたいというneigeさんのリクエストにお応え。
「屁糞かずら」と書きます…っておいっ!
そんな身も蓋もない…。

上が花が咲いたとき
下が実がなった状態。

道を歩いているときにも良く見かける植物ですね。
名前の由来は花の匂い。
決して良いにおいとは言いがたいですが、
私は子どもの頃からこの匂い、
決して嫌いじゃありません。
小さく可憐な花なのに。
名前はへくそかずら、です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

深まり行く秋に

あちこち、くるくる走り回っているうちに
お達者文化祭(いえ、neigeさんの個展です!)もあと明日を残すだけ。

ほぼ毎日moca2bois2に出没していた私ですが
さて、何人の人が気づいたでしょうか。
って、誰も知らんって。

今日はbois2でお客様に「なんかイメージ違いました。」と言われましたが
私をご存じない方は、文章を読んでどんなイメージを持たれているのでしょうか。
それはちょっと知りたいなあ。
夢見る乙女風?図書館勤めの文学少女風?
ちょっと痛い系とか(笑)うーーん、興味深い。
フライヤーを手にここに訪れてくださった方、もしよければメールなりコメントなり
お気軽にお願いします。

一昨日は、隣国の姫君たちが広島までお越しくださいまして、
幸福なひと時を過ごすことが出来ました。
毎日が夢のように過ぎていきます。
Ca250019_1今はただ、時の流れに身を任せ~~♪ 
ですかねえ。
次のイベントにもとりかかり、
来年に向けて、すごくやりたかったことをまた、
っていうお話もいただき、ちょっとそこに向かって勉強もしようかなと。
声をかけていただくのは、本当にありがたいです。

今日、neigeさんからすごくすてきな?素敵にへんてこな、その上めっちゃプリティなものを頂きました。
近々、その特集もしたいと思います。
世界の片隅で、救済を待つやさぐれものシリーズです!!
へんな民芸品だとか、こけしだとか、正体不明の物体とか、そんな世間からは遠く存在を置いたものたち。愛しいっす。
つか、特集って。。。

個展もいよいよもって、明日を残すのみ。
明日もbois2moca2に出没予定ですが、
お客さんのふりをして、ひっそり様子を伺っている怪しい女の影。
それがこけもも文庫その人です。

moca2に展示している写真。
写真と物語を貼っている額、実は黒板をカスタムしたもの。
中の写真と合わせて、1点1点作ったのですが、
個展終了後のこの子達の行く先をただ今検討中です。

へくそかずら(この名前もすごいよねー)の金色の真ん丸い実が
秋の陽につやつやと輝いています。
深まり行く秋に、すとんと落ち込まないようにしなくては(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »