« 解禁。 | トップページ | 宍道湖畔の犬 »

2006年11月11日 (土)

ぶらり松江、城下に佇む女が一人。

タイトル長っっ!

城下町、松江よりただ今戻ってまいりました。
水木金と、3日間の出張。
全国規模の大会IN松江。
そして今日は、9月末に会社の旅行で行ったルイス・C・ティファニー庭園美術館に再び行ってきました。
仕事はハードな3日間でした、が、ホテルの近くの「なわのれん」という居酒屋。
Pap_0061 お料理もおいしくて、料理人も、バイトの子たちもみんな良い人ばかりで。
3泊のうち、2日はこの店。
松江にお立ち寄りの際は、是非。

とても素敵なお店でした。

これは、橋の上からみた宍道湖の夕景。
堀川を遊覧船でめぐる、堀川めぐりもしてきましたが、
お堀端で、お堀とともに暮らすその暮らしぶり、
宍道湖とともに街を形成したその様子などが伺え、
興味深いものがありました。

1日目の夕方、この日は接待もなく少し時間があったので、商店街へGO!!
目に入った古本屋。
たぬき書店。
ここで、太陽とカラーブックスを購入。
店主のおじちゃんが、遠いところから来て重いもんを買ってくれるから、といって
おまけしてくれました。
ありがとうおじちゃん。
古本屋のおばちゃんに、手芸屋さんはありませんか?とたずねたところ、
少し先に歩けばあるとのこと。
地元にふるくからある商店街をゆるゆる歩き
発見しました。
ひゃあああ!!
ボタン、レース類、毛糸。
今では決して見ることのできない色、かたち。
ボタンを見ただけで時間がいっぱいいっぱいになり、
金曜日に再度ゆっくりと行きました。

毛糸も、昭和の色合い。
なんともいえない発色です。
これでまた、「巻く。」ものを作ろう。

4日も同じ町にいると、
街のよそよそしさが無くなり、
自分自身の気持ちもからだも、ゆっくりと町になじんでいくよう。
松江もすっかり私のなじみの町となり、
商店街の優しいひとたち、
堀川の風景。
宍道湖。
好きな町がまたひとつ増えました。

ティファニー庭園美術館のことは、また次回。
激しい風雨のなか、それでもイングリッシュガーデンを2時間も彷徨い歩き、
野戦病院からの帰還、そんな感じで午前の部終了。
うなぎで体力増強。
午後からはいよいよ美術館。

そんな1日。
つか、丸一日ティファニーにおったんかーっっ!

|

« 解禁。 | トップページ | 宍道湖畔の犬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり松江、城下に佇む女が一人。:

» http://christmas-illumination.adad.in/_/post_78.html [クリスマス イルミネーション情報ならココ]
ティファニーに関する記事を更新しました。ご興味がありましたら是非ご訪問くださいm(__)m。尚、トラックバックは大歓迎です。 [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 16時28分

« 解禁。 | トップページ | 宍道湖畔の犬 »