« ぶらり松江、城下に佇む女が一人。 | トップページ | 糸口を見失う。 »

2006年11月12日 (日)

宍道湖畔の犬

パトラッシュ!
わんわん…。

フランダースではなく、宍道湖畔。
パトラッシュは、しばいぬ。

さて、ルイス・C・ティファニー庭園美術館。
前回、会社の旅行では、わずか2時間。2時間で回りきれと。
そのあと境港の市場で魚買うからと。
よくわからんお菓子の城とかで饅頭買うからと。
だから美術館は2時間、これしか与えられないと。

しかし2時間では、美術館ですら全部回りきることが出来ず
半分のところで終了、
「殿~~ワタクシにお慈悲を~~!!」
と、泣きながら美術館の柱にしがみついたのですが(うそですけどね)
強制退出、無理やりバスに引っ張り込まれた悲しい過去。

今回は、丸一日ですよ。
時間配分さえ間違わなければ、ちゃんと納得満足イエィ~♪

9時30分、風雨の中を美術館に到着。
12時にランチ休憩を取ることとし、まずは
前回全く回れなかったイングリッシュガーデンや温室、チャペル目標。
まずは庭園を見ようと、意を決してパーカーのフードかぶって外へ。
するとどうでしょう。
雨は小降りになり、やがて止んだりと、ああ、神様ありがとう。
落葉樹、果樹、様々な種類のバラ、ハーブや草花。

雑然とした、目を凝らすと宝物を発見するように色んなものに出会える庭。
そんな印象です。
Ca250029 なので、茂みの奥や、歩道から離れた場所もくまなく見逃すものかと背伸びし、しゃがみこみ、あるいは覗き込み、警備のおじちゃんからなぜか「ご苦労様です」と言われ、もう楽しくって楽しくって、

気がつけば、体は冷え切り、山陰の気候をなめるなよとばかり、弱い雨はパーカーを通り越し、私から確実に体温を奪うのであった。

それでも、同じところを何回も回っても、
そのたびごとに新たな発見があり、
サフランの花が咲いているのを見つけたときは、
声に出して言っちゃいました。

んで、庭だけで午前の部終了。
待ち合わせ場所へ。
その姿を一目見た同僚は、
「くちびる青いよ」
ワシは藤木くんかーーーっ!
Ca250015
←つるひめそばの花も、地面のところどころを
埋め尽くしてました。

確かこれ、neigeさんの好きな花だったよねーー。
ピンクでまん丸で小さくて、
本当にかわいらしいお花です。

宍道湖名物うなぎを食べて、
くちびるの色も戻り、
午後の部。
午前に回れなかったチャペル。

ステンドグラスの美しさに座り込んで動けなくなった。
幸いにも他にお客さんはいなくて、静かな空間に座って
キリストや天使に囲まれていると、なんか泣けて泣けて。
静かな涙でした。これまでとは違う。

30分ほどずっと座っていて、すごく眠くなって、
「パトラッシュ、僕はもう疲れたよ。すごく眠いんだ。」
そんな台詞が(笑)
あとで同僚に話すと、お前のパトラッシュはしばいぬだと。
そして、そのしばいぬは、お前と逝くのがいやで暴れまわるだろうと。
またしても、美しくも悲しい話が台無しです。。。

美術館は、最初の部屋でまたしても時間配分を誤り、
途中、前にすでにじっくり見たものは流して、なんとか満足いくまで観る事ができました。
美術館の感想については、是非ご覧くださいとしか。
先入観なしで、是非是非じっくりと、一度は見ていただきたい美術館です。
来年3月には閉館予定です。
まだ言ったことのない方は、それまでに1日かけて、堪能していただきたいです。
あ、評判の高かったカフェですが、まあ、あんなものかなと。

紅茶は紅茶。
珈琲は珈琲、以上ですが何か問題でも?
って感じのスタンス(笑)まあ、団体ツアー相手だからしょうがあるまい。

061112_224001
あ、出張前に買い物に行って、合計金額が7,777円。
今日、買い物に行ったら合計金額が8,888円。
なんかラッキー?

いやしかし、この幸運をもっと他のところで使いたかったーー。
くううううううっっっ。。。

|

« ぶらり松江、城下に佇む女が一人。 | トップページ | 糸口を見失う。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宍道湖畔の犬:

« ぶらり松江、城下に佇む女が一人。 | トップページ | 糸口を見失う。 »