« 文学バーだった…。 | トップページ | 巻き終わる。 »

2006年12月14日 (木)

ホットミルク

この冬初めてのスチームミルクを
スターバックスでいただきました。
昼休み、シャレオのスターバックスに逃げ込んで
ひっそりと時間を過ごす。
仕事から逃げ出したいときのお決まりコースです。

前にも八雲のHP日記で書いたことあるかな。
けど、スタバのスチームミルク、本当においしい。
優しい味がします。
アンデルセンのホットミルクも同じ作り方で
やっぱりおいしい。

なんていうか、ホットミルクは気持ちがあったまりたいときに
いつも飲んでる気がします。
例えば、今日みたいな冬の雨の日。
あー、そういえば
八雲の相方が、ミスドでボン・デ・クランチショコラを食べたとき
「明日も生きていける気がする」
と言っていた。
ホットミルクもそんな感じ。
つか、そろいもそろって、食い気かよ、みたいなね(笑)

スタバでは今日は手紙を書きました。
ホットミルク効果。
気持ちまで優しくなっているので、
とても優しい(つもり)の文章だと思います。

辛い場所で膝を抱えているあの人に
想いが届けばいいなと思います。

ベランダに出ると
しめった空気の中に冬の匂い。
さざんかの匂い。
落ち葉の匂い。
匂いでその植物が特定できるのは
私は幸せものだなと思います。
育った環境でしょうか。
花だけでなく、葉っぱの匂い。樹の匂い。
なので、夜遅く帰るとき
視界が限られていても、花の香りで開花がわかる。芽吹きがわかる。
匂いで季節の移ろいを感じることができるのは
すごく贅沢なことですね。

|

« 文学バーだった…。 | トップページ | 巻き終わる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホットミルク:

« 文学バーだった…。 | トップページ | 巻き終わる。 »