« ものづくり | トップページ | 文学バーだった…。 »

2006年12月10日 (日)

ありがとうございました

061210_22260001 本日「巻く。」展終了しました。
お越しいただいたみなさま
お買い上げいただいたみなさま
こころからありがとうございました。

沢山の出会いがありました。
袖触れ合うも他生の縁。
いろんな方との一言二言の会話も、
その時間そこにいなければ出来なかったこと
脈々と続く人類の歴史を考えると
出会いっていうのははすごい確立で、
他生からの縁っていうのも
あるなと、感慨深いものがあります。

商品は引き続き木村兄弟雑貨店に置いて頂けるそうです。
店主様、続いてお世話になります。

休むまもなく次へ。
つか、仕事ーーー。
明日からは集中して仕事にかからなければ。
なんせ師走。
みんな走る。

お風呂上り、久しぶりにベランダへ。
風呂上りのベランダ時間、
私にとっては自分に戻れる時間だったのに
いつの頃からベランダに出ることすら忘れていました。

今日は星が降るほどに。
降るほどの星は、
すごく美しいけれど
すごく悲しい辛い夜のことを思い出させます。
あの夜も本当に星が降るようで。
美しさはいつも
残酷さや、悲しみや不安を含んでいるなあ。
永遠ではない、終わりのある、限りある、そんな悲しみや残酷さ。
こうしてみている間にも
たくさんの星が消えているんだなあ。

初恋の嵐の「星空のバラード」
頭の中に流れています。
あの日もあの夜も
流れていた。
そして、初恋の嵐の西山君も
今はもうこの世にいないんだよね。

寒っっ!
風邪ひかないように早々に。

|

« ものづくり | トップページ | 文学バーだった…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうございました:

» 初恋の嵐 [= 音凾 =]
初恋の嵐のC [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 14時09分

« ものづくり | トップページ | 文学バーだった…。 »