« 風の贈り物 | トップページ | 水の泡 »

2006年12月21日 (木)

空の飛び方

061219_08260001 少し、立ち止まっていました。
この2ヶ月間、闇雲に走って、そして今
時を経て、色んなことを考えていました。

スピッツのアルバムをリリース順にCDに落としていて、
それを順を追ってずっと聞いています。
「空の飛び方」が出た頃
スピッツと出会って。

でも、それはスピッツだから買ったんじゃなく
「空の飛び方」というタイトル買い。
なんか、すがるような思いで聴いた記憶(笑)

聴き進めていくと、その時時の気持ちがよみがえります。
走馬灯のように。
そんで、あーもういいんじゃないのって思った。
あ、スピッツがじゃなくて、
私自身の在り方っていうか。
私在り方検討委員会立ち上げて、ここ数日ひとり会議、みたいな(笑)
この忙しい12月に他にやることあるだろうよ!ってツッコミが。

しかしスピッツも出会って早や12年。
干支一回りしてしまいました。
これからも新譜が出るたびに
その歌と私の気持ちとがリンクし続けるんだろうなあ。

空へのあこがれは強く
空へ空へと伸びていく夏の花のように。


|

« 風の贈り物 | トップページ | 水の泡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空の飛び方:

« 風の贈り物 | トップページ | 水の泡 »