« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月29日 (月)

どうでもいいような偶然に

明日から徳島です。
8時15分バスセンター発の高速バスに乗って。
今回は、音楽と本を携帯していこう。
編み物は、うーーん。
編んでないと落ち着かないかなあ。
今、かぎ針でキャスケット製作中。
モスグリーンの、自分のためのキャスケット。
うん、やっぱ持っていこう。

今朝からどうやら絶不調。
仕事は、おもしろいのです。
仕事は、苦ではない。
今は、やりたいことをやりたいようにやらせてもらってるし。
今週Macもやってきます。

徳島でも、商店街を巡る時間がとれればいいな。
古本屋、手芸屋、文房具屋。
あっ!文房具屋。
職場の同期が徳島出身、お家が文房具屋さん。
ときどきお宝グッズをいただくのです。
味のある紙モノ。
今では決して見られないデザインのレトロな筆記具。
ああ、お店の位置を聞いておけばよかった。
駅前で自転車借りて走るのにぃーー。

つか、そんな暇があればいいんですが。
なんせ今回はうちのトップと一緒。

あーーあ。

友だちとお茶して帰りに相方にメール。
返事が返ってきたときちょうど、
携帯のイヤホンから流れていたのが「ハミングライフ」
相方の着メロも「ハミングライフ」に設定。
音が重複したって、どうでもいいような偶然、
ってメールを送って、
バスから降りて歩いていたら、またハミングライフメール。
読んで、

マジ泣きしながら帰りました。
泣き声、車の音に消えるのいいことに。
ありがとう。
私は信じられる人がいた。
そう、信じられる人はまだ何人かはいる。


| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年1月28日 (日)

冬のあったか飲み物

冬限定の飲み物。
ホットチョコレート、ホットミルク、しょうが入りの紅茶、ホットカルピス。
そういえばこの前、居酒屋でホットカルピス無理やり注文。
焼酎だって湯割があるんだから、カルピスだってオッケイなはず。
くず湯とか、熱燗とか。
070128_20150002 そして、私の好きな冬のあったか飲みもの
甘酒です。
甘酒、皆さんはお家で作られますか?
米と麹をコタツの中で仕込んで…
なんてそんな本格的なのはできませんが
酒かすを使って小鍋にいっぱい。
甘さを抑えて、しょうがを入れて。

湯気とか、器を両手で持ったときの温かさとか
こころもぽかぽか。
冬の古都を訪れると、
コタツの中で発酵させたものを出すお店がありますよね。
子どもの頃の甘酒は、酒かすから造ったもの。
初めて米の粒から発酵させた甘酒を頂いたのは
母と京都を訪れたとき。
受験で、初めて母と二人で旅行に行きました。
苔寺の門前にあるお茶屋さんで
いただいた甘酒。
それまでのものとは名前は同じだけど
違う飲み物でした。
砂糖の甘さではない優しい甘み。

川端康成の「古都」という小説がありましたね。
北山杉、冬の底冷えのする京都。
まっすぐと空に向かって立つ針葉樹林。
それを読んだ頃、まだ
京都に行ったことのなかった私は
厳しい美しさを、思い焦がれたものでした。

母と歩いた三千院の参道は
からだの芯まで冷えるようで
立ち枯れた紫陽花と
どう見ても道ならぬ恋を秘めた二人連れが、
高校生だった私には
強烈に印象に残ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

帽子帽子ぼうし

070126_13380003 ニット帽、いろいろできました。
全部棒針編みのもの。

さてさて、次はかぎ針で
可愛い帽子を編みましょう。
この写真のは全部ソールドアウト。
それぞれお嫁に行きました。
ん?婿入りか??

編み物は、なんか写経。そんな感じ。
編み目を数えながら編んでいると
すごく波風が立った心も
落ち着いていく。
風が凪ぐみたいにすーーっと。

好きな音楽を聴いて、一日編み物をしていたいなー。
そんな生活は、退屈なんだろうか?
♪そして私はレースを編むのよ~私の横には~私の横には~♪
みたいな?
「あなた」
これは本当に良い歌ですね。
けっ!とか思ってたときもあったけど
そんなのありえねえよーー!
なんて、毒づいて。
でも、ペイネの絵もそうだけど、
いいんじゃないでしょうか。
めいっぱい愛に溢れた幸せな日々も。

なんか、幸せに焦がれてるのか?!(笑)
いや、仕事疲れてるのかも。
私は組織はつくづく合わないと思う。
それを思うと、ほんとげんなり。

いつまでがんばるんだろう。
自分側からしか物事を見られない人が多すぎる。
人の渦の中に身を置くことが。
時にすごく辛く、そこにいることが出来なくなる。
ある同僚が私のことを「ずるい」と言っていたらしい。
そう、ずるいのかもしれないね。
けど、それは要領よく仕事をこなしていくことだったり
人間関係を円滑に進めようとするものだったり。

誰かを悪者にして
自分を肯定しようとする
自分のやっていることを正当化しようとする。
自分がいかに頑張っているか、いかに正しいか。

けど、誰かを、例えば私を貶めて
それでしか手に入らない評価なら、そんなもんがなんぼのもんじゃ。

これは自分自身への戒めでもある。

なんか愚痴。。。
いやあ、愚痴っぽくなりましたのお。
ロウバイが咲きました。
水仙も咲きました。
すがしい香りが漂っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

ピアノ男子

ストレイテナーの「SIX DAY WONDER」
Six20day20wonder20webthumb_1 ベスト10のなかに顔出してる。
発売前、スペシャで流れていたときから
いいなーと思っていたので、納得。
美メロディですね。切ないですね。
で、PVでピアノ弾きながら唄うホリエ君。
いやあ、ピアノ男子。良い!!
ギター少年もステキなのですが
ピアノは特別ですね。
どんなにカジュアルな格好でも、そこはかとない品がにじみ出る。
あ、でもルックスも大いに関係してくることをつけ添えます。
ここ、大事です。

1年前に音楽携帯に変えて、
ここに来てようやく音楽を聴くって使用法もはじめてます。
使い始めると、本当に便利。
1年間何をやっていたんだか。

日曜日にインストアライブに行って
それでやはり、
あやのちゃんの歌声は強い。
やわらかいアルトが、ゆるぎなく響く。
どちらかといえば癒し系、ほんわかはかないイメージですが
そして歌もそんなイメージですが、いやいや。
その歌声にはっとさせられます。

あやのちゃんの音楽とであったのは
「うららか」
京都のけいぶん社でインディーズとして売られていた頃。

あの時分、私のなかで鴨川ムーブメント(今考えた。。)が巻き起こっていて
京都発の音楽を熱く聞いていました。
くるりも今みたいにメジャーではなく
CHAINSとかRAYMONDSとか。
RAYMONDSの「青い鳥」は
私と相方の中では、めっちゃスタンダードでめっちゃ泣く曲。
たぶん今はまだ聴けない?
レイモンズ(すいません、アルファベットが上手く打てんので)
「雨」の風景が印象的に描かれているイメージ。
よく聴いていました。

音楽の思い出を語るとき
どうしても八雲の相方ぬきでは語れない。
ウクレレを始めるきっかけも彼女のやる気!があったからこそ。
あやのちゃんを聴いていても
自分で弾こうなんて思いも因らなかった。

たぶん、根本的に好きな音楽は違うんだと思う。
スピッツ、二人とも大好き(いや、大好きってコトバでくくれない)
けど、調査したことはないけど、違う好きなんだと思う。
彼女は、カフェミュージックとか、キュートなポップチューンとか好きだし
私は、けっこう疾走ロックとかやや激しいの好きだったり。

もちろん、同じ所も沢山ある。
その中で最重要、
繋がっているのは「せつなさ」
これは、間違いなくそう。
ぎゅってなる切なさ。

これぞまさに「セツナレンサ」byRADWIMPS
…おあとがよろしいようで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

不死身のビーナス

あやのちゃんのインストアライブ@タワレコ
行ってきました。
10分くらい前に到着、けっこう人が集まっていた。
そして、男の子がすごく多いのにびっくり。
相変わらず根強いおじ様ファンもいたり
カップルも多い。

あやのちゃんは、
ピンクのグラデーション。
古着かな?すごくいつもお洒落さんです。

4曲歌いました。
MC交えながら。
「そばにいるから」「パレード」「たんぽぽ」「さよなら愛してる」
です。

私はと言えば、やっぱり泣いてしまい、

ああ、金曜日にまた仕事を休んでしまい、
とは言え、やらなきゃならないことは
泣きながら、本当に泣きながら全てこなして
やっとの思いで午後休。
目の前で泣きながら仕事される同僚のことを思うと
ほんと、ごめん。迷惑かけてるよ。

髪を切りました。
ひさしぶりのショートカット。
首が出てる。
あやのちゃんの帰りにyukaちゃんのところに行ったら
やっぱり髪を切っていて、
二人して同時に「髪切ってるーー。」
yukaちゃんはキュートな女の子になっていました。

パルコのcucciaに行ったらスタッフの女の子に声をかけられました。
ハウスオブローゼの方ですか?と。
残念ながら違いますと答えました。
なんでも、以前ハウスオブローゼで働いていたとき
私に良く似た先輩スタッフの方に、とても迷惑をかけてしまい
そのまま辞めてしまって、
ずっと謝りたかったとのこと。
「残念ながら私は本人じゃないけど、
その思い、私が受け止めます!」
とか言っちゃって、かっこいいーんじゃない、私(笑)

本当はダメダメな私。

明日は月曜日。
おもえば先週はCRY ON MONDAYなんて歌ってっから、
1週間ダメダメ週間。
明日は不死身のビーナスでも歌おう。高らかに。
本当は逃げ出したいこと、目をそらしたいことが山積。
けど、私のテーマソング不死身のビーナスに乗せて
明日から頑張るでも適当でもなく、「適度に」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月18日 (木)

いつかの春の日

Vicl36185 お昼休みタワーに行きました。
CDを3枚。

エレベーターの前に
あやのちゃんインストライブの告知板。
ああ、相方に知らせなきゃ。
と思いメール。

数年前、やっぱり彼女とあやのちゃんのインストライブに行きました。
「君にありがとう」の販促。

君にありがとう
君にありがとう言わなくちゃ
心をこめた言葉で君にありがとう

二人とも、切なさをこの歌に乗せて
あやのちゃんを囲むなんだかぎこちない空気の中で
それでも、気持ちが膨らむ時を過ごしました。

季節は春で、
私たちはバスを途中で降り
川土手をゆっくり歩きました。
桜が、きれいに咲いていて
桜の木の下で、家族や仲間や恋人や
お弁当を広げ、笑いさざめいていました。

若草の中にはタンポポがいっぱい。
唄いながら、話しながら、
笑って歩いて、
まだまだ夢見がちな二人は、その時はその時で
切なく苦しく泣きたい気持ちを抱えながらも
それはそれですごく幸せだったんだなあ。

なんてことを、思い出しました。

あやのちゃんの新曲「さよなら愛してる」
今の私たちはこのタイトルだけでもう、こてんぱんに打ちのめされる(笑)
心に波風立ちまくっちゃう。
私は、一人で泣いてしまうかもしれないけど
相方は岡山に帰っているので
一人でインスト行ってきます。

あの日が、いつかの春の日となって
懐かしく思い出されるように
今日のこの日も、昨日も、一昨日も
いつかの冬の日、いつかの秋の日、いつかの夏の日となって
優しい気持ちで思い出す日が来るのでしょう。

思い出す時は辛い気持ちじゃなく
ちょっとだけ切なく、優しい気持ちでいたい。
うん。

なんて、想い出ブログを綴っていたら、相方のブログも想い出ブログ(笑)

昨日、「英語の歌詞だから」なんておおざっぱなくくりをしてしまったが、
彼らの楽曲はもちろん日本語歌詞もあるわけで
RADWIMPS「me me she」なんてもう、
「君と僕」の描き方がからだにべったり張り付くような粘着性があって
それはとても日本的。

英語歌詞は、意味がわかんないから。
メロディとリズムと、声だけを感じればいいからねー。
今、UKロックとかも結構好きで聴いてます。

なんせ私の音楽史、ルーツはイギリスなので。
アメリカよりイギリス。
音の湿度の高さ、これです!!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

呉の町

劇団南方ぐみの「あたっく№1」という舞台を観にいきました。
真珠湾攻撃を題材に江田島、呉の海軍の兵学校が舞台のこのお芝居。
劇団の方が、是非呉で演りたいと、500組を招待でした。

いやしかし、こんなすばらしいものをただで、
しかも2列目のセンターブロックで観せていただき、
題材が戦争なだけに年配の方が多かったのですが
もっといろんな方に観ていただきたいなと思いました。

脚本がしっかりしていて
爆笑&号泣。
不自然に捻じ曲げた演出も大げさな演出もなく、
それでも見せ場は多く。
真珠湾攻撃の、人間魚雷のお話です。
バレーボールの話ではなくて。

劇団の方がカーテンコールの際
「この作品を通して平和を伝えたい。平和を祈りたい。」といっていました。
戦争のことを、ここで語る力は私にはまだありません。
けれど、
命とか、生きると言うこととか、死とか
それらのことを考えたこの数ヶ月
自分が生きると言うこと
自分の大切な人が生きると言うこと。

私の考えられることは、私の身に近しいことです。

とにかく、
機会があったら観て頂きたい。
舞台も、ライブも、写真や絵や
たくさん色んなものを観て、色んなことを感じて
彩りに満ちた人生にしたいです。

1月18日から大阪KOKO PLAZAで
1月24日から東京シアターグリーン BIG TREE THEATERで。
お近くの方は是非是非。

昨日、午後休取って、
呉の商店街を歩こう!!
と張り切っていたところ。
なななんと商店街、火曜日がお休み。
なので、先日見かけた手芸店も、
フライケーキの店もみんな休み。

ふるーーーい喫茶店で、メキシカンライスなるものを食べ
その後、仕方ないので友達待っている間
マックの2階でシェイク飲みながら
帽子編んでました。
…って、悲しすぎる。。。

その後、エーデルワイスでクリームパイを。
ここのクリームパイは本当にうまい。
幸せなほどうまいっ!!

今日は徳山出張。
仕事終了後、商店街ーーーーっ!
んなこともできず、泣く泣く新幹線に。
職場、戻りました。
徳山動物園にも行きたかった。
白熊が、カバが、
安佐動物園にいない動物がいるのに。

ELLEGARDEN、ストレイテナー、RADWIMPSが最近のお気に入り。
旅のお供に。
通勤のお供に。
英語歌詞が多いのでそれもいいのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

CRYING ON MONDAY

ブログ、アクセス解析が見られるんですが

昨日、夜中の1時2時に3件アクセスがあって、それ以降全く。
そんなことはこれまでなかったので
アクセス解析に障害が起こったのかと思ったけど、
そんなこともなくて、
これはやはり、河童の念力か。

表舞台を嫌い、人々に見られることを嫌い
アクセス禁止念力がかかったのか。
恐るべし河童。

neigeさま、無事退院のご報告レスを
「祝☆はなちゃん誕生」に頂いております。
neigeさんの無事なご様子、ご覧ください。

昨年末、立て続けにイベントに参加して
やみくもむやみやたらに
突っ走って、周り見ないように、走り続けて、
イベント終わって、急に速度を緩めたら
つんのめって、すっ転んで
傷だらけ…。
なんて、予想をしていましたが、
今のところ、仕事が忙しく
別の方向にシフトインした形で
相変わらず走っているので、なんとか日々を重ねております。

明日、呉に舞台を観に行きます。
昨日も呉に行っていて、友だちの車から
商店街に手芸屋さんがあるのが見えたので
明日、時間があれば行って見ようと思います。


I AM CRYING ON MONDAY
立ち尽くして 胸を押さえて
I AM CRYING ON MONDAY

NOKKOのCRYING ON MONDAYを
ずっと唄ってた月曜日。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

河童

今日は朝から毛糸の整理。
あちこちで買い集めたものや
イベントで使った残りの毛糸
散々ばらばらな状態になっていたので
収納ボックスを買ってきて
並べてみました。

気づいたことは
ウォーミーでプリティーな色味がない。
ちょっと今度は
ピンクとか選んでみます。
ええ、ええ。勇気を出して、ピンクに挑戦です。

少し整然とした毛糸箱の中から
さてさて毛糸を選んで
帽子を編み始めたのが夕方。
で、今しがた本体できました!
太目の糸で、ゴム編みとメリヤス編みのシンプルニット帽。
あとはボンボンつけたら出来上がり。
グレーと紫のツートン。

070113_16290001 編み物の途中、
甘いものが食べたくて
ついに手を出してしまったキャラメル。
(うち、おやつとか一切無いのですよ。)
neigeさんとのコラボ個展のときに頂いた
この可愛いキャラメル。
もったいなくて食べられなかったんだけど
考えてみると、
食べ物はやはり食べてこそ。

一個口に入れるとやさしい甘さ。
キャラメル特有の、奥歯にくっつく感じも懐かしく、
脳内活性されました。

少しずつ頂いて、
パッケージは大切に取っておきましょう。

そして、本日は
救済を待つやさぐれものシリーズ第1弾。
「かっぱ」
070113_16310002 これは、鳥取の神社の骨董市で
ガラクタ箱の中から救い出したお品です。
初めて、neigeさんと骨董市をそぞろ歩いた時に
私が箱の中から緑の方を発見し
衝撃でした。
なんじゃこりゃ。
河童の首ですよ。
なんかもう、わくわくしながら
買ってしまおうと決意を固めているときに
「もう一つありましたよ。」
と、neigeさんが探し当てた黄土色のほう。
070113_16320001 衝撃でした。
爆笑でした。
以前から、なにか悲哀に満ちた
世間から忘れ去られたものに心惹かれ
ついつい、保護して持って帰るのですが、
ぞくぞくと、そんなものたちが集結しつつあります。
多くは、
トリの骨董市より集まってきます。

そんなコレクションの第一弾として、
思い出深い河童を紹介いたしました。
こんなイカすキーホルダー、ちょっとないですよ。
第2弾、いつになるか分かりませんが
こけしとか、わけのわからん土産物屋の土産とか
カエルグッズのコレクションとか

他にネタが無いときに紹介いたします…って、オイ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

シカモチーフ

良いこの002 みなさんは、クリスマスにサンタさんに何をお願いしましたか?
私は、シカモチーフのもの。
冬の針葉樹の中に静かに佇む鹿の姿。
雪。
吐く息は白く、
寒さは厳しく。

森の先をまっすぐ見つめる鹿の姿は
きりりと美しい。

まあ、良い子の所にしか、サンタさんは来ないので
つか、大人だろ!
なんですが、鹿のぬいぐるみが私のところに。
正月に、しかしか言ってたら
弟がくれました。
ご存知ワンピースのチョッパー。
写真はりんごろーとお話しするチョッパー。

チョッパー、大好きなんですが。
ワンピもチョッパーのところが一番好き。
なんですが、
私の思い描いていた
厳しい冬の森に佇む鹿…。

いや、嬉いっす!
ありがとう、わが弟よ。

以前、職場で
「鹿の中では何が好きですか?」
と聞いて、なんか適当にあしらわれた。
は?!で終わった。
こういう質問は、木村兄弟ですべきでした。

そういえば、昨日うかがったおえらい人のお家。
階段を上った正面に鹿が。
ほらあれですよ、外国の金持ちのうちの
居間の暖炉の上にかかっている
立派な角のついた鹿生首。
なんか、あと、めっちゃ細かい彫刻がほどこしてある象牙…。
や、は、り。
お金持ちには剥製と象牙。

そんな、貴重な実体験。
こういう記事なら書けるのになあ…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月11日 (木)

回転といえば?

キツキツのスケジュールで仕事を進めています。
おえらい方との連絡調整、原稿依頼、アポ取り。
本日は、原稿依頼及び打ち合わせのために
おえらい方を訪ね、
世渡りソフトお上手XPを駆使し、ぐったり。
(この「世渡りソフトお上手XP」すっかり職場で定着、流行語大賞?)
来週は山口出張、再来週はまた別のおえらい方と打ち合わせ。
そして、重要会議。
月末は徳島出張、2月に入って、東京出張に引き続き
そのまま網走に飛びます。

正直、きついっす。
すいません、弱音吐いちゃってますね。
それプラス通常業務はこなさないとならん。
ちょっと出社拒否気味。
ああ、でも自分からやるといったからには
納得いくものをつくりたい。
会社の発行する機関紙の編集に携わっています。
それの取材にあちこち。

まあ、好きな分野といえばそう。
パソコンで数字とにらめっこするよりはよっぽど楽しい。
それにmacを買ってもらえるかもしれないし。

なんか、今仕事モード。
なので仕事の話ですみません。けど、
モードにならざるをえない。
止まっちゃうと、気持ち折れちゃうので。

なので、これといって面白話もなく、
まあでも、
今日の出張で、お昼ご飯何処で食べるかって話になって
「回転寿司」
って言ったつもりが
「回転汁(かいてんじる)」って言った。
回転汁って…。

そのあとしばし大笑い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

ビオラ記念日

雪の残る私の家に
春がやってきました。
070108_11310001 たねもの屋店主様より頂いた
ビオラの鉢。
紫の、まさにスミレのようなビオラ。
バスの中で膝の上に抱えている間中
良い匂いがしました。

それから、雑貨屋店主さんに
私とたねもの屋さんからお願いしていた
ビオラーマンのマトストラップ。
やはり昨日、私の元にやってきました。
070108_14420001 両手にビオラを抱えたかわいこちゃん。
ようこそ、私のところへ。

春二つ 私の元にとどいたから 昨日が私のビオラ記念日

…っておいっ!パクリかよっっ!!

070106_16320001_1 そして、昨日は
オーダーいただいていてもの
個人的に頼まれたもの
ある方のために作りたかったもの
お渡し完了!!。
この写真は、オーダーいただいたもの。
「巻く。」展のときは、カーキのものがあったんですが
写真も何も撮っていなかったので。
これも紫、スミレ色。
年末年始のお休みは、これも含め巻き物4点と
あとはモチーフやドイリーをちょこちょこ作って、
やっと「巻く。」展ひと段落です。

えー、今日は編み針は持たず、
また明日から、北海道に向けてニット帽 を何個か編みます。
それから、次のイベント、っていってもあと季節をいくつか越えて、
なんですが、それに向けてなんとなく作りたいものもあります。

「虫で一番すきなのは何ですか?」
「バラで好きなのは何ですか?」
「ムーミンのキャラクタターで一番好きなのは?」
昨日の会話抜粋。
カエルの話からお笑いの話まで、
話は最高に盛り上がり、それぞれが熱く語ると言う、
変な熱を持った空間、
それが木村兄弟。

あげく、それぞれが
アンパンチをしているときのアンパンマン、
スネオ@ドラえもんを黙々と描き
爆笑。
絵自体もかなり怪しいものでしたが、
もっと興味深いのが
それぞれの紙の使い方。
これ、かなり性格でます。

きっちりすみから使っていくタイプ
何も考えず紙一杯使うタイプ(私)。
バランスを考え紙中央に配置するタイプ。
さて、みなさんは描けますか?
その時に絵をどこにどれくらいの大きさに配置しますか?
仲間同士で是非やってみてください。

アンパンマンの半ズボン。
昨日一番の笑いどころでした。
それを信じて疑わなかったキムラさま。
ナイスです☆


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

夕暮れ吟遊詩人

今夜は、
ゴーイングのライブ@クアトロ広島。
八雲相方といってきました。
相方のブログで予告されていた通り、号泣。
予想外と言えば、会場後ろで見るはずが、結構前の方。
つか、2~3列目。
それなのに、1曲目から涙だーーーっっ。
めっちゃブサイクな泣き顔を、ゴーイングの皆様にさらしたわけですよ。
って、まあ、向こうは見てないんだけどね。

2年ぶり?かのゴーイング。
あの頃は、今の自分は想像できず、
目の前のことに一生懸命だった。
夕暮れに似た切なさを抱えて、
ゴーイングばかり聴いてたなあ。

で、今は。
もう大丈夫と思ったけど、やっぱり号泣です。
あんまり泣きすぎて、中盤頭痛がしてました。
終盤泣き疲れ。

でも、ライブはやっぱりいいです。
嬉しい、楽しい、切ない、泣きたい。
そのまんまの感情を音楽に乗せて。
2007年ライブはじめ。
松本素生さんが言ってました「元気な心でまた会いましょう」
元気な心で、光に向かって!!

ライブ終了後、地元まで帰って二人で飲みました。
彼女とであってもう9年が経つんだなあ。
それでも、今だから言えること、今だから飾らずに話せること。
いまだからこそ。
私たちは上手も取り繕ったりもなくて
ただあるがままの現実を見て、
大げさでもなく、過少でもなく、あるがままの。

時にそれは辛かったり、もう少しうまく表面的に処理すればいいことも
流すことができなくて、
でもこれからもきっとそうなんでしょう。

ゴーイングは夕暮れ吟遊詩人。
私にはもう、ゴーイングが必要ない、そう思ったときもあったけど
今はまた。
ライブがはねた後会場にハミングライフが流れました。
ハミングライフは、この歌詞はもう、気持ちが堰を切ってしまう。
めっちゃ泣きながら会場を出る私は
まるで泣くほどにゴーイング好きなファンじゃないですか。
素生さん、ありがとうっっ!!!みたいな。

そういうことにしといてください。
じゃないと、人として痛すぎです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

祝☆はなちゃん誕生!

お達者倶楽部員ことイズじぃことアクセ作家のneigeさん。
昨日無事に出産。
良かったのお~~。
初孫ができたおじいの気持ちです。

いますぐトリまで行って、
よう頑張った!!
と言いたいところですが、
手術後でもあり、なによりトリは遠いのお。

さて、男の子?女の子?
ふふふ。
それはご本人から発表があるでしょう。

とにかく、無事に生まれてよかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

お宝発見!!

070102_14530001 さて、おばあちゃんちの蔵。

幅は入り口の扉一枚分くらいしかないんですが
奥行きがあり、両側に棚や納戸。
その納戸、ワタクシの幼少の頃、
悪さをしたらここに放り込むぞーーーと脅されていました。
そこは、ネズミの棲家で、王様ネズミがいて
沢山の家来のネズミがいて
中に放り込まれると、沢山の家来ネズミに抱えられ
真っ暗な穴へと滑り込んでいく。
私は幼心にそんな妄想を抱いて、
それが恐ろしくて恐ろしくて、
悪さをすることは(表立っては)ありませんでした。

あと、保育園にも
ああ、保育園はお寺が運営していたのですが
庫裏にやはりネズミの蔵があると、私はなぜか信じ込んでいて
保育園でもいたずらをしたら、そこに放り込まれるに違いないと。
だからお昼寝もいつも眠れないのに
ぎゅっと目を瞑っていました。
お昼寝しない悪い子はネズミの蔵に入れられると、そしてやっぱり真っ暗意穴へ。

怖いのはネズミではなく、暗闇だったんだと思います。

って、話がそれました。
上の写真、真ん中のはカップ&ソーサーのソーサー。
カップは残念ながらありません。
おまけにひび割れが…。
でもあまりにも可愛いので、小物要れとかアクセ入れとか。
そんなものに使います。
070102_14520001 下の洋皿。
ピンクのバラを中心とした花束が描かれています。
よくあるパターンだけど、
花束の色合いが、ちょっとめずらしい、かな。
縁は、そう!金で縁取られています。
結構大きめなので、ワンプレートにあれこれ乗せてもいいみたい。
これは3枚ありました。
070103_12300001 それから、カップ&ソーサー。カップはこれ1個だけ。
ソーサーは5枚ありました。
黄金色に輝くこの食器。
黄色味の強い黄土色に金の花束模様。
その上からエナメル加工?
何ともいえない艶具合。
これは、持ち主もちょっと譲るのやめようかな…。
ってなってましたよ。
070102_14540001 中央に和花柄の深皿。
表面にシェル加工がしてあって、
パーリーな輝き。
和柄なんだけど洋皿。
洋皿なんだけど、深鉢。
けどこれは、私が使うわ!
とボッシュート(byひとしくん@世界不思議発見
・・いまさらひとしくん人形かよっ!)
070103_12230001 そして!
今回の小躍り商品は!!
これです。
キリンレモンのプレゼントグラス。
ペイネですよ、お嬢さん方!
「レイモン・ペイネの“愛”がグラスになりました」
ですよ!!

箱、ほこりまみれでボロッってなってますが
めっちゃかわゆい。
070103_12330002 そして、中身。
赤柄と青柄。
それぞれ、愛があふれています。
ペイネは、本当に素敵なイラストを描きます。
こんな風に温かな愛に満ち溢れた
(しかし、決しておバカカポーではない)
幸せも良いもんですね。しみじみ。。。

さま~ず大竹とロンブー亮くん、めっちゃ笑った。
ダウンタウン松ちゃんとタカトシのトシも面白かった。
大竹、いかす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

宝探し。

070102_12470001 2007年の幕開け。

ちょいと島に渡っていました。
私の育った場所。
いつもままごとの台所だった
さざんかの木。
すがしい少しだけ甘いさざんかの香りが
湿った空気の中に漂っていました。
070102_12500002 庭の先にある池。
池の岸にはおばあちゃんが少女の頃からあったという
ソメイヨシノと枝垂桜。
サクラの頃には、桃源郷のようです。
島の家は山の上にあって、
遠くからでもサクラが咲いたのが見えます。
この向こうの小高い畑跡地に
大きな雪柳があります。
枝垂れた枝の内側に入ると外から見えないほどの
大きな雪柳。
私の隠れ家だった場所です。070102_12500001

丹精込めた築山。
5月にはさつきが、
そして築山の後ろはみかんのだんだん畑。
今は、だんだん畑の斜面に水仙がびっしり咲いています。

島の空気を吸い込んで
気分も晴れ晴れ(外は雨。。。)
そして、

おばあちゃん家の蔵の中。
蔵の中は食器類、古道具類がいっぱい。
台所用、農具、そのほかいろいろ。
明り取り窓に木の格子
扉を閉めると暗く、
屋根裏へと続く後付の階段を上ると、
そこにも所狭しと昔の道具類。

なんか横溝正史の世界な感じ?
怖くなって階下へ。
いやしかし、寒い寒い。
鼻水たらしながらも懐中電灯を手に
いざ物色。(もちろん許可は得てます。)

さすがに和食器が多いです。
どれも良い味がでている、ちょっとぼってりと分厚い小皿や鉢類。
そっちは、元に戻し、
ガラスの器類。
1枚、すごく古いものを発見。
気泡が入った青いガラスの皿。
そして、数は少ないものの洋食器。
昭和のものの特徴、金で縁取った、花柄のものが何枚か。

続きはまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »