« 花の都☆ | トップページ | 東京洋館めぐり »

2007年2月14日 (水)

ヒマラヤスギの木の下で

下の書き込みにうまくコメントが付けられず、何故?
なのでここに。

カナちゃん、お久しぶりです。
それから、メールもありがとう。
こちらは、ゆっくりお返事出しますね。
もう少ししたら落ち着くはずなので、
そうしたら必ず。

東京は、
様々な想い出がたくさんありすぎて
思いの中でおぼれそうになる(笑)
次は、下北沢1日かけてしっかり回りたいです。
素敵なお店、たくさん教えてもらったから。

そういえば、カナちゃんとカナちゃんのダーリンと
一度だけ歩いた浅草。
今回は宿泊しようかと迷ったんだけど、
いつもの半蔵門。
ここ、ローザ洋菓子店のすぐそばだから
いつも泊するんだけど
今回は休み、だった。
残念です。

こちらに帰ってきたら、また話そうね。

さて、その東京。
日曜日、公園庭園めぐり。
小石川植物園。
茗荷谷で下車。懐かしい風景、そうそう昨年もちょうどこの頃。
天気も同じように良くて、風が少し強くて
でも陽だまりは春のようだったなあ。なんて思いながら
交番の脇を通り坂を下る。070211_11190001
ありました。ツタに侵略された木。
ケヤキでしょうか。
今年も健在。

ツタは、つやつや緑色で
侵略された木も元気そう。
070211_11390001 今回はちゃんと入場券を買って、
そうそう、ここの入場券、
お向かいのタバコ屋さんで購入するのです。
タバコ屋さんの看板娘さんが
カウンター越しに売ってくれるのです。
入り口入って迎えてくれたのが
地面に寄り添うように咲く小さいタンポポ。
070211_11420001 そして、目の前に大きな大きなヒマラヤスギ。
風が吹くと、枝がざわざわざわと騒ぎます。
そのざわざわという音が
とても心地よく。
しばらく木の下で目を閉じて
風の音をヒマラヤスギの声を聞きます。
私は木がものすごくすごく好きで
樹木辞典や葉っぱ辞典なんてものも
数冊所有していて、
落葉樹の方がすきなんだけど
針葉樹でもこのヒマラヤスギは特別良い。

風に枝が揺れるたび
陰も木漏れ日も揺れる揺れる。
しばし時間を忘れる。

家のそばにこんなでっかいヒマラヤスギがあったらいいな。070211_11560001
木の上に小屋だってかけられそう。
大きな木のそばに住みたいってのはいつも思う。
今のうちは裏に薄い雑木林がある。
これはこれで、良い風情。

これはスズカケの木。
大きな木はやっぱり良い。
木肌に触れると、ざらざらした木肌から
力が伝わってくるようだ。

さて、皆様御立合い!一足早いお花見ですよ。070211_11490001
070211_11480001 寒桜、満開。
そして満開の桜の木の下には
いつでもひとがいっぱい。
葉っぱを落とした樹木の中で
ここだけが華やいだ空間。

もう、少し花びらを散らしていましたが
今が満開。

風が吹くと花びらが舞い
思いがけずお花見気分が味わえました。
さて、小石川植物園に来た一番の目的、それは梅林。「古郷の錦」という品種の梅を
昨年は咲き初めだったこの木を再び見るために。
070211_12200001 梅林に入ると
太陽に温められた空気の中に
甘く爽やかな梅の香。
胸いっぱいに吸い込みながら
梅林とは少し離れたところへ。
確か、梅林から遠いところにあったはず。
ありました。
これが「古郷の錦」
淡いももいろ中心に向かって濃くなる。
なんとも柔らかな色。070211_12220001
Tさん。
今年もこの梅は
美しい花を咲かせていましたよ。

木の前に立ったとき
さめざめと泣いてしまい
写真撮ってたおっちゃんに
心配顔で見られてしまい。
奥様とふたりで「まあまあ、大丈夫かしら?」みたいに(笑)

さて、後楽園まで歩きメトロに乗り
次は旧古河庭園~旧岩崎邸。
これはまた明日。

|

« 花の都☆ | トップページ | 東京洋館めぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒマラヤスギの木の下で:

« 花の都☆ | トップページ | 東京洋館めぐり »