« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

風が吹き抜けていきます

Pa0_0064 午前の空。
青く、
植物も動物も
生命の輝きに満ちている。
生きることを謳歌している。

今、土手や川原で
美しいのが
スイバ。
透明感のある緑から
海老茶まで、
美しい茶系のグラデーションを
Pa0_0063_1 緑の土手や川原に描き出している。
太田川の川原は
このスイバのグラデーションと
大根の花(花大根ではなく)
そして穂を出したばかりの
風知草。

青い空の下
風に揺れる。
伸びやかな
健やかな光景だなあ。

そんな中、コンサートに行ってまいりました。
「波音」(ぱおん)という
ヴァイオリンとピアノのユニット。
ピアノ男子、千嶋里志さん。
美しい横顔(正面はとても可愛らしい)
美しい背筋。
指先から生まれる音。
やわらかく、春の風が吹く。
爽やかな、5月の風が吹く。
そんな印象。
もうまさに千秋せんぱい☆
ピアノ男子、やっぱり素敵です。

そして、ヴァイオリン山根啓太郎さん。
音を楽しむ。
心から、音を愛し、楽しむ。
彼自身の表情に出る。
音の表情になる。
山根啓太郎さんのヴァイオリンは
光。
きらきらと、光の粒が見えるような
体中に光の粒が降り注ぐような
そんな音に包まれます。

風と光。
私にはそこにずっと
様々な映像が見えました。
千嶋くんのピアノの横には大きな桜の木が。
咲き誇り、風にゆれ、光の中で踊り
花びらを降らせ、若葉が萌え
若葉の枝が風にゆれ、葉裏が光りにきらきらと。

風景だけでなく
様々な人が行き交い
想い出が行き交い
でも、それは全て優しい思い出。
波音のつむぐ音は
優しく、幸せなところへ
私を連れて行ってくれて
気がつけば、涙が伝っていました。

優しく幸せな思い出。

みおこさん、誘ってくれてありがとう。
またご一緒しましょうね。

そしてもう一つ、波音のお二人
MCのバランスもすばらしいです。
本当に楽しい時間でした。

Pa0_0062 さて、夕方
雨の降りそうな気配。
不安げな空。
雨の匂いの風。

朝の画像と同じ場所から
撮影です。
私は、この雨の降る前の
不安げな空や
風の感じが結構好きです。
ざーっと風が
浅い森を揺らして
Pa0_0060 木々もざわざわと不安げに揺れる
そんな様もなんかこう、好きです。

外の空気をたくさん吸わなきゃ。
今の状態は、ほんと
私自身がダメになりそう。
怒って、イライラして、
文句ばかり言って。
仕事から距離を置くことも必要。
でないと、たくさんの事を見失ってしまう。

今日のことは
全てにおいてすごくいいタイミング
そんな気がしています。
二日間、うつらうつらと考えていたこと。
そんなことと、つながって行く気が
すごくしています。

風が、吹いています。

| | コメント (0)

2007年4月29日 (日)

ことばの宇宙

丸二日、寝込んでおりました。
発熱38度、熱が下がらず
起き上がるのもしんどい状態。
インフルエンザの時でさえ
パソコンに向かい、
食事も取っていたのですが
今回は、昏々と眠り続けるだけ。
風邪も引いておらず
いやはや、弱っていたのでしょうか。

というわけで、連休前半もあと1日。
窓の外は青空と若葉。
きらきらまぶしい二日間を
病床ですごす悲しさよ。
本日夕方くらいからやっと、
熱も下がり食欲もでてきました。

明日はお友達に誘われて
楽しみにしていたバイオリンのコンサート。
この分だと大丈夫そう。
良かった良かった♪

少し前の新聞に
時実新子さんが亡くなられたという記事が。
そして、しのぶ会が行われたと。
時実新子さんといえば
世間的には「有夫恋」
の印象がつよいのでしょう。
実は私は、これを新子さんの作品と知るのは
後のこと。
「有夫恋」このタイトルのセンセーショナルな感じ
昼メロっぽい、スキャンダラスな感じ
それに乗じて売れ線を狙う
出版社の計算みたいなものも感じられ
本屋に平積みにされていた時は
見向きもしなかった。

私が新子さんの作品と
初めてであったのは
アサヒグラフの「川柳新子座」です。
毎回お題が出され、
新子さんの作品と、読者の10の投稿作品。
それに添えられる新子さんの言葉。
もともと古川柳(江戸時代の)が大好きで
川柳にも興味があったのですが、
サラリーマン川柳なる、
野暮な代物も登場し
世間では川柳イコールサラリーマン川柳みたいな風潮
そんななか、新子さんの川柳は、
目の前が切り拓かれるような思いでした。

5・7・5の中に
生きること死ぬこと、
喜びや悲しみや憎しみやおかしみ
恋愛や血の縁や友情や
たった5・7・5の中に
言葉では尽くせない
その人の人生が語られている。
5・7・5のことばの後ろっ側に
膨大に広がる宇宙。

投稿者の作品のどれも
壮絶だったり、滑稽だったり、かっこよかったり
美しかったり、初々しかったり
さまざまなストーリーが17字のなかにひろがり。
朝日新聞社から、川柳新子座として数冊の本にまとめられています。

そして、自身の作品、投稿作品、
そこに添えられた新子さんの言葉は
「生きている」言葉でした。
血の涙を流し
血の言葉を吐き
そうして、今がある、
生々しい、けれど、真実の女の姿が
そこにあるように感じました。
新子さんは例えるなら鉄。
「鉄の女」
こう表現すると、何者にも屈しない強靭な女性
というイメージなのでしょうか。
私が思う「鉄」
火の中で、火よりももっと熱く、形を変え
そして周りのものをも焼き尽くしてしまう熱を持ち
火から出ると冷たく、固く、何ものをも拒む、きっぱりと。

けれど、広いのです深いのです豊かなのです
その懐が。
だから新子さんの言葉で、ふふふって笑ってみたり
しみじみ泣けてきたり。

ここしばらくは、川柳からも離れてしまって
相変わらずのサラリーマン川柳に
あるいは、きみまろ的川柳に
けっ・・って思いながら過ごしてました。

もともと好きなのは、長編小説よりは短編。
短編よりは詩、詩よりは短歌
短歌よりは俳句。
文章は短い方が空想の世界が広がる。
言葉が少ない分
その後ろっ側にある宇宙はすごく広い。
そして、読む時々で、姿を変え形を変え
膨らみ続ける。

思えば、古川柳に興味を抱いたのが
杉浦日向子さんの読み物から。
その杉浦日向子さんも亡くなられ、
けれど、作品は残っていく。
折に触れ、
私はそれらを引っ張り出しては読みふけり
その時々の宇宙を見るのでしょう。

おっ、今日は久しぶりに文学バーっぽい。(笑)



| | コメント (0)

2007年4月24日 (火)

すみれ色の涙

何故だか、
「すみれ色の涙」という歌を
ずっと口ずさんでいます。
歌詞もあってるんだか。

すみれってすみれって
ブルーな恋人同士が
キスしてキスして
生まれた花だと思うの
淋しかったから あなたとであって
淋しかったから あなたを憎んだ
淋しかったから あなたにさよならを
そしてひとつぶ すみれ色の涙

違ってたらごめんなさい。

なんて深い歌詞なんでしょう。
なんて想像力をかきたてる歌詞なのでしょう。
昭和歌謡ばんざい。
単純な言葉の組み合わせ
決して難しい言葉を使ってるわけじゃないのに
多くの言葉を連ねなくとも
こんなに豊かな世界が描けるんですね。
美しいですねー。
そして、毒もエロティシズムも含んでいますねー。
いやはや。すごい。

さて本日の「世界のやさぐれから」
第2回目は「いのししに生まれて」Pa0_0067
お達者部員イズじいさんの
リクエストにお応えし、
お送りします。
というのもこれ、
昨日の「みなしご兄弟」
とともに、
トリの骨董市からの
救済者。

写真ではわかりにくいでしょうか。
かなり前かがみの
しり上がりポーズです。
それはいのししに生まれた性。
今まさに猪突猛進せんとす。
のポージングです。
いのししに生まれて、
それはもう、抗いようのない
どうしようもない遺伝子のしわざ。

不必要にピンと立ったしっぽ。
緊張感のあらわれでしょうか。
今まさに。

それを知ってかしらずか
まんまるに表情を消した瞳から
一抹の悲しみをうかがい知るのは
私だけでしょうか。

「やさぐれ」の基本。
それは、悲しみとおかしみ。
これがやさぐれ道なのです。

そして、バックの豆絞りのてぬぐい。
これはもう、はずせないでしょう。

さて、本日の説明会も無事終了。
あ、無事ではない無事ではない。
そのうち本気で
携帯ちゃぶ台製作します。

| | コメント (2)

2007年4月23日 (月)

新連載☆「世界のやさぐれから」

どもども、本日出社拒否のみち代姉さんです。
朝、途中まで行ったんですが
涙で前が見えなくなって(!?)
そのまま帰ってしまいました。

それから、家から一歩も出ず。
がしかし、
ずっと家で仕事。
明日、研修会で使う資料を作っていました。
上司とはメールでやり取り
チェックかけてもらって
修正して。
なんだ、出勤しなくてもできるじゃん仕事。
このシステムが確立すればいいのに。
まあでも、個人情報セキュリティ云々。
会社的にムズカシイんだろうなあ。

昼に冷凍室の水餃子。
スープ餃子にしようと
そしたら鶏がらスープのもとがない。
しょうがないから出汁で。
でも、味にアクセントが欲しいと思い
よっしゃ、ピリ辛味噌仕立てに。
しようと思ったんですが、
一味も七味もなく。
なんじゃここの家は~っ
調味料はさしすせそだけかーーいっ!

まあ気を取り直し、ほんのりごま油とラー油で。
と思ったら、待たんかーーーーいっ!!
ごま油とラー油の量が逆じゃろがーいっ!
しくしくしく。
こんな失敗も珍しい。
でも食べましたけどね。
テンション下がり気味で。

負のオーラが負を引き寄せるのですね。
明日は、研修会。
人の前で話をしなければなりません。
体制建て直し
しゃんとして頑張ります。

さて、全国のやさぐれファンの皆様
お待たせしました(待ってない?)
本日からスタートします
お別れのコーナー
「世界のやさぐれから」(またパクリかいっ?!)
本日のやさぐれは
Pa0_0061 「みなしご兄弟」
neigeさんとakemiさんが
トリの骨董市で
救済してきたものです。
悲しいですね。
心が痛みますね。
身を寄せ合って
必死で生きているさまが
うかがえます。
人形は顔が命。
なのに少し怖いですね。
Pa0_0051
まさに洋物蛍の墓。
土台に配された
温度計が
なおいっそう悲しみを深くします。
何故?
人は何度も問うでしょう
何故温度計なの?と。
でもこの兄弟に聞くのは酷です。
二人は何も知らされないまま
この台の上にのせられたのです。

そして今、うちでは
えぇえぇ、もちろん!テレビの上です。
ごらんいただけますでしょうか?
兄弟の前に置かれた10円玉3枚。
これはやらせではありませぬ。

いつのまにか1枚が2枚に。
2枚が3枚に。
「お金をくださーい。お金を。
コンビニでアイスを買いますから
お金をーー。」
兄弟の悲しい叫びが
通りすがりの人々の心に届いたのでしょう。

さて、このコーナー
私の気まぐれによる不定期連載になる可能性も?
では、おやすみなさい。

明日が研修会でよかった。
もし何もなければ、休む可能性も。
こうやって、不登校になっていくんじゃねえ。

| | コメント (2)

2007年4月22日 (日)

茶碗をふたつ

雨の一日でしたね。
雨の日に家で過ごすのはいいです。
雨の音、窓から見える新緑。

八雲の「グリーン」は
こんな季節を歌ったものです。

さてさて、めぶらーなさんの
シカカイシャンプーバー しっとりタイプ
しっとりタイプは椿油入りなのです。
「最初はきしきしするかもしれないので
お酢でリンスをするといいですよ。」
とのことでしたが、
いえいえ、リンスをしなくてもしっとり。
指どおりも良く、続けて使います。

そういえば、昨日お店でお会いした奥様。
石けん効果なのでしょう、
お肌も髪もつやつや。

さて、昨日も一緒に過ごしたたねもの屋店主さん。
先週の駅前ディトでも
楽しくいろんなお宝を掘り出しました。
Pa0_0038 Pa0_0040
Pa0_0042

まずはお茶碗。
この絵がたまらなく素敵。
向かって左は、ぐるっと1周お花のリース。
右のは木。鈴木悦郎さんのイラストによるものです。
悦郎さんのことは、木村兄弟雑貨店の店主さんに
教えていただきました。
これは本当にかわいい。
かわいいだけじゃなく、すごく心引かれる。
今日は、お花のリースの方で
ご飯を頂きました。
使うのはすごくもったいない気がするのですが
使ってこその物。
明日は悦郎さんの茶碗で、日替わり茶碗で。

それから金のスプーン。
金のスプーンなんて、
これを使えるのはお姫さまくらい。
姫、待っていてください、早馬を遣わせます!!
って感じでしょうか。
柄のレリーフが美しい。
フォークも柄の金のバラ模様が美しい。
金のスプーンに金のバラ。
これだけでもう、メルヘンです。
Pa0_0047 Pa0_0050
それから、こちらも
柄に赤いバラ模様。
お皿は、
昨日たねもの屋さまより
頂いたもの。

このタッチが
淳一先生のようで
お花の横に
淳一先生の描く
乙女の絵が浮かびます。
お皿のふちにぐるりと
レリーフが美しく
うれしい贈り物です。

あらあら、こんな時間。
仕事の続きをいたします。
職場に行くことを思うと
気持ちの中に影がさします。
私には職場以外で
たくさんの味方をしてくれる方がいます。
けど、職場にはいない。
味方がいれば、と
そんな弱気なことを思います。

それではお宝発掘の
続きはまた明日。

| | コメント (4)

2007年4月21日 (土)

払拭

Pa0_0026窓から見えるカエデ。
日に日に葉っぱが大きくなり
緑が濃くなります。

ポットを置いている出窓
毎朝まずコーヒーを入れる私は
一日の初めにこの風景を見ます。

今は、小さい地味ーな赤い花が
たくさん咲いていて
蜂が木の周りを飛び回っています。

今朝、この風景とともに届いた
たねもの屋店主さんからのメール。
私の心に重くのしかかっていたものが
吹き払われる思いがしました。

そしてバスカードを持って、
二人で小さな小さな
区内旅行に出かけました。
安佐北区可部。
古い町並みの残る街道筋。

可部駅のバス停で降車しPa0_0014
+Cという雑貨屋さんを目指して
てくてく歩く散歩旅行。
まず、手作り石けんの、めぶらーなさん。
お店に一歩はいると石けんのいい匂い。

「森のせっけん」と「シカカイシャンプーバー」
シャンプーバーは洗髪用石けん。
今夜さっそく使ってみようと思います。
洗顔もめぶらーなの石けんを使っています。
今使っているのは「ハーブ」
シャンプーバー、どんなだろう。
石けんの包みを開ける瞬間
わくわくします。
そして今、パソの横にあって、
匂い時々かぎながらこれ綴ってます。
Pa0_0024
街道筋ということもあり
お醤油屋、米屋、酒屋など
古いつくりのお店が並び
本当に旅行気分。
ここはお醤油屋さん。
かすかにお醤油の匂いがしました。

Pa0_0022 散髪屋の軒先
もうくるくる回っていない
くるくる回るやつ(なんていうものだ?)
格子戸や、木のバルコニー(和名は?)
路地から裏通りに入って
よそのうちのお庭観察
そりゃもう不審者か宗教勧誘か?!
くらいの怪しさで。
Pa0_0021 Pa0_0020
素敵なしつらえの門扉
そしてベランダ。
こーゆーの見ると
やっぱ溶接の技術
習得したいなあ。
可部街道沿いの家は
とりどりのお花が
植わっていて
丹精込めている。
お庭もすごく素敵なのがいくつもあって
そのたびに近づき
生垣から、塀から覗き込みPa0_0019
まさに不審者AとB。

赤い花は、お寺の境内に咲いていた。
それはもう赤く、蛍光っぽい
浮き出るような赤い花。
たねもの屋さんとのお庭観察は
とても楽しく
花の話題はつきない。
彼女からたくさん横文字のお花の名前を
教えていただきました。
ただね、ワシは横文字は覚えられんのじゃ。
なので、また同じ事を聞くかも知れん。
その時は根気よく教えてね。
Pa0_0018 Pa0_0017 これはお茶屋さん。
モダ~ンな洋館風。
バス停1個分の距離を
1時間半かけて
歩き回って
到着した+C
雑貨+カフェ
カフェではシフォンケーキとカフェオレ。
カフェオレ、すごーーくおいしかったです。
(あシフォンケーキもとてもおいしかった)
+Cは店舗兼住居の建物自体が
スタイリッシュ。
けれど、スタイリッシュ特有の
温度の低い感じはなく
あたたかな感じ。
Pa0_0027
充実した楽しい時間を
今週も過ごすことが出来ました。
ありがとう、ありがとう。
いつも、本当に有難う。
頭の先から
足の先まで
めぶらーな石けんで洗って
流そう。
色んなもの流して、

払拭。

庭には今年の初牡丹。







| | コメント (0)

有心論を聴きながら

気づいたら、1週間が終わろうとしています。
月曜日は、仕事のことで協議机ひっくり返そうかと思うほど頭にきて
仕事にならず。
火曜日の仕事の飲みで上司にぶちまける。
が、なんとなく無理なのかあと
こんなに熱くならずに
ひっそりと難なく過ごして
静かにフェイドアウトしていく道を選ぼうと心に決める。

なんとなく、なんとなくだけど
女が仕事を頑張りにくい
まだまだそんな世の中なんだなあ。
頑張る、とも違うかなあ、
うちの会社はそれでもまだマシなほうだと思う。
けど、鍋の底にこびりついた
落ちない焦げかすのように
脈々と続いた男尊女卑の考えは
底の方でこびりついてはがれないのかもしれない。

最近そんなことを思います。
そして、やはりフェイドアウトを考えます。
ぼんやりと日和見てきに職場ライフ。
与えられた仕事をこなして
うすぼんやり笑って
時にはお愛想をして。
それが出来れば苦労はないか(笑)
なんか、立ち向かおうとする私がいる。
もっと気負わずに、って思うのですけどね。

水曜日はずっと楽しみにしていた
雑貨っ子カフェっ子たちとの飲み会
以前bois2で料理長だったYさん
Yさんの新しいお店にみんなでひやかしに。

中華出身なのに
カフェで洋食などカフェご飯を作っていたのが
なぜか和食のお店の板前さん。
この間なんか本屋で魚図鑑買ってましたから(笑)
(私が樹木図鑑買ったときです。)

懐かしい顔も集まり女子だけで11人。
男子1人(某串の店長)総勢12名の大所帯。
Y料理長のお人柄でしょうか。

これは本当に楽しい飲み会でした。
そして、女子、みんなかわいい子ばっかりなのです。
ご存知の方はご存知かと思いますが。
またしてもモデルクラブの社長気分。
わっはっは。男子諸君うらやましいだろう。
中には初めて会う、初めて話す女の子もいましたが
全然気負いなく、
つか、Pグループの飲み会に参加させていただき
有難うございました、です。
ほんと、みなさまありがとう。

昨日は、さすがの2DAYSにぐったり。
なぜか夕方にかけてすごーーく沈み、
帰りにはもう、誰にも会いたくない話したくない状態。
そして今日も。

久しぶりに来たこの感じ。
早退しようかと思ったくらい。
早退すればよかった。
そうすれば、傷つかないですんだこともある。

人は、どれだけ人を傷つけられるんだろうか。
ここまで追い詰める必要があったのかなあ。
人は、平気で人を傷つけるんだろうか。
それともあの人だけが?
私はどんな状況になっても
相手の気持ちになって考えて行動して言葉を発したい。
そう思う。
自分が深い悲しみに会えば
人の痛みが解る。もっと優しくなれる。
それは私の世界だけの当然なのだろうか。
そんなことはないはず。
そう信じたい。

なんか重いっすねー。
ラッドの曲でも聴きながら
眠ることにしましょう。

| | コメント (0)

2007年4月15日 (日)

岡山ツアー~八雲とたんぽぽと時々子イタチ

遠距離ウクレレユニット「八月の飛行機雲」
いや、結成当初はもっと違うコピーだったような。
テラコー発文学ウクレレユニット「八月の飛行機雲」
だった?070415_13450001
さて、ここからの画像
「小鳥の森公園」
いや、正式には違う名称らしい
けど、この公園にぴったりの
「小鳥の森公園」の画像を
お送りします。

岡山駅に降り立って
相方がお迎え。
本日の彼女は
濃い桃色セーターに
白地に
大きめのお花模様のスカート。
桃の花の妖精のようにかわいい。

まずは車で郊外の桃畑のあるところまで。
途中、車窓からのながめ。
タンポポがあちこちに群生。
旭川という、
川原に雑木林のある川。
芽吹いたばかりの
うすい葉っぱが、
水の流れとあいまって
大好きな感じ。

山々は、いっせいに萌え出し
さまざまな緑色に彩られ
木々の描き出す美しい景色。
そして菜の花も
胸の高さくらいに、
遠くから見ると
まるで菜の花の小山のように
あちこちに咲いています。
070415_13460002
いいじゃん!岡山。
本日も空は爽やかに晴れ渡り
車は走ります。
そして、農家の敷地の川原土手に
ヤギの親子を相方が発見。
ヤギ?
ヤギってなんかすこし滑稽で切ない生き物
ペットなのか家畜なのか。

ほどなく桃畑へ。
まだ桃の花はきれいに咲いていました。
岡山って基本、桃。
ガスタンクまで桃色に塗ってある。
丸いものは全て桃に見立てるのか?
岡山の常識なのか?

写真を撮り、
無事業務終了。
連れてきてくれてありがとう。
桃源郷が見られました。

そして、小鳥の森公園へ向かう。
途中、相方命名「タンポポロード」を通る。
道の両側にタンポポの群生。
そして、車の前方に
なにやら茶色い見慣れぬ生き物が。
イタチの子。
うーん、イタチっつうものを久々見た気がします。
おそらく兄弟イタチでしょう。
タンポポとイタチの子。
ほのぼのとした空気でした。

070415_13480001 さて、小鳥の森公園。
ここは本当に素敵な公園。
雑木林、下草にはタンポポ。
えっと。上に載せた赤い花。
あれは椿です。

私たちが座っていたベンチの
向かい側に植わっていて、
三脚持ったキャメラマンたちが
必ずそこで写真撮っているから
何かよほどすばらしいものがあるに違いないと
見に行ったら、赤い八重椿でした。
でもこれはダリアっぽくてきれい。

山桜の下のベンチに座って
歌ったり歌ったり、笑ったり。
時々木に登って(相方が)
私は私の仕事(写真撮影)をこなし
タンポポを摘んだり。
070415_14050001 070415_14100002
時々風に
花びらが舞い
時々風に
木がざわざわ
小鳥の声は
絶え間なく続き
光は
枝の間から差し込む。

そんな中で
歌いました。

今まででいちばん自然で私たちらしい。
そんな今日の八雲でした。
こんな風に歌えるようになって
良かったね。
070415_14060001 タンポポとウクレレは
良く似合う。

ここに、小鹿とか
リスとか野うさぎとか
動物がいればもう
最高の絵なのに。

みち代Pの力の無さ。
動物たち雇うことも
呼び寄せることも
できないのでした。
無念。
つか、呼び寄せられるとでも?
思っていたのか?

ええ、小鹿くらいは呼べると。

「八月のヒコーキ雲」収録曲を全部
それから「ナナイロ」収録予定曲
それらを歌って大満足。

小鳥も森をあとにするのでした。
その後に行ったカフェもテラスで。
今日は、最初から最後まで
空の下。


| | コメント (0)

2007年4月14日 (土)

駅前デイト、道中膝栗毛。

果肉入りチューハイ旬果搾り「爽感」
昨夜お花見に買って、お気に入り。
で、飲みながら更新中。

つか、また酔いどれ日記になってきている。
毎日飲んでる話題だ。
いかんいかん。
取り戻せ乙女。
ウォーミー、スイーティー、ミルキー、それからそれから・・・
もういいっすか?

爽やかな一日。
お天気も良く風も心地いい。
そんな良き日に、
たねもの屋店主さんと
駅前福屋で待ち合わせ。
いや、この待ち合わせまでの間
いくつもの悲劇が私を襲う。
今日は脇ファスナーのワンピ重ね着
道中、ずっとファスナー開きっぱなし。
そのほか、ちょっとした悲劇あり。

ランチは福屋の焼き立てパン食べ放題のお店へ。
私はパンを7個食べたような気がします。
ええ、7個。
パンは焼きたてが一番。
パン屋さんに行っても
いつもその場に座り込んで
むしゃむしゃ食べたいと思う。
今日はそれが叶ったわけです。

それから、種苗店を見て、
(ここのクロッカス水栽培用のガラスがかわいかった)
そのあと、たねもの屋さんオススメの調理具屋さんへ。
ここで上から下からじっくり探り
すてきなものをいくつも入手いたしました。
また写真をのせますねー。

そして、駅前といえば、
的場の雑貨屋店主さまのお店。
久しぶりでしたー。
たくさん話したいことがあったのだけど
なんせ時間が押し気味で。
そういえば、今日の世界ふしぎ発見
ギアナ高地。
植物と昆虫の楽園。
いやあ、行ってみたいなあ。
今日、店主さんと食虫植物の話をしたばかり。
食虫植物天国ギアナ高地。
本当に、色んなマニ話題が普通にできる
大好きな空間です。
そして、作るよー頑張って色んなもの。
「装う」もの。
装うことの楽しさ、すばらしさ。
装うものを大切に思う気持ち。
そんなのが作ることできればいいですね。

そして、フルーツパッフェを食べ(食べてばっか)
久しぶりのmoca2へ。
neigeさんのアクセサリーカタログを入手すべく。
ありました!
今回、苔桃文庫として詩を2つ提供。
neigeさんのHPにもあったように
お達者カラー払拭し、頑張りました!

入手された方、感想などお寄せください。
いや、neigeさんのすばらしい才能が炸裂した
カタログですよ。

本当に楽しい一日でした。
そんな楽し素敵な時間を過ごさせていただいた上
素敵な贈り物まで頂いて。
私は、たねもの屋店主さんといると
すごく安らぐのです。
心から笑って、時間を楽しんで
好きなものを、ともに楽しめるという
この出会いは、大切にしたいです。
neigeさんもtomokoさんもakemiさんも
ここからであった、それがmoca2でありbois2です。

さて、明日は岡山。
八雲初岡山です。
歌いましょう。笑いましょう。
遠距離グループ。
けど、距離なんて、時間なんて越えてやる。
君のためなら!
(笑)やや酔っ払い気味ですな、おやすみなさい。

| | コメント (3)

ソメイヨシノを見送る。

広島では、夕方激しい雷雨。
春の嵐でした。

今日はお花見をする予定で、
でも風雨で残っていた花も
全部散ってしまうかと思い
あー今年は桜のお花見できないのかなあと。
(昨年はトリまで花見に行きました)

がしかし、そんなことであきらめてはなりませぬ。
雨が去って
雲の切れ間から夕日が見えて
それでもぽつぽつと雨の残るなか
コンビニで買出し。
ビール、チューハイ。
おつまみ少々。

川原バー、今年もめでたく開幕です。

桜の木の下
びしょぬれのベンチ。
雨で落ちた無数の花びらが
ベンチに水玉模様みたいにはりついて
石段のすみっことかにも
吹きだまって
川の流れにも
ゆるやかに乗っていました。

ベンチにビニール袋敷いて、
雨上がりの空の下飲むビール。
さすがにこんな日に
しかもこんな散り際に
お花見なんて酔狂な輩は
うちらくらいで、
ひっそりと静かに
今年のソメイヨシノを見送るのでした。

しかし寒かった。
焼酎、芋湯割りでおねがいしまーーす☆
って感じ?

やはり確実に飲む機会が増えつつあるなあ。
お手軽川原バーがはじまったので
いやはや、仕方があるまい。
安上がりだし。
今は少し寒いけど
川風に吹かれて、
ぼんやり暮れ行く空見上げながら
のんびり飲むのは、なんかいい時間っすよ。

さて、この土日。
たねもの屋店主さんと
駅前デートしたり
八雲相方に会いにいったり。
桃の花、まだ咲いているといいなあ。
っていうのも、岡山の県の花は桃。
仕事で使う画像を撮るため、
なんて、これは口実。

本当は桃の花が見たい。

りんごの花、梨の花、
みかんの花。
果物の花もどれも美しいです。
おまけにいい匂い。
花も美しく、実もおいしい。
天は二物をお与えになった。

明日もあさっても
お天気が良いとうれしいです。

| | コメント (0)

2007年4月11日 (水)

お酒はぬるめの燗がいい

かーなーりー、へこんでいます。
仕事のことで、昨日今日。
甘さが形になって表れてしまった。

んで、昨日はカラオケ。
飲んで歌って。
相方と同じで
私もカラオケで歌うのは
声張る系の歌。
聖子ちゃんはもちろんのこと
ドリカム、レベッカ、ジュディマリ。
昨日は初チャットモンチーも。
チャラと安藤裕子も。

それから舟歌(笑)歌い上げました!

同僚のXJapanに大笑い。
15の夜にまたまた大笑い。
みんななりきりカラオケ大会。

声を出すのはほんと発散。
浮上。

なんだけど
今日また撃沈。
「少しはゆっくりしたらどうですか」
と言われた。
ゆっくりできるのは
仕事長期休むか
辞めるか、どっちかだ。
性分なのでしょう。

最近また飲む回数が増えつつあり
季節は春。
川原はまだまだ寒いけど
そろそろ良い気候になってきました。
川原バーも解禁かな。

広島もサクラ吹雪が美しいです。

| | コメント (4)

2007年4月 9日 (月)

なんとなくブルー

ちょっとブルー。

夕飯作りながらビール呑みながら
さきいか食べてました。
この行為がオヤジだとか
キッチンドリンカーだとか
それは置いといて(って置くのか?!)

台の上でさきいかが袋からわさっと出てしまい
まあ、きにせずに口に入れてたわけですよ。
んで、やけに固いなあー乾燥してんなー
と思いながら噛み続けた一片。
噛んでも噛んでもなくならない。
味もチョイ違う。

はっと思い吐き出したら
やっぱり。
食パンとか、アンデルセンのパンの袋を留める
針金入りのやつ。
アンデルセンのは、針金の周りがクラフト紙なのです。
なので、私がさきいかと間違えて
口に入れようとも
それは仕方のないこと…。
仕方がないこと仕方がないこと・・・・・・・。

でも、食べられないものを
かみ続けたことは、
なんだかブルー。
そんな春の夜。

「当然」という言葉が嫌い。
「当然何々です。」という時
その人は相手より少し上に立ちたいんだと
それが見て取れて、嫌い。
自分の半径50センチくらいの
狭い世界での「当然」
職場の狭いフロアでの「当然」
そんな狭い世界での「当然」を振りかざして
どーすんだって思う。
それで、ちょっとだけ上に立てたからって
どーなんだ?

もっと広い世界ではそんな当然なんか
通用しない。
井の中の蛙は
空の青さを知るけれど
井の中の当然蛙は
空の青ささえ気づかない。

しょうもないプライドで
世界を狭くすることはない。
私は、自分の中にある当然をぶっ潰そう!

狭い世界でも
空の青さを
空の色の移ろいを
空を渡る風を
外の世界があることを
知ることのできる自分でいたい。

070406_17520001 さて、本日お別れの映像。
はなだいこん。
本当はもっと紫
なんだけど
青く写っています。

仕事へ行くのが
すごく憂鬱。
私の職場は
「当然蛙」の溜まり場です。

さてさて、お風呂に入って
ローションパック。
お肌も心もうるおえうるおえ。

| | コメント (2)

2007年4月 8日 (日)

ハードル

おみやげもらいました。
出張のおみやげ。070408_20500001
海辺で拾った貝殻や
丸い石。
波に洗われたガラス。

私の部屋の窓際には
ガラスコップに入った
海で拾ったものが
たくさん並べてある。
トイレの窓にも。

特にガラスはすごくきれい。

なによりうれしいお土産をありがとう。
これを海岸で男子たちが拾ってくれたと思うと
なんかほほえましいですね。
窓際コレクションの仲間入りです。

新しい歌詞を書こうと
書き散らかした状態。
かばんの中に常に入っているネタ帳。
今は月光荘のミニスケッチブック。
これに言葉だとか、
そう、今は絵を描いてます。
暇があればちょこちょこっと。
学生時代に戻ったよう。
ノートや教科書や、
理科室の机に描いたように
仕事の合間にささっと(笑)
あ、支障が出るようなことはしておりませんので
あしからず。

高校のときは漫画家志望。
つまんない授業のときは
漫画用ノートにコマワ割りして
ストーリー漫画描いてました。
けど、人物って描いてないとほんと描けなくなっちゃう。
ただでさえ、デッサン力ないのに
もう今は、体の比率おかしいでしょ?
っていう絵です。
けど、タッチは変わらないんだねーって
最近描いていて思います。

目標、絵本!!
あ、またハードル作っちゃったー。
昨日から、自分にあてがう数々のハードル。
飛べるように、ちょっとずつ。
歌詞は、自分の傷口に塩ぬりながらの状態。
塩加減誤ると、痛いどころの騒ぎじゃございません。

070408_14330001 070408_14310001
本日お別れの映像は
(つか、これシリーズ化?)
鳥取で買った携帯ストラップ。
らっきょう。
ボディ横に
「とっとり」とひらがなで。

このらっきょうも
巻き起こせムーブメント。
そういえば、トリに行った時に買った
砂丘らっきょももう食べつくしてしまいました。
また買いに行かねばならぬ。

| | コメント (4)

2007年4月 7日 (土)

ハルノウタ*

「サクラ*カフェ」「昼寝三昧春三昧」「並木道」
「ねこやなぎ」「いつか晴れた土曜の午後に」
「ホットミルク」

八月の飛行機雲、ハルノウタ特集。

えと、他にありましたっけ?相方よ。

今日は、サクラの花びらがはらはら舞う中
サクラ*カフェを歌いながら帰った。

あなたの笑顔に 染まった花びら
はらはらと僕の 胸の奥に降る

本当は、サクラの木の下で
一緒に歌いたかったけど
遠距離グループだから。
会いたいときにあなたはいない、みたいな(笑)

今日は
香港から帰ってきたお友だちと
お好み焼きを食べる。
素敵なお土産も頂いて
いつもありがとう。
それから、トリより食料物資が届けられる。

neigeさん作の焼き菓子(HP参照してください)と
お仏蘭西のお菓子。
す、すまん。カタカナ苦手で
「さくっと焼きあがった、バター風味の洋菓子」
「そとはかりっと中はしっとり濃厚な洋菓子」
という表現でごかんべんをーーー!

そして、どちらもとてもおいしゅうございました。
おいしゅうございました、などと気取っていっていますが
濃い目のコーヒー入れて
誰にも見つからないうちに
むさぼり食らう。
きっと、それはneigeさんとこのともジイさん並みの
食いっぷりだったことでしょう。

もう少し上品に、お仏蘭西的に
いただけばよかった。

ワシには、公民館の寄り合い的菓子がお似合いさ。
公民館の寄り合いの菓子。
砂糖がまぶしてある一口サイズのめちゃ甘ゼリー。
小さい栗饅頭みたいの。
果物の形をした砂糖菓子。
砂糖がけ(アイシング?)のビスケット。
全てが地味な配色の、茶と渋い深緑と、
そんな色合いの包み紙に包まれて登場。

おばあちゃんに良くもらってたなあ。
私も寄り合いに行くような年になったら
これらが食べたくなるのでしょうか?

070407_15160001 それからそれから、
トリ便の中には
春のカタログ、同封されていました。
ありがとう。
本当にかわいく出来ていました。

是非、店頭でご覧ください。

製本、参加したかったんですが
なんせこちらも遠距離コラボ。
070407_15170001 私がエスパーだったら。
私が魔法使いだったら
私がのび太だったら。

さて、本日お別れの映像は
ビオラ。
砂利の上に
てんてんと咲いています。

かわいいかわいいビオラ。
ビオラで歌詞を書こう。

あ、言っちゃった。
相方よ、待っていてね。

くるり岸田くんがスペシャに出ています。
パーマをあてた岸田くん。
ちょっぴり気持ち悪くて良い!
やっぱ岸田くんは良い!!すてき☆
最近「ちょっと気持ち悪い」っていうのが
私の中のブーム。
どんだけーーーっ?!(笑)




| | コメント (4)

2007年4月 5日 (木)

サクラが咲きケヤキが芽吹く

070401_18220001 ケヤキが枝の先に
小さな小さな葉っぱを付けました。
サクラが咲き
ケヤキが芽吹くと
必ず思い出す人
思い出す場所。

表参道の歩道橋の上。
目の高さの芽吹いて間もない
ケヤキ並木。
青山霊園の八重桜。
表参道もあの頃とはすっかりと姿を変えてしまい
私にとっては面白みの無い通りになってしまいました。
元気でいるのでしょうか?
旅は続いているのでしょうか。
毎日、おいしくご飯を頂いているのでしょうか。

今年もケヤキが芽吹きましたよ。

のばら様より頂いたコメントの中の
「あと一歩が足りません」
私が良く言われるのが、また自分自身思うのが
そう「詰めが甘い」
今日も言われたばかり。
なので、のばら様のコメントを拝見し
笑ってしまいました(失礼ながら・・・)

けど残念ながら課長、
私は詰めが甘いのではなく
仕事に対する姿勢が甘いのです。
なんて、開き直り。。。

でも確かに昔っからツメは甘く
いざというときに大切なこと逃してしまったり。
反省はするけど生かされず。
「またやっちゃったーー、ツメが甘いんだよねー」
って言いながらこれからも生きていく。
ああ、生きていくさ。

さて、本日ランチは
ひとり快気祝い@アンデルセン。
スペシャルプレートなるものを頂く。
スペシャルと名がつくだけあって
スープからメイン、パン、デザートに至るまで
ワンディッシュに乗っかって登場。

内容見ずに頼んでしまい
運ばれてきてテーブルに置かれた瞬間
しまったーー。と。
エビのサラダ
フェンネル(たぶん)の香りが鼻先に。
もともとハーブを使ったお料理は結構好きで
パクチーとか、香りの強いものも好きなんだけど
このフェンネルとマヨネーズ系ソースの組み合わせは
匂いだけでバツ。
っても、頂きましたけどねー。

ハーブといえば、
ハーブティは苦手だったのですが
モダンチックで頂いてからは
すっかりハーブティファンに。

以前、ハーブにものすごく凝っていた
というか取り憑かれたように
栽培していたことがありました。
この続きは明日にいたしましょう。

070401_17250002 本日最後の映像は
庭に咲くムスカリ。
ムスカリ大好き。
青い花、大好き。
ストレートな告白です。

| | コメント (8)

2007年4月 1日 (日)

島根ニシヘヒガシヘ

「ルキンフォー」(2007*04*18リリース)のクリップ
スペシャのJETにて
今しがたやっと見る事が出来ました。
着うたはすでにダウンロードしているのですが
全編聴けたのは今日がはじめて。
なんか、映像に心奪われて
おまけに選挙カーがうるさいんじゃあああ。
なんで、聞こえなかった。

映像は、
宝探しみたいだった。
これまでのビデオクリップで見たなー
って場面、あるいは
その雰囲気だったり色だったり匂いだったり
って場面がちょこちょこでてくる。
あれですね、キャンディーズの「微笑返し」
それのクリップ版
青い車だったり、スパイダーだったり、流れ星、渚、まだまだいろいろ。

これは何を意図しているのかな?
スピフリ(スピッツフリークの略)の方々、何個見つかりましたか?

070326_12050001 さて、本日も雨天なり。
安定しないですね。
このサクラは種類はちょっとわかんない。
津和野に行く途中
川のそばの道の駅
土手沿いにずっと植わっていました。
桜色が濃いです。

津和野は鯉。
 あいつらはどこまで大きくなるんでしょうか
070401_14280001 鯉は、どこまでも大きくなるんですか?
しかし品がなさすぎ。
津和野の鯉はそんな感じ。
時間調整のために
少しだけ歩いた町並み。
目ざとく見つけた
駄菓子屋兼おもちゃ屋兼たばこ屋。
(いったい何屋や?そう、雑貨屋)
そこにはたくさんの手芸用品
070401_14310002 なんですが、上司二人と一緒だったため
短時間で物色。
可愛い小物入れをいくつか見つけました。
上は、まん丸い小物入れ。
ハンカチーフとかアクセサリーとか
入れるといいそうです。
下のギンガムの小箱は
せっけん入れ?
いいえ、違います。
「御はり入」
こんなかわいい針入れだとお裁縫も楽しい。
お店の名前も忘れましたが
また行きたいなあ。

070401_14340001  070401_14350001_1

さて、変わって松江の手芸屋さん。
体調悪いし吐きそうになりながらも
選びに選んだ数々。
070401_14380001 小さなボタンもたくさん
これ、かなりしんどい作業でした(笑)
元気なときでさえかなり集中力のいる作業
選び終わったときはぐったり。
さて、私の常日頃の好みをご存知のかた。
今日のブログの画像全体を見て
お気づきなことがあるのでは?

そう、今回ばかしは
公民館の囲碁の寄り合い的匂いが
ないのじゃああああ!
ウォーミー、クリーミー、ドリーミー、
プリティでラブリー
そんな乙女な色合い。
ワシもやれば出来るんじゃ。
ふぉふぉふぉ~~
どうじゃどうじゃ?(褒めてくれといわんばかり…)

熱があったからか?熱があったからと、そう言いたいのか?
・・・乙女になるには高熱時。

070401_14360001 最後に、いつものワシ。
この色合い。
やはり落ち着くのーー。
何を作ろうか、
トリツアーのときの布地と
今回のと
何ができるか考え中。

イベントがまたできるよう
少しずつつくります。
070327_17150001
島根県庁にある銅像。
ちょんまげ頭に洋装。
維新に生きた有名人かと思いきや
頭の上には鳥。

この銅像を後にして
私の今回の島根の旅終了。

いやはや、しんどい旅であった。

| | コメント (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »