« 駅前デイト、道中膝栗毛。 | トップページ | 有心論を聴きながら »

2007年4月15日 (日)

岡山ツアー~八雲とたんぽぽと時々子イタチ

遠距離ウクレレユニット「八月の飛行機雲」
いや、結成当初はもっと違うコピーだったような。
テラコー発文学ウクレレユニット「八月の飛行機雲」
だった?070415_13450001
さて、ここからの画像
「小鳥の森公園」
いや、正式には違う名称らしい
けど、この公園にぴったりの
「小鳥の森公園」の画像を
お送りします。

岡山駅に降り立って
相方がお迎え。
本日の彼女は
濃い桃色セーターに
白地に
大きめのお花模様のスカート。
桃の花の妖精のようにかわいい。

まずは車で郊外の桃畑のあるところまで。
途中、車窓からのながめ。
タンポポがあちこちに群生。
旭川という、
川原に雑木林のある川。
芽吹いたばかりの
うすい葉っぱが、
水の流れとあいまって
大好きな感じ。

山々は、いっせいに萌え出し
さまざまな緑色に彩られ
木々の描き出す美しい景色。
そして菜の花も
胸の高さくらいに、
遠くから見ると
まるで菜の花の小山のように
あちこちに咲いています。
070415_13460002
いいじゃん!岡山。
本日も空は爽やかに晴れ渡り
車は走ります。
そして、農家の敷地の川原土手に
ヤギの親子を相方が発見。
ヤギ?
ヤギってなんかすこし滑稽で切ない生き物
ペットなのか家畜なのか。

ほどなく桃畑へ。
まだ桃の花はきれいに咲いていました。
岡山って基本、桃。
ガスタンクまで桃色に塗ってある。
丸いものは全て桃に見立てるのか?
岡山の常識なのか?

写真を撮り、
無事業務終了。
連れてきてくれてありがとう。
桃源郷が見られました。

そして、小鳥の森公園へ向かう。
途中、相方命名「タンポポロード」を通る。
道の両側にタンポポの群生。
そして、車の前方に
なにやら茶色い見慣れぬ生き物が。
イタチの子。
うーん、イタチっつうものを久々見た気がします。
おそらく兄弟イタチでしょう。
タンポポとイタチの子。
ほのぼのとした空気でした。

070415_13480001 さて、小鳥の森公園。
ここは本当に素敵な公園。
雑木林、下草にはタンポポ。
えっと。上に載せた赤い花。
あれは椿です。

私たちが座っていたベンチの
向かい側に植わっていて、
三脚持ったキャメラマンたちが
必ずそこで写真撮っているから
何かよほどすばらしいものがあるに違いないと
見に行ったら、赤い八重椿でした。
でもこれはダリアっぽくてきれい。

山桜の下のベンチに座って
歌ったり歌ったり、笑ったり。
時々木に登って(相方が)
私は私の仕事(写真撮影)をこなし
タンポポを摘んだり。
070415_14050001 070415_14100002
時々風に
花びらが舞い
時々風に
木がざわざわ
小鳥の声は
絶え間なく続き
光は
枝の間から差し込む。

そんな中で
歌いました。

今まででいちばん自然で私たちらしい。
そんな今日の八雲でした。
こんな風に歌えるようになって
良かったね。
070415_14060001 タンポポとウクレレは
良く似合う。

ここに、小鹿とか
リスとか野うさぎとか
動物がいればもう
最高の絵なのに。

みち代Pの力の無さ。
動物たち雇うことも
呼び寄せることも
できないのでした。
無念。
つか、呼び寄せられるとでも?
思っていたのか?

ええ、小鹿くらいは呼べると。

「八月のヒコーキ雲」収録曲を全部
それから「ナナイロ」収録予定曲
それらを歌って大満足。

小鳥も森をあとにするのでした。
その後に行ったカフェもテラスで。
今日は、最初から最後まで
空の下。


|

« 駅前デイト、道中膝栗毛。 | トップページ | 有心論を聴きながら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駅前デイト、道中膝栗毛。 | トップページ | 有心論を聴きながら »