« 有心論を聴きながら | トップページ | 茶碗をふたつ »

2007年4月21日 (土)

払拭

Pa0_0026窓から見えるカエデ。
日に日に葉っぱが大きくなり
緑が濃くなります。

ポットを置いている出窓
毎朝まずコーヒーを入れる私は
一日の初めにこの風景を見ます。

今は、小さい地味ーな赤い花が
たくさん咲いていて
蜂が木の周りを飛び回っています。

今朝、この風景とともに届いた
たねもの屋店主さんからのメール。
私の心に重くのしかかっていたものが
吹き払われる思いがしました。

そしてバスカードを持って、
二人で小さな小さな
区内旅行に出かけました。
安佐北区可部。
古い町並みの残る街道筋。

可部駅のバス停で降車しPa0_0014
+Cという雑貨屋さんを目指して
てくてく歩く散歩旅行。
まず、手作り石けんの、めぶらーなさん。
お店に一歩はいると石けんのいい匂い。

「森のせっけん」と「シカカイシャンプーバー」
シャンプーバーは洗髪用石けん。
今夜さっそく使ってみようと思います。
洗顔もめぶらーなの石けんを使っています。
今使っているのは「ハーブ」
シャンプーバー、どんなだろう。
石けんの包みを開ける瞬間
わくわくします。
そして今、パソの横にあって、
匂い時々かぎながらこれ綴ってます。
Pa0_0024
街道筋ということもあり
お醤油屋、米屋、酒屋など
古いつくりのお店が並び
本当に旅行気分。
ここはお醤油屋さん。
かすかにお醤油の匂いがしました。

Pa0_0022 散髪屋の軒先
もうくるくる回っていない
くるくる回るやつ(なんていうものだ?)
格子戸や、木のバルコニー(和名は?)
路地から裏通りに入って
よそのうちのお庭観察
そりゃもう不審者か宗教勧誘か?!
くらいの怪しさで。
Pa0_0021 Pa0_0020
素敵なしつらえの門扉
そしてベランダ。
こーゆーの見ると
やっぱ溶接の技術
習得したいなあ。
可部街道沿いの家は
とりどりのお花が
植わっていて
丹精込めている。
お庭もすごく素敵なのがいくつもあって
そのたびに近づき
生垣から、塀から覗き込みPa0_0019
まさに不審者AとB。

赤い花は、お寺の境内に咲いていた。
それはもう赤く、蛍光っぽい
浮き出るような赤い花。
たねもの屋さんとのお庭観察は
とても楽しく
花の話題はつきない。
彼女からたくさん横文字のお花の名前を
教えていただきました。
ただね、ワシは横文字は覚えられんのじゃ。
なので、また同じ事を聞くかも知れん。
その時は根気よく教えてね。
Pa0_0018 Pa0_0017 これはお茶屋さん。
モダ~ンな洋館風。
バス停1個分の距離を
1時間半かけて
歩き回って
到着した+C
雑貨+カフェ
カフェではシフォンケーキとカフェオレ。
カフェオレ、すごーーくおいしかったです。
(あシフォンケーキもとてもおいしかった)
+Cは店舗兼住居の建物自体が
スタイリッシュ。
けれど、スタイリッシュ特有の
温度の低い感じはなく
あたたかな感じ。
Pa0_0027
充実した楽しい時間を
今週も過ごすことが出来ました。
ありがとう、ありがとう。
いつも、本当に有難う。
頭の先から
足の先まで
めぶらーな石けんで洗って
流そう。
色んなもの流して、

払拭。

庭には今年の初牡丹。







|

« 有心論を聴きながら | トップページ | 茶碗をふたつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 有心論を聴きながら | トップページ | 茶碗をふたつ »