« 茶碗をふたつ | トップページ | すみれ色の涙 »

2007年4月23日 (月)

新連載☆「世界のやさぐれから」

どもども、本日出社拒否のみち代姉さんです。
朝、途中まで行ったんですが
涙で前が見えなくなって(!?)
そのまま帰ってしまいました。

それから、家から一歩も出ず。
がしかし、
ずっと家で仕事。
明日、研修会で使う資料を作っていました。
上司とはメールでやり取り
チェックかけてもらって
修正して。
なんだ、出勤しなくてもできるじゃん仕事。
このシステムが確立すればいいのに。
まあでも、個人情報セキュリティ云々。
会社的にムズカシイんだろうなあ。

昼に冷凍室の水餃子。
スープ餃子にしようと
そしたら鶏がらスープのもとがない。
しょうがないから出汁で。
でも、味にアクセントが欲しいと思い
よっしゃ、ピリ辛味噌仕立てに。
しようと思ったんですが、
一味も七味もなく。
なんじゃここの家は~っ
調味料はさしすせそだけかーーいっ!

まあ気を取り直し、ほんのりごま油とラー油で。
と思ったら、待たんかーーーーいっ!!
ごま油とラー油の量が逆じゃろがーいっ!
しくしくしく。
こんな失敗も珍しい。
でも食べましたけどね。
テンション下がり気味で。

負のオーラが負を引き寄せるのですね。
明日は、研修会。
人の前で話をしなければなりません。
体制建て直し
しゃんとして頑張ります。

さて、全国のやさぐれファンの皆様
お待たせしました(待ってない?)
本日からスタートします
お別れのコーナー
「世界のやさぐれから」(またパクリかいっ?!)
本日のやさぐれは
Pa0_0061 「みなしご兄弟」
neigeさんとakemiさんが
トリの骨董市で
救済してきたものです。
悲しいですね。
心が痛みますね。
身を寄せ合って
必死で生きているさまが
うかがえます。
人形は顔が命。
なのに少し怖いですね。
Pa0_0051
まさに洋物蛍の墓。
土台に配された
温度計が
なおいっそう悲しみを深くします。
何故?
人は何度も問うでしょう
何故温度計なの?と。
でもこの兄弟に聞くのは酷です。
二人は何も知らされないまま
この台の上にのせられたのです。

そして今、うちでは
えぇえぇ、もちろん!テレビの上です。
ごらんいただけますでしょうか?
兄弟の前に置かれた10円玉3枚。
これはやらせではありませぬ。

いつのまにか1枚が2枚に。
2枚が3枚に。
「お金をくださーい。お金を。
コンビニでアイスを買いますから
お金をーー。」
兄弟の悲しい叫びが
通りすがりの人々の心に届いたのでしょう。

さて、このコーナー
私の気まぐれによる不定期連載になる可能性も?
では、おやすみなさい。

明日が研修会でよかった。
もし何もなければ、休む可能性も。
こうやって、不登校になっていくんじゃねえ。

|

« 茶碗をふたつ | トップページ | すみれ色の涙 »

コメント

ぶはぁっ!吹いた吹いた。
吹きました。
みなしご兄弟(笑)
あぁ、今あの子達、テレビの上で幸せにしているのですね。
あと10円玉3枚くらいめぐんでもらったらガリガリ君ぐらいは買えそうですね。
つか、コンビニでアイスってあんまり悲壮感ないっすね。
やっぱ、病気のおっかさんのミルク代を・・・(銀河鉄道の夜のカンパネルラか)とかがしっくり来ますね。

この子達とペアのイノシシもぜひ!
やる気出してお尻上げ気味のあの人も!

ラー油とごま油の配分ミス。
なんか、似たようなネタが前にありましたね。
私のシナモンとナツメグ取り違え事件。
アップルクランブルじゃなくてハンバーグ作るんかいっ!みたいな。
エムジジ様はその後、冷蔵庫にラップは入れてはおられぬでしょうか?
鬼嫁にいびられていないか心配です。

あ、コトヤがオープンしていましたよ。
もう、やっぱり建物自体が雰囲気がありまして。
すっごく素敵みたいです。
しいたけランチもせんといけませんし。
トリに毒落としにいらして下さい。

投稿: いずジィ | 2007年4月23日 (月) 23時29分

固パンを買うお金もないの。
1スウのお金すらないのです。
ってな感じでしょうか(笑)

いや、実はワリィ奴らなのです。
みなしご詐欺です。
新手の成りすまし詐欺です。
口の端上げてワリィ笑いを浮かべて
いるのです。

って、どんだけー。

この妄想の続きは
メールで、ということにしましょう☆

冷蔵庫にラップは入れておりませぬが
皿だけを入れていました。
皿だけーー。(どんだけー活用バージョン)

GW後半にかけて
トリツアーぶっぱなしますか。
同じ匂いのするコトヤ。
やさぐれ同盟のコトヤ。
ぜひとも行かなくては。

投稿: みち代 | 2007年4月24日 (火) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茶碗をふたつ | トップページ | すみれ色の涙 »