« 新連載☆「世界のやさぐれから」 | トップページ | ことばの宇宙 »

2007年4月24日 (火)

すみれ色の涙

何故だか、
「すみれ色の涙」という歌を
ずっと口ずさんでいます。
歌詞もあってるんだか。

すみれってすみれって
ブルーな恋人同士が
キスしてキスして
生まれた花だと思うの
淋しかったから あなたとであって
淋しかったから あなたを憎んだ
淋しかったから あなたにさよならを
そしてひとつぶ すみれ色の涙

違ってたらごめんなさい。

なんて深い歌詞なんでしょう。
なんて想像力をかきたてる歌詞なのでしょう。
昭和歌謡ばんざい。
単純な言葉の組み合わせ
決して難しい言葉を使ってるわけじゃないのに
多くの言葉を連ねなくとも
こんなに豊かな世界が描けるんですね。
美しいですねー。
そして、毒もエロティシズムも含んでいますねー。
いやはや。すごい。

さて本日の「世界のやさぐれから」
第2回目は「いのししに生まれて」Pa0_0067
お達者部員イズじいさんの
リクエストにお応えし、
お送りします。
というのもこれ、
昨日の「みなしご兄弟」
とともに、
トリの骨董市からの
救済者。

写真ではわかりにくいでしょうか。
かなり前かがみの
しり上がりポーズです。
それはいのししに生まれた性。
今まさに猪突猛進せんとす。
のポージングです。
いのししに生まれて、
それはもう、抗いようのない
どうしようもない遺伝子のしわざ。

不必要にピンと立ったしっぽ。
緊張感のあらわれでしょうか。
今まさに。

それを知ってかしらずか
まんまるに表情を消した瞳から
一抹の悲しみをうかがい知るのは
私だけでしょうか。

「やさぐれ」の基本。
それは、悲しみとおかしみ。
これがやさぐれ道なのです。

そして、バックの豆絞りのてぬぐい。
これはもう、はずせないでしょう。

さて、本日の説明会も無事終了。
あ、無事ではない無事ではない。
そのうち本気で
携帯ちゃぶ台製作します。

|

« 新連載☆「世界のやさぐれから」 | トップページ | ことばの宇宙 »

コメント

あぁ・・・そうそう、こんな顔。
こんな顔でしたNE!
目はかっぴろげているのに、
なぜだか無表情。
そして、悲しみもたたえつつ・・・。
そう、それがやさぐれ。

次は、春ちゃん、秋ちゃんに会いたいです。
彼女達(彼達?)はうって変わって
かわいさ満開☆
やさぐれ界のアイドル。
夏ちゃん、冬ちゃんの捜索も地味に続けております。

つか!豆絞り!
突っ込む前にツッコまれた!
今日の記事を読みながら、
あ、今日も豆絞り使ってある。
ツッコんだろ、思ったのに。
エムジジ様が自分でツッコミ入れてる!
きーーー!くやしーーー!!
(ハンカチ噛みつつ)

お達者倶楽部手引書
美味しいネタを持っていかれたら、
腹の底から悔しがれ。
今、草稿中です。
お達者部員も各々の心の中で
手引書の文言を増やしていってください。
いずれまとめて本にします。
(ホントか!?)

GW後半空いています。
トリ市内を早馬で駆け抜けるのじゃ!
そこどけそこどけの勢いじゃ!

投稿: いずジィ | 2007年4月25日 (水) 12時31分

そそそっ。
言われる前に、豆絞り。
このシリーズ、全て豆絞りですから。
しかも、「祝」と
朱で染め抜かれた。

ふぉーっほっほっほ。
悔しがるがいい。
ワシも、ネタを仕掛けようと思って
先に仕掛けられた日にゃ
ハンケチ噛みます。
ケーキ先に食われるより
歌おうと思った歌先に歌われるより
く。や。し。い。

さて、GW後半戦のことですが。
おいしい話は影でこっそりでございますよ、
お代官様。
あとで密書を届けますゆえ
よしなに。

投稿: みち代(エムジジ) | 2007年4月25日 (水) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新連載☆「世界のやさぐれから」 | トップページ | ことばの宇宙 »