« ネコと過ごす。 | トップページ | セツナガ原で会いましょう »

2007年5月29日 (火)

チャペルナイト☆

今日は午後から医者お宅訪問、
だったにも関わらず、すっかり失念しておりました。
そして、ボーダーワンピにレギンスという、
ちょーオフザケの格好(いやでも普段はこんなもんで仕事です)
しかしいくらなんでも、これで「先生、ご審議願います」とはいかず
昼休みにシャツとパンツを調達に。
いつもお世話になります、メーカーズシャツ鎌倉さん。
明日も違う医者お宅訪問、
なので、忘れないようお仕事モードコスプレです。

さて、土曜日のチャペルナイト。
オリエンタルホテル広島のチャペルで行われた「O&C」のコンサート。
「O&C」は、
ワタクシが今一押しのピアノ男子、波音の里志くんと
実力とルックスをかねそなえたサクソフォーン王子(すいません、王子流行りなもんで)
嵩くんの音楽ユニットです。

荘厳且つ気高いクラッシックで、
チャペルの空間を、神聖なる高みへ持って行ったかと思えば、
次の瞬間には、ハッピーでファンキーなJAZZY NIGHTに変える。
二人の底力、それに、音楽への熱い思いをひしひしと感じた夜でした。

特筆すべきは、「木星」でしょうか。
あそこにいた誰もが「すげぇーーっ」(他の言葉がみつからない)って思った
チッシーの電子オルガン。明らかに空気が変わりました。
会場全体が、息を呑む。
緊張感を持って音の波に飲み込まれる。
チッシーの奏でる音で、会場がみたされ、膨らんでいく感じ。

さらに特筆すべきは、「オレは(いや僕は、か?)スパイスですから」
とそこに徹した嵩くん。
スパイスは上手く使わないと、料理が生きない。
いや、下手に使っちゃうと、台無しにしかねない。
チッシーの音を生かすも殺すも、スパイス次第。
そんな難しいところを、見事に最高の料理に仕立てたあなたもすごいっす。

この二人のバランスはすごいなあーと思いました。
音のバランスもさることながら、二人の気持ちのバランスも。
音楽に対して真摯であるからこそ、
より良いものを、と思うからこそできることなのでしょう。
いやいや、姉さんは目頭が熱くなりました。

とかなんとかごちゃごちゃ言ってますが、
まあ、いちばん思うのは、
「ふたりともめっちゃかっこいいーーーーっ!」
って、やっぱそれかい!!

褒め倒していますが(笑)まあ、私はこんな感じで。
音楽は良いか悪いかじゃなく、好きか嫌いか。
嫌いなら、聴かなくていいし、ましてや批評なんてもってのほか。
好きならとことん聴けばいい。
「好き」も色んな「好き」があるとおもう。
自分の好きな音を、演奏者と一緒に楽しめば、それはもう最高に幸せなことです。
ジャンルとかも関係ないなー、音楽は自由だなーと、
O&Cに改めて教えられた夜でした。

そう、音楽は私のドラえもん(笑)
どこでもドアも、タイムマシーンも、でんでんハウスも、
なんだってオッケイの。

さて、コンサートのあとは、結社の飲み会。
サタデーナイト☆フィーバー(古っ!)で夜はふけるのでした。

|

« ネコと過ごす。 | トップページ | セツナガ原で会いましょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネコと過ごす。 | トップページ | セツナガ原で会いましょう »