« 都市伝説 | トップページ | 独り言 »

2007年6月15日 (金)

倉吉漫遊

倉吉漫遊倉吉漫遊

倉吉漫遊倉吉漫遊

復活!!

16時30分過ぎ、会場撤去作業など、すべての業務終了し、その後、倉吉駅から鳥取行きの列車に乗りました。

列車に座り、数分で眠りに落ちて、気がついたら鳥取駅。

そのまま、まっすぐホテルに。
先ほどまで爆睡でした。ただいま復活!!

本日の業務、心肺蘇生法実技研修のスタッフ。
会場設営、荷物搬入、会場入れ替え作業などなどの肉体労働でした。

窓がない、扉も1カ所しかない閉塞感いっぱいのホールで、予算の関係上、クーラーが入れてもらえず、その中での作業や講義。

汗だくです。
熱中症になって、倒れて、実技研修が実地訓練になったらどうしてくれるんじゃああっ!

おまけに、講師が事故渋滞で40分遅刻。
…ほんま、ぐったりです。

昨日は、会場に隣接する二十世紀梨記念館に行きました。

私たちが入館したときに、たまたま貸し切り状態。
館内のお姉さんが付ききりで面倒見てくれて、私はトイレに行きたいことが言えず、言われるがまま。

まず、ミニシアターに連行され、座らされる。
二十世紀梨の今昔みたいののドキュメンタリー。
終了後、シアターを出て、トイレに向かおうとしたら、館内のお姉さんが三人こっちめがけて「お客様〜っ!お客様〜っ!」と叫びながら走ってくる。

えーーっ!
あまりの恐ろしさに、走って逃げようかと思いましたが、あえなく拉致。二十世紀梨劇場に連れて行かれ、「これはとても人気のある催しなんですよ」と、有無を言わさぬ強い視線。

ああ、あなたのそのつけまつげが怖いのよ、と思えど、目が離せず、諾々。

それは講壇仕立てで、突っ込みどころ満載。違う意味で大爆笑なのでした。

終了後、強制連行された先は梨の試食コーナー。
その後、トイレに走り込む私の後ろ姿に、誰もが涙したそうな…。

二階に、自分が虫になって、梨畑の地下を探検しよう!みたいなコーナーがあり、ここで私は大フィーバー☆

まっくらな穴蔵の中、大きなモグラや幼虫や巨大キノコ。横穴には仲間の虫たちが眠っていて、ほんま、めちゃめちゃ楽しい。

小学生男子のようなその姿に、誰もが失笑を禁じ得なかったそうな。

さて、もうすぐしたらneigeさんとホタルを見に行きます。

昨年もやはり二人でホタルを見に行き、そのあまり美しさに感激し、言葉をなくすほど。

幾千もの儚い光は、美しく悲しい。けれど、それは人間が描いた感傷なのですね。
ホタルは、種を絶やさないなめに、美しい光を発している。それだけ。

それだけ、だけど、そこに意味を見いださないではいられない。

ここ数日、頭の中をずっと、プロローグのメロディーが流れています。

もがいて、あがいて、その先に見えた光。
まだ、ホタルの光のように不確かなものかもしれません。

出かける準備をいたしましょう。

|

« 都市伝説 | トップページ | 独り言 »

コメント

蛍も頑張ってます。
貴方も頑張ってます。
すばらしいことです。
しっかりと命の光を受け止めてあげてください。

投稿: 光る源治! | 2007年6月15日 (金) 23時17分

(笑)光る源治さん、こんばんは。


ホタルの森より戻ってきました。
ホタルの光は不確かなんかじゃなく、確かな命の強い光でした。


相変わらず、フラッシュたいて携帯写真を撮る無粋者が多数。
ほんと、興醒めです。


今夜は寒かったせいか、飛び交うホタルの数は少ないようですが、それでも、木の葉に沢山とまって光る。
ホタルの木が何本もありました。


今年も見ることができました。
neigeさん、本当にありがとう。

投稿: みち代 | 2007年6月16日 (土) 01時08分

日曜日はフラッシュたくひとがいなくて
今年はマナーが良くなったと思ったものですが
エムジジ様と見たときはいかんでしたねー。

今日はお疲れ様でございました。
短いながらも濃い一日でした。
半径2キロ四方の濃ゆい旅。
そして、旅はまた新たな扉を開けて。
コトヤへたどり着く!?
コンセプトが決まって、脳内沸きまくりです。
たのちみでしかたがありましぇん。

コトヤといえば、あの後平原綾香が
来店したみたいですよ!
なんか、ちょっと惜しい気分?
そうか?どうか?

夜、温泉に天然蛍を見に行きました。
やはり寒かったのでみなさん
草場の陰でひっそり。
でも、昨日の蛍の木、草版でまたそれも
よろしかったです。
エムジジ様を温泉天然蛍にもお連れすればよかった。
あぁ、ツメの甘い私。

また、蛍を並んで見れる日が来ることを願って。

投稿: いずさん | 2007年6月16日 (土) 23時15分

今日は、自転車の返却ありがとうございました。
いつもすまんのお。
つか、なんでいつもいつも
時間がいっぱいいっぱいなのでしょうか。
そして、何故ワシはいつも、自転車迷子になるのでしょうか。
今日もまた、他人のチャリめがけて鍵を差込み。

あ、くるり。(スペシャ見てます)
岸田くん、やっぱこの髪は好き☆
うっとおしい感じが良い!

コトヤへ行けて良かったです。
そして二人展へ向けて
私も空想妄想の世界へどっぷりつかりたいと思います。
楽しみがいっぱい。

投稿: みち代 | 2007年6月16日 (土) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉吉漫遊:

« 都市伝説 | トップページ | 独り言 »