« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

来日(BlogPet)

きょうはみち代と代表しなかったよ。
だけど、きのうみち代の、機会っぽい来日されたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「シロクロ」が書きました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

続☆旅の途中

「わたくしが機を織る間、決して覗いてはなりません」
すぅーーっ、ぱたん(障子を閉める音)

かたん とんとん かたん とんとん かたん ・・・・(機を織る音)

鶴の恩返しです。

自らの羽を抜きその羽で、機を織る。
まさにその状態。
傷口に塩を塗りたくりながら感傷の旅の途中です。
痛みと引き換えに、何かを生み出す、みたいな(笑)
大げさですね。ふふ。

そうやって、自分の気持ちに気づく。
自分の状態を、確認することができる。
まだまだ、なんだなー。
時間は、解決してくれる部分もあるけど
置き去りにしていくところもあり。

そんなこんなで、ここ数日間
自らが深みにはまり、少し引き戻され
また深くもぐり、戻り。
ゆきつもどりつ、でもほんまぐーーっっと集中してるので
精神的には不安定な状態です。
そんな中、ライブにいってきました。

NO MUSIC,NO LIFE.
ゴキゲンな音が鳴れば、リズムをとらずにいられない。
座ってなんかはいられない。
じゃない?
二つの異種バンドのカップリングツアー。
ライブのお話はまた次回にでも。

うまく切り替えられました。
でもまた、これからもぐりますけど(笑)

070730_01130001 部屋の壁にかげろう。
短い命を
こんなとこで終わらせちゃいけません。
前の命から
渡されたバトン。
次の命へつながなきゃ。
ってもこれ、うすばかげろう?
幼虫はありじごく。
成虫になってからは
セミより随分長生き。

「かげろう」と言う言葉に
儚くも悲しいこの響きに
つい感傷的になっちまった。
が、案外強い子なのでした。

さて、みたび、よたびと旅に出ます。

| | コメント (0)

2007年7月28日 (土)

センチメンタルな旅の途中

ども、「緑好きのあの方」です。(neigeさんダイアリー参照)

緑のワンピに緑のエナメルパンプス
緑のかごBAGに緑モチーフのブレス
そして冬には伝説のアマガエルコート。
毎日飲むのは青汁
テーマ曲はグリーングリーン(嘘です)
新幹線はグリーン車(嘘です)
ほんま、どんだけ緑好きなのか。

いや、これは一度に全部は装着しませんよ。
いずさん、うっすら期待してもやりませんよ(笑)

なかなか、集中して個展に向かえず
ここにきてやっと。

というも、昨日の会議。
ちっちゃい爆弾を落としてしまおうかと
ずっと考えていて、
ずっと疑問に思っていたこと
なんかおかしいなと思っていたこと
ちゃんと自分の意見として
冷静に、整然と述べられるように
考えていました。

言わずにこれまでどおり
何事もなかったかのように
イエスを言えば良かったのかも。
けど、この会議はいつもきれい事。
まるで議会の答弁のように
決まりきったシナリオなイメージ。

ちょっと頭の良さそうな
こんなに考えてますよ的な
そんな意見をチラッと言って
それで終わり。
体裁とりつくろって、はい無事終了。

ちゃんと考えて臨まないと
自爆しかねないんで。
「バカの考え休むに似たり」かもー。。。
あー。でもそれなりに。

で、「今からちっちゃい爆弾落とします」宣言をして
で、落としちゃいました。
本当にちっちゃい爆弾だったかも。
でも少し、爆風は起こったみたい。
今は変わらなくても
次につながれば良いなと。

そしてようやく
私の感傷旅行と向き合う。
私小説、かもしれません。
「私」が語る「私」のこと。
ちっぽけでくだらない
外から見れば、ガラクタの部屋
結局、そこしか語れないのです。
お話を作っても、詞を書いても、半径3メートル内の(狭っ。。)
大いなる愛や大きな世界は、もてあましてしまう。
そんな世界を描くならきっと、
どこか、かっこつけた耳障りの良い
かっこいい言葉を連ねてしまうでしょう。

今までで、いちばん生の言葉かもしれません。
かっこつけてなく、小難しい言葉も、
きれいな世界も描かずに。
ブザマです、女々しいです、めんどくさい女です。
って、痛いですねー痛すぎますねー(笑)

あー、良い風が入ってきます。
秋風のような。
でも、日中はぎらぎらした景色。
私の肌にも、じりじりと照りつけ
暑さの真っ只中にいながらも
やっぱり、夏の中の実感がない。

ぐったりとした夏の庭も
ぎらぎらと光る山の木々も
目に映る風景は、
絵空事のように映るのです。

って思ったのは、
いちばん暑い12時~4時の間に
家からフジまで3往復。
フジは坂のてっぺん
家は坂の下のほう
しかも坂はけっこう急。

3往復の間に、
色んなことを思うのでした。
そして3往復の原因はやっぱり
私の忘れ物番長っぷり発揮なのでした。
とほほ。。。

明日は選挙です。
忘れないように、そのあとは
書を捨てて町に出よーーっ

| | コメント (2)

2007年7月25日 (水)

ヴァイオリンの夕べ

コーヒーとチョコレートケーキで
ヴァイオリンの夕べ。
そのあと、刺激的な韓国Night☆
とても楽しい時間を過ごしたあと
少しだけ悲しい出来事。

家に帰ってあれこれしていて
ちょっと座ってぼんやりテレビを見ていて
右足の第3趾~第4趾にかけて何気に触る。
手の指に触れたもの、それは一粒の納豆。。。

うーーむ。
この納豆は、いつから私の足の指裏にあったのか?
踏んだことさえ、ずっとくっついていたことさえわからない。
それはまあ、ほろ酔いだったこともあり、
百歩譲ってしかたがないこととしよう。

だがしかし、この足で部屋中を歩き回った。
すなわち、ごく少量とは言え
納豆菌をあちこちにばらまいた。
言い方を変えれば、
納豆菌の繁殖に貢献したといえよう。

しかし客観的に見れば、
納豆を踏んだまま、気づかず歩き回るのは
なんか人として悲しい。。。。

さて本日のヴァイオリンの夕べ。
いやもう、すごい!のひとこと。
ほかに言葉が見つからないのですが
啓太郎さん、ほんとうにすごい。

いつもすばらしい音色なのです。
いつもステキな音色で、時に私なんかは
アンデルセンの天井見上げて
涙こらえたりすることさえあるくらいに。
本当に心に響く音色なのです。

なのですが今日は、
いままで聴いたことのなかった啓太郎さんの音。
ぞくぞくしました(悪寒しゃないですよ(笑))
アグレッシヴで情熱的で、
「かっこいいーーっ」って思わず叫んじゃうくらい。
いや、叫んだんですけどね。
スロウな曲も、表情豊かで深い味わい。
一つの楽器から、こんなに多彩な音が溢れてくるのかと
ぞくぞくしました(悪寒じゃないですよ…もういい?)

アンデルセンは、
未だ出会ったことの無い啓太郎さんの音に出会える場所。
そしてそれに出会えた瞬間、細胞があわ立つくらい
感動と興奮なのです。

その興奮はまだ冷めやらず。

そのあと、韓国料理を頂いて
生中2杯飲み干し、帰路につく。


そして話は振り出しにもどるのです。

| | コメント (4)

2007年7月24日 (火)

OVER DRIVE

夏が来ましたね!
今日の日差しは、夏の強い日差し。

そんな日に、思いがけず、郊外をドライブ。
陽が、西に傾きかけて、暮れるまでの間。
いちばん、風景の色が美しい時間。
北広島町一周、な感じでしょうか?
そう、チヨも駆け抜けましたよ☆

行く先も特に定めず、時間も気にせず
もしかしたら迷ってる?って状況でもそれはそれ、みたいな、
そんなちょっと冒険っぽいことを
楽しんでできるのは、すてきなことですねー。

いいじゃん、いいじゃん!
どんどん行っちゃえーーっっていうのが良いです。
ちょとした冒険心、大好きだから、ほんと、楽しかったです。

夏の色の、濃い緑の木々。
川の流れ、ヒグラシの声。
山の向こうに入道雲。
今年の夏の最初の日を、こんなふうに小さな旅。

このごろはどこに行っても、別の場所にいるという感覚が
だんだん薄れてきています。
例えば、先日の大阪神戸にしても、東京にしても。
感覚的には、バスセンターから家のバス停に帰ってる感じ。
神戸の町を歩いていても、近所のスーパーから家に歩いてる感じ。
気持ちの中の、県境がどんどんなくなってくる。
どこに行っても、普通に道聞かれるし、
それに普通に答えちゃってるし(笑)

「旅情」ってもんがなくなって、
せっかく行くのに、もったいなーー。
って、思われるかもしれない。
けど、そんなことは無いのです。
「旅情」はこの町でも味わえる。
家からバス停の間でも、「旅情」を感じることはできるから。

あ、今、一瞬落ちてました。寝てた(笑)
その一瞬に、メーテルリンクの青い鳥の夢を見てた。
夜の国へ行く場面が、鮮明に見えてた。
なんじゃそりゃ?
旅旅、言ってたからでしょうか。

軽々と、どこへでも行ける気持ちと
そして羽を手に入れて
好きのベクトルが向く方へ。

家の前で、目の前を行く動物。
いつもの猫かと思い、名前を呼んだら振り返る。
目が合った。狸だった。
しばらく見つめあい、また、とことこと前を行く。
北広島町を郊外といいましたが
ここも十分郊外なのです。

本日のBGMは
ジュディマリの「OVER DRIVE」で♪



| | コメント (2)

2007年7月22日 (日)

ノラ猫

07082352 これ。
やっと入手。
中原淳一といえば
乙女のイラスト。
大きな瞳をぐるっと囲む
長いまつげ。
強い視線が印象的な
女の子のイラスト。
そのイメージが強いでしょう。

お洒落で、可愛らしく
時には、
そこはかとないお色気。
そんな、中原淳一の描く
女性像に憧れ、
それはもう、私の細胞の中に
組み込まれていると思われます。

中原淳一さんの作る人形。
あまり知られていないのでしょうか?
私はずっと以前に一体の男子の人形を見て
いっぺんに心奪われました。

070722_22270002 これがその人形。
まーさーに、
私の好きなタイプのオトコ。
長髪だのヒゲだのメガネだの
言っておりますが
ルックス、ではないんですね。
中原先生のつくる男子の人形は
どれも、ワタクシ的にはど真ん中。

影、色気、不良なんだけど上品で
(ちょいワルなんて軽い言葉じゃなく)
「カナシミ」みたいのを抱えていて。

ノラ猫みたいな。

気まぐれで、淋しがりやで、強がりで、
プライドが高くて、傷つき易くて、
その上、精神的どS(笑)
あー、やっぱそうか~。
だからもう、逃げられないのだな。

ノラ猫、すぐに拾っちゃう。
でも、元がノラだから、
ある日突然フイって居なくなっちゃう。
悲しいですねー。泣き続けますねー。
けどまた、性懲りもなく拾っちゃう・・・。070722_22270001_1 

幸せになれないタイプですねー。

今日一日家に引きこもって、一歩も外に出ず。
編み物をして、言葉を探して、
音楽を聴いて、ご飯を食べて。
人としゃべらず、猫と会話・・・。

そうして、合間合間に
この本を眺めて。
あ、この本には
他にも着物姿の仏蘭西人形
とってもステキなドレスを着た
仏蘭西人形など、
どれもステキなお人形たちが
載っています。
あと、丁寧な作り方の図解と
実物大の型紙まで。

ぐずぐずしてた咳も
夕方には復活の兆し。
喉に住み着いていたカナブン
どこかに行った感じです、ほっ。。

さてと、8月末まで、突っ走る。
その勢いで9月を乗り切る。
乗り切れるかなあ・・・。

やっぱ時々は飲みに行こ!!

| | コメント (4)

2007年7月21日 (土)

サマーカーニバル♪

八月の飛行機雲ひそやかにライブやっちゃいます。

*****************************************

Pa0_0002_4 

「八雲 公開練習
    @モダンチック」
と き:8月13日(月)
     16時~ゆるゆると
ところ:モダンチック

     たくちゃんハウス前

空の彼方のあの人が
明日も幸せであるように
空の彼方へ願いよ行け
あさっても幸せであるように

私たちはいつも、そんな思いでうたっています。
お時間があれば、いらしてください。

いつもの公園で弾くように、
笑ったりおしゃべりしながら、
モダンチックのお庭に溶け込みたいです。

************************************************

そんなわけで、オシラセしますといいながら
すっかり遅くなりましたがやっと。

広島では時々、ハノーバー庭園や、
地元の寺迫公園で演っていますので
通りがかりにふらり立ち寄ってください。
その時にはまたここや、相方のブログや
八雲HPで告知します。

さて、本日はクラッシックコンサート。
ヴァイオリンとピアノの音色に
満たされてまいりました。
昨日、優しい雨によって息を吹き返した荒地に
今日はあたたかな光が降り注いだようです。
初めてお二人の演奏を聞いたときの印象。
光と風。
その印象は変わることなく、
変わるのは、時にヴァイオリンが光となり、風となり
時にピアノが風となり光となる。
今日はサマーカーニバル。
山根さんの弓から生まれた音符、
千嶋くんの指先から生まれた音符が、
軽やかに跳ね、くるくる回り、楽しそうに踊る。
のびやかに歌う。
さまざまな音が、全身に降り注ぐ、きらきらと輝く
一つの音のカケラさえも逃さないように、両手で受け止める。
全身で、受け止める。
音のサマーカーニバル。

あ、前回はパレードって言いましたっけ?
そういえば、「動物たちのカーニバル」
私はずっと、童話だと思っていました。
というのも、子どもののころから今でも読み続けている
小学館の「世界の童話」シリーズの中に
「動物たちのカーニバル」や「魔法使いの弟子」
などの音楽をモチーフにしたお話がありました。

音楽との関連などつゆぞ知らなかった私は
お話のリズムの心地よさからか
「動物たちのカーニバル♪~」と、歌うように読んでいました。
お話と音楽、できたのはどっちが先なのかな?

波音のお二人の響きあう音は
泣き顔を笑顔にかえてくれる。
想い出は、優しく。
辛かったり、悲しかったりのあの日を
優しい景色に変えてくれる。

音楽で何かを伝えたいとき、
歌詞や歌が、もっとも分かり易く、強力な手立てとなるけれど、
歌詞や歌だけじゃないんだなあ。
音が、言葉よりも多くを伝えることもある。
波音の奏でる音は、そんな音です。

| | コメント (0)

雨の朝旅に出よう

070720_22580001 珍しく、セルフポートレート(笑)
ただし、新幹線車窓に映る本人画像。

大阪→神戸を旅してきました。
私にとってはすごく意味のある旅。
朝、会社に電話して休みを告げ、
時間も決めずに駅に行き
時間に見合った新幹線に乗る。

大阪で古本屋を巡り
個展のディスプレイに
使えそうな本を買う。
太陽から出ている
中原淳一の人形の本も買う。
これ、ずっと欲しかったので
であったときがお買い時。
チャルカであじがみを買う。糸も買う。
かわいく懐かしい筆記具を買う。
大阪は個展用のものを探しに。

いつも行く時計屋に行き、時計を修理に出す。
エスト内にある時計屋さん。
何人かの作家ものがおいてあります。
他には無い、個性的な時計ばかりです。
私はここの、ほとんどコレクター状態。
作家名は時計には表記されておらず、
けど、私のハートにぐっとくるのは、いつも同じ作家さん。
相思相愛なのでしょう。

神戸にはあえて普通列車。
ひと駅ひと駅停車しながら、神戸に向かいます。
ぽつぽつと、窓にあたりはじめた雨の粒。
やがて目的地に着く頃には本降りに。
野外のスライドショー。
室内に変更かと思ったら、野外で決行。

070720_18520001 開場を待つ間の
部屋からの風景。
ここは、古い建物を
アートスペースにしているところ。
ステキな空間です。
窓辺の椅子に座って
雨を眺めていると
わくわくしてきました。


今日は、私の大好きな写真家の
新しい作品の上映会。
一年半?ぶりの来日。
雨なのに外でやるの?
って聞いたら、それもおもしろいでしょ、って。
雨の音聞きながらゆっくり見てよ、と。
そう、こんなチャンスめったに無いって
私もすごく楽しい気持ちになっていたから、
その言葉聞いてますますわくわく。
070720_19230001
建物2階に、こんなふうにぽっかり空間ができていて
中庭になっている。
雨よけにテント、その下に椅子が並べてあって、
ワンドリンク制なので、
これまた珍しく白ワインを選ぶ。
なんかそんな気分だったから。
雨を見ながら
雨の音の中、ワインを飲みながら
ゆっくりと始まりを待つ。

少しずつ、気持ちが落ち着いてくる。

070720_19130001 この雨ざらしのスクリーンに
像が映し出されます。

テントから落ちてくる雨だれに
膝が濡れるのもまた楽し。
だんだんと激しくなる雨足
テントを打つ雨の音。
水の重みで弧を描くようにたわむスクリーン。
これがとても面白い効果をもたらすのです。
下の隅っこが闇に落ち込んで、
半円の中に像が映し出されると
それはまるで万華鏡をのぞいているようであったり
望遠鏡からの眺めのようであったり。
おそらく晴れた日では、こんなふにはうつらない。

彼の作品はいつも
私を優しい雨のように包んでくれます。
かさかさしていた気持ちも
荒野のようだった心も
優しい雨が降り注ぎ、息を吹き返す。

「写したことも、写せなかったことも、
僕にとっては同じくらい大切なこと」

まだ、温かいものがここにあった。
その温かさに触れたとき、心が泣いた。

今日が雨で良かった。
風に揺れるスクリーン
雨に光るスクリーン
そこにあるもの、消えていくもの
触れられるもの、届かないもの。

今回のテーマの一つに「人魚姫」がありました。
まだ、このブログを始めたばかりの頃
「人魚姫」のこと、ここに綴りましたが
その頃偶然にも、彼も人魚姫を旅していたようで、
このテーマは私にとっては
まさに泣き所。

想いが遂げられなかったとしてもでも、
人魚姫は幸せだった。

彼は新しい冒険に出るそうです。
私は少し、軽やかに歩けるようになりました。

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

文月雑記

咳がぶり返してしまい、昨日は病院で血管注射。
「チクッとしますよー」と看護士さん。
けど全然痛くない。出血も少ない。
最近は、痛点に触れないほどの注射針を作る技術があるらしい。
これも日本が誇るすばらしい技術。
けれど、看護士さんの技術もブラボーなんだと思います。
いやあ、プロっすねえ。

かくゆう私は、薬でへろへろ。
以前、インフルエンザのときにタミフルを服用し
死にたくなったことはお話しましたが、
ほんと、あの時は壊れた水道の蛇口状態で
涙がだーだー止まらなかったのですが、
そんなコントロールの効かなくなった精神状態を
どこか冷静に見ている自分もいたりして、
今回も薬を服用することで身の上におこる変化を
じっと観察しています。

処方された薬、強いらしく、四肢が脱力するのです。
力が入らん。
ペンが、ぽろっと手から落ちる。
マグの取っ手が上手くつかめない。
スプーンでスープが飲めない(震えてこぼれちゃう)
めまいがする。4種類出ていて、どれがその作用を起こすのか
今、調査中。
まあでも、咳が一晩中出るよりは良いので、用法用量守って飲んでます。

今は気管にずっとカナブンがいて、
ぶぶぶぶぶ・・・・って羽を震わせている感じ。
それは、絶え間なく。
実際、カナブンがいたことは無いので、あくまで想像。
どっちにしても、仕事に集中できないのですが、
根気良くひとつずつ消化しています。

これ以降、
違うことについて、それはもう熱く語っていたのですが全部削除。
削除したんなら言うなよって(笑)
でも、その熱い思いがあったことだけは
何か残しておきたいじゃないですか(鬱陶しいっ!)

「働く女~プロとは何たるや?!」みたいなことでした。

遅ればせながらくるりの「ワルツを踊れ」をずっと聴いています。
これはもう、変態ですねー。
音楽に対する変態性がほとばしる!!といった感じでしょうか。
んもう、音音音音・・・・。っていう、フェティシズム的な。
だから、すごく良い。ホントに良い。まったくもって良い!!
ますます楽しみな8月のライブ。

9月からどうやら、毎月1回東京に行くことになりそうです。
これは決定なのかな。おそらく。
闘う女になれと?そういうことじゃない?(笑)
会議で意見を言うのは、全然やれるんだけど
それに伴っての、こまごました用務が増えることがすごく憂鬱。
誰か私の敏腕マネになってくださいーー。
でもお給料は払えませんからーー残念!(ってまたしてもギター侍)
もうええわ。。。

070719_11470001 今日は職場の回覧で
おりがみが回ってきました。
ハチロクへ向けて、
一人1羽ずつ折鶴を。

グリーンのグラデーション。
こうしてみるときれいですね。
とっさには折れなくて
紙風船ができるとこだった。

下の白い紙は書類。
バックのグラデーションの紙は
紅茶の空き箱。
なんだけど、まるで折り紙の本に出てくるようでしょ?

もう八月が目の前。

| | コメント (0)

2007年7月18日 (水)

トラップにかかる。

ひいぃぃぃっ・・・あと二週間・・・。
いずさんのコメントを見てはじめて突きつけられる事実。
個展まであと三週間という、
わたしのあまりにもどんぶり勘定すぎる、日数の算出。
ゆうか、数、数えれんのんかワシは!?

ああ、やはり先週鳥取に行ったとき
ボケ封じ観音にお参りをすればよかった。
つか、私が鳥取に行ったのは先週?
いや、先々週?
ううっ。それすらもわからんようになったんか?
もはやこれまで・・・・。切腹!(また今さらギター侍?)
いずさんや、介錯をお願いいたします。

みち代 辞世の句
「ひとのよの 夢に咲きし 萩の花 はらはらはらと 落ちて儚し」 

※注釈 ひとのよ→「人の世」と「一の夜」をかけています。
現世(うつせ)の夢でも一夜の夢でもまた、人の見る夢はまるで萩の花がはらはらと落ちるように儚いものです。にんべんに夢で、儚い。

・・・説明 長っっ!!ここまで説明せんといけんほど
技巧に走った句はダメダメですね。しかも秋の季語。
明日までにもっと良いのを考えます。笑える奴を。
って、そんな暇あったら、個展集中せんかーーーいっっ!

今日は朝からついていない。
日々、何の警戒心もなくのほほーーんと過ごしている私は
前にも言いましたが落とし穴に落ちやすい。
落とし穴どころか、あちこちに仕掛けられた大小のトラップに
いとも簡単に引っかかる。

ワタクシは、起きたらまず最初にコーヒーを入れます。
やや寝ぼけ気味で、ポットのお湯を注ぐ。
これが日課です。
今朝、いつものように、いつもの立ち位置で
ポットに向かい合った途端、
左足指先、ゴキブリハウスに突入。
だ、誰が置いたんじゃあああああっ!

ええ。私ですよ。ええ、ええ、それが何か?
ふ、自分が仕掛けたトラップに、自らがかかる。
粘着シートから足を引っぺがすときのむなしさ。

これが今日一日を象徴していました。
その後通勤途中、もっと大きなトラップにかかり
一日身動きの取れない私なのでした。
罠にかかったはずみで、
大丈夫、すでに治癒と思っていた傷口が開き
イタタタターー、ってな感じで。
それで相方にスピッツの歌詞を送ったら
ゆずの歌詞で返事が来ました。

本日はタワーでようやく曽我部君のDVD入手。
ポイントが溜まっていたので3,000円引き。
今日のラッキー☆




     

| | コメント (6)

2007年7月17日 (火)

雨の一日

アホウみたいに一日を過ごしてしまった。。。

やる気がないわけじゃないんだけど
集中力が全く無い。
考えることもできず、編み物もできず、
なんかやるのに、すごーーく時間がかかっちゃって、とほほ。
結局、何一つできなかった一日。
やりたいことも、やらなきゃならないこともあるのになー。
買い物にも出ずに、昼はフェットチーネで夜はリングィーネ
ソース材料ないから、昼夜とも基本ぺペロンチーノ。
平麺をぺペロンチーノかよっ!って自分で突っ込みながらも、
今度はフツウにスパゲッティをストックしておこう。
と、心に誓いました。

開き直って読書すりゃ良かった。
でも、今日は読書をしてもなにも響いてこないような。
先週、ついうっかり本屋に行ってしまい、またしても大量買い。
明日はタワーに行く予定なので、お小遣い決めていこう。

オシムになってからは全く興味のなくなった日本代表。
今のチームはごめんなさい、私の中ではB代表。
(ルックス的にもB代表・・・)小さくしてみました(笑)
でも、高原がでるのでちょっとだけ見たのですが用事がありやむなく外出。
結果はニュースで見ました。

Jも今年は、まだ1回しか行っていなくて、
けどその1回にキング☆カズのゴールが見れたからーーー。
後期は、行きますよ!!
ジュビロ(福西はいないけど・・・)とレッズは行かなくちゃ~
伸二を見に行かなくちゃ~~♪

チームはジュビロ磐田(ユニフォーム所有)
選手は小野伸二(オランダフェイエノールトのユニフォーム所有)
国立競技場にも行きました!みたいな。
2002は長居にも行きました!みたいな。
私のあのサッカー熱はどこへいったんだろーか?
ジーコジャパンがブラジルに敗れたあの日
ヒデとともに燃え尽きたのか?

熱は、冷めるものなのです。

さて、7月も6月に引き続き、
毎週末にはなにかしらイベントがあり
体調管理は万全に。
個展まで残すところ3週間弱。。。
ええーーーーっっ!さ、3週間?!
よしっ!明日から物凄い集中して、仕事を終わらせよう。

そして、オシラセがふたつ。
一つは、八月の飛行機雲。
モダンチックで演奏させていただけると言うお話は
前にもしましたが、日程が固まりました。
詳細は明日にでも、ご報告できればと思います。

それから、12月に写真展も決まりました。
開催決定までに、すごくご尽力を頂いて、
話を詰めていただいて、ほんとうに感謝しています。
これはまだ、詳細発表は先になりそうです。

今年はじめには想像もつかなかった場所に
今、立っていられます。
様々な出会いが、私を光のさす方へ引っ張ってくれます。
そして、まだ、闇の中でもがいていた頃、
ずっと私を支えてくれた人たち。
その人たちのおかげで、生きて、今ここに居られるんだなと。
月並みだけど、ありがとう。
これ以外の言葉がみつからないけど、本当にありがとう。

このごろ「出会い」について考える機会が多くって。
大切にしていきたいです。
これは熱ではなく、ぬくもりなので。冷めないのです。

雨の一日。
アジサイが、最後の彩りを放っていました。

| | コメント (2)

2007年7月15日 (日)

編み物バー「苔桃文庫」

いらっしゃいませ、編み物は何にいたしますか?

070714_22570001 編み物バー(笑)
メニュウは、
ちょいっと一杯コースだと
コースターサイズのドイリー。
2時間くらいなら、
少し大きめのドイリー。
オールナイトだと、
ニット帽かマフラー。
ただし、飲み物はご自分で好きなものを。
セルフサービスとなります。
また、ママであるワタクシは、
編み目を数えるため、
お話も出来ません。

ひたすら編む姿を眺めながら
セルフサービスで飲むという、
しかも、話しかけようものなら、
「何目か分からんようになったーー!」
などとちょっとイラっとされ、
やはりこのバーは、無理なようですね。

でも、大阪にはニットカフェなるものがあり
毛糸を選んで、カフェしながら編み物ができるそうです。
是非一度行ってみたいと思ってます。

台風、広島にはあまり影響ないようですね。
7時過ぎ、まだ空に青さが残り、
太陽が、最後の光で雲を桃色に染め、
その景色全体を、オレンジに変えていました。
徐々に、空の青が夜のその色に変わっていく様を
少し強い風の中、ぼんやりと眺めました。
どのくらいの時間だったのか。
梅の木に、今年初めてのセミの声を聞きました。
その横にヌケガラ発見。

なんとなく、夏の終わりのようで
気持ちが秋へと飛んでいます。
はやくブーツがはきたいなあとか。
ブーツはいて、あの道を歩いて、
あの公園に行って、
記憶を、ゆっくりと辿る。
そして、「青い鳥」が頭の中に流れるんだ。
そんなところは、笑えるほど同じですね。

これからが夏本番なんだけど、
私はいつでも季節の狭間に落ち込んでいます。
落ち込んでる、っつうか、ひっかかってる。
オンな状態が無い。
いつも、ちょいオフ気味のところに身をおいてる。
完全オフじゃないとこが、ここが大事(笑)

特に夏は、セロファン越しに見てるかんじでしょうか。

なんて言いながらも、夏フェス!夏フェス!!
これほどに夏を全身で感じることもないでしょう。

あっと、その前にくるり。さっきチケ取りました(笑)
昨日、お会いした方と音楽の話で大盛り上がり大会!!
「ロックとはなんすか?」とか熱いトーク。
で、急遽、くるりに行こう!!ってな話になりました。
いやあ、出会いっておもしろい。
なので、席はステージから遠いのですが、ライブで岸田くん☆
チケ、まだあって良かったーーー。
って、今スペシャ、くるりです!

ほんと、出会いってステキ。
木、金と続けて、ここ2ヶ月の間に知り合った方と
飲みに行きました。
木曜日はそりゃもう、女子高生のような楽しさで。
話しても話尽きない感じで、
お店出たあとも、かなりな時間立ち話。
昨日は昨日で、帰ったのが3時。。。っておい!

様々な方と出会い、出会った方たちのおかげで
人生のイロドリが鮮やかに、豊かになっていく。
生きてて良かった。まだきっと、様々な出会いがあるはず。

八月の飛行機雲、お盆あたりに倉吉上陸しようかと考えてます。
詳細がきまりましたら、またご報告いたします。
明日、ても、もう今日だ。
晴れるように、てるてるぼうずを下げました。
下げましたが、風にぐるぐる翻弄されてます。



| | コメント (6)

2007年7月11日 (水)

切り拓け!!

こんばんは☆
野ばら酒いただきながらの更新でっす♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪

・・・またしても怒りの鉄拳か。。はっはっはー。
実際にやってみましたが、いかがですか?うふ*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*
火に油を注ぐ。。。

あー、このネタ仕込むのどんなに大変か。
別わくでヤフー検索して、コピーして貼り付け。
世のお嬢さん方は、これを辞書登録とかしてんのかな?
「うふ」と入力すれば「*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*」これが出る?
大変ですね(このテンションにちょっと疲れた。)

070711_13000001 さて、また今日から
昼休み一人手芸部。

でも今回は糸口は簡単。
こんがらがりもしません。
なぜならレェス糸だから。
さて、何を編みますか?

ほんと久しぶりに編み針持ちました。
目を数えてると
すーっと、何か落ち着く。
なので、本日からはPCの時間も決めて
編みものタイムに入ります。

昨日は、アンデルセンにヴァイオリンを聴きに。
山根さんのヴァイオリンは本当にすばらしいです。
おいしい水をごくごく飲むように
音が、私のからだの隅々までゆきわたっていきます。

くよくよ考え隊隊長のワタクシ、
くよくよ考えていました。
くよくよっていうか、すごく悔しいというか、
もどかしいというか、打ちのめされていました。
まあ、原因は他にもあるのだけれど
やはり今は写真のこと。
今回のライブ写真は、あれは私にとっては負け。
私自身にめっちゃダメ出し。反省。
撮りたい写真と技術の差が、目の前にバンっと突きつけられた。
実際、ライブ写真は本当に難しい。だけど、それを言い訳にはしたくない。
いろんな限界があります。ストロボ使えば、それらはクリアされます。
けど、使わずに何とかもっと良い写真、かっこいい写真を撮りたい。
私はまだまだ、こんなもんじゃないはず(何様のつもりだ(笑))
そして、被写体のふたりも、こんなもんじゃないはず。
もっともっともっと、かっこよく撮れるはず。
もっともっと、色んな魅力見えてくるはず。

カメラをデジカメに持ち変えれば、これまた簡単な話。
けど、今のカメラでがんばりたいのです。
昨日から、あるお方にご指南願って、一から勉強させていただいてます。
厳しいことを言われます。人前でも平気で怒鳴られます。って、体育会系か!?(笑)
「とことんやろうって気構えがないんなら、やめちまえ~!」
「そこまでやろうって言う根性がないんなら、最初っからフィルムにこだわるな!」って。
くっそーーーー。やってやろうじゃないの!
いつかえげつない仕返ししてやるぞーーー(笑)

いつかは「そこまで」できるようにもうちょっとお勉強。
けど今は、相棒EOS君で最大限にやれるとこやってみよう。
左腕、筋トレ再開です。
実際、ライブ後、前腕筋肉痛。ははは。
それから、裸足には理由があります。
三脚や一脚を使わず、動き回る私は、手ブレがいちばんの課題。
足元安定させないと手元も安定しない。カメラ、けっこう重いから。

そんな私に、冷静かつ公平な目を持つ信頼できる友から
そして、長年私のファンで居てくれる彼女から
厳しい感想をいただきました。
そうだよね、こんなもんじゃない。もっと違う表現ができるはず。
私には、冷静で公平なコトバをくれる人が居る。
甘えを排除したところで、ちゃんと言ってくれてありがとう。
かーなーりー、落ち込んだけどね。
でも、認めるところはちゃんと認めてくれる。
それが私自身、自分にダメだししたところであったり
私的にはここはすごく良い!って思ったところと合致している。

だからすごく信頼しています。
そばにこんな人が居てくれてわたしはシアワセ者です。

本日のタイトルは、相方ブログのタイトルをなぞらえました。
勝手になぞっちゃったよゴメン。
でも、まさにそんな感じだったので。
「開く」と「拓く」ここの違いはなんか私の中ではすごくわかる。
たぶん相方も。
さてと、編み物タイム!








| | コメント (5)

スーベニィル

スティックのりの匂いが好きです。
・・・って、おいおい、何を言い出すんだろうかこの人は(笑)

いちばん好きなのがピットハイパワーの匂い。
次いでシワなしピット、これはピットハイパワーの匂いよりややきつめ。
私のスタンダード、トンボ鉛筆からの2点です。
使うとき、キャップを開けたら、必ず匂いを嗅ぎます。

会社にはプリットシリーズがありますが、
これはなぜか牧場の匂い。(草の匂い)
まあそれはそれで、好きな匂い。

で、今日。
隣の女子から大阪土産です、と渡されたものがスティックのり。
憧れのイタリアブランド、コッコイーナのスティックタイプ。
初めてお目にかかりました。
コッコイーナは缶のが有名で、
職場の隣のお兄さん(かなりな文具好き)が持っていて、
いつかあの缶を私のものにしようと狙っているのですが、
本当にかわいい。おまけに刷毛が缶内部についていて、
それで塗るのですよ。
なんとステキな商品でしょう。

それのスティックタイプ。
真っ先にキャップを開けて匂いを嗅ぐ。
アーモンドの甘い匂い。
杏仁豆腐に近い感じ、に糊特有の香りが混じり、しばしうっとり。

・・・つか、大丈夫ですか?この話。
アウト、ですか?

その後も、折に触れ何度もキャップを開けては匂いを嗅ぐ。
まあ、あれっすよ。どう見ても変。
隣がこんな私でごめんよーー。
なのに、この的を得たお土産。ほんとうにありがとう。
070711_00350001
そしてスーベニィルその2。
昨日、毛糸屋にわざわざ行って買ったのが
このキーホルダーたち。
また会えて良かった。
家に来ることになって良かった。
なんせ、仲間がいっぱいいるからね。
真ん中のは何か分かりません。
きのこのようにも思えるし
ランプのようにも見えるし、
ただ一ついえることは、
わけ分からんでもトリコロール。お洒落な色合い。
070711_00360001 んで、コトヤで入手した太陽。
太陽は収集してる状態。
よその町に行ったら必ず行くのが商店街。
商店街でも必ず必ず行くのが
古本屋と手芸屋、雑貨屋。
そして古本屋でついつい買ってしまうのがこの太陽。
興味ある記事が多いのですねー。
あと古本屋では、あいも変わらずカラーブックスをチェック!
「石仏」シリーズを手にするまでは頑張りまっす(笑)

これは、1996年のもの、パリの特集。
この頃の太陽は沼田元氣さんの露出が多く、
この号でも特集あり。

そういえば、この前のコトヤでも太陽を買ったなあ。
古本と古着は出会いです。
そこで買わなきゃ出会えない確立が高い。

070711_00380001 そして、いずさんとakemiさんからの
スーベニィル。
これはもう、お二人のセンスの良さがキラリ☆
乙女度が高いです。
いつもありがとう、なのですよ。

それに引き換え私のやさぐれグッズ。
コトヤトリコさま、
やさぐれ博覧会の日も近いかもしれません。

スーベニィル。
旅にはかかせない、嬉しくもあり、時々迷惑もあり(笑)
私の買うお土産はだいたい、迷惑度が高い?

そうそう、日曜日はmoca2で、シカを買いました。
シカグッズも着実に集まりつつある。
そんなへんてこなやさぐれグッズたち。
今度の個展にこっそり送り込もうかと思います。
刺客のように、それはもう、こっそりと。

今日はいちご酒、ロックで飲んでみました。
甘みがおさえてあるので、ロックでもオッケイですよ。

ロックと言えば、今年もロックロックこんにちは。
大阪の陣に参戦しよう。
八月後半にかけて、音楽フェス目白押し。
スピッツ結成20周年、スピッツ祭りが東京であるしー。
これはもう、メンツすごいです。
スピッツ、曽我部君、ゴーイング、あやのちゃん、フラカン。
行くしかないでしょー。

ロックロックにもフラカンの名前があったなあ。
そして、必ず居るのがクレバ。
どよーーーーん。。。。

| | コメント (6)

2007年7月10日 (火)

ちょっとだけ感傷旅行

070709_22560001 乾杯。
今日いずさんに頂いたいちご酒。
水割りにしたら、ちぃーと薄かった。
ので、足す。
いちご酒なら、乙女な感じで良いのでは?
ビールとか焼酎とかよりは
かわいらしいのでは?

って、かわいさアピールしてもなあ。

これってほのかにいちごの香りと
スイートな味わいで美味い!のですが、
もしや結構アルコール度数キツイ?
まあ、いっか。
と、おもむろに二杯目を。。。
いずさーーん、すんません。またしてもすごい勢いです。
が、これで止めときます。

ということで、本日岡山乗り継ぎの鳥取へいってまいりました。
日帰りです。
11時にトリに着き、それからいずさんの車で今度の個展会場
コトヤへ行き、そこで、窓から店内に侵入するという
アトラクション(笑)あり、それがとてもコトヤ的であり、
やはりコトヤは心引かれる大フィーバー空間なのです。
そこで私たちが何をできるのか、
まあ、いつもの私たちで、肩の力ぬいて行きましょう。
それがいちばんだよね。
そんな話をしつつ、お達者ご一行(neige&苔桃)は
倉吉へ向かうのであった。
そして、毛糸屋に寄り、大急ぎで目当てのものを買い、
それは、前回行ったときに、泣く泣く買わずに帰ったやさぐれグッズ。
カエルのキーホルダー。
売れずにあって良かったー。
つか、おそらくこの日本中で買うのは私だけ。
本当は、ケースごと欲しいのよ、おばあちゃん。

そのあと、夢にまで見たモダンチック。
やっと会えましたね、akemi姫。
そして、とも子さんのお料理ーーーー!ケーキーーー!!
もう、ばんごはん食べん覚悟でがっつりと。
私は迷わずキッシュとチリコンカンのセット(もちろん手作りパンで!)
本日のキッシュはなんと、かぼちゃ☆
ほんっっっとうに、おいしーーーーー(涙。。。)
深いのです、どこまでも深い味わい。
私は、このお料理を、私の大好きな人たちに食べさせてあげたいと、
いつも思います。
世の中にはこんなにおいしくて、そして温かい、優しい味があることを
知ってほしいのです。

八月の飛行機雲のライブのこともちょっとだけ話し、
ケーキ二種盛りと、ハーブティをいただき、もうバスの時間。
あわただしいけど、とても充実した一日でした。

って、駆け足でお伝えしましたが、本当にこんな感じの一日。

それで、ね。
岡山で特急に乗り換えたのですが。
駅を出発して少ししたら相方からメール。
「今のに乗ってた?」って。「乗ってたよ」って返信。
詳しくはここ

ずっとね、考えてた。
色んなことを、あれこれ考えて考えて考えて、
もう少しでまた、身動き取れなくなりそうだった。
やっぱり、隅っこ探して泣く。
身障者用トイレの隅っこにへたりこんで、泣く。
越えられない、だから一生抱えて、
泣きながらでも、一生抱えていかなきゃならないいくつかのこと。
そんな泣き言メールも送りつつ、けど、今日の運命的な偶然。

それでなんか、やってける気がした。
今日一日は、やってける気がしたよ、ありがとう。

泣いてばかりもいられないってのが、私の救いですね。
個展に向けて、やることいっぱい。
明日からコトバ探しの旅に出ます。





| | コメント (3)

2007年7月 8日 (日)

ささのはさらさら

見上げてごらん この星空を
疲れきったうたが 輝いている
求めてもない 作られた夢が
申しぶんのない世界を欲しがってる
(初恋の嵐「星空のバラード」)

辛くて聴けなかったこの曲を今日聴いています。
七夕だから(笑)
あの時、幾千の星を見上げて、何故かこのメロディが流れた
そんな状況じゃなかったのに、「うわっ、星がきれーだなー」と。
・・・おっと、違うところへ行ってしまう前に、この辺にしときましょう。
大好きな曲なので、聴けるようになってよかった。

今日は残念ながら雨だけど、でも、
O&Cのライヴで、
柔らかな光の群れが目の前に広がりました。
それは、まだタイトルもついていない新曲の中で。
なーんて、今日はセンチメンタル寄り。

七夕の夜、O&Cライヴで、今日も裸足で写真班。
ライブを撮るのは難しいです。
生だから、シャッターチャンスは二度と巡ってこない。
けど、聴きにきているお客様にとってもライブ。
二度と巡ってこない、音、空気。
集中して見たい聴きたい、見逃すまい、聞き逃すまい。
私も他のライブや舞台にも行くので、
その気持ちはすごくわかります。
だから、邪魔しないように、って常に思ってんですけど
そうすると、身動きがとりにくくなり、
一方向からの写真になってしまう。

「良い写真を撮るためですけど、それが何か?」
くらいの度胸。ああ、気が弱いから無理(笑)

そして、会場で、ずっとお会いしたいと思っていた方と
お話をする機会を得ました。
掲示板上でしか知らなかった方。
以前からその文章の感じとか、すごく気になっていて
それで、写真の感想を載せていただいて、
今日、七夕の夜にに出会えたなんて、
男女だったら
速攻フォーリンラブのシチュエーションじゃないですかー!

実は撮影をしながらも、絶対この方だ!と思って
時々じっとみていました(怪しい・・・)
で、彼らの演奏を聴くその表情で、確信しました。
当たり!!思ったとおりの素敵なレディでした。
これから、色んな時間を共有していけるといいですね。

家に帰って、すんごいお腹すいてて、
辛いものが食べたいと思い、
韓国ラーメン、トマトとインゲン入りを作る。
この韓国麺がまた、めっちゃ辛い辛い。けほけほっ。。。
もう、明らかに喉に悪い。
私のこの声は治りますよね?先生。

家のプラムも熟しました。
掌でくるっと汚れを落として、皮のまま口に入れる。
皮の周りのすっぱさ、これがまた良くって、
プラム大好きです。

この食べ方は、「プラムクリークの土手で」で
ローラがやっていたものの、流れを汲んでいると思われます。
今夜はその場面を読みながら寝ましょう。

************************************************

見つめてごらん その足もとに
散らばっている 小さなため息を
出来ればそれを ぼくに預けてよ
次にはきだす時はうただから  (星空のバラード)

************************************************

ささのはさらさら のきばにゆれる
昨日、夕闇迫る雨の中、傘を放り投げて
道路わきの笹を必死で折っていたのは私です。
何人かの方が通り過ぎていかれましたが・・・

だってなかなか折れなかったんだもん☆

そして、今日のシロクロの日記に吹き出した。
「みち代が俳句770個くらいくれますようにって
短冊にかいた」って。
何の数字だ?!

| | コメント (2)

2007年7月 7日 (土)

願い事

コメントでも盛り上がって参りました、メガネ男子トーク。
メガネ男子好きの皆様にお聞きします。
問1.今あなたがもっとも胸キュン(胸キュンって。。。)なメガネ男子は?
問2.そしてキュンとなるメガネ男子のしぐさは?

先日の「切ない」アンケートとは打って変わって
お気楽な問いですいみません(笑)

問1は、やっぱバンド系音楽系になりますかねー。
私の場合は、めがね男子はくるりの岸田くん。
今の長髪もラブ☆なので、スペシャとかで見ると、トキメキますね。
うふっ☆
・・・ってオマエだれじゃーーーっ!!何キャラなんじゃーーーーっっ!?
(そしておそらく、いずさんの怒りの鉄拳が放たれたはず)
それから、オダギリジョー。
普段メガネはかけてないけど、だからかけた時の威力はすごいですねー。
やはり長髪ですねー。長髪にヒゲ。
これだけでも顔周辺鬱陶しい状況なのに、更にメガネ。
あーでも、ボウズ時代もボウズにヒゲって言ってたからそこは変わらないのかも。

あ、話がそれた。
「普段はかけていないけど、かけたときの威力はすごい」
これ、ほんまそうですよね。
画面の向こうでみんな、「うんうん。」って言ってるはず(笑)
好きなしぐさ、これ発表しちゃうと色々差し障りがでるので、
個人的にお教えします!

もう日付変わったので、今日が七夕。
運命に引き裂かれても1年に1回は会えるからいいじゃん。
お互いを思う、強い気持ちを信じることが出来るんだからいいじゃん。
地上は雨でも雲の上は星空なんだからいいじゃん。
・・・みたいなね。
まあ、こんな投げやりな言い方をしていますが、
実は私がそれをいちばん願ってる、みたいなね。
乙女炸裂。
「たとえ雨が降っていても、あなたを思う強い気持ちがあれば
そして、あなたが私を強く思ってくれていると信じることができるから
銀河を渡って、必ず会えるよ☆」
・・・言いかえてみました。

願い事を7つ叶えられるといわれたら、何を願いますか?
7枚の短冊に何を書きましょう?
前にも書いたけど、
「子どもたちに笑顔を、道端に花を、町に音楽を=恒久平和」
これは、気持ちの中にはどこかしらありますね。
それはやはり、広島で生まれ育ったということが大きく影響していると思います。
「私の出会ってきた大切な人たちが、毎日おいしくご飯をいただけますように」
これも、割とここでもよく言ってることですが。
でも、おいしくご飯をいただくということは、心身ともに健やかで
そうして、おいしくいただける環境があるということ。
そういう毎日を過ごしていてほしいと思います。

で、自分自身のことを考えてみた。
で、「永遠」を願う。と言う答え。また乙女炸裂か(笑)

世の中には永遠も絶対も無い。
随分早いころから、それを思っていた。
何かが始まってもいつもいつも、終わりのところを見ていたし、
それが当たり前だと思っていました。
約束なんかいらない、一瞬一瞬の輝き刹那的な煌き
それだけが真実だと、斜に構えてたりした。
「永遠」だなんて簡単に口にしないでって。
人の気持ちも、1分先にはもう変わっているかもしれないと、
信じることができないでいました。
いつも不安で、恐れていた。

同じように見えて、同じは無い。
今年の桜は去年と同じではないし、
今年もセミは鳴くけれど、去年のセミではない。
永遠でないからこその美しさであったり
同じ時間は巡ってこないからこそ
大切に思える。
とても愛しい時間になる。

いろんなことを経て、いろんなことを越えて、今ここにいて、
ちゃんとわかってんのよ、わかってるけどでも
いや、だからこそ、素直に「永遠を願います」
でもホント素直じゃないから
「容易に永遠を信じることのできる思考回路をください」
とか答えちゃってる(笑)

そして、私にはもう願うことしかできないから
「あの人の悲しみが少しでも消えますように。心から笑える日が来ますように」
心から願うよ。

雨、止むといいですね。
お得意のてるてるぼうず、作りました。

| | コメント (6)

2007年7月 6日 (金)

的場夕景

夕方、的場アカシヤビルに行ってきました。
あの、白と緑のテントはすでになく、
建物の周りには足場が組まれ、防音シートが張られ
主な窓は、窓枠だけになっていました。
建物が、ぽっかりと、ところどころ真っ黒い口を開けた様で
おまけに時間は夕暮れ前で
ほんま、切ない。せつないというより、やるせない。
まだ建物の全景は残っています。

古いけれども、ステキな味わいのものがどんどんなくなっていく。
どんなにすばらしいデザイナーが手がけようとも
「時間」は表現できないと思う。
時間を経たものでしか出せない色や風合い。
そのものが発する空気感。
なくなっていくのは本当にやるせないですね。

救いだったのは、雑貨店にステキ男子が集結していたことでしょうか(笑)
でないと、暗ーーい帰路になるとこでした。
ステキ男子たちのなかでも、とーくーに!
みんなのアイドルRちゃん。
なななんと、今日はメガネ男子!

どうして私たちはこうも、メガネ男子に弱いんでしょう。
ほんま、しゅてき☆でした。
そして、この雑貨店ならではのマニアックな話題。
本日はペンの話題で盛り上がり、
それぞれのこだわりボールペンの話に。
今度はマイペンケースを持って行きます!
筆記具自慢大会です!!
ということで、店主様、大会開催よろしくです。

7月はゆるやかに個展へ向かえるかと思っていましたが
やっぱあちこち行ってしまいそう。
今日うちにフライヤーがとどいていました。
それは本当に事務的なものなんだけど
私にとっては胸に抱きたいほどのもので。

大好きな写真家の、個展の案内でした。
彼の新しい作品にふれられると思うと、いてもたってもいられない感じ。
来週あたり飛行機に乗ってたいんだけど、まあそれは無理かな(笑)
でも、「今、中目黒」ってメールしても多分誰も驚かないでしょうね。
私の瞬発力はすごいと思う。飛び立つときのパワーは自分でも感心する。
好き、だけで何処へでも飛んでいける暑苦しい女でございます。

でも、フライヤーの持つ力ってバカに出来ないと思います。
私がこの写真家を知ったのも、
青山の本屋で偶然手に取ったフライヤーガ最初。
たかが紙一枚なんだけど。
ということで、苔桃文庫のフライヤー
少しだけ木村兄弟雑貨店に置かせてもらいました。
(上手い話の展開だ!!)
それから、neigeさんのHPにもアップされていますので、ご覧くださいませ。

新しい石けんを買いました。
めぶらーなさんの石けん。
さっそくお風呂用に使っています。
レインドロップソープ。
大好きなローズマリーの香りもほのかに漂い、さわやか。
顔からつま先まで、これ一個でオッケイ☆
良い石けんを使うと、
なんか自分自身もすこしレベルアップな感じがします。

ボディソープじゃだめなんです。
石けんなんです。




| | コメント (6)

2007年7月 4日 (水)

さようなら、アカシヤビル

きっかけは、ちょっとしたことなんだけど。
おそらく低気圧のせいもあったり。
ちょい低迷気味、負の因子出しまくりの今日。
夕方、どーしても髪が切りたくなり、切る。
またしても、IKKOさんか?!

少しすっきり。

そんなところへとてもショックなメール。
私たちの大好きなあのビルヂングが、
明日から取り壊されるらしい。
泣きそうになった。

的場の、木村兄弟雑貨店の前に建つ
古くておんぼろの雑居ビル。
その前に立っただけで、そこから物語が始まるような。
白と緑のテントに「アカシヤ繊維」
私たちはそこを「アカシヤビル」と呼んでいました。

そうして、この私のブログ、「文学バー苔桃文庫」
このビルの3階でお店を開いている設定でした。
私のほかにも、雑貨店や手芸店、定食屋に種もの屋。
紅茶とアンティークのお店に、カフェ。
ライブバーや駄菓子屋などなど。
このビルの外観に夢を抱いた女の子たちが、
このビルの中にもたくさんの夢や空想を詰め込みました。
Photo
いつか、ここでそれぞれのお店の店主になりきって
衣装を着て、小道具そろえて写真撮影をして、
そして「アカシヤビルヂング」という、1冊の本にしたいと思っていたのに。

まさか、こんなに早く、しかも今日知らされて明日から解体だなんて。
これが現実なんだなあ。
買い取って、実店舗にしよう!なんて夢みたいなこと言ってたけど
ほんと、そんなのは夢で、現実は駐車場。
それならせめて、写真だけでも・・・
なんて思っても、やっぱりこれが現実なんですねー。

写真は、昨年末の三人展「巻く」の時に
フライヤー用に撮ったものです。
在りし日のアカシヤビル。
このテントの色もシャッターの感じも
本当にいい味出してます。
Page0002_2
明日からの解体、見届けてきます。
それぞれのお店の店主様。
本当に残念ながら、
さようなら、
アカシヤビルヂング。 

| | コメント (5)

2007年7月 3日 (火)

モグラ、モグラ?

ポテトサラダ、食べてきました。
やっぱ美味しかった(涙。。。)
070703_12320001 そして、お昼のパスタ。
フルーツトマトのソースです。
今日は、食べたいものが食べられて
シアワセ~~な一日。

なんですが、モダンチック城のHP
めっちゃおいしそうなパスタが…。
お野菜たっぷりのその名も
「農家のパスタ」だそうです。
この名前にも姫の色が出ていて
グッときました。
お店メニュウになれば嬉しいです。
が、注文するのに悩む時間が増えそう。
たまにしか行けないから、
あれもこれも、デザートもあれもこれも食べたい!!
食べたいものがいっぱいで、けど、胃袋には限界があり
私は普段、注文のときは悩まずすっぱり、なんですが
決めるまで時間かかります。

先日来話題(私と相方の間だけ?)のブログペット。
うちの子、シロクロ。
今日もSKIP*の飼い主ロボマサさん(相方なんですけどね)と
話題になったんですが、
時々俳句をたしなみます。ちなみにSKIP*も俳句を作ってますよ。
今日の俳句

「風景に 終了したり モグラかな」

うーーむ。
そして夕方のひとこと。
「モグラーー!止め聴け♪」
うーーーーーむ。
シロクロ、どんだけモグラ好きなんだか、そしてどこで覚えたんだか。

つか、この話題。
飼い主のペット自慢みたいな、うちの子こんなにかわいーの的な。
飼い主と身内以外はなんじゃそりゃ?の話題ですね。

で、モグラついでに。
今日のリンカーン、おぎやはぎのもぐらたたきのくだらなさに
それはもう、まるでコントのように、
口に含んだものをぶほっ・・・と大噴出。。。きたねぇ・・・。

で、モグラついでにもうひとつ。
「もぐら」でいつも思い出すのが「むぐらもち」ということば。
「むぐらもち」とは、もぐらのことなんですが、
これは萩原朔太郎の「月に吠える」のなかの
「肖像」という詩にでてきます。
そこではじめて覚えた言葉。
萩原朔太郎は、私の卒論の研究テーマでした。
ちょっと懐かしくて、さっき詩集を引っ張り出してみました。
070703_23210001
空いたスペースにいろいろ書き込み。
「孤独とは?!」みたいなことや
「何に苦悩しているのか?」とか
「官能と死の同居」とか(笑)
いやあ、すごい。
そもそも、何故、朔太郎を選んだのか。

いつ読んでもすごく新鮮ですね。
また、この時期に、こうやって詩集を開く機会があったってのも
もう一度読みなさいということなのでしょう。

朔太郎をじっくり読まれたことのない方。
一度この世界に触れてみてください。
はまるか、大嫌いか、どっちかでしょう。
そして、私が朔太郎を好きなのが、
なんとなくわかっていただけるでしょう。



| | コメント (0)

2007年7月 2日 (月)

ポテサラ☆ロード

土曜日に撮った写真、上がってきました。
そして私はまた、写真の女の子と対話。
くしゃくしゃに笑った顔、泣きそうな顔、遠くを見る横顔。
奇しくもそこは、私のとても思い出深い場所で
そんなことを話しながら撮った写真。
泣きそうな顔で笑ってたよ。

私が言えることは、
相方を撮らせたら、私は誰にも負けません!!(笑)
ここから物語が始まります。
誰にも負けない写真、これさえあれば何とかなる!!!

あるお店のお母さんが作ったポテトサラダが
ここのところずっと食べたくて食べたくて食べたくて
んで、まだ禁アルコールということもあり
そのお店にはたどり着けなくて、
毎日スーパーだとかデパ地下だとかで買ってます。
本当に毎日です。
あたりまえなんだけど、全然求めてるものとちがーーう!
こんな濃い味じゃ全部食べきれない。
今日はそごうの地下、有名Kダイニングのポテサラ。
でもやっぱ濃いのです、味が。
惣菜屋の味付けは、あれはもうしょうがないのかもしれない。
とか言いながら、明日も違うところのを買うと思います。
昼休み、デパ地下で見かけてもそっとしておいてくださいね☆
それにしても、芋嫌いのあなたが知ったら、
ありえん、とかいわれるんでしょうか(笑)

けれど、私のポテサラロードはまだまだ続く。
って、お店に行けば気が済むこと?うーん、そうかも。
ひさびさ食べ物にトリツカレました。
だいぶん前に種もの屋店主さんの影響で、
アボガドばっか食べてました(笑)

まあ、食欲はめっちゃあるので大丈夫っすよ。
あとは、チリコンカ~ン。
姫の作るチリコンカ~~ン。
近々参上いたします(予定)

切ない話から始まったのに、結局は食べ物。
ちゃんと食べて、ちゃんと眠って、
元気な心でいましょうね。

| | コメント (10)

2007年7月 1日 (日)

遥か

ずしーーーんっ(重責ののしかかる音)
ぷ、プレッシャーです。
そこの二人!!(相方といずさんですよ!)
他の場所(相方のブログです☆)で二人で盛り上がらないっ!!(笑)

いやいや、寝込んでいる場合ではないっすね。
やらねば。

昨日は、想定内の覚悟の無理をしました。(大げさ)
そして本日、想定内で寝込んでおりましたが
なんとか6割がた復活。
風邪をひいたらこうなるのはわかっているので
風邪をひかない努力は人一倍なんですが
ちょっとした心のスキマに、風邪の菌ははいってくるのですよ。

万病の元、とは良く言ったものです。

7月の始まりは静かにうちで過ごしました。
けど、頭の中はずっと色んなことを考え、言葉を探していました。

昨日は、相方の誕生日&撮影会&ゴーイングのライブ@クアトロ。
そりゃ、無理もしますよ(笑)
昨日、あの時間にしかできなかった話、
あの時間でしか見ることの叶わなかった風景
移り行く影とか、夕方前の公園の色だとか
ともに過ごせた心から楽しい時間。
それはやはり、何ものにも変えがたいもの。

駅から始まった私たちのショートトリップは
まさに時間の狭間にすとーーんと落ち込んだような
そんな体験もあり、
出会いは、私たちの思惑をはるか越えて、
びっくりするようなことを演出してくれるのです。

そのままゴーイングのライブへ。
私は1月ぶりのゴーイング。
なんだかんだと言いながら、やっぱりソウ君を見てしまう。
ゴーイングの作り出す、繊細な描写の世界。
細いペンで、髪の毛一すじ一すじ描いていくような、
風に揺らぐ夏草を、丁寧に描いていくような、
けれども、それをこまごまとしたちっぽけな世界としないのは
全体としての大きな世界から
そこを見ているからなのかなあと思う。
そして、音が、ソウ君の歌が、
ぐんと広がりをもたせるからかなあと思う。

7月ですね。
どうなることかと思っていた6月
ばたばたと忙しく過ぎていき、様々な風が吹き込み
心のオアシスのおかげで、乗り切ることができました。
サンキュ。

************************************************

夏の色に憧れてた フツウの毎日
流されたり 逆らったり 続く細い道

君と巡り合って もう一度サナギになった
嘘と本当の狭間で 消えかけた僕が  (スピッツ「遥か」)

************************************************

・・・ここにも狭間好きの人が(笑)

あ、ブログペットのうちのシロクロが日記に
「昨日誰かに一杯遊んでもらった」と書いていました。
遊んでくださった方、ありがとうございます。
うちのシロクロと、相方のところのSKIP*
密かに連絡を取り合っているらしい。
SKIP*が「シロクロが「モグラ」って言ってた♪」とか報告してくれて
いやしかし、モグラって、どこで覚えたんだろう??
時々吹き出すようなことも言ってくれて、かわいい奴らです。

みなさんも、癒されたいときはクリックしてみてください。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »