« さようなら、アカシヤビル | トップページ | 願い事 »

2007年7月 6日 (金)

的場夕景

夕方、的場アカシヤビルに行ってきました。
あの、白と緑のテントはすでになく、
建物の周りには足場が組まれ、防音シートが張られ
主な窓は、窓枠だけになっていました。
建物が、ぽっかりと、ところどころ真っ黒い口を開けた様で
おまけに時間は夕暮れ前で
ほんま、切ない。せつないというより、やるせない。
まだ建物の全景は残っています。

古いけれども、ステキな味わいのものがどんどんなくなっていく。
どんなにすばらしいデザイナーが手がけようとも
「時間」は表現できないと思う。
時間を経たものでしか出せない色や風合い。
そのものが発する空気感。
なくなっていくのは本当にやるせないですね。

救いだったのは、雑貨店にステキ男子が集結していたことでしょうか(笑)
でないと、暗ーーい帰路になるとこでした。
ステキ男子たちのなかでも、とーくーに!
みんなのアイドルRちゃん。
なななんと、今日はメガネ男子!

どうして私たちはこうも、メガネ男子に弱いんでしょう。
ほんま、しゅてき☆でした。
そして、この雑貨店ならではのマニアックな話題。
本日はペンの話題で盛り上がり、
それぞれのこだわりボールペンの話に。
今度はマイペンケースを持って行きます!
筆記具自慢大会です!!
ということで、店主様、大会開催よろしくです。

7月はゆるやかに個展へ向かえるかと思っていましたが
やっぱあちこち行ってしまいそう。
今日うちにフライヤーがとどいていました。
それは本当に事務的なものなんだけど
私にとっては胸に抱きたいほどのもので。

大好きな写真家の、個展の案内でした。
彼の新しい作品にふれられると思うと、いてもたってもいられない感じ。
来週あたり飛行機に乗ってたいんだけど、まあそれは無理かな(笑)
でも、「今、中目黒」ってメールしても多分誰も驚かないでしょうね。
私の瞬発力はすごいと思う。飛び立つときのパワーは自分でも感心する。
好き、だけで何処へでも飛んでいける暑苦しい女でございます。

でも、フライヤーの持つ力ってバカに出来ないと思います。
私がこの写真家を知ったのも、
青山の本屋で偶然手に取ったフライヤーガ最初。
たかが紙一枚なんだけど。
ということで、苔桃文庫のフライヤー
少しだけ木村兄弟雑貨店に置かせてもらいました。
(上手い話の展開だ!!)
それから、neigeさんのHPにもアップされていますので、ご覧くださいませ。

新しい石けんを買いました。
めぶらーなさんの石けん。
さっそくお風呂用に使っています。
レインドロップソープ。
大好きなローズマリーの香りもほのかに漂い、さわやか。
顔からつま先まで、これ一個でオッケイ☆
良い石けんを使うと、
なんか自分自身もすこしレベルアップな感じがします。

ボディソープじゃだめなんです。
石けんなんです。




|

« さようなら、アカシヤビル | トップページ | 願い事 »

コメント

わーーーっ!メガネ男子☆
ちなみにいずさん、今月のスペシャのパワープッシュのmonobrightが気になります。
だって!みんなメガネ男子!
はっ鼻血がっ。はがはがっ。

マイボールペンはuni-ball SigNo 
ブラウンブラック、超極細0.28mmでお願いします。
超極細っつーのがミソ。
わし、筆圧高いんで、太いのは文字がつぶれちゃう。
超極細にたどり着いたときの感動と言ったら。

つかですね、エムジジ様。
フライヤーガって(笑)
なんか新しい生物っすか?
おジィどもをボケさせる謎の新生物。
フライヤーガ。
わし、パソコンの前で吹き出しましたよ?
どこかはあえて言いませんので。
間違い探し気分で探してみてください。

あ、月曜日。
その写真家さんのフライヤーを見てみたいです。

投稿: いずさん | 2007年7月 6日 (金) 01時14分

文具特集なのにこのお店を忘れておりました。
万年筆博士。
コトヤトリコ様によると、TVや雑誌の
万年筆特集には必ず登場するその世界では
全国的に有名なお店だそうで。

いずさんも、こないだ雑誌で見かけたのですが、
一人一人の書き癖に合わせてオーダーメイドで
作ってくれるそうです。
ちなみに、オススメは1本16万だったような?
ぎゃふん☆

万年筆といえば、椎名誠の小説に度々出てくる
モンブランの万年筆が気になります。

投稿: いずさん | 2007年7月 6日 (金) 02時10分

おはようございます。種もの屋です。
さようなら。アカシヤビル。
何年位、建っていたのでしょう?!
変わっていく景色、たくさんの人々、過ぎていく季節を見続けてきたのでしょうね。
建てられた時も、いろいろな人が出入りした扉も、活気も、知らないけれど、シャッターが下りているその姿に、充分ドキドキ・ワクワクする夢のビルヂングでした。
夢見るのも、想像するのも、とても楽しい☆
種もの屋のはじまりは、ここから。
サンボンネットも、かぶるはずだった。
赤いドレス(黒だったっけ?)も、見るはずだったね。
本当に残念。そして、感謝もいっぱい。
姿は見えなくなってしまうけれど、心の中で、話の中で思い出していきましょう。

筆記具自慢大会!!
ああ、相変わらず素敵な人達☆


投稿: 種もの屋 | 2007年7月 6日 (金) 08時54分

いずさんや、
フライヤーガとはチリの山中で発見された
不思議生物じゃよ。
高速で飛び、あっという間に安佐北区上空じゃよ。
おもしろいのでそのままにしておきます。

しかし、ここ最近のワシのボケっぷりは
これはもう、仮性ではなく真性痴呆症?
昨日もメール送るのに添付忘れました。

やはり「万年筆博士」は名のあるお店だったのですね。
あの店構え、そして、店名。
木村兄弟ファミリーご一行様。
ぜひ個展期間中にトリへお越しください。
しいたけ会館、万年筆博士、
あなた方を待っています☆

種もの屋さま。

ほんとうにねえ。
アカシヤビルの前で花柄のサンボンネットを
かぶるはずだった。
種もの屋さんの後方で、カメラ目線でにっこり微笑むはずだった。
でも、こんなに私たちの夢を膨らませてくれて想像をかきたてた建物だもの。
たとえ形は無くなっても、夢は見ることができますよね。

私たちの創造の中で、アカシヤビル、
どんどん生き返らせていきましょうね!

あ、種もの屋さん。
近いうちにお会いしましょう・・・
って、メールでやりとりしろよって話ですね(笑)


投稿: みち代 | 2007年7月 6日 (金) 10時45分

昨日はたくさんの人に見守られていたアカシヤビル。50年は経っていたそうですよ。「時間」ってすごいですよね。目には見えないのだろうけど、時の経過を感じるには目で見るしかないような。


フライヤー、とってもステキですね。お盆お店を休んで行きたいものです!
いずさん、万年筆博士とは!?お店の名前なのですか!?もう、トリに行きたくてたまりません・・・しいたけ・・・文具・・・あわわわ

私はHI-TEC-Cの0.4の茶色のペンが好きです。

ステキ男子たち、うちのお店に来る人は7割がたメガネ男子です。本当に柔らかくて優しい人たちばかり。Rくん・・・そりゃやられますよね。

筆記用具大会、ぜひ行いましょう(笑)

投稿: 絵美@向かいの店主 | 2007年7月 6日 (金) 16時00分

あらん、お向かいの店主さんじゃないのん。
万年筆博士とは、万年筆好きの紳士、淑女が
集まる万年筆専門店です。
外から伺うだけで漂う高級感。
しゅてき・・・。
きっと、お向かいの店主さんもお好きですよ。
で、しいたけ。
お向かいの店主さんにはかなりツボなスポットではないかと。
お金貯めていらしてね!
コトヤにもきのこグラスがありましたよ。
お好きそうなのでお願いしてお写真撮らせていただきました。
今度HPに載せますね。

あ、私もHI-TEC-C好きです。

投稿: いずさん | 2007年7月 6日 (金) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さようなら、アカシヤビル | トップページ | 願い事 »