« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

倉吉日帰りの巻

昨夜の泡盛「黒真珠」がまだ影響を及ぼしているようです。
うーーむ、そんなに飲んでいないのになあ。
「黒真珠」は美味いのです。
健康ビネガーナイツ☆などといいながら、
その実、酒量は減らず。。。ええ、減っていないのですよ、相方。

一昨日の日帰り倉吉出張。
消防局、救急救命士の方を取材させていただきました。
いのちの現場で、消える命、生まれる命、生きようとする命と
日々向き合っているその生の声に
鳥肌立ったり、涙ぐみそうになったり。
「心肺蘇生法」を繰り返し学ぶことの大切さ。
「心肺蘇生法」を施そうとする勇気。
あなたはできますか?と問われ、私にはその勇気がもてないだろうと
本当に、それは情けないことですが、
講習会の人形にはできても、生身の人間にはできないだろうと思いました。

バスが倉吉駅に着いたのが、11時30分。
お約束の時間が14時。
中途半端に空いた時間…。
neigeさんに電話をして、情報を得る。
(忙しいところ何度もすまんこってす。)

お昼を頂きに行こうと思っていた「あかね」
残念ながら定休日。
通りの端っこの方にある、定食屋へ入る。
500円で、焼き魚、サラダ、小鉢三種、味噌汁、ご飯、お漬物。
野菜中心の和定食。お話好きのオヤジさん。
なんか不思議な店でしたが、入ってよかった。

その後、少しだけ商店街へ。
衝撃映像!
雑貨屋店番のおじい。ヨレシャツにステテコ。
ステテコから透けて見えるのは、それはもしや・・。
ああ、これ以上は申せません。
ワタクシも乙女の端くれ。
ほんま、おじい、勘弁してください。

今度はゆっくりと、仕事がらみじゃないときに来よう。
誓いも新たに、消防局に向かうのでした。

私一人だったら、途中下車してモダンチックへ。
という野望もあったのですが、
同僚と一緒なので、それも叶わず。
ああ、モダンチック。
窓に明かりがともっているのを確認し、
泣く泣く車中の人なのでした。

トゥビーコンティニュウ☆






| | コメント (6)

2007年8月28日 (火)

雲の博物館

雲の博物館
雲の博物館
岡山、平野上空。
バスの窓から見上げると、夏雲と秋雲の競演。
様々な形態の雲が夏の名残の薄い空を彩っています。

八雲の、今のHPより以前のHPで、私の日記が「雲の博物館」と言うタイトルでした。
とは言え、書いていたことは、今のこの苔桃とさして変わりのない、無駄に長いへっぽこ文章でしたねー。

鳥取行きのバスに乗っています。
岡山から随分走って、ここはどこだろう?
雨が降ってきました。

それでも上空は、灰色雲の博物館。

この雲を見て、ずっとどうしようかと決めかねていたことを、決めました。
こういう場面で迷うのは、私らしくない。
いつも、あきれるほどの身軽さで、気持ちの向くままに飛び立てるのが、身上ですから(笑)

この夏の「感傷旅行」の仕上げです。
自虐的(ドMだから、笑)。

少しくたびれた白百合と今からが盛りの萩の花が、雨の高速をいっそう寂しくさせている。

少し心に余裕が出てるのでしょう。
個展開催時期のバスは、考える余裕無しだった。そして、この雨。
単純な私はすでに心滲んでしまっている。ふふ。。。

さてと、旅に出る準備を。
悠々とゆったりと、空を行く雲に気持ちを預けに行ってきましょう。

秋に取り込まれないようにね。

写真は、高速バスを待つ間、不動院上空と、河原の花。

| | コメント (2)

高陽強化合宿

「情熱大陸」のヴァイオリンの音色が
頭から離れません。
まさに情熱的な、激しくも切ない音。

日に日に夏ボケがひどくなる一方です。
(夏バテでなく)
今日はアンデルセンでコーヒー代を払って、
そのあと席の移動に一生懸命になり
気がついたらアンデルセンのお姉さんが
「お客様…。」と困り顔で
お盆に載せたコーヒーを持って立っていました。
その時まで、コーヒーのことは
チラリとも頭をよぎらず。

すみません、お手数おかけしました。

私の左手の甲(親指側)は
忘れないように書かれたメモでびっしり。
耳なし芳一(ラフカディオ・ハーン)状態でございます。
手にメモするときはラッションペンの黒がオススメです。
水性ですが、消えません、にじみません。
ちなみに、赤はにじみます。

先週末、「高陽強化合宿@矢口が丘某所」を開催。
体育会系なタイトルですが、その実
ハイスクールの女学生的ノリの
ハッピーガーリーパーティなのでした☆
夜もふける中、缶ビールも2本目、
確か人間ドックの話を。
(…って、ハッピーでもガーリーでもないじゃないかーー)
確か胃検診の話を。
その時に、ワタクシ、一瞬落ちたのです。
ええ、モッチー。ごめんなさい。落ちていたのです。
そして発した言葉が

「ラーメンを食べたりぃ…」

「ラーメンを食べたり?」頭の中で反芻して、ようやく我に返る。
いうなれば、寝言、みたいなもの?
塩ラーメンに未練があるのでしょうか。
思い出すとおかしい。
酔っ払いオヤジの成れの果て、な感じですが(私だけ?)
いえいえ、ハッピーでガーリーな夜ですっ!
あくまでもっっ!!

でも、ほんと学生に戻ったみたいに
話は尽きず、翌朝も、
お言葉に甘えつい二度寝をしてしまい
その時に見た夢が「年金課に電話してください!」みたいな
なんか、夢の中でまくし立てている、
ああ、どうせ見るならもっと非現実的な夢をプリーズ☆

そんなこんなですっかり長居してしまった
でも、本当に楽しい時間でした。
次の目標も是非、実現させましょう☆
私たちならやれるはず!
そして、当初の目的である「強化」は
無事達成されたのである。ん?
「高陽強化」第二弾は、あの方のステキなお庭でガーデンパーティ?
(勝手にスイマセン。。)

さて、明日の朝。
今月に入って何度目でしょう?鳥取行きのバスに乗ります。
出張先は倉吉。
そして倉吉駅16時発のバスで帰ります。
倉吉、なにかとご縁があるのですが
時間が無い(涙。。。)

では、明日のために就寝。
バス、遅れないようにしないとな。

| | コメント (0)

2007年8月26日 (日)

勲章☆

アルコールは止め、フルーツビネガーを飲みながら
健康的な夜の部となって早や1週間。

本日は、クラッシックの夕べ。
三ツ星という、エリザベ音大の
三人組のコンサートに行ってきました。
ご縁があって、今回のコンサートのチラシ、チケットの
写真を撮らせていただいて、
何より三人のお人柄が大好きになり、今日を迎えました。

フレッシュで緊張感のある演奏。
それは果実酒に例えるなら、ヌーボーな感じでしょうか。
熟成はされていないけれど、その時の最高の味。
去年でもなく来年でもない、
まさに、今年、この瞬間でしか出せない
旬の味がそこにはありました。
お疲れ様。
清清しい気持ちになりました、ありがとう三ツ星。

ここのところ、仕事してるか出かけてる以外は
眠り姫のワタクシ。
自分で姫といってる時点でアウト。
眠り姫ならステキな王子も現れましょうが
惰眠を貪るワタクシには
汗だくの目覚めしかないのである。

お酢もう一杯!

そういえば、お酢ばかりを飲まされて
ぐにゃぐにゃのタコ人間になって
サーカスに売り飛ばされて
空中ぶらんこにされる子どもの話がありましたね。
ぶらんこ乗りではなく、
ぶらんこそのものってとこがポイントです。
なんともノスタルジックで残酷で、滑稽なお話なのでしょう。

気がつけば、まだ8月は1週間弱も残っている。
私の中では8月は中旬あたりですでに月末。
それからずっと月末が続いているから
おかしいとは思っていたんです。
8月の半ば、相方とこの夏の打ち上げを
スパニッシュの居酒屋で終えたあの日
あれが私の夏の終わりであり8月の終わり。

それなのに、まだ1週間弱も残っているなんて…。
どおりで9月がこないはずです。

毎日、絵日記のネタには事欠かなかった日々。
相方とともに、初めて夏の真ん中に居られた気がします。
モダンチックのライブ。
二人であの場所に居られたことは
私たちにとっては、すごく大きな意味があること。
昨年暮れ、ミスドで
「来年は光の年にしよう!」と力なく誓い合ったっけ(笑)
二度と戻りたくない場所、
あの場所に居たことの記憶は徐々に薄れていくけど
あの場所に二人でいたことは鮮明に覚えている。
そんな二人でモダンチックの
温かな空気の中に居られたことは
感慨深いものがありました。

改めて、
モダンチックとも子さん、さとるさん。
このたびのライブにご尽力いただいたneigeさん
私たちのために集まってくださった皆様。
この日、来れなかったけど、応援してくださった明美さん
たくさんの方々。
有難うございます。

次回は万全の体調でのぞみます!

私の胸には、この夏の勲章が。
きっと相方の胸にも。
それは、いろんなところのドアを開けられる魔法の鍵。

ありがとう、2007年夏。

**************** **** ****
追記

そんな二人よがりの世界が少しだけ広がった
モダンチックライブの様子が
八雲のHPでご覧になれます。

| | コメント (0)

2007年8月24日 (金)

メンテナンス

おなかがすきましたーー。
今日昼は、塩ラーメンが食べたい。
昨夜Vシュランでやっていたから。

そんなゆる~い昼休み前。

身体のメンテナンス始めました。
まずは歯医者。
歯医者、嫌いではないです、むしろ好き。
当分行っていなかったから、
悪いとこ全部、って思ってましたが、悪いところもそうそうないようです。
30分くらいで終わると、え?もう??ってちょっと物足りない感じ。
なんなんでしょう。

歯医者で治療中の自分の顔を見ることは
まずないですよねー。
一度怖いもの見たさで、見てみたい。
きっとすごいんだろーなー。
100年の恋も冷めるのか?!醒めるのか?!
(すごいしょーもないことですが「さめる」どっち使う?)
歯医者と産婦人科、純情乙女にとっては、どっちが恥ずかしいんでしょうかね?
ま、純情乙女じゃないので、無問題ですけどっ!!(何故かちょいギレ。)

**************** **** ****

ラーメン食べて帰ってきました。
先ほどは塩ラーメン、言よったんですが、ラーメンの話をするうちに
ラーメンそのものに対する思慕の情が膨らみ、
カテゴリーはどうでも良くなり、
博多とんこつへ行く。
濃厚しょうゆラーメンを食べる。
食べ終わったころに、塩とんこつがあることを知り、
ハンケチを噛む。

話し戻って、メンテナンスのお話。
歯医者とともに通い始めた足裏マッサージ台湾式。
モーレツに痛いです。
痛気持ち良い、とかじゃなく。
っ痛いんじゃああああ!ぐらい、痛いです。
けど、タイ式じゃなく台湾式☆

内臓全般弱ってますと言われ。
ええ、そのツボを押されたときは
蹴り返そうかとおもうくらい痛かったです。
ストレスもたまり、肩頸腰も弱り、
それらのツボはすべて、っ痛いんじゃあああああ!!の状態。
ここんとこ、浮腫みも相当ひどく、夜中に両足つってましたから。
メンテナンス時だったのでしょう。

しばらく通って、リンパマッサージと
骨盤矯正にもチャレンジしたいと思います。

今年の夏は久しぶりにその季節を感じました。
まさにアツい夏、でした。
モダンチックライブ、個展。
数々の出会い。
折に触れ、この夏の思い出を少しずつ
語りましょうか。








| | コメント (4)

2007年8月22日 (水)

吸引したいなぁ(BlogPet)

きょうは、吸引したいなぁ。
それでみち代の中心へ努力されたみたい…
それでみち代でうたにどろどろしたいなぁ。
でも、みち代はみち代の一家安心するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「シロクロ」が書きました。

| | コメント (0)

心模様は雨模様

土曜の夜から私の部屋に居る。
070820_23450002 外に出そうと
捕まえるも、
大暴れして、
挙句、部屋中を
ぶんぶん飛び回り
布団の上に
フンをする。
・・・。
もう知らん。
ああ、でも
部屋の片隅にこっそり卵を生まれたら
そして、ある日そこから
小さな蟷螂がわらわらわらわらわら
出てきたら。
・・・。
ま、いっか。

久しぶりの更新となりました。
鳥取から帰ってきて、
翌日から積まれた仕事と格闘。
土曜日も休日出勤し、
ひとりぼっちの事務所で、もくもく、朝から夕方まで。
これで何とか見通しがつき、
夕方ちょっとだけ、お向かいの雑貨屋さんへ。

そこでめちゃめちゃ濃い時間を過ごしました。
雑貨店の店主さんも写真を撮られるのですが、
星を撮る青年、鉄道を撮る青年と、
タイプも被写体も写真の上がりも
全く違う三人の写真家の方と
お会いし、お話しする機会があり、
興味深いものがありました。

その後、家に帰って即、爆睡。
翌日は夕方過ぎまで死んだように眠り、
月曜日は持ち直しました。
ばたばたと落ち着かない日々は
なおも続いております。

今日古本屋で
高橋真琴さんイラストの
人魚姫の絵本を買いました。
小学館の「おひめさまシリーズ」
人魚姫の絵本は、コレクター状態です。
なので、古本情報ございましたら、ご一報ください。

それから、絵本つながりでもうひとつ。
八雲HPや相方ブログで出てきてる
「コロボックル」
佐藤さとるさんのコロボックルシリーズです。
このシリーズは、私は今でも大好きで、
読み返します。

小学校の頃、
私の周りにはコロボックルが居たし(しかも二人)
コロボックルの住む場所も
セイタカさんが暮らす小高い山も
椿の木も、確かに私の住む町にあったのです。
かなり痛い小学生です(笑)
そして私は「セイタカさん」に密かに恋心を抱き、
また「風の子」にも憧れを抱いたのでした。
「誰も知らない小さな国」「豆つぶほどの小さな犬」などなど、
まだ読んでいない方は、是非読んでみてください。
図書館で借りれると思いますので
相方にも是非、読んでほしいのです。

本日は、人魚姫モードに陥ったため
心模様は、雨模様。

| | コメント (4)

2007年8月16日 (木)

熱帯夜

バスの車窓から
ファミレスへ向かう一家を見る。
お父さん、
Tシャツにバミューダにオヤジソックスにサンダル。
その姿にワタクシは、ひどくがっかりしました。
私の恋人でもなければ、ボーイフレンドでもなければ
夫でもなければ、父親でもないのにほっとけよ、
なんですが・・・。

私の周りの殿方たちよ、
私をひどくがっかりさせたいときは
これですよ。
半ズボンにソックスにサンダル。
ほんとうに、ひどくがっかりした私を
見ることができるでしょう。

某ブログで、爽やかなお色気の
ビキニのお嬢さん。
それはもう、まぶしいくらいに男子のロマン。

それに対抗してこちらは、
070814_23170001 やさぐれエロティシズム。
デルモはコトヤおかみ。
いいっすね。
美しいですね。
アラーキー並みの
エロティシズムで
ございます。

そう、これは
一昨日の夜のこと。
三人のチョイ不良女子
(不良と書いてワルと読む)
ちゃぶ台を囲んでの打ち上げの一こま。
空になったモルツの中身は
濃い目のハイボール。070814_22390001

ナウなハンサムボーイは
ハイボールきらーーん☆
そんなポスターに誘われて☆☆

みんなで飲んだハイボール
(全員で:ハイボールぅーー)
楽しかった同窓会いじり
(全員で:同窓会いじりぃーー)
おいしかったアタリメ
(全員で:七味マヨネーズぅーー)
いつまでも忘れない
(全員で:ありがとーーーっ涙涙涙。。。)

だいたい、そんなふうな打ち上げでした。
詳細はコトヤさんブログにても
ごらんいただけます。

そして、昨日感傷旅行から帰りのバス。
さすがお盆です。
通常は1台で運行、けど、
私が予約できたのが2号車。
バスに乗り込み、席に向かう
正面通路に見慣れた顔。
はぁ、課長。。。。(かなりがっかり)
ああ、何が悲しゅうてオフのしかも
鳥取くんだりまで来て
課長と同じバスに乗らにゃならんのだ。
しかも課長の真後ろの席(さらにがっかり)

2号車は通路挟んで左右に二人がけの席。
前後で話していたら、
何を血迷ったか課長隣のサラリーマン
「席変わりましょうか?」
と私に(オマエにがっかり)
「か?」を言い終わるか終わらないうちに
速攻、「いいです!(きっぱり)」

そして心の中でこの気弱メガネに
毒づくのである。
「考えても見ろよ、上司と隣同士5時間も
オマエは耐えられるのかっつう話だよ」

ふらふらだった私はバスの中で
ひたすら眠ることだけを頼みの綱に
乗ったのに、嗚呼。
しかも悲劇はまだまだ続く。

通路挟んで隣の席。
鳥取からヤングなイマドキ男子通路側。
次いで倉吉からホッパン生足の
お姉さま系女子が窓際へ。
私が男子なら、どぎまぎして眠れないでしょう。
しかし、いまどき男子は眠る。
しかも、女子の方へ頭が傾ぐ。
そしてついに、女子の肩へ。
なんとあろうことか、女子も眠る。
肩の上にすっかり収まった
男子の頭の上に頭を乗せて。

つまり、あれですよ。
ハタから見ればラブラブ☆カポー。
がしかし、実は赤の他人。
私、ドキドキして眠れませんでした。
カーテンと窓の間に頭を突っ込んで
見ないようにしたものの
気になって気になって、やはり盗み見してしまう。
アーンド、
在りし日のワタクシの姿を思い出し
またしても感傷旅行。
窓の外に視線をやり、涙ぐむ。

そんな大忙しのバス。

とどめは、
前の座席で雑誌を読む課長の姿が窓に。
課長、そのタイトルのページを
食い入るように見るのはやばいっす!
いや、そのタイトルもやばいっす!!
いくらやさぐれな私でも
ここでそれを言うのははばかられるような。

またしてもドキドキして、
ああ、5時間はあっという間なのでした。

熱は下がりました。
本日は無事出勤、休んだ分残業残業。
が、遅れてくしゃみが止まりません。
ハクション大魔王がいたら
出たり入ったり出たり入ったり
軽くキレられるところです。
クワバラクワバラ。

本日はノンアルコールでした☆

| | コメント (3)

ひとまず、ただいま。

鳥取より戻ってまいりました。
無事?ではないようで。。。
朝からの猛暑に関わらず、
悪寒がしていたのですが、そして全身虚脱。

これは昨日打ち上げの際に
ビアだのハイボールだの
そんなオヤジ系の飲み物を相次いで飲み、
(あ、明日は飲まないと誓ったのに飲んじまいました、相方よ。。)
最後に、やさぐれ女三人(neigeさん、トリコさん、ワタクシ)、
何を思ったかカルアミルクフロート☆だの
大人の☆クリームソーダだの
コエンザイムQ10ピーチ☆フィズだの
かなり血迷い系な飲み物を頼んでしまい、
悪酔いの予感。
(やさぐれ大フィーバーの打ち上げ詳細は、また後日)

ワタクシ、二日酔いかと思っておりましたところ、
なんか様子が違う。
布屋さんに布を漁りに行ったときがピークで
ワシ、死?いよいよお迎え?って思いましたもん。
んで、今も見たことのない数字が、
体温計に表示されました。

なので、頓服飲んで寝ます。
寝ますが、ああ、綴りたいことはたくさんあるのです。
あるので、このまま勢いに乗って
(いや乗らんでいいーーって声が。。)

感傷旅行を終えました。
といいますか、実際は、個展が本日終了しました。
片付けもできないままに、広島行きのバスに乗り
neigeさんとトリコさんには申し訳ない、そしてありがとう。

足を運んでくだすった、鳥取の乙女の皆様。
遠く、広島から来てくださった方たち。
また、広島から応援してくださった皆様。
本当にありがとうございます。
心から有難う。

私の感傷旅行は、まだ続きます。
前にここに書いたように、
まだ、ただいまを言っていない。
ただいまは、この先も無いのかな、きっと。
また違うところへ旅に出るのでしょう。

写真もコトバも、まだまだです。
今日、コトヤさんで古本をぱらぱらと読んでいて
その中で、日本文学を取り上げたものがあって、
その言葉の美しさにはっとしました。
ちょっと朦朧とした頭の中に
その言葉たちは、鮮烈に風景を描きました。
学生の頃は、そんな純文学と呼ばれるものを
よく読んでいたのに、最近は全然。
少しづつ時間を見つけてまた読みたいと思います。

写真に対しては
正直ずっと迷いがありました。
コンテストやなんとか大賞とか
そんなものに全く興味が無く、
表現をしていく上での一つのツールとして
写真をとらえていました。

けど、私の撮ったものを
好きといってくださる方が
いることは、すごく嬉しいです。
技術とかなんとかもあるけど、
やはり私は被写体に写真感情を抱きつつ、
撮って行きたいと思います。
やっぱり写真は好きですから。

そんなこんなで所信表明のようになって来ましたが
たくさんのいい時間を過ごすことが出来た
トリ紀行お盆篇。
ライブのこと、流星群、打ち上げ、
感傷旅行。
ゆっくりと明日からお伝えしていきます。

あ、ライブの模様はモダンチックさんのHPでごらんいただけますよ。

では、生命の危機になる前に、寝ます(笑)
(高熱でかなりハイテンションです(笑))






| | コメント (5)

2007年8月14日 (火)

ライブ御礼

「八月の飛行機雲公開練習@モダンチック」にお集まりいただきました皆様、本当にありがとうございました。

陽が、傾くまでの約二時間、みなさまの貴重なお時間を一緒に過ごさせて頂くことができ、心より感謝するとともに、本当に幸せな嬉しい時間となりました。

まずは御礼まで。
トリ紀行まだまだ続きます。

横には相方。
空は、高く刷いたような雲が、風に流れていきます。

| | コメント (4)

2007年8月12日 (日)

唄い前夜

今日はマンゴーラッシー飲みながら
2度目の更新。
さて、昨日のEXPO’70のあとに行ったと言う嵐。
どこからこんだけの女子が集まるんだろう、
ってほど女子女子女子・・・・。
さすが、ジャニーズです。
そして、さすがただ今旬の嵐です。
ジャニーズは、女子のワンダーランド。

今回、席が良かった。
アリーナで3列目。きゃああああ。
すぐそこが巨大ステージ。
けれど、ジャニーズのコンサートは、
何処に居ても楽しめるのです。
何処に居ても、すぐそばまで
メンバーが来てくれるのです。

で、恒例となりましたうちわ。
ワタクシは二宮君☆
ニノ、可愛すぎます。
キーボード弾き語りです、ピアノ男子です。
しぐさ、行動が全てかわいい。
全てが胸きゅんなのです。
なんですが、松潤。かっこいいーー☆☆
松潤の視線にハート打ちぬかれメロメロ(笑)
キラリ☆汗が髪の毛の先から落ちるさまも
本当に美しい。

女子はだいたいにおいてジャニーズは好きで
話も盛り上がるのですが、
相方と種もの屋さんの御贔屓の翔くんも
雑貨屋店主さん、Kちゃん御贔屓の相葉くんも
実物はめちゃめちゃかっこよかったです。
詳細は、ネタバレになっちゃうのでー。
控えます。

彼らはきっと、いろんな面ですごく努力をしているんだるなあ、
そんな一面が垣間見れたコンサートでした。

さて、いよいよ明日となりました。
八月の飛行機雲公開練習@モダンチック
いまさらですが、一日練習。
けど、不思議と緊張も心配もなく、
それはやはり、相方と私と
二人重ねた時間があるからでしょう。
そこは、何にも変えがたい、確かなものだから。

とはいえ、練習しろや!みちよ*Cよ!!
で、練習はじめたのですが
やはりうちらは痛いグループ(笑)
相方が練習で歌いながら泣くように
私もまた、歌いながら泣く。

夕方くらいから咳がまた。
今日は咳止めと吸引をして
早めに寝ることとします。
へなちょこな歌でも、
声が出ないのでは話にならない。

八月の飛行機雲、
晴れ舞台はちょいニガテです。
けれど、モダンチックの木陰ならば
なんとも私たちらしい舞台となるでしょう。
公園で歌うように
森で歌うように
モダンチックでも唄えたら、
それが八月の飛行機雲、です。

明日は、朝練。
明日の午後にはもう、倉吉。

| | コメント (2)

1970、大阪

Ca250001 1970年、大阪。
少しだけ、タイムスリップ
してきました。

NTTクレドホールで
開催されている
「大阪万博の軌跡」展
行ってきました。

この写真は昨年、
どうしても
実物が見たくて、
炎天下の大阪
太陽の塔、っていうか
岡本太郎の魂に触れに行ったときのもの。
猛暑にもかかわらず、震えましたよー。

070811_15550002 そして昨日の展示会場。
なんじゃこりゃ?のへんてこなもの。
めっちゃかわゆい、クスリと笑えるもの。
エントランスからの万博グッズギャラリーは
わくわくするゾーン。
ちなみにこれ、人間洗濯機。
どのご家庭にも
一つは用意して頂きたい
驚くべき効果を発揮します
(…ってラッド?(笑))
このデザイン、たまりません。
そんな、「このデザイン、この色、たまりません(にやり)」の
グッズが色々ごらんいただけます。

そしていよいよ、太郎ワールド。070811_16290001
地下展示、太陽の塔内「生命の樹」
全編ではありませんが、一部が展示され
その空気だとか、匂いは感じることが出来ます。

ていうかねー。
ここでまた、アホ炸裂で。
すんごい鳥肌たってしまい、
こみ上げてくるものがあり、感情が昂ぶったのでしょうか。
泣かずにはいられず、マジ泣きすよ。
070811_16030002 今、太陽の塔の外観は見ることが出来ますが
内部は、時々ツアーをやっていて
それ以外は見ることが出来ない。
たとえ一部も、見ることが出来て、感激です。

太郎の作品は、ごく一部の作品でも
太郎の持つエネルギーの波動が
ものすごくて、
そして、「展示プロデューサー」
としての岡本太郎の考えに
触れるにつけても、
なんの取り繕いもない素の感想ですが
やっぱ、すげーや、岡本太郎。070811_16040001

EXPO’70は
昭和ニッポンの象徴。
コンパニオンのユニフォームのデザイン
グッズや印刷物のデザインや質感
そして岡本太郎というエネルギー。

各国のパビリオン外観デザインも
クスリ、にやり、の連続です。

そして、日本館に展示されていたと言う
「よろこびの塔」「かなしみの塔」
という二つの巨大タペストリー。
これもまた、ニッポンの象徴とも言うべき図柄。
070811_16230001
だんだんと薄れていく記憶

けど、1970年の日本で
世界から注目された
この日本館のなかの
メインの展示として、
掲げられたこの
「かなしみの塔」

実物を、是非ご覧ください。
15日まで、
NTTクレドホールで開催中でございます。

2時間足らずの1970年大阪への時間旅行は
様々な想いを、私にめぐらせてくれました。
太郎のエナジーにあてられ
ヨロヨロしながら
夜は嵐のコンサートへ(笑)
その模様はまた。

では、パスタをゆでましょう。
本日は、葉わさびと桜海老の
和風ぺペロンチーノです。





| | コメント (0)

2007年8月11日 (土)

立秋すぎて

ども、ハッスル☆みち代です(相方の言葉借用)
夕方あたりから、腕を中心に体のあちこちが痛い。
予告されたとおり、筋肉痛です。
けど、2日後に出るだろうと言う予想は
残念ながらはずれです。
ちゃんと翌日出ましたから!
って、ムキになるのが大人げない(笑)

バットを振るのってほんと、
体の色んなところ使ってるんだねー。
それがとてもよく分かります。

先日の呉巡業に続き
本日は三次巡業。
津和野から始まった夏の巡業は
佳境に入ってまいりました。
私はあと2本で八月の予定は終了。
月末には、日帰りで鳥取出張も入りました。
始発でトリ入りし、取材をして、最終で帰ってくるという
強行軍でございます。

070810_12530001 さて、その本日の
三次にて。
バスを降りて会場までの
道のりで、このアパート発見。
「みどり荘」
分かりにくいでしょうが
壁、薄いグリーンです。
分かりにくいでしょうが
ドアも薄い若草色です。
そして名前は
「みどり荘」
みどりなんだけど、統一感があり
そして、切なさをはらんだ建物となっております。
フォーキーなアパートです。
小さな石けんカタカタ鳴りそうな、
雨に破れかけた街角のポスターが
似合いそうな。

うだるような暑さの中、
「夏の魔物」が頭の中に流れ出しました。

立秋すぎて、
夜には虫の声が聞こえます。
まだ、1匹だけで鳴いているけど、
日をおうごとにその数は増えていくのでしょう。
ああ、さっき何を勘違いしたのか
ツクツクボウシがひっそり淋しく鳴いていました。
夜中2時過ぎに、セミ界の中にもあわて者がいるんだなあ。

私の好きな芙蓉の花も
ぽつぽつと一日だけの花を咲かせ
私の周りの小さな世界、
ゆっくりと、夏を秋に渡す準備が始まっています。

このブログをはじめて
もうすぐ1年になります。





| | コメント (0)

2007年8月 9日 (木)

クリーンヒット☆

ビール飲みながらの2度目の更新。
なんて、思っていたら相方も
梅酒飲みながら2度目の更新をしていました。
私はビアはここんとこずっとエビスザホップ。

ここ最近、飲まない日がない。
昨日はさすがにひかえました。
今日、午前中健康診断だったので。
しかし一日飲まなかったことが、
何か影響があるとも思えない。
ま、気は心。

健康診断、突っ込みどころ満載。
老若男女、職業も学歴も、
そんなの関係なーいってな感じで
全員検査着に着替えさせられる。
普段いくらお洒落な人でも
普段、どんだけブランド好きって人も
みーんな同じ扱い。
もう、抗いようがない。
言われるがまま、あっちへ行き、こっちへ帰り
ここへ立てと言われれば、素直に従い、
体を左45度に傾けろと言われれば
ビクビクしながら自分なりの45度を表現してみる。
結局、ここなんだなー。行き着くところは。
野垂れ死にしない限りは、ここ。

そんな悟りを垣間見た午前。

時間に余裕ができたら
いきたかったところ。
足裏マッサージ(台湾式、激イタ)
台湾式は、マジ痛いス。
タイ式のようにイタ気持ちいい、ではないです。
でも私は台湾式チョイス。どMですから。
それからバッティングセンター。

んで、本日願いが叶いました。
バッティングセンター。
きれいに球が前に飛んだら
すごく気持ちいいだろーなーと思って、
かっこよく打つイメージをしていたのです。

がしかし、ブザマです。空振りの山。
「振りり遅れとるーー!」とか言われながら、
25球ワンセットで、2回づつ。
2セット目でだいぶんタイミングがつかめ
そして、会心のクリーンヒット!
いやあ、気持ちいいーーーーっ。

バッティングのあと、卓球だのサッカーだの
私はみるだけー。卓球とか無理ですから。
で最後、フリスビーに軽い気持ちでトライ。
フリスビー投げて的を倒すという
ごく簡単なゲーム。

これが、結構難しい。なめてかかっていたが、がしかし。
私はここで、伝説のフリスビー少年を目撃!
衝撃、いや、笑激のフリスビーパフォーマンスを
この目でみることとなるのです。
いやあ、笑った笑った。
久しぶりにあんなに笑いました。

伝説のフリスビー少年よ
ステキなパフォーマンスの数々ありがとう。
ちなみに私は最後あたりにはコツがつかめ
的に当てました。

初バッティングセンター。初フリスビー。
すごく面白かった、爽快でした!
連れてってくれて感謝、ありがとう。

昨日からブログペットのうちのシロクロが
置手紙を残し相方のところへ遊びに出かける。
相方のブログを除くと
2匹が仲良くうごうごしている。
相方んちのskip*をクリックするとヒトコト発言
それに答えるかのように、シロクロ発言。
それぞれの性格が良く出ています。

skip*「バカー!」 シロクロ「阿賀ー!」
売れない漫才師かよ?!

けっこう飼い主の性格が反映されるようです。

| | コメント (2)

きょうシロクロがかっこ(BlogPet)

きょうシロクロがかっこー!

*このエントリは、ブログペットの「シロクロ」が書きました。

| | コメント (0)

2007年8月 8日 (水)

「続・感傷旅行」

酔ってます。
気分よく酔っています…って、二日酔い?
ノンノン。(ってフランス人?)
まだ、音に酔いしれています。

昨夜のQURULIライブ。
いかしたナイスなめがね男子と行ってきました。
やはり、QURULIと言えば?
めがね男子ーーー☆

会場外で待つ間、見上げた空。070807_18330001
そして、恒例の
お客さんチェック!!
お洒落女子多し。
それもかわいい子多し。

男子はめがね男子
圧倒的に多し。
それもお洒落な子が多い。
めがね好きのあなた、
QURULIのライブは
心の栄養剤ですよ(笑)

ホールでの
クラッシックフレーバーのライブ。
良かったです、かっこよかったです。
キッシーは相変わらずパーマで、
遠目に見たらベートーベンみたいで、
やはり私の中のナンバーワンめがね男子なのでした。

そして、音は、
やっぱ変態で、めっちゃエロくて、
色っぽくて、かっこよくて、ぞくぞくしました。

そんな音にどっぷりつかり
今まだ、酔ってます。
心地よい酔い加減でございます。

いや、ライブのあと飲みにいったんすけどね。
けど、二日酔いじゃないすよ。
アツく音楽について語り合う。
人生について語り合う。
ロックな時間をありがとーー。

070807_12110001 こちらは午後、
呉の阿賀駅付近で見上げた空
もう、空が高いのですね。
そして私はまた
別の場所へトリップしてしまうのでした。

「感傷旅行」
このタイトルは、
コトヤさんの小部屋のイメージと
あの建物の雰囲気と
そして、私の中では
もう秋へ向かうこの時期と、
そんなこんなで頭に浮かんだ
言葉です。

イメージ的なところでつけてしまった
このタイトル。
いざ向き合ってみると、あれれ?
かなり痛いじゃないーー!みたいなね。
そして私の感傷的な旅が始まったのですが。

まだ、私の感傷旅行は途中。
まだ終わっていない。
今回の詩の中に
「旅立ち」というのがあります。
私は、あそこで旅立ってからまだ、戻ってきていない。
行ってまいります、と言って
ただいま戻りました、とは言っていないのです。

「続・感傷旅行」が始まっております(笑)
あい変わらず痛い日々です。

************************

話は変わって今年の夏は暑くなさそう
あい変らず季節に敏感でいたい
早く急がなきゃ飲み物を買いに行く
ついでにちょっと君にまた電話したくなった

君がいるかな
君と上手く話せるかな
まぁいいか
でもすごくつらくなるんだろうな
君が素敵だった事
ちょっと思い出してみようかな  「東京」

************************
最後に聴いたキッシーの泣き節が
頭蓋内をこだまします。
泣いているような、そのうたが
私をまた別の場所へ連れて行きます。

| | コメント (0)

2007年8月 7日 (火)

一押入魂

本日のわたくし。ヌケガラ、でした。
もしくはシカバネ。

しかし、シカバネを野放しにしておくほど
うちの会社はそこまでゆるくはなく、
働けー。休んだ分、働けー。
なので今日は活蔘(カツジン)28一気飲み。
ああ、情けない。
というわけで、シカバネは高麗人参の力で
無理無理に動かされるのであった。

が、そこはやはりシカバネ。
職場で、いつもにもまして、小さな失笑を買うのである。
開かずのドアの前で、
がちゃがちゃとしつこく開けようとしたのを見られたり
赤の横断歩道を奇跡的に真ん中まで渡り、
気がついたら、前後を車が行き交う。(いや、これは笑えない)
我に返って冷や汗でした。
小さな失笑くらいにとどめておかねば。

ハードボイルド鳥取紀行から帰広して(…これも笑えない)
昨日は「平和の集い」に出演のO&C写真班。
リハから撮影のため、10時にフェニックスホールへ。

ここで、スタッフ一人欠席のため
急遽、運営スタッフとして入ることに。
受付、会場係りなどなど、ちゃんとお手伝いをしてきました。
仕事で、小さなものから全国規模の大きなものまで
スタッフとしての場数はたくさん踏んでますから、
そこは強いっすよ。動じない。ハプニングにも強い。
neige敏腕マネの敏腕たる由縁です。
(もともとはneige敏腕マネとして始まった
私とneigeさんのプチ歴史講座)

なので、想定外ではありましたが
私的には、そんな少しのお手伝いで、
かえってこのスタッフパスを手に入れたことで
撮影も、し易かったのです。ありがたやー。

さて、その撮影。
トリ帰りでかーなーりー、精神的疲労ピーク。
なので、シャッター押すたびにタマシイ吸い取られる。
写される方じゃなく、写す方の。
かくして私の魂残量は、どんどん少なくなっていくのであった。
友人いわく、「ナナメにかしいでいた」らしい。
カメラの重み?に耐えかねたのか?

そんな撮影魂。一押入魂
そのおかげか否か、今回の写真。
自画自賛ですが、かーなーりー、良いです。
自信を持って、良いです!!!
どれを取っても、かっこいい写真が撮れたと思います。
近々、O&CHPにアップされると思います。

が、アップされない写真の方が圧倒的に多い。
けど、何かカタチにできれば良いと、
ただ今色々企画中ですので、
O&Cファンの皆様には、今しばらく、お待ち下さい。
…って、O&Cのファンの方はここには少数の方しか来ないか。

その会場ロビーでのこと。
花束を抱えて、O&Cの登場を待つファンの方。
ドキドキするねーなんて言い合って。
すごくほほえましいですね。
懐かしい想いが蘇りました。

あんなふうにドキドキしながら
楽屋入り口で待っていた頃があったねー。
もう時効だからいいですかね、miokoさん?
あんなに誰かのことを一心に思ったことは
これまでもこれからも無いでしょう。

私がもうちょっとだけ待っていられれば
彼がもうちょっとだけ早く、一歩を踏み出してくれれば
私たちの今は、違ったものだったかもしれないね。
けど、これが運命だったのかなあ。
miokoさんに言わせれば、
彼が待たせすぎたと(笑)

そんな懐かしい恋物語もありました。
純粋に、一心に、
何も求めず、ただただ、大好きだったなあ。
070802_11520002
水中花。
このまがまがしさが、
かえって安心。
はじめからニセモノとわかっているから
裏切られることも無い。

そんな水中花。
でも、そんなうその世界の美しさ。
真実の美しさと同じくらい、きれい。

今日は、バス停で1分間の黙祷。

| | コメント (3)

2007年8月 5日 (日)

鳥取魂

2泊3日のトリより、無事帰還いたしました!
台風とともに向かったトリ。
「嵐を呼ぶ女アゲイン
台風女の面目躍如。。。
怒涛と裸足の3日間。」
帯にそんな見出しが躍る感じの
ハードボイルド鳥取紀行なのでした。

070804_10580001 昨夜、広島から
お友だちがトリに
駆けつけてくれました。
本当にありがとう。

23時くらいから晩ご飯
それぞれ1杯ずつで
気がつけば2時半。
翌朝8時30分集合。
砂丘目指してGO!GO!
その前に、砂丘ゆきの
バスの時間まで、喫茶店でモーニング。
が、気がつけば予定のバスの時間は過ぎ
次ので行くことに・・・・。
どんだけしゃべってるんでしょう。

さて、砂丘。
何年振りでしょうか。
トリにはほぼ毎月のように行っているのに
砂丘は数年前、出張のときに連れて行ってもらったきり。
めっちゃ湿度の高い、日差しの強い中、
二人の砂漠行軍は始まるのであった・・・。070804_10580002

脱ぎ揃えられた靴が
何故か切ない鳥取砂丘。
もう、裸足ですよ、裸足。
個展準備も裸足ですよ、裸足。
個展準備後
ホテルに帰って見た足の裏
真っ黒どころか、黒光りする足の裏に
何故か切ない、太平の夜。

砂丘紀行、行きは楽しかった。
なので、つい調子に乗って
海まで出ました。
砂とともにずり落ちるように急斜面を降りる。
目の前に海。
開放感。
二人は呪縛から解き放たれたかのように
海へ向かうのであった。

がしかし。。。
070804_11270001_2 なめたらあかん
なめたらあかん~♪

鳥取砂丘を
なめてはいけません。
そんなヤワな根性を
阻むかのような馬の背。
壁のような海側の斜面。

いやあ、
お花畑の幻、
うっすら見えましたよ。
この、頼りない、方向の定まらない
二人の足跡。
へろへろ具合がうかがい知れますねー。

心の中で叫ぶ
「私のことは良いから、先に行って!
あなただけでも助かるのよ!!」みたいな(笑)

鳥取砂丘、季節を選んで行きましょう。

元の場所に再び立ったときの達成感。
「やったどーーーーーー!!!」
またしても心の中で叫ぶ。
がしかし、へろへろでどろどろでよれよれで
そんなダメな形容しか出来ない状態でした。

でも、私たちはやりました!
これで、たいていのことは克服できます!!
ありがとう砂丘。
さんきゅうさきゅう・・・・・。
うーーん。。

そのあと、へろへろどろどろよれよれのまま
個展会場コトヤさんへ。
ここで、展示をみていた方たちから
声をかけていただき、お話をする機会を得、
本当に励みになりました。
どうも有難うございました。

次14、15日とコトヤさんに伺う予定です。
そこでみなさまとまた、出会うことが出来たなら、
これまたステキな出会いとなるでしょう。
ご来場いただいた皆様。
心から感謝いたします。
感想などなど、お寄せいただければ幸いと存じます。

その後、広島ゆきの15時発高速バス。
広島到着20時過ぎまで、またしてもしゃべりっぱなし。
7月7日に運命の出会い(笑)をしてから
まだ1ヶ月も経っていませんが、
また一つ、二人の思い出ができました。

「鳥取魂」砂丘の売店にポスターがありました。
鳥取を愛するグループが集まった
オムニバスCDらしい。
トリタマシイ炸裂アルバム。
鳥取、熱いぜ!!

| | コメント (5)

2007年8月 3日 (金)

嵐の夜に

嵐の夜に嵐の夜に

嵐の夜に嵐の夜に

台風お見舞い申し上げます。

個展準備、14時くらいから始めて、21時過ぎに終了。
そのあとご飯(つか、主たる目的は飲みに?)に行く予定でしたが、台風接近のため、それぞれ帰ることとして、ジャスコで買い出し。

ホテルに帰って、エビスザホップを二本一気飲み。
昨日の完徹もあり、準備の疲れもあり、そのまま落ちていて、先ほど目が覚めました。
お風呂に入り、すっきり☆

只今、午前3時。

なんとか無事に個展開催の運びとなりました。

準備はほとんどが力仕事。
まず、家具類の搬出搬入。
引っ越し屋なみのふたりのチームワーク。
素晴らしい働きです。
そして、腕と腰に来てます。今すでに筋肉痛。。
すべて搬出した、何もない空間に、バランスを見ながらレイアウト、再び家具類の搬入。

そのあと、各々の仕事に移ります。
うまい具合に、お互いの世界観が共鳴しあっているのでは?と自画自賛。

汗だくでどろどろになった、個展前夜。
しかし、今日もいちばん頑張っていたのは、はなちゃん。
ほんま、ええ子じゃ。

11時に鳥取到着、その後大大大フィーバーな出来事があり、まあ、そのことはまたゆるりとご報告します。

本当に大大大大フィーバーですよ!!

さてと。
良きパートナーのいずさんと、ふたりで作り上げた世界。
お近くにお越しの際は、ちょっとだけ感傷的な旅をしに来て頂ければ、幸いです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年8月 2日 (木)

嵐の前の静けさ…

モカ内服液とリポDスーパーで乗り切ろう!

月曜日は、相方と地元デート。
フジの前にある居酒屋「村さ来」で
八雲ダークサイト的なそんな感じで。
飲んで大笑いして、たくさん話して。
私はやっぱり、君の笑顔が好きだ!(笑)

生ぬるい夜の道を、ほろほろと歩いて帰りました。
月は、少し欠け始め、
ローズマリーの匂いが強い夜でした。

で、昨日は津和野へ出張。
070731_10530001 ふふふ。もーちーろん、
前回の出張の時に行った駄菓子雑貨屋
行きました!
しかし今回も「お仕事」
なので、限られた時間。
一生懸命宝探し。
商店街では、
テレビのロケがあるらしく
なんだかざわめいた感じ。
柳沢しんごさんが来ていたようです。
私もロケの関係者と思われたらしく
(この日は、裾と胸元に同色の刺繍がされた、
生成りのお嬢ワンピだったからでしょう。)
「あなた、早く行かなきゃ!」と
店のお母さんに心配されました(笑)

あ、ちゃんと仕事はしてますからね~。
午後から、夕方まできっちりオシゴト。
その後山口経由して、帰りました。
県外日帰りは、疲れますねー。
けど毎日、山口と岡山から新幹線に乗って
通ってる人がいるけど、ご苦労様です。。

今日から3日間、夏休みを取っていますが、
全く余裕無し。とほほほ・・・
おまけに今日は、職場に黒子のように登場し
黒子のように帰っていったという。
きっと、「あの影はなんだったのか?!」
と、みんな思っているでしょう。

070801_18480001 写真屋に行ったり
会社に行ったり
ばたばたとあわただしく
その合間に、木村兄弟へ。
お目当ては、これ。
そう、古切手。
箱の中にわさっとある中から
一枚一枚見て、分ける。
最初は店主さんと二人で。
途中から三人で。

黙々と、選定作業が行われ、
好きなのは、自分の目の前に並べ
そのほかのは、選漏れの山へ。
口数も少なくなる。
箱の中が空になった時には
達成感!

これも今回個展でディスプレイに使おうかと。

それで、個展用の最終の写真受け取り19:00。
出来上がったのをチェックしていたら、
見るからにカメラジイさまが
お客さんで来られて、
私の撮ったものを見て
褒めていただきましたーーー。

ありがとうーございます☆

さて、旅の準備もしないと。
内服液は全く効果をあらわしません。
眠いよーー。
朝早いので、このまま完徹しようかと思います。
では、台風とともに行ってきます。
明日から、携帯より更新。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »