« 鳥取魂 | トップページ | 「続・感傷旅行」 »

2007年8月 7日 (火)

一押入魂

本日のわたくし。ヌケガラ、でした。
もしくはシカバネ。

しかし、シカバネを野放しにしておくほど
うちの会社はそこまでゆるくはなく、
働けー。休んだ分、働けー。
なので今日は活蔘(カツジン)28一気飲み。
ああ、情けない。
というわけで、シカバネは高麗人参の力で
無理無理に動かされるのであった。

が、そこはやはりシカバネ。
職場で、いつもにもまして、小さな失笑を買うのである。
開かずのドアの前で、
がちゃがちゃとしつこく開けようとしたのを見られたり
赤の横断歩道を奇跡的に真ん中まで渡り、
気がついたら、前後を車が行き交う。(いや、これは笑えない)
我に返って冷や汗でした。
小さな失笑くらいにとどめておかねば。

ハードボイルド鳥取紀行から帰広して(…これも笑えない)
昨日は「平和の集い」に出演のO&C写真班。
リハから撮影のため、10時にフェニックスホールへ。

ここで、スタッフ一人欠席のため
急遽、運営スタッフとして入ることに。
受付、会場係りなどなど、ちゃんとお手伝いをしてきました。
仕事で、小さなものから全国規模の大きなものまで
スタッフとしての場数はたくさん踏んでますから、
そこは強いっすよ。動じない。ハプニングにも強い。
neige敏腕マネの敏腕たる由縁です。
(もともとはneige敏腕マネとして始まった
私とneigeさんのプチ歴史講座)

なので、想定外ではありましたが
私的には、そんな少しのお手伝いで、
かえってこのスタッフパスを手に入れたことで
撮影も、し易かったのです。ありがたやー。

さて、その撮影。
トリ帰りでかーなーりー、精神的疲労ピーク。
なので、シャッター押すたびにタマシイ吸い取られる。
写される方じゃなく、写す方の。
かくして私の魂残量は、どんどん少なくなっていくのであった。
友人いわく、「ナナメにかしいでいた」らしい。
カメラの重み?に耐えかねたのか?

そんな撮影魂。一押入魂
そのおかげか否か、今回の写真。
自画自賛ですが、かーなーりー、良いです。
自信を持って、良いです!!!
どれを取っても、かっこいい写真が撮れたと思います。
近々、O&CHPにアップされると思います。

が、アップされない写真の方が圧倒的に多い。
けど、何かカタチにできれば良いと、
ただ今色々企画中ですので、
O&Cファンの皆様には、今しばらく、お待ち下さい。
…って、O&Cのファンの方はここには少数の方しか来ないか。

その会場ロビーでのこと。
花束を抱えて、O&Cの登場を待つファンの方。
ドキドキするねーなんて言い合って。
すごくほほえましいですね。
懐かしい想いが蘇りました。

あんなふうにドキドキしながら
楽屋入り口で待っていた頃があったねー。
もう時効だからいいですかね、miokoさん?
あんなに誰かのことを一心に思ったことは
これまでもこれからも無いでしょう。

私がもうちょっとだけ待っていられれば
彼がもうちょっとだけ早く、一歩を踏み出してくれれば
私たちの今は、違ったものだったかもしれないね。
けど、これが運命だったのかなあ。
miokoさんに言わせれば、
彼が待たせすぎたと(笑)

そんな懐かしい恋物語もありました。
純粋に、一心に、
何も求めず、ただただ、大好きだったなあ。
070802_11520002
水中花。
このまがまがしさが、
かえって安心。
はじめからニセモノとわかっているから
裏切られることも無い。

そんな水中花。
でも、そんなうその世界の美しさ。
真実の美しさと同じくらい、きれい。

今日は、バス停で1分間の黙祷。

|

« 鳥取魂 | トップページ | 「続・感傷旅行」 »

コメント

時効?
・・・には、もうちょっとかかるんじゃないかな?
ついこないだおしゃべりした時に、だいぶん懐かしい感じまでになってきてたけど、もうちょっとかかるね・・・。
もちろん、いい意味で(強調気味)、もうちょっと。
あと少~し。

忘れられない想い出。
そこに居るって知らないはずなのに、シースルーのエレベーターからの迷うこと無い一点集中な熱視線の先に居たヒトを・・・。

投稿: mioko | 2007年8月 7日 (火) 10時07分

コンバンハ。
先日はお会いできて嬉しかったです。
O&CのHP写真拝見しました。
魂と引き換えに撮られた(笑)だけあって
緊張の空気まで伝わってくるような
一枚一枚に見入ってしまう
素敵なメッセージたちでした(^^♪
私も、5日に会場におりましたが
オープニングコンサート終了後に
後ろ髪をひかれる思いで、神戸へ!
実は、7月29日のツアーを
鳥取とそして神戸へも追っかけて行ったのです。
時を同じくして鳥取におられたようで
ビックリしました。
HPで見られない写真たちにも
いつかお目にかかれるのを楽しみにしています。

投稿: ゆきこ | 2007年8月 7日 (火) 22時09分

miokoさん
なんかねー、そうですよねやっぱ。
あと少し、と強く思っているのは私よりむしろ彼のほうかもね(笑)
ファンとコイビトのボーダーってどこなんだろ?これは永遠の謎。できることなら本人に聞いてみたいですねー。もうそれも叶わないけど
でも、確かなことは
いつも迷うことなく私をまっすぐに見ていてくれたあの視線。忘れられない、あの強い視線。
ああ、思わぬところへ感傷旅行。ふふ。

ゆきこさん。
この間はお会いできて、っていうか
お互いの確認をし合えてほんと嬉しかったです。
O&C…あえてO&Cにしている諸事情を汲み取っていただきありがとうございます(笑)
色々企画考えています。
HPでは伝えられなかった部分、
それを余すところなく提示できるよう画策中です。

そーれーかーらー
鳥取。
私らが笑×2でまったりゆるーく飲んでる時にゆきこさんたちもトリにいたのですねー。
都合がつけばライブも行きたかったなあーと。
なんかゆきこさんとは違う場所でも出会えそうな予感。。。
とりあえず次はP音でお会いできるのかな?

投稿: みち代 | 2007年8月 8日 (水) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥取魂 | トップページ | 「続・感傷旅行」 »