« 図工の時間 | トップページ | 母。 »

2007年9月21日 (金)

自転車に乗って

弟に自転車をもらいました。
緑のボディがイカした、スタイリッシュな奴です。

庚午の家まで取りに行き、
そこから不動院まで乗って帰りました。
「ずっと川沿いに行けばいいよ」
と、懇切丁寧に川土手までの道順も
教わったにもかかわらず、
その通りに行かないのが姉ちゃんなんよ。

弟は、ものすごい心配だったらしく
何度も何度も「大丈夫?」を繰り返していたが
さすが、分かっていらっしゃる。
全然大丈夫じゃねえっ。

人の話をちゃんと聞かず
まあ、行けば何とかなるわと
どんどん行っちゃう。
闇雲に行っちゃう。
なので、迷う。
行き止まり、同じ道を行きつ戻りつし、
それでも修正しようとせず
どんどん行っちゃうので時間がかかってしょうがない。

結局、太田川をあっち岸にいったり、こっち岸にいったり、
福島町内を彷徨い、三滝を彷徨い、横川を彷徨い、
挙句、なんか工場みたいなところに入り込み、行き止まる。
やれやれだよ。
ああ、最初から川原を走れば良かったのね、と気づいたのは
対岸にアストラム不動院駅の灯りが見えた、
日もとっぷり暮れた淋しい川原でした。
070920_18040001
写真は、
意気揚々と走り始めた時

私の予定では
この後30分くらいで
つくはずだった。
なので、
駐輪場で
かっこいい
自転車の勇姿を写真に収めようと思いましたが
すでに日がとっぷり、だったため
また明日にでも写します。

そもそもなんで自転車をもらうことになったか。
それは彼が今自転車に取り憑かれているから。
だから新しい自転車を買ったために
私に払い下げられた。

彼の頭の中は今自転車のことでいっぱい、らしい。
寝ても覚めても自転車自転車。
自転車屋が開けるほどの知識と技術をすでに習得。
ほんま、アホです。

うちの家族は取り憑かれ家族で、
何かに取り憑かれると、狂ったみたいに
それしか考えられなくなる。
今父親が取り付かれているのが
「セメント」
来る日も来る日も、セメントの研究。
専門書まで買っている。
そして、セメントを練っている。

父、その前は接木。その前は野鳥。
キチガイみたいに縄をなっていた時期もあった。
キチガイみたいに竹で箸を作っていたこともあった。
何故今セメントなのかも謎。

私は今現在、何にも取り憑かれた状態ではないので
この二人がまぶしく、輝いて見える。
そしてちょっぴり悔しくもある。

明日から自転車はじめます。




|

« 図工の時間 | トップページ | 母。 »

コメント

ぱぱ、セメントなんだね。
セメントといえば麻生セメント。今話題の麻生だね。
でもセメントのどこが好きなのかな?匂いかな?
雨上がりのセメントの匂いは私も好きだけどね。
キチガイみたいに好きってのが、好き。
Crazy about cement だね。
にしても、みちよ、いい環境だね。
うちも負けないくらいいい環境だよ。
やっぱ、そんな環境がこんな人間つくるんだ。
私も今頭は自転車でいっぱい。
それは、走るたびあちこちから
キコキコ、がったんと変な音がするから。
できの悪いコントみたいに・・。
今日はお目にかかれるかな?
ケーシーは気にせず。

投稿: masumi | 2007年9月21日 (金) 13時03分

masumiさん、
私が譲り受けた自転車も、
左ペダルを踏み込むたびに
ぎゅううっと切なく鳴きます。
そのたびに「辛いの?」
と、問いかけたくなる(笑)

油させば治るのかな??

セメント、、、
海から上がって腰掛けた夏の防波堤。
海水の蒸発と共に立つコンクリの匂い。
甘酸っぱい思い出ですねー。

コンクリートの思い出募集!
優秀作品には、家の父の出張セメント塗り!!

本日は出社予定です。
それまでに最終校正がんばりまっす。


投稿: みち代 | 2007年9月21日 (金) 14時30分

コンクリにチャリで激突☆とか
コンクリに頭から落ちてたんこぶ☆とか
コンクリのカケラで遊んで指切った☆とか
塩っ辛い思い出しかねぇ。
ねぇっす!

おジィもあの頃はやんちゃ娘だったのです。
若気の至りじゃよー。
ふぉっふぉっふぉっ。

投稿: いずさん | 2007年9月22日 (土) 13時30分

いずさん、
しょっぱいです、しょっぱすぎです。
残念ながら、今回は甘酸っぱい、がテーマです。
なので、玄人はだしのパパではなく
あまっちょろいシロウトのワシがコンクリを練りに
お家に伺います。
そして、ただ練って練って練るだけ練って
そのまま立ち去るのです。
くすっ・・・。

やさぐれを通り越してすさみきったワシの心。
こんなふうにちょいとイタズラ心を起こしたとしても
誰が責められましょうか。

投稿: みち代 | 2007年9月23日 (日) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 図工の時間 | トップページ | 母。 »