« 懐かしい音楽を | トップページ | 鍵の音 »

2007年9月 6日 (木)

鍋焼きは無いだろう…後悔篇

はぁ~(大きくため息)
どうして、文章が書けないのでしょうか…。
はぁ~(ため息。。。)

取材記事と講座的な記事。
二つ抱えちゃって、二つとも途中で煮詰まる。
はぁ~~。。。

ここになら、こんなにすらすら
だらだらと書けるのに、
5070801_18490001だーーっっ!
まあ、
職場デスク横の
このゆるい感じでも
ごらん頂きながら
今日はこの辺で…。

…って、(笑)

今日が入稿締め切り
なのに出来ていない。
まるで売れっ子作家のように
「煮詰まってます。」って…。
「なので締め切り遅らせてください」って。
私の分だけ待ってもらう。
スミマセン。

鍋焼きうどんが食べたくて
うどん買って、具材も買って、小さい土鍋で作る。
食べる前にうっかり大量に七味を投入。
あまりの辛さに不機嫌になる。
(自分で入れたんですけどねっ)
食べ進めるうちに
あまりの熱さにキレそうになる、てか、キレる。
(自らが望んで作ったんですけどねっ)
何故、鍋焼きが食べたいなどと、余計なこと思ったのか?
タイムマシーンに乗って、三時間前の私に
「君のせいだからねっ!」
と、無茶ギレしてやりたい、そんなのび太気分。


熱い辛い(カライ)辛い(ツライ)夕食であった。
しくしくしく…。

どーも調子悪い。
月曜日、少し飲んだだけで貧血を起こしてしまい、
倒れる前になんとか横になる。
がしかし、さまざまご迷惑おかけしてしまい、
あれ以来、なんかバランス悪いなあ。

胃がしくしくします。

なので当分の間、どうぞ私にアルコールは
すすめないでやってくださいませ。
もし、飲みたそうにしていたら
優しく「ダメですよ」と制してやってください。
もしそれで、恨めしそうな目をしたら
その時はちょいキビシめに戒めてください。

でも、ゆるりとするわけには行かないんだ。
とりあえず、わき目もふらず突っ走る。
これがこの秋の私。
だーーーっ走って、気がついたら冬だった。。。
っていう感じにしたいなあ。

なので、だましだまし。
痛くない痛くない。。。
平気平気、だいじょーぶだいじょーぶ。
何故かリフレイン(笑)

とりあえず書き上げよう。
ちゃんと、伝わる文章が書けるよう、
まだまだ勉強です。
はぁ~。
秋の夜長のスタートです。




|

« 懐かしい音楽を | トップページ | 鍵の音 »

コメント

あれっ!?目をこしこし。
なんか、はなちゃんが5匹見える・・・。
すわっ!気のせいかっ!

いえね、今日、はなちゃんが四つん這いに成功したのです。
ハイハイする日も近いのではないかと・・・。
四つん這いのまま激しくふんふん前後に揺れ、
色んな筋肉を鍛えておいでです。
その様が、写真のキューピーちゃんそっくし。

七味切れ。
私、こないだ味噌汁でやらかしました。
どばーっと。
東京土産のやげん掘りの大辛七味を・・・。
泣く泣く味噌汁を飲み、己に対し、ちょい切れる。
無理して真っ赤な味噌汁飲んだらちょい気分が悪くなりました☆
胃腸も壊れたかもね☆

新しい壁紙(っていうんですか?)いいですね。
ハンバーガー女子の辺りがもう、ウハウハです。
ちょい宇野亜善良風味で良いです。
大変好きな感じです。

投稿: いずさん | 2007年9月 6日 (木) 01時42分

岡山経由で東京入りで早めに新幹線に乗りましたが風で浜松で閉じ込められた!うなぎ弁当も買えず、今ある水が切れたら・・・辛くても熱くでいいからうどんが食べたい!
あっ食糧は土産の三次ピオーネジャムがありました。パンを持っている乗客探します!

投稿: うなぎ大使 | 2007年9月 6日 (木) 18時09分

いずさーーーーん(涙。。)
この涙の理由はのちほど本編で語ります。

前よりいっそう華やかに、毒気も強いのに模様替え。

あー、日々はなちゃんの成長していく姿が
見られないのは淋しいです。
あんなに濃ゆい時間を過ごした夏の日。
はなちゃまの専属乳母として使えたなつかしの日々。

「はな様、もうすぐ這い這いがおできになるのですね。
ばあやは、ばあやは、うれしゅうございます・・・」

投稿: みち代 | 2007年9月 7日 (金) 00時15分

うなぎ大使さま。
新幹線はまだ止ったままなのでしょうか。
うーーむ。
うなぎ弁当は無理としても、車内販売でうなぎパイはあるはず。
うなぎパイにピオーネジャムを塗って、速効エネルギーに変えてください。
いやはや、ご無事にお江戸に入られることをお祈りいたします。

投稿: みち代 | 2007年9月 7日 (金) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鍋焼きは無いだろう…後悔篇:

« 懐かしい音楽を | トップページ | 鍵の音 »