« 食い倒れタウン呉 | トップページ | 図工の時間 »

2007年9月18日 (火)

私のおばあちゃん

祝日ですが出勤。
昼前に事務所に着き、夕方までみっちり。
めちゃめちゃはかどります。
効き過ぎたクーラーの中、
寒さに打ち震えながらパンをかじる。
「パトラッシュ、最後のパンだよ…。」
「くぅん。。。」
そんな午後。

夕方、アンデルセンへ。
隣に座ったおじいにナンパされる(笑)
「バーコードの写し方がわからんのんじゃ」と。
なんでも、携帯を買い換えて、
バーコードリーダーの使い方が
わからんようになったらしい。
携帯を渡され、しばし研究。
そして、合計6回、繰り返しお教えいたしました。
わかりやすいように、ゆっくりと。
そして最後に2回ほど、「やってみてください」と実習。

おじいの扱い、慣れたもんです。

その間、指は触れる手は握るつばは飛ぶ
おじい祭りです。
まだまだやんちゃなおじいです(笑)
まあ、敬老の日ですから、親切に。

お礼ですと、チョコレートケーキとカフェオレを
ご馳走になりました。

あ、M-on 1位嵐です。
ニノ。。。。(はぁと)

敬老の日、
某ブログでは「私のおじいさん」という
作文が掲載されていました。
ので、私も。

「私のおばあちゃん」

今は亡き私のおばあちゃん、
若い頃は○○小町と呼ばれていたらしい。
激動の時代を生き抜いただけあって
男勝りでかなり気が強かった。
立膝で、男の人に混じって飲んでた。

そんなおばあちゃん。
小さいときに養女に出され、
そのまま、親の薦める相手と結婚。
がしかし、別の相手(妻子もち)と恋におち
駆け落ちしたそうだ。
逃げて逃げて逃げて、けど結局連れ戻され、
前の夫とは離縁し、再婚したのが私のおじいちゃん。
激しく情の深い女だったのだなあ。
そして業も深い女だったのだなあ。

私が知っているおばあちゃんは
毎朝仏壇にお参りして
毎日お寺へお勤めへでかけていた。
広告の裏に「南無阿弥陀仏」を
死ぬまで書き続けていた。

「人の心には鬼が棲んどるんじゃ」
その時はよく意味がわからなかったけど
今なら分かるよ、おばあちゃん。

仏にすがったその余生。
思うと涙が出てきます。
わたしもやっぱり、今、話がしたいとおもいます。
あなたのその人生を、聞いてみたいと思います。

私はすごくおばあちゃん子で、
何処へ行くにも一緒だった。
いつもいちばん心配してくれていた。
私が泣いていると
どこからでもすぐに飛んできてくれた。

ああ、面白エピソードじゃなくてすみません。。
会いたいなあ。
泣いたら飛んできてくれないかなあ。

そういえば良く「ムジナに化かされた」
と言っていました。
ムジナ、アナグマ?狸?みたいなもんだと思いますが
ちょい妖怪寄り。
家の近くの田んぼの脇に
幅1メートル位の小川があって、
そこに石の橋がかかっています。
家に帰ろう、と思っても、
必ずその石の橋に戻るんだそうです。
ぐるぐると山道を歩いても、
何度も何度も気がつけば、石の橋なんだそうです。
おばあちゃんの教え。「ムジナには気をつけんさい」

炎天下の北堀江で
歩けど歩けど「北堀江病院」
ああ、おばあちゃん。間違いなく、
直結の濃い血でつながっていますね(笑)

なんか、不安定な日々です。
一人になりたくないので、予定詰め詰めにする。
誰かと会っているようにする。
でも、一人になったときの反動が大きいので
困ったもんです。

ちなみにおばあちゃんの名前
「マスミさん」

|

« 食い倒れタウン呉 | トップページ | 図工の時間 »

コメント

某ブログ・・・。
最初分からなかったけど、分かりました。
一部のマニアの間でおじいさんと呼ばれている
あの方のブログっすね。

ちなみに、敬老の日イブ。
ゆうちゃんと一緒に例のボケ観音へ行って参りました!
ついにです!
あ、わしの為ではなく、はなちゃんと陽ちゃんの
おじい、おばあの為です。
一応。

とっても素敵なところでした。
砂踏み修行というのがあって、
砂に足型を付けて、その足型にお灸を据えると
ボケが封じれるのです。

おじいとおばあのために素敵なボケ封じお守りもゲット。
ひょうたん型の水晶で、水晶を覗くと
しぶーい、ボケ観音様がいらっしゃいます。
夫婦揃って携帯ストラップにするかと思うと
ほほえましいです。
つか、わしも欲しいくらいです。
かっこええです。

投稿: いずさん | 2007年9月18日 (火) 02時50分

ワロタ。

マウスのくるっ、くるってトコを
くるっ、くるっ。ってしながら読み進め
「うんうん。キョーレツなおばあやな」
「うんうん、あたしもちょーーおばあ&おじいっこ」
などなど感想をもちつつ。くるっ、くるっ。
ところどころで
「おい、おい、みちよよだいじょーぶか?」
くるっ、くるっ。
・・・・・・・。
くるっ。

最後の一行で超爆笑。
後ろの上ノッチがまた、不思議な顔して
みてるぢゃん。

投稿: masumi | 2007年9月18日 (火) 16時28分

あははっははっ…

一部のマニアの間でおじいさんっ?!!  もしや?

ウケました。。。

ほんとに”カミナリ偏屈おじい”なんで、こまっております。

投稿: トリコ | 2007年9月18日 (火) 18時32分

いずさん、お見事正解☆
しかし、ご本人がここに来ないから良い様なものの
もし間違えてくることがあったら・・・
一部マニアの間でおじいさんだの
日本兵だの。。

ボケ封じ観音行かれたのですね。
むしろワシに必要かと思われる
お守り。
そして砂の上にあしあと。行かねばなりませんね。
これ以上進行する前に。

投稿: みち代 | 2007年9月18日 (火) 21時36分

masumiさん。
ふふふ。。。。
うちのマスミさんはほんと激しいおばあでした。
夏は普通に上半身裸でした。
もはや、おっさんです。
盆踊りでは先頭きって踊っていました。
盆踊りクィーンでした。

お酒が好きで、
毎日怪しげな酒を飲んでいました。
マムシの入ったビンが棚の奥に
こっそりありました。

つか、だいじょーぶじゃないっす。
病んでます。
masumiさーーん、
泣いてたら来てくださいっ。。


投稿: みち代 | 2007年9月18日 (火) 23時54分

トリコさま。
カミナリ偏屈おじいが
まかり間違って、ここへ迷い込んでこぬよう
先ほど結界をはりました。
これで、大丈夫。
もはや、きゃつはここへは来れぬ。。
って、妖怪か?!

みなさんそろって、私のやさぐれアイドルを
おじいだの日本兵だの
ひどいじゃないですかー。
とか言いながら、ほんと面白いっ。

これからも、ここで密やかに
いじって行きたいと思います。

投稿: みち代 | 2007年9月18日 (火) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食い倒れタウン呉 | トップページ | 図工の時間 »