« 倉吉日帰りの巻 | トップページ | 描くのものは。 »

2007年9月 3日 (月)

深海

気がつけば9月が、
一日二日と過ぎていきます。

深く潜っていました。
暗い海の底にこのままずっと居ようかと思ったら
相方の歌声が聴こえた。
私だけなら良いけど、
相方も深海魚の餌にしてしまうわけにはいかないので(笑)
なので、少しずつ浮上をはじめたところです。

季節が一巡して、
違う場所に立っているはずが、
元の場所にもどってしまったようです。
想い出が現実を脅かし、
想い出と現実が入れ替わっていくようで、不安でどうしようもなく。
たくさん予定入れて、楽しい時間を過ごして
けど、一人になったときの反動は大きくて。

そんな毎日。

弱っちい声で助けを呼んだら
ヒーロー参上。
「魔女旅」を歌いながら、深海まで来てくれた。
ありがとう。

本当は今日、東京に居たはずなんだけど
仕事が間に合いそうもなく、泣く泣くキャンセル。
泣きながらでもなんでも、火曜日までに上げなきゃ。



人魚姫は、
泡になれるだけまだいい。
もしも、人魚姫と、隣国の姫が逆の立場だったら
人は、海に身を投じたとしても
泡になることすら出来ず
生きたまま、深海魚の餌となるのでしょう。

もしも、海へ身を投じることすら許されぬなら
生きたまま、人魚姫の足の痛みよりも
もっと鋭い痛みを、ずっと胸に抱えるのでしょう。

「裏人魚姫」でした。
今日は、ダークサイト。

|

« 倉吉日帰りの巻 | トップページ | 描くのものは。 »

コメント

あぁ…、そうだったのね。
てっきり東京にお出掛けしてると思っていたから、せっかくの心の洗濯ツアーのお邪魔になってはいけない…と思って遠慮してたのだけど、それは残念なことでしたね。
あんなに慰めていただいたものの、私もこの週末は真っ暗な世界に居ました。っていうか、今も。
でも、後悔はしてませんよ。
神様の啓示通りの結果で、残念ながら私が一番望んだ形とは異なりましたが、やっぱり運命に違いはないと…。
あの日、私が目にし耳にしたものは、心の中で輝く一番星に。

投稿: mioko | 2007年9月 3日 (月) 11時42分

miokoさん、
「あのくろは いきようとする ゆうきかも」
って、シロクロが言ってる(笑)
この子には、いつも癒されますよー。
そして、意味不明でも、取りようによっては
けっこう深い。

胸に、一番星が輝いているならそれは素敵なことじゃない。
まだまだ、素敵って思うには時間がかかるのかな。。。

明日、Aで☆

投稿: みち代 | 2007年9月 3日 (月) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 倉吉日帰りの巻 | トップページ | 描くのものは。 »