« 泣き笑いエブリデイ | トップページ | 青空デェト »

2007年10月11日 (木)

ありふれたストーリー

071010_17320001 私の職場で
唯一素敵なところは、夕景が美しいこと。
昨日、退社前の窓の外。

すっかり日も落ちた頃
自転車で川土手を走る

途中、何かの拍子に
イヤホンが携帯からはずれて
脇に自転車を止める。

Eメール受信のマーク。
受信ボックスを開いて読む。

涙がぼろぼろ落ちる。
しゃくりあげて泣く。

 **** ****

何か特別に悲しいことがあったわけじゃない。
辛いことがあったわけでもないし。
気持ちが途切れて、それで、
ブログも書けない日々が続いた。

本当は書けなかったんじゃなく、書いていたんだけど、削除した。
書くたびに、削除した。

どーでもいいや、こんなこと。
そう思ったんだなあ。

土曜日、雲ひとつ無い空のもと。
会いたかった人に会えて、
会いたかった人と、緩やかな時間を過ごした。
ほっとしたのです。

家に帰ってから、ぼんやりと、それでも日常を消化し、
眠る。
それから丸二日間、月曜の夕方まで、トイレに行く以外は
ご飯もそこそこに、眠り続ける。
おかしくなっちゃったのかも、それでも眠りたかった。

もう、一年以上
こんな風にぐっすりと眠れる日はなかったなあ。

 **** ****


淡々と、日常を消化する。


 **** ****

川土手は電灯もなく、すれ違う人の表情は見えない。

ひどい対応をされても、心無い言葉を投げられても
もう、泣かなかったのに。
もう何も感じないように、してたのに。

メールの言葉は、ありのままを寄せていた。
大袈裟でなく嘘もなく。
手当てをしてもらったようだった。
痛いところに手をかざして、
「イタイノイタイノトンデイケ~」っておまじない。

そう、眠りたかったんだなー。
ずっと泣きたかったんだなー。

071003_20040001_2 そこに深い意味を求めない(ようにしよう)。
身体と心がマックスだったから
身体と心が要求していたこと。


そうです、季節が変わっていきます。
そうです、良くある話です。

 **** ****

自転車で走るには良い気候となりました。

セイタカアワダチソウが川原を彩り始めました。
ススキの穂は日ごと膨らみ
もうすぐ、金色の光の中
ふわふわと綿毛が浮かぶさまを見ることができるでしょう。
静かな、
秋の陽の中を一緒に歩きたいね。

|

« 泣き笑いエブリデイ | トップページ | 青空デェト »

コメント

はじめまして。
ロボマサさんとこからきました。
ゆうと言います。
時々みさせてもらってます♪

「ありのままで抱きしめたら ありふれた言葉で泣いた
重ねた手の温かさの中で」
ふっとこの歌詞が。

静かな秋の陽の中を私も大好きな人(夫です・笑)と
一緒に歩きたいと思いました~
では~

投稿: ゆう | 2007年10月12日 (金) 16時43分

この記事を読みここを開いたとき、
「ありのままで抱きしめたらありふれた言葉で泣いた」
と口ずさんでいました。

それが、ゆうさんの言葉で綴られていて、
なんだかいてもたってもいられなくて書いています。

こんなふうな偶然の奇跡が、時々色んなことを救ってくれます。

****

ここに少し、ありのままがあるね。
でもそれが少しあたたかくも感じました。
私は、だから何度も何度も読み返したよ。

私はあなたの言葉を、あなたは私の言葉を、
いつも、待っているような気がします
そして、私もあなたの言葉、
ありのままの言葉や、暗号みたいな言葉に、
その向こうを見ることができたりします。
そこからまた、帰ってこれるし、
色んなところへ行くことができます。


セイタカアワダチソウはまだこちらではみていません。
あの黄色を見たいな、と思う。
一緒に、秋を歩きたいね。
川原を歩いたり、したいね。

SKIP*が「ブログは?」といったら、
シロクロが「削除!削除!」
といっていたよ。

相変わらずな彼ら(笑)
あ、うちのこはメスですけど、シロクロはいったい?


投稿: ロボマサ | 2007年10月12日 (金) 20時50分

ゆうさん。

おはようございます。
お越し頂き有難うございます。
それからコメントも、ここで起こった小さな奇跡にも
本当に、感謝です。

ここに綴ったことが、
お二人を呼び寄せた、そんな偶然から生まれる
小さな奇跡に
私たちはちょっと救われたり、
だいぶ救われたり、もします。

嬉しい日です。
ゆうさん、ありがとう。
これからも相方ともどもヨロシクです。


投稿: みち代 | 2007年10月13日 (土) 10時15分

ロボマサさん(笑)
おはようございます。
そして君にも、
すてきな出会いをありがとう。

そう、少しありのままがあるね。
けど、きっとまた封印したり。

どんな取り繕ったってかっこつけたって
言葉はありのままを伝えるね。
あ、かっこつけてんなーとか
おいおい、無理してんなーとか。
きっと、君にはばれちゃってるんだよねー。

つか、「君」って…。
アニヲタの会話か?!

シロクロは、男子です。
ナマイキな男子です。
動きの緩慢さが、
態度のでかさにも見えるときがあります。
skip*「自分スキ?」
シロクロ「こたえかねるね」
  …答えろやーーっ!(笑)

**** ****

ゆうさん、ロボマサさん。
それぞれの、静かな秋の日を
過ごしましょう。
それぞれの、あたたかな秋の日を
過ごしましょう。

そしてまた、ステキな偶然で
それぞれの秋の日を持ち寄りましょう。


投稿: みち代 | 2007年10月13日 (土) 10時42分

秋も、深まり遠のいて行く、夏の
思い出が、ふと淋しくなる、
きょう、この頃。
お変わりなく、日々、深々とお過ごしの
ご様子。
いつものように、さりげなく
こっそりとお邪魔しています。
秋は、心地良く、淋しいですね~。
それを、愉しんでいる私では、ありますが、、、。

いつか、そちらに伺いますね!
逢いたい人が、たくさんです。
さァ、今日も一日、頑張って行きますか!

投稿: 中原のばら | 2007年10月14日 (日) 07時36分

のばら様、
長の無沙汰をお許しくださいませ。

季節が巡るたびに浮き上がったり潜ったり、
目に映るものの変化を心にも映せることは、
私もやっぱり、それを愉しんでいる風であります。

そちらはきっと、秋が少し先を行っているのでしょう。
お庭のハーブはどんな風情かしら、とか
お城へ続く道端に、彼岸花は咲いたのかしら、とか
想い馳せると、豊かな気持ちになります。

是非、こちらへいらしてください。
できればお泊りコースでゆるりと。
音楽にも触れていただきたいです。

さて、私も新しい週への充電を。


投稿: みち代 | 2007年10月14日 (日) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泣き笑いエブリデイ | トップページ | 青空デェト »