« 灯りが灯る。 | トップページ | うどんを食べに »

2007年11月 6日 (火)

君の言葉

車が雨を跳ね上げる音がします。
その合間に、屋根を打つ音。
ビールを飲むには少し寒くなってきました。

雨の音を聴きながら色々と楽しい妄想。

まだフォーク全盛だった良き時代。
いつもの地下の喫茶店で待ち合わせ。
ケヤキの黄色い葉っぱが
雨で道路に貼り付いて、それには目もくれず。
少し不機嫌になりながら、
地下へ続く階段の入り口で傘を閉じる。
マキシ丈のスカートに手編みのベスト。
これが私の服装。
あーどうしてこんな雨の日に
こんなスカートはいちゃったのか。
うらめしそうに空を仰いで、階段を降りる。

茶色い木枠のドアを開け、左奥のテーブルを見る。
あー居た居た。
ごめんねー、遅くなってと声をかけた相手は
中原淳一の作るお人形のように大きな瞳の可愛らしい
のばらちゃん(笑)

すみません、のばら様。
勝手に登場させてしまいました。

そして、長い秋の夜を二人で語るのです。
オトナの恋の話とか、乙女の見る夢の話とか。

*****

なんか、そんなことをつらつらと妄想してしまいました。
雨のせいだとお許しください。

*****

さて、京都乙女ツアー。
初日の夜は京都おばんざいと鴨鍋。
鴨鍋のおいしかったこと。
鴨ってあんまり食べる機会がなかったのですが
そして、すすんで頂こうとは思わない食材だったのですが
鴨のイメージがかわりました。

あっさりなのに深みのあるお出汁で、さっと煮ていただく水菜と鴨。
071027_19470001 そして仕上げにこのぷっくりお餅。
もう見るからにぷっくりつやつやして
おいしそう。
これに鴨の旨味のお出汁がしみこんで
お鍋の万国博覧会や~~。

そんな感じ。
いや、伝わりにくい?

そして、京都といえば?
京都といえばーー?
そう!京都タワーです。
タワー好きの憧れ。
三大タワーの中の一つ。
071028_19500001 071029_09570002
071029_10000001

夜の京都タワー、朝の京都タワー、地下から見た京都タワー。
どこから見ても、京都タワーはすてき。
私のわがままをきいていただき、
京都タワーで長い時間を過ごさせていただき
ありがとう!
夜の京都タワー展望台にのぼり
月を見る。
そして土産物屋でやさぐれグッズを探すも
なかなか見つからず。

「白い、頭に赤いリボン付けたネコ」だとか
「青い、耳のないネコ」だとか
そんなグッズは沢山あれど、
私の求めるやさぐれた世間に背を向けたグッズは
なかなか見つからないのでした。
が、ついに見つけました!
これ、お土産として配布されます。
ビクビクしながら「当たりません様に」などと神に祈りながら
皆様、楽しみにまっていてください。

その夜は、懐石コース。

いやはや、大阪でないのに食い倒れ?
続きはまた。

******

穏やかな心持ちで過ごしております。
数日前が嘘のように。
嬉しいことのほうが多い。
嬉しい言葉のほうが多い。
今日も私は、言葉に救われるのです。
君の言葉に、救われるのです。




|

« 灯りが灯る。 | トップページ | うどんを食べに »

コメント

そうよね!
あの日は、キャンドルだけの
灯りの喫茶店だったわね。
私は、真っ黒なほそ~い
プリーツスカート
カーディガンに、袖を通さずに
はおっていたわ。
靴は、エナメルでリボン付き。
コーヒーは、飲めなくて、いつも
レモンティー。
「見てみて!あのおばさま
今日もタンゴの演奏会に、いくそうよ!」
夢二が、好きなおばさまは、とっても
おしゃれ、スタイル抜群、お帽子も
ちょっと斜めにかぶり、レースの手袋よ~!

おしゃべり、しすぎたようね!
のばらちゃんでした。

投稿: 中原のばら | 2007年11月 6日 (火) 12時08分

優しい雨の降りそそぐ街。。。
すべてのものがボンヤリと、少し物憂げに浮かび上がりながら
幻想的なハーモニーを醸し出している。

・・・妄想の世界
だけどどこかにきっとある、そんな街をさがしにでかけたいですね。
見つかるといいな。
お供してくださいますか?

投稿: mottie | 2007年11月 6日 (火) 13時24分

のばら様。
現実にあった出来事のようで
楽しくて、くすくすと一人笑い。

のばら様とは何故かそんな絵がいつも浮かびます。
同じ場所で同じ時を過ごしている光景が。
その喫茶店の常連さんたちもまた
きっと個性的で、どことなく人間くさくて
けれど殿方はジェントルマンで、女性はレディで。

ふふ。妄想はとどまるところを知りません。
幾晩も、楽しい夜を過ごせそう。

「雨が降っていなかったら、新調のお帽子をかぶりたかったのに…」


投稿: みち代 | 2007年11月 6日 (火) 23時21分

mottieへ。
からだにもこころにも
優しい雨が降り注ぐような
そんな街がきっとありますよ。

私たちの旅はまだ始まったばかり。
これから一緒に探しましょう。
けどmottie、私は貴方と行く場所は、
優しい風景がひろがります。
それはやっぱりmottieが一緒だからだと思います。

11月末も、私たちの街に出会えるといいね。

投稿: みち代 | 2007年11月 6日 (火) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 灯りが灯る。 | トップページ | うどんを食べに »