« 乙女の休息 | トップページ | 大學へ行きました。 »

2008年2月13日 (水)

想い出ってなんだか分かるように

雪景色の中を通勤。
バスの窓から外をぼんやり眺める。
川原は雪野原。
低い、猫柳やそのほかの木々の細い枝にも
雪が降り積み、静かな世界を描く。

ふと、懐かしい匂いを感じる。
実際に嗅覚で感じたのではなく、
記憶が、嗅覚に働きかけたのだろう、神経を集中して思い出す。
ああ、沈丁花の香りだ。

雪景色と沈丁花、
これが何故、結びついたんだろう。
また、神経を集中して思い出す。

ああ。そうだ、
沈丁花はなんとなく、母の印象です。

雪ならば雪でいろんなことを想い出し、
雨ならば雨で、
花が咲いたらまたそれも、
季節ごと時間ごと、想い出すことがいっぱい。

Linesimg2

そして僕は過去を選んだんだろう
強い人より優しい人に
なれるように なれますようにと
『想い出』ってなんだか分かるように



Linesimg2_3

過去を、まったく見られないようになって
未来が見られるようになったら
人はどうなるんだろうか。
死にたくなるのかなー。
あるいは、生きることにただただ貪欲になるのかな。
過去が見られなくなる、想い出せなくなる、
そんなのはいやだ。
今、こうしているときも、何も思い出せないんだもの。

昨日、嬉しかったことも。
朝、泣いてしまったことも。
手が、温かかったことも。

私も、過去を選んでよかった。

まだ、優しくはなれなくて、
でも、強くもなくて。
もう少ししたら、想い出ってなんだかわかるようになって
それで、優しい人になれるんだろうか。
春が来たら。

寒かったけど、気持ちはほくほくだった想い出を。
東京乙女の休息シリーズその2「下北沢編」

Linesimg2_4

下北の目的はズバリ~、古着でしょう!!

あ、下北に三ねこがオープンしたのですよ。
金曜日、業務終了後駆け抜けた下北。
またしても店の名前は覚えられず。。。
けど、場所は覚えてますので、
古着好きのあなた、そしてあなた。
今度ご一緒したいものです。

ビクトリアンからヨーロピアン。
昭和フレーバー良い塩梅なものまで。
かわいいもの数点あったのですが、結局買わず。
何ゆえか、と申しますと、一番に三ねこに行ってしまったのです。
なので、三ねこ価格が基本となってしまい、3,000円?高っっ!ってな感じで。

晩御飯、茄子親父(曽我部くん行き付け)は閉まっていた(残念)
なので、「T」に行く。カジ君が良く出没していたという喫茶。
下北は、バンプのメンバーがバイトしていたお店とか、
ロッキンオンのロケがあったとか、
そんなふうに、音楽の匂いが常にあって、
再開発とかで揺らいでいるらしいのですが、どうかこのまま。と願うばかり。

木曜館で、すてきなハンケチーフを買いまして、
わずか4時間足らずの下北ナイト、芯まで冷えた身体も、心はほかほかなのでした。

降り立った渋谷駅前で、打ち込みの大音響に合わせて
ちゃらちゃらと踊り歌うお兄ちゃん二人組み。
何を目指すのか??




|

« 乙女の休息 | トップページ | 大學へ行きました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乙女の休息 | トップページ | 大學へ行きました。 »