« 東京日記☆最終章 | トップページ | 軽々と跳べる »

2008年3月 2日 (日)

魔法の鍵

080301_23270001 さりさりさり…。
歩くたびに胸で澄んだ音がします。

鍵が、私の胸に戻ってきました。
「ひなぎくちゃんと魔法の鍵」
お話を生むきっかけになったこのネックレス。
ひとつ、失くしてしまった鍵。
今日、neigeさんから受け取ったこのネックレス。
新しい鍵が付いて、うん、やっぱり二つでなきゃ。

なんだか不思議ですね。
今の私にはまた、この鍵の音が必要なのでしょう。
メロディも何もない、
鍵と鍵がぶつかって発する音が、
ただ、普通の金属音が、
私の心を落ち着かせてくれます。

おかえり。
そして、neigeさん、ありがとう。

すごく色が違いますね。黒い方が新しい鍵。
けど向かって左の金色の鍵も
元は右の鍵くらい黒ずんでいたのです。
付けているうちに、自然にピカピカになるでしょう。

今日は、neigeさんと久しぶりにotassyaデェト。
ドレスコードは3ネコワンピ。
合言葉は、LOVE&PEACE。
食べる食べる、しゃべるしゃべる。
パン食べ放題で、10個は食べてますね、えぇ、10個。

パルコのギャルゾーンで窒息死しそうになりながらも
ベビーカー押しながらガシガシ進む。
NK(neige&苔桃)の作戦会議の話しも出つつ、
今年も何かできればいいなと虎視眈々。
テーマはばっちり決まっておりますが
さてさて、どう動きますかねー。
そのうちご報告できるでしょう。

080226_22210002 中原淳一ショップ「それいゆ」で
淳一さまのバースデイ・フェアということで
頂いた焼酎。

箱はもちろんのこと、乙女なのですが
焼酎もピンクですよ、ピンク。
今日はこれを開封しましょう。

Line007d                                                  

平気な顔でかなり無理してたこと
叫びたいのに懸命に微笑んだこと
朝の光にさらされていく

忘れかけた本当は忘れたくない
君の名をなぞる

春の歌 愛も希望もつくりはじめる
遮るな 何処までも続くこの道を


080226_16570002 春の歌を歌いながら、
淳一マグカップで湯割り。

乾杯~。

|

« 東京日記☆最終章 | トップページ | 軽々と跳べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京日記☆最終章 | トップページ | 軽々と跳べる »