« 女性(BlogPet) | トップページ | 青い鳥 »

2008年4月19日 (土)

フィルムケース

Tori008 新しい緑が
目に鮮やかな季節ですね。
今日、目にした風景は
もう、明日には見ることができない。

今、目にしているこの美しさは、
永くは続かないものだから
切なくて哀しくて、こわいくらいに美しい。

先のことを考えて、
自らが行き場を失ってしまい
どうしようもない気持ち抱えるより、
今この瞬間をいとおしむ方がいいよな。

せっかくのこの美しさを。

ここのところ十分な睡眠時間が得られず、
気持ちが低迷して、こんな文章になっているのも
そのせいです。

テレビの画面はニューヨークの風景。
何の映画だ?
ほんの2年前の私だったら、今のこの状況、
ニューヨークへ行ったかもしれんなあ。

この2年という年月。
どれほど歪で、普通じゃなかったか、今になってよく分かる。

朝、普通にバスに乗って、あたりまえに出勤して、
忙しくても暇でも、それなりに仕事をして、
「お疲れ様」と、会社を後にする。

デスクについていても、
普通に顔を上げ、会話し、笑う。
ただそれだけのことなのに、本当に心が軽い。

全てのことに怯え、恐れた日々から、まだ1ヶ月もたっていないのに
最初からそんなことなど無かったよう。
トイレに駆け込んで、呼吸を整えたあの日々の
ほとんど記憶がなくなっている。

それでもその時間が、私の心に残したものは大きく、
何かのタイミングで、ひょっこり顔を出す。
ええ、ここ?って思うタイミングで。
不安にさいなまれ、怯える。

Tori003_3                                             

                                       

                                      

しばらくはこの軽やかな日々を送ろう。

テレビ画面。
ストーリー始まって、すっかりつまらなくなった。
音楽と、街の映像だけのほうが、よほどぎゅっとなったなあ。

ニューヨークという街。
お気に入りの公園のベンチ、春に秋に、座って本を読む。
見たことはないその映像が、ありありと目の前に浮かびます。
その目の前に咲く小さな花の種。
はるばる海を渡ったその種はまだ、フィルムケースの中にあります。
そんなことも、思い起こせるようになりました。
それから、東京の植物園で拾い集めた種も、
やっぱりフィルムケースの中。
昨日探し物してたら、一番上の引き出しから出てきました。

異国の地で、カメラを構えるその姿を、
野外のスクリーンに映しだされる画像を
やっぱりみてみたいと思う私なのです。

案外乙女です、つか、案外じゃなく?
乙女ど真ん中じゃん(笑)





                                                                                                                

 










|

« 女性(BlogPet) | トップページ | 青い鳥 »

コメント

おはよう。
まだ、朝陽は出ていません。

何をしているだろうと、ずっと思っていて、
そこの風景と、君の姿が浮かんできて、
君がその街で呼吸していることを想像しました。

背筋をまっすぐにして、颯爽と歩いている姿や、
見たことないのに、職場での君の姿。
(あ、なんかこれじゃぁ、遠恋の恋人みたいだなぁ、(笑))

そして、種のことを思い出しました。
そして、サンマルクのあの席を思い出しました。


時間が過ぎても、かわらないものがあるね。
それに少し救われたりします。

あ、空が明るくなってきました。

投稿: ロボマサ | 2008年4月19日 (土) 05時19分

こんばんは。

強い風に、空中のものが飛ばされ
月が、冴え冴えとした夜です。

旅、はいかがでしたか?

サンマルク、懐かしいね。
サンマルクでの光景、蘇った。

今ね、落っこちないように、ちょっとがんばってる。
両足に力入れて、踏みとどまっている。

投稿: みち代 | 2008年4月20日 (日) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性(BlogPet) | トップページ | 青い鳥 »