« 気、緩む午後のひと時 | トップページ | クロ(BlogPet) »

2008年5月29日 (木)

やさぐれ股旅エピソード3

080527_22020001 文学の薫り高き
これらの本。
いやあ、初めて文学バーっぽい。
初めて、ってのもどうかと思うがなっ。

日曜日、松山の商店街で
引き寄せられるように入った
古本屋「坊ちゃん書房」
松山に来て
坊ちゃん書房に寄らずして
何処へ行くというんじゃ。

海を渡らねばならん。
広島まではフェリーだと2時間半。
広島に帰って、的場に行く予定なので、
逆算すると、そんなに時間が無いが
しかし、久々来たーーーっ!!!

文学作品が充実。
結構な品揃えなのです。
気がつけば10冊くらい、しかもハードカバーばかりを手に。
その上、写真集2冊。。。
けど、値段が良心的なのです。
なので、全部。。いや待てよ、いやでも。。。

080527_22030001 厳選して、
読みたい、そばに置きたい
美しい数冊を残す。
これは、川端康成先生の
「たんぽぽ」の表紙。
この薄いパラフィン紙。
これがたまらんです。

そして、布張りに銀の押しで描かれた綿毛。
ああ、美しいです。

漱石先生のも同じく、
薄紙に包まれた表紙が美しいのです。
文章は旧仮名遣い。

まだまだ続きます
まだまだ続きます。
ここは、太陽とか銀花とかよりは、やはり文学。
そーしーてー。
080527_22040001 これっ!!
カラーブックス。

さりげなく中央に配置された
この1冊。
予てより探し求めていた
奇跡の1冊(笑)

ついに、ついに
出会うことができました。
「大和路の石仏」
見つけた瞬間
「うわっ」と、小さく叫ぶ。

080527_22050001 特に興味はない方にも
是非、
中身を少し見ていただきたい。
いかがでしょうか?
いかがでしょうか?
って言われてもねぇ。

いや、感動っす。
坊ちゃん書房最高っす。



そして「子ねこ」のこの古臭い感じ。
昔の明星とかのアイドル写真のように、
ただただ、可愛さだけを追求した、ネコ好きにはたまらない1冊。
いや~~ん、かわい~~い(はぁと)と、
身を捩じらせること間違いなし。

この本屋、
その道の達人という風貌のおじいたちが、
あちこちで、本と真剣に向き合う姿を見ることができる。
なんつうか、隙が無いのである。
そんな中、私もいっぱしの達人顔をして、
眉間のしわをいつもより深めにし、
本と向き合う。

写真関係の棚の前で
一人のおじいと急接近。
こ、これはっ!

同じ本に手を伸ばし、はっ(どきん☆)みたいな。
「貴女がどうぞ」「いえ、貴方が」みたいな。
そんなことにならんで良かった。
(某日記に書いたものとかぶっちゃってます、スミマセン。。)

駅前の喫茶店で、
赤い赤い福神漬けが添えられた
ビーフカレーを食べる。
それと、ホットコーヒー。サイフォンで淹れてある。
ほぅ~と一息。
帰路につく。


あ、前日の弁当は、ホテルでぼそぼそ頂きました。









|

« 気、緩む午後のひと時 | トップページ | クロ(BlogPet) »

コメント

のわっ!ついに石仏きんさった!!
いずさんも古本屋に行くたびにカラーブックスを
気にしておったのですが。
これでカラーブックスの旅は終焉か?
いやっ!まだまだじゃっ!!
わし、花言葉とバラを見てみたいす。


造花が超気になります。
金曜日に見せてくだされ。

投稿: いずさん | 2008年5月30日 (金) 10時02分

終わり無き旅なのじゃ。

石仏シリーズの双璧、もう一方の
「武蔵野の石仏」
これを捜し求めねばなりませぬ。

そして、まだまだおくが深いカラーブックス。
このたびも、泣く泣く手放したものが数冊。

「1000円以上お買い上げは30%オフ」
だったから、もうちょい買えばよかった。

がってんしょうちのすけ。
金曜日、持って行きましょう。

投稿: みち代 | 2008年5月30日 (金) 13時24分

あぁ、そうじゃ。
武蔵野があった。
わしも気をつけて見ておきます。


つか、お前花言葉ってキャラかっつー
ツッコミはないんすか?
(期待☆はあと)


1000円以上で30%オフ!
あとでもうちょい買えばよかったって
いつも後悔するのはなんなんすかね?
古い手芸屋とかいつもそうじゃないすか??

投稿: いずさん | 2008年5月30日 (金) 20時04分

ふおぉぉぉー!!
とうとう「大和路の石仏」と巡りあったんですね!!!
オメデトウゴザイマス!!

私も古本屋に行く度
カラーブックをチェックし
「石仏は?石仏はねぇーがー??」
と目を光らせておりましたが巡り合えず
レアすぎて巡り会えんのか?
と思ってたとこだったんですよ。

ほんまにおめでとうございます!

それにしても中は石仏のお顔の写真がずらりとは。
圧巻ですの!
文章はどうですか?
ユーモア満載ですか?

子ねこの表紙の写真。
めちゃくちゃ好きな感じです☆
近くで見たい、見たい、見たい。
中身も拝見しとーございます。

投稿: だんすぃーカナ | 2008年5月30日 (金) 23時23分

あざーーーすっっ。


各地からの皆様の祝福の声、声、声。
こうなったらやはりここは、「かんぱーーいっ」っしょ。
私も祝杯をあげております。

苦節?年。
ネット販売に頼らず、自らの足で探し、
自らの手で、本屋より持ち帰る。
その日を夢見続け、ついに、ついに、栄光我が手に☆


いずさん、
おじいことばを使うけど、それは、
つ・よ・が・り。
本当は、花言葉も花占いも大好きなOTOME☆乙女。
あたくし、わかってますわよ。
って、どうじゃ、この攻撃の方が効くであろう。
わっはっは。


かなちゃん。
やりましたよ、やりました。
これも力強い応援あってこそ。
つか、君はいつ日本へ帰ってくるのじゃ?
そちらにも古本屋はあるのでしょうか?
そしてカラーブックスは?
うーーむ異文化じゃ。
いずれ、リアル文学バー開店の折には
ごゆっくりと堪能いただけるスペースを
設けましょう。

女子三人のこの会話。
なにゆえ全員おじいキャラなのか、
ちょっと引き気味で読んでいる方も多いのでは?

まま、ええわい。

投稿: みち代 | 2008年5月31日 (土) 00時36分

香港にも日本の古本屋は2軒ばかしありますよ。
意外に古い本も多いので、カラーブックスあるんじゃない?と早々チェックしたのですがお姿はなく。
一人うなだれたんですよ。

しかーし!実家に帰った時は必ず「マツノ書店」をチェーック!
この店カラーブックス出没率高し!
古本屋を見つければ即入店!あんどチェーック!
こうやっていつも目を光らせておったわけです。

それはさておき、ついに!ついに!その質問をされましたね~!
今年の10月で駐在任期は切れるんですが、昨日正式に1年延長のお達しが・・・。
ヤツが香港に居たいと言いよったんじゃ・・・。
絶対そうに違いない。
ほんまにねぇ~いつ日本に帰れるのか。
わしゃ~広島が!広島が!好きなんじゃ!
「OTOME☆乙女の会」出席率100%にしたいんじゃ~!
みんなに会いたいんじゃぁぁぁぁ~!!!

転勤族、それは夢のまた夢か?

かな蔵心の川柳。

投稿: だんすぃーカナ | 2008年5月31日 (土) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気、緩む午後のひと時 | トップページ | クロ(BlogPet) »