« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月29日 (木)

やさぐれ股旅エピソード3

080527_22020001 文学の薫り高き
これらの本。
いやあ、初めて文学バーっぽい。
初めて、ってのもどうかと思うがなっ。

日曜日、松山の商店街で
引き寄せられるように入った
古本屋「坊ちゃん書房」
松山に来て
坊ちゃん書房に寄らずして
何処へ行くというんじゃ。

海を渡らねばならん。
広島まではフェリーだと2時間半。
広島に帰って、的場に行く予定なので、
逆算すると、そんなに時間が無いが
しかし、久々来たーーーっ!!!

文学作品が充実。
結構な品揃えなのです。
気がつけば10冊くらい、しかもハードカバーばかりを手に。
その上、写真集2冊。。。
けど、値段が良心的なのです。
なので、全部。。いや待てよ、いやでも。。。

080527_22030001 厳選して、
読みたい、そばに置きたい
美しい数冊を残す。
これは、川端康成先生の
「たんぽぽ」の表紙。
この薄いパラフィン紙。
これがたまらんです。

そして、布張りに銀の押しで描かれた綿毛。
ああ、美しいです。

漱石先生のも同じく、
薄紙に包まれた表紙が美しいのです。
文章は旧仮名遣い。

まだまだ続きます
まだまだ続きます。
ここは、太陽とか銀花とかよりは、やはり文学。
そーしーてー。
080527_22040001 これっ!!
カラーブックス。

さりげなく中央に配置された
この1冊。
予てより探し求めていた
奇跡の1冊(笑)

ついに、ついに
出会うことができました。
「大和路の石仏」
見つけた瞬間
「うわっ」と、小さく叫ぶ。

080527_22050001 特に興味はない方にも
是非、
中身を少し見ていただきたい。
いかがでしょうか?
いかがでしょうか?
って言われてもねぇ。

いや、感動っす。
坊ちゃん書房最高っす。



そして「子ねこ」のこの古臭い感じ。
昔の明星とかのアイドル写真のように、
ただただ、可愛さだけを追求した、ネコ好きにはたまらない1冊。
いや~~ん、かわい~~い(はぁと)と、
身を捩じらせること間違いなし。

この本屋、
その道の達人という風貌のおじいたちが、
あちこちで、本と真剣に向き合う姿を見ることができる。
なんつうか、隙が無いのである。
そんな中、私もいっぱしの達人顔をして、
眉間のしわをいつもより深めにし、
本と向き合う。

写真関係の棚の前で
一人のおじいと急接近。
こ、これはっ!

同じ本に手を伸ばし、はっ(どきん☆)みたいな。
「貴女がどうぞ」「いえ、貴方が」みたいな。
そんなことにならんで良かった。
(某日記に書いたものとかぶっちゃってます、スミマセン。。)

駅前の喫茶店で、
赤い赤い福神漬けが添えられた
ビーフカレーを食べる。
それと、ホットコーヒー。サイフォンで淹れてある。
ほぅ~と一息。
帰路につく。


あ、前日の弁当は、ホテルでぼそぼそ頂きました。









| | コメント (6)

気、緩む午後のひと時

スターバックスラテ、パーソナルで。

昼休み、スタバに行くときはタンブラー持参。

旅先にも、スタバタンブラーを持っていくという話を聞き、
ああ、そうか。と思う。
どこへ行っても、たいていスタバに入る。
ならば、タンブラー持って行こう。
エコバッグとタンブラー。

ああ、また荷物が増えるな。

Photo

最近、Skip*が遊びに来ているところへ
遭遇する率が高い。
この間なんか夜10時前に来ていた。

「まあまあ、こんな遅く。早く帰んなさい。」
などと、シロクロのお母ちゃんは
Skip*ちゃんに言うのであった。

しかし、「ソといえば?」って。。
なんかこう、「ちゃんと答えろよ、おらぁ」
てのが感じられる。
しかも「ソっ」の
小さい「っ」に少々の焦りと
「♪」に気遣いが感じられ、なんだか切なし。
「ソラ~♪」でも「ソイヤっ!!」でも何でも良かったのに。

011                                                  

朝、バスで美しい人を見る。
横顔が美しくて、見惚れる。
同じバス停で降り、アストラムに乗り換える。
そして、同じ車両のドアの前に立ち、
県庁前駅でドアが開いた瞬間、ダッシュ。
エスカレーターを駆け上がり、
改札別ゲートをお互いトップで走りぬけ、
左右に分かれる。
私たちはそれぞれが、スプリンターのようである。
さわやかな一陣の風、といっても過言ではなかろう。

別れ際、いってらっしゃーーい。と声を掛け合う。

ということが、二日続きました。
遅刻ギリギリながらも、今日もおかげで良いスタートが切れました(笑)
いやはや、お互い朝は弱い。
朝の風物詩にならぬよう、きをつけましょうねー。



Pen 仕事祭りだワッショイ!もようやく終わり。
やれやれ。
今年は大きな問題も無く終わることができましたー。
ひゃっほーーーっ。
終わった、終わった、終わった・・・

辛抱の1ヶ月であった。

机の上、シートの間に挟んでいる「キラキラ」のチラシ。
青空の下の笑顔の4人に、何度励まされたことか。
特に、ソカベ君のこの笑顔。
やさぐれないで済んだのは、このハッピーで
めちゃめちゃキュートな笑顔のおかげです。

 

| | コメント (4)

続・やさぐれ旅日記

見てよ夜が明けるその瞬間
空はなんて色
午前五時僕はもう行かなきゃ
いつかまた会おう

大切なものを 探しに行くのさ
変わらないものを 見つけに行くのさ


Long      

     

ライブの帰り道、
Starsを唄いながら帰った。
雨の音で、思ったよりも小さな声だったので
さらに大きな声で唄った。
途切れ途切れの傘の列は、
みんな、熱を持った人の流れ。
だから、一人で唄っていようが、変じゃない(気がした)

街のはずれの横を川が流れるライブハウス。
雨に沈んだ街の中で
そこだけが熱を帯びた、いっこの有機体のようだった。


大切なものを探しに行くのさ
変わらないものを見つけに行くのさ


「静と動」
相方のブログを読んで、今はそうなんだなと思った。
今、私は動く。
自分の周りの時流を掻き回すように。
何かから逃れるためじゃなく、
変えたい。のかも。

いや、ただ単に
ぼ、ぼくは、たのしいことをしたいんだな。
だ、だから、いきたいところへいくんだな。


Long      

     

ホテルに帰ってのくだりは
下にも書きましたが、
実はあの後モルツも飲み干す。
しかも2本飲み干す。

そしてぐだぐだと、松山の夜はふけるのでした。

翌朝、大街道の喫茶店にでも行こうと思ったが、
眠さには勝てず、惰眠をむさぼる。
のそのそ起き出し、昨日道に迷ったときに目をつけた
裏道の商店街へ行く。

朝のせいか、日曜日だからなのか
行きたいと思った店が閉まっていた。
化粧品店で、表に沢山古い鏡が並べてあった。
じっくり見たかったのに、残念。。
まあでも、次の機会に。

長い長いアーケード街を眼光鋭く(のつもり)歩き回り
行き着いた古本屋「坊ちゃん書房」
ここでの、めくるめくストーリーはまた次回。





窓を開けて、雨の音を聞く。
水を跳ね上げて走る車の音。
今日はさすがにネコも静か。
私の中の静寂に向かう。

それぞれの静と動。

| | コメント (0)

2008年5月28日 (水)

苔桃やさぐれ旅日記

土曜日の、雨の朝私は旅に出る。
ぺらっぺらのナイロンBAGに着替えと文庫本2冊。
荷物を持つのが大嫌いなくせに
いつも荷物が多い私は、せめてかばんだけでも軽いもの。
愛用している2000円くらいのナイロンBAG。
沢山入るし、ファスナーも付いてるし、何より軽い。

これで十分。

イヤホンから流れてくる音楽、
永遠と瞬間が交錯する。

080524_14190001 桟橋で船を待つ。
演歌でも歌いたいような
そんな風景。

相変わらず、
頭蓋骨の中で鳴り止まない音楽。

昨日もここから
船に乗ったなあと思いながら。

そう、さまざま
理由あって金曜日はいったん広島へ。
で、再び桟橋に立ち
雨の中、船を待つ。
傘を持つのが荷物を持つのと同じくらい
キライな私。
この日も、傘を持たず。
雨足は強まるけど、まあ何とかなるものです。

船旅を満喫しようと、
弁当を買い込み、フェリーの売店で
ホットコーヒーを買い、窓際の椅子に座る。
がしかし、爆睡してしもーたーーーっ!!
乗って、座って、
コーヒーごくごく一気飲みしてしまい、
文庫を2ページばかし読んだ時点で、
ことっと落ちる。

べ、弁当。。。


Long      

     

松山観光港に降り立つ。
雨足ますます強く、地面にいくつものウォータークラウン。
バスに乗って、街まで。
荷物を置いて傘を借りる。

ライブ、開場まで1時間半。

Ii Ii_2                                                              

                                                         

どうでもいいことは、だらだらと深く掘り下げ、
肝心なとこは割合流しちゃう、恒例の苔桃による旅日記。
まだまだ序章ですが、これで終わることもあり、
さらにだらだら続くこともあり。

なわけで、続く。




雨の降る前の、特有の静けさ。
夜の中へ、行ってきます。





| | コメント (0)

2008年5月27日 (火)

小さな午後

昼当番だったため、遅めの昼休みです。
店の入り口で、財布に95円しかないことを思い出す。
ふゅうう~、危ないところであった。

そうなったら食い逃げ?悲しい履歴が刻まれるとこだったよ。

今日もまたミートソース。
カジュアルにパスタ食べたい時は、たいていハンズ二階。
なのだが、がーーんがーーん。

値上がりしとるやないかーっっ!!
止めます、とは言えない。

さて、あのまま高松まで行ったんじゃねーのか!?と、思われるむきもあるでしょうが、

ちゃんと、一六タルトとともに帰りました。

めちゃめちゃ重かった、帰りのバッグ。そんな松山シティでのやさぐれ模様はまた、夜にでも。


さて、仕事に戻ります。
コツコツ地味に、いや、地道に。

| | コメント (0)

2008年5月25日 (日)

クロ(BlogPet)

きょうシロクロはSKIP*と発熱するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「シロクロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅の途中

旅の途中
ホテルに帰って、一人打ち上げ中です、in松山シティ。

今夜はエビス。エビス・ザ・ホップがなかったから。。。

あては、糠漬けとわさびマヨinたらば。
し、しぶい…。

今日もめちゃ熱い、ソカバン☆ロックンロールナイツでした。

1日、激しい雨。

整理番号、120番あたりだったので、半ば諦めながらも土砂降りの雨の中、早めに行って並ぶ。

根性、いや、愛情で定位置、二列目ゲットだぜ!!

in松山シティは初っぱなからヒートアップ。

あ、愛媛県、大雨洪水注意報だそうな。

やばいやばいやばい、ソカバン、かっこよすぎるっ。

この話の流れでいくと、興奮覚めやらぬゆえに、どんなにかっこよかったかを
延々暑苦しく語りそうなので、抑えて抑えて。

で、King Of Mellow Rockソカベくんは本日も、誰よりもキュートでセクシー。

高松へも明朝、このまま着いていきそうな勢いですが、そう何日も四国にいるわけにもいきませんから。
しがないサラリーウーマンは、月曜の朝、広島にいなくてはなりませぬ。
「出勤」という、働く女には避けて通れぬ茨の道…。

いや、そんなこんなも、軽々と飛ぼう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

音楽と旅に出ようかな。

本屋で買った心躍る1冊。
Cover これです。
樹木の幹の写真が
延々掲載されています。
樹木図鑑は何冊か
持っているのですが、
ピンポイント、ザ・樹皮。

かゆいところに手が届く、
そんな1冊じゃあありませんか。

ページをめくるたびにワクワク。
同じ種類の木を
若木、成木、老木に分けて掲載。
年数によって、樹皮の状態が違う。
何の木かは、冬の状態でも大体わかるんだけど、
もっと細かいとこ付いて、
木の皮だけで、わかるようになろう。
「これ、この樹皮の感じだと、樹齢○年くらいっすね。」
とか、言っちゃったら、かっこいいよなー。

って、何をまた目指すのか(笑)

このハンドブックシリーズ。
他にも出ていますが、
そのどれもが、マニアック。
「カモメ識別ハンドブック」とか
「虫こぶハンドブック」とか。

いやあ、実に図鑑好きの心を
くすぐる品揃え。

次は「シダハンドブック」を
入手する予定。
これも、開くとシダシダシダの写真。
すごく美しくて、思わずうっとりしちゃいました。


080518_14500001 さてこれは、倒木です。
ですがなお、芽吹き、葉を茂らせ
花を咲かせる。

岡山の森で。

「俺らまだまだやれるよな」
この木を見ての台詞。

でこれは、
ハリエンジュ?でしょうか。
でしょうか、って言ってるようじゃ
まだまだ甘いな。
佐々木のじいさん(ちびまる子ちゃんの)
には到底及ばない。

タワーレコードに行ったら・・・。
あーーっ、しまった。
プレゼントのDVDを買いにいったんだけど
値段シール剥がさずラッピングしちまった。。。
オーマイガッ。
ほんと、これ良くやるんすよね。
詰めが甘いんだよね、やっぱり。
はぁー。

しばし落ち込むも、もうしょうがない。

タワーレコードに行ったら、
ゴーイングがずっとかかっていました。
イヤホンをはずして、しばし聞き入る。

昨日は、
ハミングライフを唄ってた私。
でも今日は、唄えない私。

認めたり否定したり、自分の気持ち。
今日は、認めた。
自分の気持ちを認めたから、だから余計
唄えないのかな。

ここに留まっていたくない感じです。
気持ちの向くほうへ、いろんな地へ行きたい。
一人で、何にも囚われず。

私にしては珍しく、
こつこつ地道に仕事してるからでしょうか(って、それが普通じゃー)
いつもは、ど集中、解放、解放、ど集中。って感じ?
抑圧された感が強いのかも。

音楽と旅に出る!!!!宣言。



| | コメント (0)

2008年5月21日 (水)

川原バー、今年も始めました。

080521_19400001 川原バー、始めました。

川風も心地よく、
今日はプレミアムモルツ。

川面に映る、岸辺の
街の明かり。

仕事、山を一つ越え
少し、気持ちに余裕も出来ました。
あとは、次の山を着実に
一歩ずつ登りきるだけ。

何を演ってもゆず風味。
橋の下ライブは相変わらずの
アコギ少年たち。
今日は「チェリー」ゆず風味
…どんな味だ?(笑)


私は、といえば、
バスの中も、歩くときもキラキラ。
そして、ニヤニヤ。
なんかちょっと、気持ち悪い感じになっております(笑)
ライブを思い出してはニヤリ。
街を歩くときも、一人思い出し笑い。

想定外のLOVE SICKです。

@岡山シティでの
記憶が色々戻ってきて、
しょうもないことを、蚊の鳴くような声で
言ってしまったことを反省。

次はもっと気の利いた面白いことを。
って、笑いは取らなくていいのか?
いやしかし、何で私が上野くん贔屓だとわかったのか。
(あ、「わからんでかっっ!!!」というツッコミが聞こえたような・・・。)
つうことで、私のギター王子tomo様。

あ~♪今も、ずっと発熱~♪

なのです。


Ki004              

                      

                    

森へ行こう、森へ。

コトリの声に誘われて、奥へ奥へ。

080518_14530002

日曜日、ライブ前。
八雲、再び森へ。
鬱蒼とした木々の間。
青空のかけら。
風。
葉裏が白く光る。

楠のいい匂い。

そんな、きらっ*きらな
言葉を羅列しましたが。
ええ、確かに
きらっきら*な日曜日。
でしたが。

前々回の狂気じみた鳥。
前回の生命力に溢れた蝉。
に引き続き、
今回の行く手を阻んだのは
小蝿。
執拗に付きまとう、まるでストーカーのような五月蝿さ。
ああ、五月の蝿と書いてうるさい。まさに。

「こいつらにはかなわない…。」

この一言に尽きます。
鳥が鳴こうが、蝉が鳴こうが、
弾いて歌える。
がしかし、こいつらには、行動の全てを阻まれるのです。

逃げ込んだ先の、野球場横の東屋。
そこは恋人たちの誓いの言葉であふれた場所。
「永遠」だとか「eien(つか、ローマ字かよっ)」とか。
あいあい傘だとか。
マジックであちらこちらに。

そんな永遠信望者の中、
八雲の真骨頂である、刹那を歌う。
一瞬先のことなんて、不確かだと歌う。

この風景、ムービーに取ればおもしろいかもね。

080518_14470001 ひとしきり歌い
自画自賛アワー。

しかし指が動かん。
コーラスを忘れる。
その日の私は、
あの日に行ってました。
あの日のあの場所に。

思えば、このころ作った詞は、
そうだね、うん。
程よい切なさの中に居たんだな。

私たちのフランチャイズ、テラコー。
テラコーで東屋を見つけておくよ。
そして、今度はそこで歌いましょう。

胸の中で
カウントダウンが響きます。


| | コメント (0)

2008年5月19日 (月)

いずさんの願い

Photo_3

| | コメント (3)

シロクロの望み

Photo Photo_2

| | コメント (2)

難なく落ちる。

岡山より帰還いたしました。

ゴキゲンでキラキラ!なロックンロールナイト。
歌って跳ねて笑って、最高の岡山シティでした。
ソカバン、待ってたよ~~。
ますます良いです。
どんどん良くなります。

私のだぁ~い好きなあの曲も演りました。
いつものあの曲たちも。

大好きな音楽やってる喜びだとか
バンドやってる喜びだとかで
まさにキラキラしていて、
4人ともかっこいいーーっ。

で、kennyのベースがかっこよくて
プレイスタイルもツボで、
おまけに笑顔も可愛くて
今日はkennyデイ。

ソカベ君のライブは、心底楽しい。
純粋に馬鹿みたいに、楽しいのです。
だからやめられない。

来週の松山。
あきらめていた松山。
なんと、神様の粋なはからいか?
松山出張。
チケット?ええ、取りましたよ(笑)。
そりゃ、行くしかないっしょ。

オマケの話。
物販並んでたら、ソカベ君と上野くん登場。
で、上野くんからTシャツとタオル購入。(ソカベ君はサインサイン)

心の中はかなりテンパってる。
支払い済ませて、おつりもらって
(この500円は使わない。と思ったが、自販でお茶買っちまった)
握手してもらう。
いや、この、目が合ったらそらすという、純情乙女炸裂だった私がですよ、
たいした進歩です。

そのときに交わした言葉に舞い上がり、
その後笑顔で手を振ってくれて、何かまた一言(嬉しいことを)
言ってくれたのだが、すでに、うろ覚え。
ダブルオーのときからだから、上野くん歴も早や6年目とか?
やっと握手。。。

次はkenny側で観ようと思ってましたが
やはり次回も定位置、ええ、そりゃもう。

笑顔に、難なく落ちる。

| | コメント (0)

2008年5月18日 (日)

スタート前

岡山です、ライブハウスです。
ソカバンライブです。あと50分でスタート。

つか、あと50分もあるのかよ~。

なんとか、上野くん正面、定位置キープ。
が、3列目なので、なんとか前で出るつもり、出るのか?!

ドキドキしてきました。まさに生レポです。

CD聴いてる時から、体が動き出す感じだったので、
もうこれは、騒げー!!!踊れー!!!な夜になるのでしょう。

今日はお昼前に岡山到着。
相方と最寄り駅で待ち合わせ。

なんと言うか、小さな駅での待ち合わせは、少し切なさとかトキメキとかあったりして、

ちょい照れるぜ。

そして、久しぶりの八雲公開練習の模様はまた、帰ってからお届けします。

さて、あと30分となりましたよ。
相変わらず男子率高し。
負けてはいかんです。
やられたらやり返せ(笑)

では、嵐の中に行ってきます。

| | コメント (0)

みち代もほしいかな(BlogPet)

シロクロは前髪がほしいな。
みち代もほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「シロクロ」が書きました。

| | コメント (1)

2008年5月14日 (水)

そろそろ針も振り切りそうです。

髪の毛ドライヤーで乾かしながら、
髪をぬらした記憶はあるが、
洗った記憶が無いことに気づく。
記憶をどう辿ってみても、そこだけの記憶がすこーーんと無い。
洗ってないのか?
そう思ったら、頭かゆくなってきたような。

明日の朝もう一度洗おう。

午前中、エクセルに打ち込み、整理したものを
お昼前に消してしまい愕然。
正確に言うと、保存をしなかったのだが…。
画面上に、いくつかのエクセルファイルを開いて
作業を進めるのだが、
最後に、確認しようと思って呼び出したファイル。
確認し終わって×で終了、保存しますか?の問いかけに、いいえを選択。
ああっって思ったときには
後の祭りよ~~。

エクセルごと閉じてしまったのでした。

「本当にそれでいいんですか?」とか聞いてくれよ~~。
「後悔しませんね?」とか。
うっかりさん用ソフト「確認8~もう詰めが甘いとは言わせない~」
誰か開発してください。インストールします。

Long     

    

色々思い出せない中、祭りもクライマックスか。
そろそろ針も振り切りそうで、振り切った後は、

やさぐれ期に突入です。

| | コメント (0)

2008年5月13日 (火)

5月の雨

朝、土砂降りの雨。
傘がない。
駅に降り立つと、幸いにも雨足やや、ゆるむ。
遅刻しそうなので走る。
水溜りもなんのその、走る。

昼、にわか雨。
傘がない。
走るのもうっとおしいので、歩く。
たいしたことない、
傘の間を、歩く。

夜、雷雨。
傘がない。
バス停に降り立つ、雨足強まる。
あきらめる。
捨て鉢になる。
とぼとぼ歩く…ってか、いい加減傘持てや。

雷、季節が次へ移るのですね。

雨の中、初夏のいい匂いがいっぱい。
山の、クスノキ。
畑のみかんの花。
この匂いは、ウツギかなー?

ひんやりとした空気の中に、
すがすがしい、初夏の香りです。

Long      

     

年に一度の仕事祭りも佳境に入りつつあり、
全くもって、余裕なし。
私の割には、一日集中。
私の割には、根をつめる。
がしかし、やらねばならないことは途切れず。

なので、一日終わるとぐったり。
鼻の下にヘルペス。
眠い。バスの中でも熟睡。

5_2

| | コメント (2)

2008年5月11日 (日)

同じ空を見てた

Tyaba                                                               

                                                        

名もなき旅人を どこかで笑う声
選んだ道の上 もう 心細くなって肩をよせるんだ

出会ってしまった僕たちは なぜか不安だいつも
夢を見れず泣いた日も 僕は君の味方

Long      

     

夕暮れの街へ、自転車で漕ぎ出す。
川原を目指す。
緩やかな坂を下って、見上げる空。
幾すじもの飛行機雲が、山の頂上を目指し
風に流され、刷いたように青い空に模様を描く。

自転車こぎながら、
ずっと上を見上げ、ぎゅっとなって離せなくなる。
自転車を止めて、携帯で撮る。

080511_173700012 なんとなく泣きたくなるような空だ。

そういえば、相方が好きだと言った
高台のあの場所、
あそこからはどんな風に見えるかな、
なんて思いながら。
公園でも、岡山の森でもどこでもなく、
今は川原で並んで座りたいな、
なんて思いながら。

何度も空、見上げながら
自転車漕いでたら、メール着信。
なんと偶然、相方からだ。
考えていたからかな、
やっぱ繋がってんだな。

メールを開く。
080511_173700010011_3
見覚えのある画像が添付。
これ。

震えた。
そして、なんか泣けてきた。
私の撮った画像を送り返す。

17時37分。
撮影時間まで同じだった。

岡山ではなく、
この街で、この場所で、
同じ空を見てた。

私ら、マジ最強だ、
って返信が帰ってきた。

ほんと、マジ最強だねー。
もう怖いもんなんてねぇーよな。
言葉もいらないね、
言葉は無くても、これでもう十分だ。


Long_2      

     

上手に歌えなくたって届いた声 気づくんだ一人じゃない
育った街も声も違うけれど いつだって同じ月を見てた

出会ってくれてありがとう 君に会えてよかった





| | コメント (0)

雨の日の過ごし方(BlogPet)

みち代の「雨の日の過ごし方」のまねしてかいてみるね

雨のようできました(笑)できれいだろう!
良く、仏壇にしやすくてもそれはロックもきついので温かいお茶を頂いている!!
花の中に咲かせましょう♪
春先にわっとすこしだけ、剣咲きの水差しになだれ込む!
左手にこんなに寒いと、あんまり好きじゃなかったから大切に戻ったバラ。
オレンジの有名画家の花の中に供えて、なんて美しいの肌寒い一日♪
雨の畑の好き嫌いがかたまっていたからでしょう!!
畑のか?酔いどれバーもそれはきっと、あんまり好きじゃなかったようです。
うん♪
花の水差しに、わっと生ける?
摘んできましたものだから大切につきましょうなー、剣咲きの好き嫌いが無くなっていたようです。

*このエントリは、ブログペットの「シロクロ」が書きました。

| | コメント (1)

雨の日の過ごし方

雨の肌寒い一日。

畑の一角に、
キンセンカがかたまって咲いている。
青い花の水差しにわっと生けたら
印象派の有名画家の絵のようで
きれいだろうなー、そう思っていた。

Img_7370_2  雨の中、傘をさして花を摘みに。
オレンジの花。
沢山集まると、迫力あります。
そばにあったバラ。
一重のものと、剣咲きの大輪。
左手にぎゅっと花束にして
家に帰る。

青い花の水差しに、わっと生ける。
うん。いいね。

キンセンカって、
あんまり好きじゃなかった。
良く、仏壇に供えてあった(笑)
でもそれはきっと、昔から
栽培しやすくて、どこの畑にも
咲いていたからでしょう。

Img_7376_3               

生き生きとして、なんて美しいのでしょう。
摘んできたものだから
大切に咲かせましょう。
春先に戻ったような寒さでも、
うちの中にこんなに温かな色が溢れていると
すこしだけ、温度があがるようです。

花の好き嫌いが無くなってきました。


Line007b                                        

                                       

って言っても、
今日は何故こんなに寒いのか?
酔いどれバーも、こう寒いと早い店じまいです。
今日はロックもきついので
温かいお茶を頂いて、穏やかな眠りにつきましょう。
これから読書タイム。
そのまま眠りになだれ込む。



 

| | コメント (0)

2008年5月 8日 (木)

こんなに空が青いのに

080506_10410002                                 

こんなに空が青いのに、

鼻呼吸ができません。

こんなに空が青いのに、

鼻水垂れっ放しです。

ああ、

こんなに空が青いのに。。。

                                             

                                 

                                

                                                         

春と夏のハザマで
健気に咲く、小さな小さなポピー。
あちこちで時として群生しているさまは
とても可愛らしい。
もちろん、一本だけぽつんと咲いていても。

080508_12090001そして、飛行機雲交差点。

朝はもっと沢山、
あっちからこっちから
飛行機雲が交差して
あるいは、同方向へ向かって
伸びます。

今日は勇気を出してビルを見上げる。

ビルを見上げるのって
なんか怖い。
屋上から、今まさに、の人がのぞいてたら
どうしよう?
おまけにその人と目が合って離せなくなったら…。
目が合ったまま、こっちへ向かってきたら…。
そりゃ、めっちゃ怖いですよ。

えっと、そんな話ではなく。

朝の空は、壮観です。
私の会社の良いとこは、
夕景がめっちゃきれいなことと、あと
飛行機雲交差点。
虹も良く見ることができます。

…って、外ばっかみてんじゃねえ、仕事しろっ。

そうそう、仕事といえば、
今年も年に一度の祭りが始まりましたよ。

その心は、
てんてこ舞い&きりきり舞い。

お後がよろしいようで。
体調回復に向けて、おやすみなさい。

| | コメント (2)

2008年5月 7日 (水)

爪の先ほど

鼻風邪をひきました。ああっ。

下を向くと、水っ洟がたーーっと。
昨日から。
熱っぽいと炭酸が飲みたくなるらしく、
1.5ℓのコーラ購入。
持って帰るのにぐったりする始末。

さすがに1.5ℓもあると、一日では飲みきれず
今も横に置いてあります。
あーんど、鼻ティッシュです。

明日からまた、ぼちぼち仕事も忙しくなります。
寝ます。


Photo_3  

| | コメント (0)

毒吐きパンダ

がーーん
がーーん
がーーん
がーーん

「詰めが甘いんだよねー」

と、シロクロに言われた。
癒し系かと思ったら
とんだ毒吐きパンダである。
返す言葉無し。

| | コメント (5)

2008年5月 6日 (火)

実は蛾。

                                                                                                                                 

Photo_8

                                                                                                                                          

                                                                                                                                                                                                                        

            

| | コメント (2)

岐路

32009441 本屋三昧でした。
本屋はしごでした(古本屋も含む)

久しぶりに、どっぷり溺れました。
まだまだ足りないくらい。
充実時間です。

そして、これ。
ついに買ってしまいました。

テレビとかでかなり話題になっている
「食堂かたつむり」

本来私は、
この天邪鬼な性格ゆえ
話題になっているものとか
流行とか、ベストセラーとか、
絶対買いません。
この「絶対」という言葉が大嫌いな私が
世の中に絶対なんてねぇーんだよ、と、
くだ巻いている私が
絶対、と言い切るほど、買いません。

が、買いました。(ほら、やっぱ絶対ってないじゃん)
なぜなら、帯の言葉。
「草野マサムネ(スピッツ)」
買うしかないっしょ。

それから、新潮文庫の「青い鳥」
そして今私の中でもっとも熱い
宮田珠己さん「ときどき意味もなくずんずん歩く」
彼のものの見方とか、言葉のチョイスとか
すごく好きです。
何故かなーと思っていたら、うん、納得。

内田百閒先生ですよ。
好きな作家の中に百閒先生の名が。
なるほどー、ですよ。
脱力具合、やさぐれ具合、笑いどころ。
うん。納得。
さすが「酒飲み書店員大賞」受賞だけのことはある。
最高傑作が「ふしぎ盆栽ホンノンボ」
ご存知の方は今更、って感じでしょうか。
ご存じない方は、ぜひこの、小宇宙と見せかけておいて
実は無限の広がりのホンノンボの世界に
宮田さんの目を通して触れてください。

今日は文学バーっぽいですか?

酒飲み書店員大賞ってのがいいですねー。
書店員、いいなあ。
古本屋のあるじ、ってのは理想かもしれん。

Xxg 
本屋めぐりの途中。
少し肌寒いくらいの
けど、爽やかな夕暮れ。
青空に筆で刷いたような雲

見上げて、そして
様々な思い出がよぎる。
昨日までの、様々なことが。

「色々あったねー」
相方が隣にいるようで
つい口に出す。
いやいや、おらんけん。
いやいや、でもこんな夕暮れ時には
隣に居て普通でしょ(笑)
自分に突っ込みいれつつメール送信。

昨日の雨も影響してか
気持ちがしん、と落ち着いています。
落ち着いていて、そしてまた前を見ます。

左右に分かれる道。
今、そこに立っている。
どちらの道を選ぶのか。
どちらを選ぶにせよ、悔いの無いようにしよう。
だって、最終の到達点は何処を選んでも同じ(死、ですね)。
そして選んだ道は、また道を変えることは出来るけど
引き返せない。

最近すごく、直島のことを思い出す。
あの島の、あの感じ。
心を解き放ちに、また行きましょうね。

| | コメント (0)

2008年5月 5日 (月)

雨が降るよ、雨が降るよ。

開けた窓から、強い風。
カーテンが大きく揺れる。
雨が降り始めたのかと思ったら、竹やぶを揺らす風の音でした。

お休みも二日終了。
今日も、あちこちばたばたして終わってしまった。。。
本屋にも結局行けなかった。
あるはずの「青い鳥」も見つからないし、
明日こそは、時間を見つけて本屋へ行こう。

またしても一人祝杯(笑)
当面の目標は達成できたので。

雑然とした部屋で独り、何枚も絵を描き続けるという、
相方が見た夢通りの、あの状況。
何を信じていいのか。
誰を信じていいのか。
もう描けないのに、それでも、泣きながら描きつづけた。


あ、雨の音。
降り始めました。


いろんな声が耳に入ってくる。
噂話や、中傷や。
そのたびにまた、余計混乱する。
そんなときこそ、冷静に客観的に聞かなくてはいけない。
信じたいと思う相手の声だけを聞けば良い。
そして、その声に気持ちを集中させて、雑音をいれないように。

雑音で、せっかくの和音が乱れるのはごめんだ。


何を信じる?誰を信じる?
信じたいと思ったものを、まっすぐに信じよう。
それで裏切られたのなら、それは私のせいだから。


今日、“ありがとう“と言ったのは
独りにしないでいてくれたからかな。

気持ちを救い上げてくれたから、
独り部屋の中でも、様々な絵を描き続けることができる。
見た目には同じ、独り絵を描き続ける状況でも
全然同じじゃない。


雨の音、
それ以外は聴こえず。
良い時間になってまいりました。
ここからは私の私になれる時間。

部屋の中で見つけた虫。
緑の蜘蛛、あまりの美しさにしばし見とれる。
080504_15170001 蜘蛛は、
本当に美しい生き物です。
このバランスの美しさ、
それぞれの足の長さの比率といい、
体の割合といい、

がしかし、
何故忌み嫌われるのか?
嫌われる原因は
何?

刺すわけでも
不潔なわけでもないのに。

足が多いから?


さてと、これ以上おかしなことになる前に
おやすみなさい。

明日はお天気になりますように。



| | コメント (0)

2008年5月 4日 (日)

ドライブする(BlogPet)

きょうシロクロがスカートは意識したかもー。
それでSKIP*のタオルを侵食したかったみたい。
でも、きょうシロクロが低迷した?
だけど、ドライブする?
それで騒動した?

*このエントリは、ブログペットの「シロクロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の国

昨夜、更新したと思っていたのに、
意識朦朧として、そのまま閉じてしまったらしい。
どーせ、酔っ払いのこっぱずかしい戯言だったのでしょう。
消されて正解。

木曜日の朝6時に起床し、
それからあれこれ、昨夜の深夜3時まで一睡もせず。
2時過ぎの夜空、
星が、きれーだなーと、
少しだけ切なさがよぎり、その後静寂。
よれよれと階段を上る。

家に帰り、一人で祝杯。

紫蘇焼酎は、ロックで飲むのが一番美味しい。
そのことに気づいた。
それから、あては無いほうが良いことにも。
水玉の陶器のコップに氷を入れ、焼酎をそそぐ。

薄まらないうちに、呑む。

40時間以上寝ていない体には、
さすがに回りが速かったらしく、
うーん、確かに文章は綴ったのに…。

気づいたらお昼過ぎ。
のそのそと起きて、洗濯する。
しかし、体の中心部にでっかい鉛の塊があるように
いっこいっこの動作に時間がかかる。

そしてまた、咀嚼が死ぬほどめんどくさい。
トースト1枚食べるのに、
噛み、ため息をつき、
噛み、天井を見上げ、
咀嚼でぐったりする。

そのまま死人のように横たわる。

夜、薄焼きたまご作るのに
たまごを割り、ボールへ。
はっと気づけば、ボールの中に2個分の殻。
生ゴミ三角コーナーの中に、2個分の白身黄身。
ああ、ずっと集中してたから、
タマシイ抜けでっちゃって、なかなか人として機能しない。。


気づいたことは、
私は深夜2時がすごく好き。
疲れが積もると、咀嚼に疑問を感じる。

Bbf_2 母が、
「あの人は、闇の中をずっと
光を探し続けよるんよ。」
と、父のことを言っていた。

メーテルリンクの
「青い鳥」の
夜の国のくだりを
読みたいと思い探す。

確かあったはずなんだけど。

体にまとわり付いた
夜の気配がやっと去っていったと思ったら、
また新たな、夜を身にまとう。

明日は本屋へ行こう。

| | コメント (0)

2008年5月 1日 (木)

キラキラ

昼当番ですよ。

さて、久しぶり(でもない?)に音楽ネタ。
ソカバン(曽我部恵一バンド)待望のCD出ましたーーー!(って、随分たつけど)
いやあ、待ってました!!まさに「キラキラ!」です。
やっぱ、バンドのライブ感とか
音の共鳴しあう感じ、刺激しあう感じ、わくわくどきどきします。
バンドサウンドは、一番好きですねーー。
百聞は一聴にしかず、是非お聞きください。お聞きください(2回言う)

そして、ソカバンツアー。
岡山、広島参戦です。
松山も行こうかと思ったのですが、
ちょいきついかなあ。と保留中。
ゴーイングの広島ライブもあります。
ゴーイング岡山、あまりにもいっぱいいっぱいで行けなかったので
広島、楽しみにしています☆

ロックフェスの季節もやってきます。
日本の夏、スピッツの夏がすぐそこです。
スピッツシーズン到来!!!

そして、八雲フェスも(笑)

ああ。鼻の穴が開きっぱなしじゃ。

Hoku2_7               

CDジャケのソカベくん。
むむむ・・・。
ソウ君と変わらない感じに…ええ、相方よ。
ああ、それ以上具体には申しますまい。

最近、10年くらい前のロッキンオンジャパンとか、音楽と人とか、音楽雑誌を
紐解くことがありまして、苔桃文庫愛蔵書、なのですが。
写真を見ようと思って、ぱらぱらと開いてみています。

ああ、これかっこいいなあとか、
すごい空気感とか物語性とかあるなあって
そう思って、撮影者のところをみると
HIROMIXとか佐内さんとか若木さんとか、ビッグネーム。
写真からは、匂いだとか温度だとか湿度、そのときの感情、全部伝わってくるようで
発するエネルギーは、光のようだったり、レーザービームのようだったり
オーラのようだったり。
技術やカメラの性能では出せないもの、
五感で感じられるものやエネルギーや、
それが写りこんでいないただキレイな写真なんて、
おもしろくもなんともない。

…って、写真のことじゃなくー。
10年前の音楽雑誌、マサムネ君が、アニーが、ロビンが、松本君が、
めっちゃかっこいい。
サニーデイ時代のソカベ君、顎がとんがっています。
笑顔もシャープで、「かっこいい」と言う言葉がつい口に出ます。
でもでも、今のソカベ君も、そりゃかっこいいんですよ(力を込めて)
かっこよくて色っぽくて、最高っすよ☆

Photo_2                                  

                  

               

                     

                  ペイントで絵を描いてみました。                                           

                  

                        

ガソリン税騒動で(おおっと、珍しく時事ネタか?!)
国会内の様子がテレビに。
プラカードも手に手に、反対の声を上げる議員たち。
そのプラカード、パネルにキレイに貼られ、
印刷も紙質もとても良いものな感じ。
色とりどり、デザインも様々。
切迫した状況つか、けっこう重要な場面で、
なんかちょっと異質な感じがした。
あー、お金かけて用意したんだなー、と思ったのは私だけ?
民意です(笑)

リンリンの葬儀出席のため、明日は忌引きです。
(許されるのか?)







| | コメント (2)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »