« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

"きゅん"となるのは?

お昼、パスタ。
ファミレス、Sラークに行く。
新鮮トマトと海老のトマトソース。

…。

まあ、ワンコインだから。

今日の夜はパスタを作ろう!と思う。
満足できなかったのね。

そうだ!いい考え☆
会社の洗い場に、
カセットコンロ二つ持ち込んで(お湯用とフライパン用)
昼休憩に、パスタ作ってはいかんだろうか。
ソースはうちで作って行って…まあ、いかんだろーな。

Sラーク。
夏休みで大賑わい。中高生女子多し。
隣の席の男女二人連れ(高校生?)

男子「何の歌唄ったら、きゅんとなる?」
女子「そんなの考えたこと無いなあ、ミスチルとか?」

~以下、そんな会話が続く。

シュミレーション。

男子「何の歌唄われたら、きゅんとなる?」
苔桃「何の歌じゃなくて、誰が唄うかだと思うけど」
男子「じゃ、誰が唄えばきゅんとなる?」

苔桃A「それは、君でしょう!!(ちょい照れ)」
苔桃B「やっぱ、アーティスト本人なんじゃねーの。」

さて、本物の苔桃はABどっち?(笑)

080731_15380001 昨日、ヴィレッジで買いました。
携帯についているため、
無理な体勢での撮影。

すでに、白い部分がうすら汚れている。


| | コメント (0)

打ち上げ@川原バー

風でカーテンが揺れています。
今日は窓を開けていると、涼しい。
昼間の雨のせいでしょうか。
080730_14560001 激しい雷雨。
会社の窓からも、
稲妻が見える。
なんとか、写真に収めようと
携帯握り締め
窓の外に向かって構えるも、
奴(雷様)の動きが読めん。

体よく踊らされ、
仕事中でもあるし、
アホっぽさ全開であることに気づき
止す。

…つか、やる前に気づかんのか?

タイミングを逃した
この一枚。

ただの雨降り風景です。

そして雨上がりの空。
またしてもソワソワ。
カメラを持って窓際へ。
Cimg0240 窓から半身乗り出して
撮る。
ここは10階。
撮り終えて下を見て、
肝っ玉が縮む。
ひょお~~と
力が抜けました。

…つか、やる前に気づかんのか?

上手い具合に雨が止み、
だって今日は相方と、
08年の夏を打ち上げる日。
場所は、川原バー。
7月の陽ざしに、地面も乾き
少し涼しくなり、
絶好の川原バー日和。

仕事終了後、3ネコで待ち合わせ。
ざっくり見て、まずは腹ごしらえ。
袋町のマリオへ。
途中、ウインドウショッピングなどもしつつ
すっかり秋色のディスプレイ。
やっぱ秋は、かわいーですね。

それぞれパスタを注文し、
まだまだエンジンかからずの八雲。
セトストの思い出など、当たり障りの無い、
無難な会話に終始する(笑)

そして、コンビニでビールとつまみを買い込み
いざ、川原バーへ。
いよいよ、八雲的トーク炸裂。
と相成るわけですが、今日はこの辺で。

とはいえ、話の内容は恐ろしくてここには書けません。
川原バーの様子を明日また。

何はともあれ、無事夏を打ち上げ。
八雲は「俺たちの秋」に向かいます。
その前に私は、この週末
夏の忘れ物を取りに、あちこち行きます。
大切なものはちゃんと、忘れず持っておかなきゃね。

| | コメント (0)

2008年7月30日 (水)

2008、夏を結ぶ

そういえば、藤崎マーケット(これであってる?)…。
テナー(↑)が始まる前に、ラララライが聞こえたので
走って行ったような。。
そして、ランニングをチラッと見たような…。
それで満足して、物販エリアに。

                                                               Cimg0214 ヒマワリは
物販エリアに咲いていました。
空が、
なんとなく雪山っぽいっていうか
アイシーな感じで、
それとのコントラストが面白く
夢中で撮る。

何しに来たんだか(笑)

藤崎マーケットから
大きく話が戻ってしまいました。

ゆず終了後。
最大ミッションである
「スピッツをより前で見る大作戦」
最前エリアはラッドのことを考えるときついと判断。
なので、2番目エリアの最前列あたりを狙う。
上手い具合に前にいける。

そして、やっと散水に届く距離。
ステージに最も近いエリアは、密度も高く
移動も少ないので、冷風機とお兄さんの撒いてくれる水が命綱。
その両方の恩恵に預かれるエリア。

面白いことに、散水が来ると何故かみんな両手を挙げる。
見ていると、ウエーブのように、水が撒かれる方向に
手を上げ、通り過ぎると下ろす。
で、やっぱり挙げちゃいました。私も相方も。

いよいよスピッツ。
ま、マサムネくんっ。
ヤバイヤバイ。かっこいいかっこいい。
単語が外に無いんかいっっ!!ってくらい、
この二つの単語を繰り返す。
「バニーガール」で始まり、ゆるいトークで水を差す(笑)
「瀬戸内海だからセットストックだよね?
ここだとウッドストックのがいいんじゃやない?」的な。

まんまじゃん、とツッコミを入れる。

この空の下、二人で「ロビンソン」を聴けてよかった。
一度、行き違ったことがあった相方と私。
もう会うことは無いかもしれないと、それも仕方の無いことだと諦めた日。
それから、秋だったかな。
倉敷にスピッツを観にいった。
ロビンソンを聴いて、泣いた。ぼろぼろ泣いた。
彼女のことを想って、泣いた。

二人でロビンソンを聴きながら
そんなことを想い出した。

相変わらず、ヤバイ、かっこいいを繰り返す。
「メモリーズカスタム」で、最高潮に達す。
ヤバイ、かっこいい。
スクリーンを見ないようにする。見たらもう、落ちるでしょうから。
でも、見ちゃいました。
ああ、ヤバイヤバイ。かっこいい。

外に言葉が出ない。

会場全体を音楽で結んだ。
ラッド世代も、スピッツ世代も、ゆずっ子も。
激しさよりもむしろ優しさで結んだ。
そんなスピッツのステージでした。

いやはや、なにしろヤバイ、かっこいい(笑)

さて、何度目かの恋に落ち、
太陽も傾き始め、次はラッドです。

ラッドは、様々な危険を予測し、後ろへ下がる
無理をしない、これもライブや野外では大切なことです。
危険予測、すなわち生きる力、です。
ダイブ、モッシュ禁止とは言うものの
モッシュ、かなりきついことが予想される。
男子が熱いライブは、もうヤバイっすから。
女子、力ではかなわん、コントロール不能になりますから。

初ラッド。
周りの男子が口々に言う。

やっべ、オレマジやっべ。

出てきたのは、周りに居るような普通の男の子たち。
けど、音を鳴らし、唄を歌えば。。
勢いのあるバンドの勢いを、この目で見た。
この耳で聴いた。

ライブにクオリティ云々を言うのは
少々野暮なことだと、それを承知で言いますが、
CDで聴くのと、クオリティが変わらないのです。
唄も、演奏も、圧倒的。
プラス、ライブ勢いが相乗し、もっとすんごいことになっている。
野外と言う制限のない場所で、音が拡散しないのです。
むしろ濃度を増して、響いてくる。すごいです。


そりゃ、ヤバイはずだわ。

Cimg0226 この空を見ながら聴く
オーダーメイド。
またしても鳥肌。

この空の下
何万人と言う観客が静まり返る中
野田君の歌声が響くのです。
本当に静かで荘厳な、そんな時間でした。

もちろん、熱く盛り上がる子たちもいました。
けど、私は
しんと、彼の歌声だけが響いてきました。

いや、やっべ。マジやばいわー。

セットストック、参加できてよかったです。
「愛と平和とエコロジー」
広島でやる、それを考えれば、
「平和」を思う瞬間が、どこかにちょっと、なにげにあれば
もっと良いのかな、とも思いました。
ただのお祭り騒ぎでなく。
でもまあ、こうやって集い、音が鳴り響くと言うことは
それだけで平和の証なのかもしれない。

ファンキーモンキーベイビーズの青春どストライクの音に見送られ
ゲートを出るときに、3人のスタッフの男子に
「お疲れしたっ」と声をかけると「お疲れ様でしたー」と気持ち良い声。
コール&レスポンス。
これっすね。
平和はここから始まりますね(単純。。)

ちょっとずつ、人に対して優しい気持ちを持てば
もっともっと、気持ちの良いイベントになるんじゃないかな、と
そんなことを思いました。

私の夏は終盤に差し掛かっています。
明日は相方と打ち上げ。
日曜日は瀬戸田。
フェスタ・デ・ラマに参加します。
今年の夏を結んできます。

Cimg0232












Cimg0234 080726_19100002

080726_18590001

          

         

| | コメント (0)

2008年7月29日 (火)

セトスト08、いざ出陣の巻

Cimg0213  ライブは熱いうちに打て。
…あれ、これつい最近も使ったような。。
とにかく!!日が経つにつれて、なんか弱くなってしまうので一気にその模様を記録しておきましょう。


焼きそば食べてビール飲んで、
物販並んで(ってもちょっとだけ)
Tシャツとタオル買って、
EAST STAGE前の丘陵へ向かう。
少し高い位置に陣取って、芝生の上に座る。
テナー(↑上げ気味で言うらしいよ)演奏中。
いやしかし、ごめんなさい。
あぢぃのです。
兎に角、あぢぃあぢぃのです。

兎に角、日陰なのです。
我我の欲するところは、何はさておき日陰なのです。
根性無し、と言われようと、まだ、
夏のど真ん中の暑さに慣れていない私たちは
遊具施設に非難。
アスレチック遊具にベースキャンプを張る。
しょっぱなすでに、頭にタオル。風呂上り状態。

時々、空を見上げ、話す。
極悪八雲も登場し、笑う。
時々、風に目を細めながら、話す。
引き続き極悪八雲登場で、大笑い。
…って、あんたらライブは?!

そんな時間も、ありなのです。
楽しみ方はそれぞれ。
私たちらしい、ライブの楽しみ方。
でないと、この一日がもったいない。

ベースキャンプにて、十分な体力回復&温存を図っていたところ
ステージから斉藤和義さんの歌声が聴こえる。
ああっ、やばい行かなきゃ。
急いでキャンプ地を後にして、エリア後方芝生の上に座る。
暑さに体も慣れてくる。

久しぶりです、和義さん。
毎回のようにライブに行っていた時期がありました。
相変わらず、この人の歌声の確かさは、ホールでも野外でも
同じくらい胸に響く。

「歌うたいのバラッド」炎天下、鳥肌が立ちました。
ステージを見て、空を見て、空の下に広がる歌を聴いて。
そして、少し泣きそうになったよ。


極暑の中、
この空に随分と助けられた。
待ち時間も、苦ではなく、短く感じられたのは
空のおかげだ。
本当に、この日の空の様といったら!!

さて、次はゆず。
元ゆずっ子の相方。
でも、もう卒業したから特にいいっす。的な。
別に後ろでもよくね?的な(笑)
がしかしですね、「徐々にエリア前方に行っちゃう作戦」
「スピッツはより近くで大作戦」
多くのミッションを遂行すべく、前へ移動。

で、ゆず登場。
相方、出るか出んかのところですでに
「ゆうじーーーん(はあと)」叫ぶ。
そのあまりの変わりっぷりに大爆笑。
しかも、早やっ。相方、ノンストップ。
それにまた大爆笑。
別に後ろでもよくね?って、
そりゃもう、大人の階段登った感じだったのに、っすよ?

まあ、走れ走れ。
今は、ゆうじんに向かって、突っ走れ。
爽やかな笑顔がスクリーンいっぱいに映し出される。
そりゃ、女子はやられるっしょ。
「ゆうじーーーん(はあと)」になるっしょ?

お昼に物販並んでるときすでに、「ゆずは完売です」のアナウンス。
いやー、すっげえなあ、ゆず。
がっちりと組まれた礎(いろんな意味での)の強さを感じました。


今日一気にレポしようと思いましたが、
力尽きる。


明日また。
思い出のアルバムとともに、また明日~。

Cimg0210_2 Cimg0216

Cimg0219

Cimg0220

Cimg0225_2

Cimg0223

| | コメント (0)

2008年7月28日 (月)

太陽(BlogPet)

きょうシロクロは太陽を集めされたみたい…
それでSKIP*で県北はバックした?

*このエントリは、ブログペットの「シロクロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のど真ん中

2008、夏。
筋肉痛じゃーーーーっ。
あせもで体が痒いーーーっ。

私の体に残る夏の残像は
筋肉痛とあせも。。。
今日、薬局であせもの薬を買いました。。
でも、日焼け対策ばっちりで全然焼けておりません。オッケイ☆

昨日のことを綴ろうと思ったけど
たくさんの綴りたい思いがありすぎて
めんどうになっちゃった…って、オイオイ。

中継でお送りしましたセットストックの模様。
あの時、あの空の下に居たことが全てなんだ。
と、ちょっと遠くを見る少年風に(笑)

まあでも、始まったばかりの二人の夏。
そして、終わってしまった二人の夏。
けど、次へ向けてスタートを切った二人の夏。
まずは、序章。

Cimg0204_2  芸備線最寄り駅。
スタートを記念して
パチリ。

しかし、二人とも見切れる。
残念なくらい見切れる。

ここからが夏の始まり。
これから、夏のど真ん中へ

電車に揺られ
いくつもの町を通り過ぎ
向かうのだ。

車窓には、季節を彩る花。
風にゆれる緑の田園。
鮮やかな生命力に溢れる、緑豊かな山々。
合歓の花はもう、終わりを迎えている。
光を反射して流れる川。

美しい風景が、
緩やかなスピードで後ろへ流れていく。
私たちの時間も、緩やかに後ろへ流れていく。

電車を降り、隣の市までシャトルバスで移動。
県境の街に降り立つ。

Cimg0205 なんという空。
今日の雲はどうだい?

この空が見られただけでも
ここまで来たかいがあったというもの。

ゲート前、並んでるときすでに
オープニングの音が聞こえる。
気持ちが高揚。
わくわくわく…。
やっぱ、音楽が鳴ると
浮上するね。

浮上する上に
浮遊するね。


Cimg0207Cimg0208
さて、会場入りしてまずは。
焼きそばとビール。
腹が減っては戦はできぬ。

炎天下の下のビールは旨い!!

で、続きます。
まだ、ライブ参戦シーンまでは遠い道のり…。


今日は、10時くらいまでは身動きとれず。
それから、制作に励む。
ずっと同じ姿勢でミシンをかけるので
動き出す瞬間が、体がピキピキする。
筋肉痛とあいまって、円滑な動きができず。

作業は少しずつ丁寧に。
今日はずっとミシンだったのですが
もう少しミシンと格闘でっす。
















| | コメント (0)

2008年7月26日 (土)

絆。

絆。
俺たちのきずな。

| | コメント (0)

続☆セトスト中

続☆セトスト中
続☆セトスト中
続☆セトスト中
続☆セトスト中
続☆セトスト中
ゆず終わりました。
次スピッツです。

ドキドキドキドキ。

| | コメント (0)

セトスト中(あづ~)

セトスト中(あづ〜)
セトスト中(あづ〜)
セトスト中(あづ〜)
ベースキャンプっす。
体力温存中。

| | コメント (2)

セトスト08

セットストック08
セットストック08
セットストック08
セットストック08
あぢぃあぢぃ。

| | コメント (0)

セトスト前夜祭

セトスト前夜祭。
という名目で集合をかけるも、
実はある企てを、ふっふっふ(不敵笑)

ドッキリドキドキ大成功ーーっ☆

すごーーく久しぶりに、相方とミスドで待ち合わせ。
彼女がまだ広島に居た頃は
しょっちゅうここで待ち合わせ。
何時間も何時間も、ループする話。
コーヒーも3杯目ともなると、あまり進まない。
気がつけば、空の色も変わっている。

長い長い時間を、ここでいっしょに過ごしました。

…っていう話は何度も何度も、ここでしているので
酔っ払って、おじさんが何度も何度も同じ話を
繰り返す体になってきたので
やめておきましょう(笑)

今日は女子度が高い相方なのであります。

さて、ワタクシたちは
ドーナツ1個とドリンクで早々に引き上げる。
やはり、本番明日に備え、温存、なのであります。

だから、早く寝なきゃ。

夕方、東京の後輩から
衝撃的ニュースがメールにて届く。

サニーデイ再結成。

普段、割合にゆるい感じの彼だが
メールから興奮が伝わってくる。

即、ホムペを見る。
アクセスが殺到しているらしく
普段よりもんすごい時間がかかる。

ダイアリーを開くと3人連名で綴られた文章。
ああ、本当なんですね。
さすがに、ライジングサン(北海道)は行けません。
けど、フェスだけの再結成では無いらしく、
なので、必ずどこかのライブに潜り込みます。

みんな、サニーデイを待っていたんだなあ。。。
なんかでも、ここのところのBBSとかの騒動を思うと
ちょっと複雑な気持ちになったり。
でも、再結成は嬉しい。
嬉しいニュースです。

男子たちは特に、
今日は祝杯あげてんじゃないかなあ。
甘酸っぱい青春のひとコマひとコマを想いながら
ニヤリとしているんじゃないでしょうか。

県北のあの方たちも
後輩も
そして、サニーデイのソカベくんに恋してた女子たちも。
かく言う私も、一人祝杯。
薔薇酒を頂いています。

がしかし、明日のためにもう寝るとしましょう。



白いカンバス(布)に
少しずつ描き始めた私の絵。
扇風機つけたら、ひらひら風にはためくので
無風状態、汗だらだら。
それでも、針と糸を動かすのは
全然苦にならない。

小さくまとまらないように。。。
これが今の目標なんだけど
なかなかね。
たとえ毛が生えていても、所詮蚤の心臓なもんで。。。

おやすみなさい。



| | コメント (2)

2008年7月25日 (金)

黄色い月が呼ぶ

雨、降るかと思ったのに。。。

半熟黄身色の月が昇ってきたので
面白くて昇さまを見ていたが、
少々飽きてきたので、部屋に入る。
まだ、蚊も少なくて良かったなあ。


お通夜にいってきました。
今日は、セトスト(と言うらしいよ)の予行演習とも言うべく
どっちかというと、これから海っすか?山っすか?
という感じの服装で会社に行っていたため、
早退して着替える。

喪服の出番が多い。


お母様が亡くなられたんだけど、
母親の死というものは何か身につまされるものがありました。
日ごろから母に向かって
「何事も冥土の土産なんだから、心残りがないようにしときんさいよ」
と、軽口を叩いている私ですが、
そうやって、少しづつ私自身が心の準備をしているのかもしれません。
順番から言うと、どうしてもそうだから。

なんか今日は、疲れました。。。


明日は、セトスト前夜祭。
ぱーーっと行きたいとこですが、
翌日の本番のことを考え、ミスドで。
どーーしてもビア飲みてーーっと言う場合は
フジでビール買って、その辺で飲む。これに決定。
高陽バーです。

缶ビールもってふらふらしている女二人、
見かけてもそっとして置いてくださいね。
案外傷つきやすい二人なんで…。


…一瞬落ちてました。
今日はもう、眠るとしましょう。

おやすみなさい、また明日。

ホタテご飯作った。
今日はちょっとやる気出してみた。
シソとミョウガとゴマふりかけて
めちゃうまでした。

自画自賛アワーーーー。


| | コメント (0)

2008年7月24日 (木)

続・とりあえず今夜もビールで

雪印酒造様、

梅酒はとっくの昔になくなりました。
持って二日、でした。
まあ良いほうでしょう。
今回のも甘みちょうど良く、美味しく頂きました。

そういえば、明美姫に頂いた泡盛。
あの時分は喉の具合が悪く、おあずけ状態。
戸棚の奥にこっそり隠してありました。

あの泡盛を、頂かなくてはなりますまい。
がしかし、姫からの頂き物。
普段使いはもったいないので、
また一人打ち上げとか、一人祝杯のときに
頂くとしましょう。

岡本太郎さん、で思い出しましたが。
うちの父は大阪万博に行ったそうだ。
まだやんちゃ盛りだった父は、
革のツナギを着て、バイクにまたがり
仲間とともに大阪へ向かったらしい。

「父さん、太陽の塔、内部も見たんよね?どうだった?」
と聞いたところ、
「酔っ払って覚えとらん」
とのことでした。がっかりじゃ。。。

あんた、何しに行ったんね?ほんま・・・。
言われてみれば、
カメラ好きで写真もすごく上手い彼ですが
(風景の切り取り方とか、素敵なんですよ。)
一枚も万博の写真がありません。。。
もう一度言います。

あんた、何しに行ったんだ?

そんな父に、この前太陽の塔を見に行ったお土産に
ストラップを渡しました。
その場ですぐに携帯に付けよりました。
うれしかったみたいですよ。
じいさんなのに、相変わらずやんちゃな父です(苦笑)

それでも、やっぱね。
私の父さんなんだよなー。

父と母と、昭和のあの時代。
なんかその辺に、秋の「お達者exhibition」の
私のやるべき方向性が見え隠れしているような。
そこに、ヒントが隠れているような。
そんな気が、今ふとしました。

Cimg0119 岡本太郎宇宙、に触れると
普段接する殿方に対して
「ほんと、ちっちぇーなー、
ちっちぇーこと言ってんじゃないよー。」
って思ってしまいます(失礼。。)

「男なら、一生のうち、
心ん中に、自分のでっかい太陽の塔
建ててみろよっ!!!」って思っちゃう。

女もね。
でっかい太陽の塔建てよーぜ。
そして、本当に心ん中に建てちゃったのが
(岡本)敏子さん。

彼女の言葉、生きてきた時間
本当にかっこいい。
惚れちゃいますよね。

Cimg0146 Cimg0144_2








| | コメント (0)

2008年7月23日 (水)

とりあえず今夜もビール

夜はビール、
昼間は、室温きっかり30度微動だにせず、事務所で
スパークリングのミネラルウオーターを飲む。
ごくごく飲む。

同僚が、近所のスーパー(山口県)で1ケース買ってきてくれるらしく、
好意は甘んじて受けることにする。
30円くらい違うらしい。

炭酸炭酸炭酸。
ごくごく喉を通過していくこの感触。

夏フェス、いよいよ土曜日は「山フェス」
来週は「海フェス」
明けて「街フェス」

体力が続くのだろうか…。

その間にも、予定をぎゅうぎゅうに詰め込み、
8月末まで、突っ走ろう。
涼しくなったら、癒しの旅に出かけよう。

| | コメント (0)

2008年7月21日 (月)

自由に表現すりゃいいんだ。

Cimg0135もう、1週間が過ぎてしまった。

思えば先月の万博記念公園で
太陽の塔を見て、
先週の岡本太郎記念館。
1ヶ月のうちに、2箇所も
太郎さんのエナジーに触れる。

「心が解き放たれる。」

太郎さんの作品に触れ、
息吹を感じる場所に行くと
いつもそう感じる。

「解き放たれる」

自由に表現すりゃいいんだ。
気持ちが動くほうへ
手を動かす。
布をカンバスにして、
筆を針に持ち替えて、絵を描くように。

一番恥ずかしいことは、誰かの真似すること。
太郎さんが言っています。
そう、ほんとそう。
囚われずに、打ち破ろう。
きまりごとなんてドロップキックだ。
ロックダマシイーーーっ☆

…なんて、ただでさえ暑いのに暑苦しいっちゅうの。
そんで、こんな熱くロックな感じに言ってても
作るものは、夢見る乙女チックなもの。ははは。


創作の神様が、私のところにちょっとだけ来てくれて
「You、 作っちゃいなよ」と言ったとか言わないとか。
なので、手芸店はしごして材料集め。
久しぶりの「手芸のマキ」
いやあ、ワクワクしましたねー。
マキに行けば、次々とアイデアがわいてくる。
もっと自由に、型を破って。
当たり前と思わないで、もっともっと自由で。

つうわけで、創作スイッチ入ってます。
「売る」とか「売れる」とかは全然思っていなくて
作りたいものを、ヘンテコでもいいじゃない。
自分で、やりきったって思えるものを。


「絵を描くように、布に物語を描く。」
これ、テーマです。
まあ、まだ始まったばかりなので、
頭の中は壮大な世界が広がるけど
実際出来上がったものはこじんまり、だったりするのですが。。。


Cimg0138_2 太郎さんのアトリエ。
イーゼルには絵の具が飛び散り
床にも。

机の上の画材も
今しがた、そこで描いていたかのよう。
制作現場のエネルギーはすざまじく
圧倒される。
ここに長い時間居ると、
ふらっふらになる。

この部屋だけは、
異空間です。
南青山でも日本でも無い。
岡本太郎の現場です。

一歩外に出れば
真夏の陽ざしが照りつける
お洒落スポット南青山。

照りつける陽ざしと
アスファルトの照り返し
青山というこの場所。
様々な場面がフラッシュバック。

あの暑い日を
泣きそうな目を
思い出して胸痛むことはもう
二度とないけれど それでいいのさ
いいのさ。


あー、とうとう出しちまった「青い鳥」
でも、もう大丈夫、みたい。



| | コメント (4)

クロ(BlogPet)

きょうシロクロはため息したかも。

*このエントリは、ブログペットの「シロクロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄は熱いうちに打て

昔の人は言いました。
「鉄は熱いうちに打て」
そしてこうも言いました。
「ネタは熱いうちに打て」

つうことで、南観音で心鷲掴みの
超クールな場所。
Cimg0191 町工場、か何か
なのでしょう。

建物の外に
あらゆる形状の鉄。
鉄の切れ端。

あらゆる、ですよ?
しかも、鉄、ですよ?
めちゃめちゃかっこいいじゃないスか。

無秩序でありながら、
一つ一つに歪みが無く
全体像として
生み出される美しさ。
外壁の木目の板とあいまって
絶妙なバランス。


Cimg0189 そしてこちらも、
無造作に積み上げられた
一斗缶。
アズユーライクに切断され
本当に造作無くつまれているにも拘らず
絶妙な色のバランス
配置の妙が冴え渡り
美しい。

全てが鉄、なのです。
何の工場なんだろう。
そして、どんなおやっさんが
ここで働いているんだろう。

興味津々。
鉄を扱えたら
すごく面白いだろうなあと、
予てより思っていた。

そうそう、いずさんも
ここ、前から気になっていたらしく
またまたビンゴ、です。

Cimg0194 こちらは規則的に並んだ
機械と一斗缶。
何に使うのか?

一番奥の缶、
ウエッジウッドグリーンで
また、何でこんな小洒落た色をチョイス?
隣の囲いとのわずかな隙間に
鉄の棒収納。

ほんと、
ワクワクする、
なんかかかっこいい場所。


Cimg0195_2 Cimg0196 Cimg0197




鉄、熱いスね。

| | コメント (2)

2008年7月20日 (日)

大土産物展2008・夏

とりあえず生で。
その後は、昨日の「大土産物展」で頂いたおみや、雪印梅酒。
「薔薇酒」も頂いたのですが、これはもっと特別な日に。

…特別な日って?


さて昨日は、「大土産物展」と銘打って
いずさん@neigeさんちで、秋に向けての打ち合わせ&土産物交換会。
いずさんちの1階で落ち合い、
はなちゃんベビーカーに乗せて、そのまま近所のパン屋さんへ。
そこはケーキも作っていて、本日のデザートを買うために。
私たちの前途は、青空と入道雲。
がしかし、遠く雷鳴。
振り返れば、刻々と近づく暗雲。

それでも近況報告などしながら、
道中の気になるスポットでは、立ち止まりながら
相変わらず、お達者はお達者ペースで進む。


パン屋さんでケーキを選び、包んでもらうのを待っていると、
奥からおっちゃんが、今まさに型から出したデニッシュ食パンを持ってくる。
う、うまそうーーー。
私たちは迷わず、これください。
まだ熱々で切りにくいであろう1本を
二つに切ってもらい、揚々と店を後にする。

相変わらず雷鳴、雨雲はもう上空。
が、やはりのんきなワシらは
焼きたてのパンに我慢ができず
袋に手を突っ込んで、ちぎって味見。
パンはまだ、「熱っっ」っていうほどで、
湯気とともに口の中に広がるバターの香り。

焼きたてパン、こんなに旨いとは。。。

そして次の瞬間、
パタっ。。。。パタっ。。。。
ボタボタボタボタボタボタ・・・・・・・

大粒の雨が、ボタボタと落ちてくる。
ベビーカーを押しながら走るいずさん。
私も、まず食パンを濡れないように死守。
後へ続く。

いやはや、激しい夕立である。
が、この状況はかなり笑える。
途中、軒先をお借りして雨宿り。
Cimg0183 雨宿りをしながらも
ワシらの好奇心は留まらず
向かいの家のバラに
心奪われる。

雨の中、わざわざ撮りにいく。

少し弱まるのを待って、
また歩き出したとたん、
ボタボタボタボタ・・・・・・。

もう、こうなるとコント。
いずさん、ベビーカーを押して走る走る。
私はまた後ろで、
この状況を楽しむ。

二人ともパンは死守。


パンは死守、なんだけど
はなちゃん…。
ただでさえ、雨に打たれてるのに
その上、走られた日にゃ、顔にビシビシ雨が当たって
マンガみたいに、ちょい必死な変顔になってんじゃないかと、
「おかーぴー、ええかげんにせんかーーーいっ」
と、心の中で叫んでるんじゃないかと。
ばあや、心配。

再び軒先をお借りして、雨宿り。
心配してたはなちゃんは。。。
寝てる。。。
強い、あんさんは強い男じゃーーっ。

そんなこんなで、
いずさん宅についたとほぼ同時、雨は上がりました。
・・・やっぱりね。ふふ。

Cimg0185雪印喫茶店
本日のパスタランチセットは
ラタトゥイユのパスタ(ほうれん草のフェットチーネ)

デザートは、先ほど買ってきた
生チョコケーキ(これがことのほか美味しいのです)
それと、いずさん作のサクサククッキー。
お飲み物は、ハーブティ。

ラタトゥイユは野菜の味がしっかりと
旨みとなって溶け出して
幅広パスタに絡んで
とても美味しかったです。

家具や小物のしつらえも、演出の仕方も、
彼女らしくて、素敵です。
見た目の素敵さもさることながら、
私が彼女を素敵だなと思うのは、
丁寧に丁寧に暮らしている、その暮らしぶりが
随所に現れているところ。

お料理に対しても、物に対しても。
見習うところが多いのです。


その後、
打ち合わせ&交換会。
私たちの打ち合わせは、さらっとしております。
きっと、第3者が見たら「え?もう終わり?」な感じかも。

私は、彼女の大体のイメージや、作品の傾向を聞いて
それに合わせたイメージを膨らませます。
なので、ちょっとだけ話をして、
あとはそれぞれの持ち場に戻る、そんな感じかなあ。

夕暮れ迫るころ、お宅を後にする。
バスに乗るその前に、

さっきの買い物の時に、
気になって心釘付けになった激熱スポット。
私の中では激熱なんだけど、
そこ自体は超クール。めっちゃかっこいい場所なのです。

そのお話はまた。























| | コメント (0)

2008年7月19日 (土)

夏の夜のヒトリゴト

Cimg0178                      

            

            

魔法のバスに乗って、
僕らは旅に出る。

荒れ模様、終息せず。
気持ちがふさがるなあ。




私もネット世界がキライ。
掲示板とか、そんなんで気が滅入る事はあっても、浮き立つことは無い。
後味の悪い、居心地の悪い感情がいつも残る。
だから、とんと足を踏み入れない。


あ、でも一個だけ大切な出会いがあった。
それは宝物だ。

うん、でもやっぱり私はネット世界はキライ。
ブログしてるのに、それでもキライ。
だから、情報は最小限。
ネットサーフィンなんてまずあり得ない。
ただでさえ一日中、インターネットに接続された
情報垂れ流しの世界で仕事をしている。

決まったブログやHPと、メール。
あとは必要な情報、例えば辞書や路線。
そんなもんです。
余計な情報はいらんのだ。

ネット世界は、名無し顔無しの底なし沼。
吐き出されるエゴ。
ヒステリックな連帯感。
連鎖。
見ないに限る。足を踏み入れないことだ。



明日のライブ、
みんなが笑顔で居ますように。
当日券あるかなあ、行こうかなあ。

以上、ヒトリゴトなのです。

| | コメント (2)

ホップ姫、ご満悦。

プーケットビールでかんぱい。

Pa0_0001 今日はタイ料理。
熱いときには辛いものを食べて、
汗を流して体内浄化。
がしかし、
ビール飲んで、±0。な感じ。
プーケットビールは、
炭酸水のような飲みやすさ。
ややフルーティ。
後味も、舌に残る苦味が無く

…もの足りんっっ!!

でも、女性にはオススメ。
かもしれません。

「エビス・ザ・ホップ姫」(だったっけ?)
という、ありがたい称号を頂き、
光栄。勢い、国産ビールに変える。
生、やっぱ旨し。
最後に苦味でぎゅっとしめる、これこれ、これっすよ。
ホップ姫は、ご満悦なのであった(笑)

Pa0_0000 旨い、辛い。
汗。汗。汗。。。

中央通りのこのお店。
どれもおいしい。
トムヤムクンがとてもおいしい。

パクチーとレモングラスの匂いが
毛穴と言う毛穴から
放出されてるんじゃないか?



ビーチで一人じゃ寂しいから☆

そんな可愛らしい理由で(って、うざい?うざいっ?)
諦めかけていた瀬戸田。
なんだかんだ、話をしてたら
彼女の口から瀬戸田の話題。

よっしゃ、キターーーーーっっっ!!
ここぞとばかりに、営業マンのように瀬戸田行きを売り込む。
実は、彼女に一緒に行けないかと、
言おうと思っていたのだ。
ずっと、瀬戸田の念を送り続けていたのだ。

念が、届いたらしい。
そして、行くことに決定☆
チケットも取りましたー。

見たか、これぞ、ラブパワー。

間違いなくビーチが似合わない女が、
タヒチネコTを着て(着るのか?)夏の海に登場します。
ビーチは似合わないけど、

素潜りで貝を捕り、岩場のカキを石で叩き割って食らい
カニを地獄ゆでにしていた、
まあ、言ってみればこれ以上無い「海の女」


化粧品会社的にキャッチコピー

海女2008
「コケモモ、ナツ、海☆乱反射」

みたいなね。


嬉しくて、食べていても歩いていても
時おりこみ上げて抑えられない喜び。
今日もまた、有難し。

ホップ姫はご満悦なのであった。


さて明日はいずさんと


大土産物展つべこべ言わんと、もらわんかーーいっ2008~
日時:13:00~
場所:雪印喫茶店

なお、御車でのご来場はご遠慮ください。
公共交通機関をご利用ください。




粛粛と開催の運びです。

| | コメント (1)

2008年7月17日 (木)

温かいものに、触れた。

「あの、もし、お背中にカマキリが・・・」

これ、言えますか?
もし、目の前を歩く人の背中に、
人差し指ほどのカマキリがとまっていたら。
しかもそのカマキリは、きっとずいぶん前からそこにいたのであろう。
なぜなら、色を変えていた。
緑から薄い茶に、擬態していたのだ。

私は、言えなかった…。
言えないどころか、おかしくておかしくて。
虫、全然平気なんで、
そっと手を伸ばして取ることもできたのに、
ごめんなさーーーい。

Photo

とある場所が、ちょっと荒れていて
気分も滅入っていましたが。。。

それぞれが、語るべき言葉を持っている。
でも、言葉は本当に難しいと思う。

ましてや、コメントや掲示板なんかの
電子媒体では、書き手と読み手の間に
大きな温度差があるのはそれはもう、変えようの無い事実。

どんなに慎重にそして、言葉を選んで、
思いを伝えようとしても、伝わりきるものではないし
誤解も生むだろう。

そして、どんなに慎重に、見落とすことの無いように
思いを読み取ろうとしても、読み取れるものではない。
そして感情が先立ってしまうだろう。

感情がまた、さらに感情を波立たせる。

連鎖が起こる。


私が言えることは、
私のあの場所で感じた想いは、変わらないと言うこと。
それだけです。
ライブ(生)のあの空間で感じたことが、私の気持ちの全て。
その想いは、誰のどんな感情に触れても変わらない。


Photo_2

さて、そんな滅入った気分の私のもとに、
嬉しい嬉しい嬉しい出来事。
少し素直になってみれば
人の温かさをこんなにも感じることができるんだなあ。

人と関わることが億劫になっていて、
不安や、恐れや、なんか言いようのないざらざらした感触で
もう、新しい糸は繋げないと思っていた。

それこそ、
言葉の裏の裏の裏の意味まで読み取ろうとして、
勝手に思い込んで、勝手に傷ついたり。

シンプルに伝える。
素直に受け取る。

足し算も掛け算も無い言葉のやり取りで、
温かいものに、触れた。
有難し。

あの日、なだらかな坂の途中
建物の切れ間に、上昇するドラゴンをみたからね!

そして、
心の切れはしを託したならば、彼方へ・・・。

Cimg0168





| | コメント (0)

2008年7月15日 (火)

それは、土曜日のこと。

気がつくと昼。
それは土曜日のこと。

ドアノブに「起こさないでください」札を
かけていなかったからか、
お掃除係りの方がドアをノック、後開けられる。
それは土曜日のこと。

ちゃんと札は下げましょうね。

でも、着替えていたりとか
裸族だったりとかしたら、どーすんだろう?
いや、旅先ホテルでは、結構裸族なんですよ、ワタクシ。

だから札はちゃんと下げましょうね。

すっかり目が覚めてしまった私は、
出かける支度、なんだけど、
いまにもベッドに突っ伏しそうな、へろっへろ状態。

080712_11140001 前日、下北古着屋で買った
ワンピースを着る。
乙女、っすよ~(照。。。)
花柄に水玉、
大好きが合わせ技です。
そりゃ、速攻買うでしょう☆

で、これを着て。
まずは、田園調布を目指す。
沼元さん好きのあなたなら、
もうお分かりのはず。。
もうひとつのローザ洋菓子店、
そこを目指して。
なりきり乙女は、日傘を差し、

ロシアンチョコレート、あなたに届けたくて(はぁと。。)

を胸に掲げ、
田園調布駅に降り立つのでした。
080712_13080001
無事、課題をこなす。
ローザ洋菓子店の道路向かい。
サンリオグッズに胸躍らせた
少女時代がよみがえる。
いちご、のサンリオショップ。

えぇ、この私がですよ、
お達者人生まっしぐらのこの私が、
お店に入りましたyo~。
そして、少し照れながら、キティちゃんグッズを
手にとってみたりして…うふっ☆

……。

いや、お待ちくだされーーっ。
行かんとってーーーっ。


その後、吉祥寺に向かう。
「横尾」再び。

080712_15450001 座りたかった一人席。
運よく空いていて、
運よくそこへ案内されました。
やったっ。

そこはまるで、
小さな屋根裏部屋の
お気に入りの机のようで、
その小ぢんまりした感じが
とても落ち着くのです。

アンティーク物が
かわいくさりげなく配され、
長い時間、座って本を読む。

それが許される空間。
(ただし、休日はお客様多し)
080712_15490001 お気に入りは、
冷たいほうじ茶。

ほうじ茶、すごくおいしい。
そして、この日は
冷たいぜんざい(白玉、甘酒入り)

ほんのり甘酒風味のおぜんざい。
疲れた体に、とてもおいしい。

ここは、和テイストのものが主。
でも、ありがちな和の強い主張、ではなく
ほんとうに、あるがまま。
すっと、気持ちになじむのです。

さて、乙女なブックカバーの中身は、
およそかけ離れた百閒先生の著書。

「ほうじ茶をすすりながら
ニヤニヤ、百閒先生を読む。」

この部分だけを読むと、
やっぱりお達者はお達者ですねぇ。

のんびりとした午後を、
くつろげる空間で過ごせた
それは土曜日のこと。

| | コメント (4)

2008年7月14日 (月)

朝日に向かって歩く

080714_06090001 5時45分にめざましが鳴って、
目を開けたときに
最初に見た風景。

朝日が差し込んで、
扇風機の影が、箪笥に映る。

けだるい、夏の朝の風景。
一瞬、土曜日の朝にトリップ。
伝説、と言わしめたライブ。
夢のような時間だったなあ。
泣けたし、笑った。幸せだった。
愛と笑いと、酔っ払いの夜。
真夏、ではないけど、夏の一夜の夢。

朝日の中をよれよれと駅に向かう。
地下鉄は、始発が早くて助かるな。
広島だと、町が機能していない。

正直オールはきついっす。
きついけど、でもあの、
からだはものすごーーくだるいんだけど、
酔っ払ったまんまみたいな、ふわふわとした感じ。
夢と現実の堺を彷徨うような、
朝日に向かって歩くような、
あの感じは、やみつきになる。

顎の線がくっきりしてきた、酔いどれソカベ君。
生身のあなたと、同じ時間を生きてることの嬉しさ!!!
かみしめてシーツに包まるのであった。

| | コメント (0)

あまりってどこにあるかな(BlogPet)

シロクロはあまりがほしいな。
あまりってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「シロクロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

旅情

家です、帰りましたーー。

さて、何から話せばいいのか
何から伝えればいいのか
わからないまま時は流れて…。

おおっ、東京ラブストーリー、じゃないスか(照。。)
って、なんで(照)なんじゃーーっ!!
おかしくなっとる。
完全に、痛いことになっとる…。
まあ、置いといて(また、置くんかい、はぁ~)

金曜日の乙女時間から、ココロは女子高生(笑)

友達と学校の廊下で、好きな人のこと話して
きゃっきゃ言ってるような、
目が合っただけで、どきどきしてうつむくような、
「目が合ったよー、どうしよ・・・」
「いい感じだったよ。大丈夫!」
「覚えてくれてたよー(涙。。)」
「良かったねー♪」
なんて。ふふ。

ハッピーガーリーライフ☆
これだから女の子は楽しい。

そんなこんなで、微熱続き。

080711_20330001
結局、CCCに行ったフライデーナイト。
でも、ランチタイムシェフは
ランチタイムにしか居ないから(当たり前)、
パスタも食べられないし。。。
まあ、その方が緊張しなくて良いか、
って。気楽~に。

がしかし、素敵な偶然はあるものです。

夜のCCC。
窓に映る灯り、
上の小さい光は月。

テーブルには、
シロにピンクの縁取りの
トルコキキョウ。

デザートは、
チーズケーキとくるみのティラミス
またしてもめちゃウマ。
チーズケーキは酸味の感じが
私の大好きなチーズケーキの感じ。

たくさんのローソク
(なんか、キャンドルってのは違うくて。)
電灯とローソクの灯りが
両側の窓に映って、
奥行きのある不思議な空間を作る。
窓の外にもずっと、この部屋が続いているようだ。


気がつけば、
そこは、特別の場所じゃなくなっていた。

いつもの場所。
見慣れたテーブル、窓からの風景。
壁のレコード、BGM。
居ることが、普通で自然な場所。
この場所と、打ち解けた。そんな感じ。

そういえば、
今回、さっちゃん驚かせようと思って、
東京行きを告げずに、いきなりお店に行ったんだけど、
意外とフツーのリアクション。
なんで?って聞くと、
いや、(東京に)居ても、普通だから驚かない、って。

私は、何処に居ても普通に街になじんでいるらしい。
だからか?何処に居ても、良く道を訪ねられる。
今回も2回、聞かれた。
喜ぶべきか、
でも、なんか損した感じ?
「旅情」というものが無くなっているような?

ああ、でも旅情は、
何処かへ旅立たなくても、
例えば、いつもの通勤でも感じることは多い。
花を見た瞬間とか、風が吹いた時、とか。
それが東京でも、広島でも。何処でも。
旅情は、その場所が何処かではなくて、
何かに出会った瞬間瞬間に抱く。
そして、それは私だけでなく、
みんな案外そうなのかもしれませんねー。


今日、岡本太郎記念館で
パラパラと本をめくっていて
太郎さん曰く
「ゴッホは美しい、けど綺麗ではない
 ピカソは美しい、けど綺麗ではない」
(正確ではありません、悪しからず)
という言葉を目にした。

そうだなあ、と思った。
美しいと綺麗は、愛と恋の感じと似ている。
醜いと汚い、もかな。

きれいな人は沢山居る。
テレビにも沢山出ている。
けど、その全ての人が美しいわけではない。
キレイ、という表面上のカタチやサマ。
でも、キレイでも美しくない物や人は沢山。

汚い、は問題外だけど、
醜さの中に、泣けるほどの美しさを見ることがある。
逆に、美しさゆえの痛いほどの醜さを見ることもある。

東京は、キレイな人がいっぱい居る。
男の人も、女の人も。
そして、キレイでその上美しい人もいっぱい。
そういう人たちに出会えると、
心から嬉しくなりますね。

美しい…かあ。
はあ~。ため息しか出ん。

そんな太郎記念館や、虫の息で行動した
土曜日のことは、また。


携帯からの更新は、トラバの制限ができんのですよ。。









| | コメント (0)

センチメンタル☆ジャーニー

センチメンタル☆ジャーニー
夕方の飛行機に乗ります。

珍しく、帰りたくない感じになっている。

心が、ダダこねてます(笑)

今日は朝から精力的?に。
まずは青山の岡本太郎記念館。

そして、残りの時間はまたしてもっ!!!
まだ歩いていなかった路地裏や、通りをくまなく歩く。

いつでもご案内できまっせ。

ふっと見上げれば、ドラゴンのような雲。

上昇!

私が乗る飛行機、
夕方の空に飛行機雲を描くといいなあ。

| | コメント (0)

2008年7月12日 (土)

夕立が来そうです。

夕立が来そうです。
夕立が来そうです。
夕立が来そうです。
朝から、気温はぐんぐん上昇。
っても、オール明けで昼まで死んでおりましたが…。
昨夜はリキッドでのソカベくんタビトくん弾き語りオールナイト。

いやはや、もうオールはキツいッスね。
ライブは筆舌尽くしがたい(涙。。)
途中、幾度となく、落ちていました…。

昨日、夕立の雨宿りでスタバ後、雨上がりの通りに出る。

町外れの端っこの商店街を歩く。

ナイスな古道具屋発見。
そしてまた、微妙なもの発見。

それは、見るからにやる気がないのだ。
もうちょい頑張っても良かったんじゃ?と、なんか少し腹立ったりもして。

500円…。なんで、やさぐれ部門のものたちは500円なんだ?
適当に付けられた値段のワンコイングッズ。

古着屋と古道具屋のハシゴをして、じっくり厳選後、
南口で待ち合わせる。

乙女時間の様子はまた後ほど。

また、夕立が来そうな空模様。

| | コメント (0)

2008年7月11日 (金)

…風が、吹いたんだ。

…風が、吹いたんだ。
…風が、吹いたんだ。
ペラペラの花柄バッグに着替えを入れて、今日も私は旅に出る。

画像を見て、「デジャヴュ?」とお思いかも?

ライブ映像でございます。
只今わたくしは下北におりまする。

そして、CCCの前を散々行ったり来たりした挙げ句、
結局は、入れなかった…涙。。

勇気がありませんでした。
根性なしです。

それより、

なんで東京なんだ!?
そこんとこはどうなんだっ?

ままま、それは置いといて…って、置くなやーっ!!

…風が、吹いたんだ。

(吹いとけやーっ!!どごぉっ!!ぐふっ!!byいずさんあたりが)

まあ、そんなわけで、眠い。

スタバで休憩中。
座ったら、ソッコー落ちそうです。

雑貨屋で働くさっちゃんの、仕事終わりを待って、一緒に晩御飯。

画像はさっちゃんの働く雑貨屋のfogから向かい側のオジイを見た図。

こんなおしゃれな雑貨屋の向かいは、ダルダルランニングに半パンのおじいさん。

| | コメント (4)

2008年7月 9日 (水)

かえりみち

Cimg0104_2 Cimg0107_2Cimg0109_3Cimg0112_2                                                

今日は、なんだか疲労度大。
空回ったツケが回ってきたのか。

モネかゴッホの絵のような
つまりは印象派の絵のような
夕方の空。

母がやたらシャガールのことを言っていた。
退院したら、シャガールの絵のように、
と繰り返す。

夢見る乙女は、永遠だ。

画集でも買って持っていこう。
明日は、古本屋だな。

| | コメント (7)

カラカラ空回り

お、押さえきれん湧き上がる興奮。
って、またですか(笑)

ソカバン、キラキラツアーのDVDとライブCDが出るらしい。
しかもー、DVDは広島並木ジャンクション完全収録らしい。
ふ、ふふふ。。。
楽しみです、楽しみすぎます。
本当に、サイコーに楽しい夜だったから。

願わくば、私のバカ面は映ってませんように。
って言っても、カメラ後ろで回ってたから大丈夫。
8月8日発売でっす。


ばたばたと、いろんなことがあった、ここ1週間。
心配事や落ち込むことや、疲れて、腹を立てたり、閉ざしたり。
そんなこんなで、すっかり空回り状態。

一度空転始まると、カラカラカラカラ・・・・。
延々、ハムスターが輪っかの中を走り続けるように
止められなくなってしまう。
でも私は、ハムスターより
ちょっとばかし脳が発達しているので
自らが輪っかの外へ出る。

えいっ!!

これで前へ進めるなあ(笑)


首と、肘関節の内側にアセモができた。
風呂上りに、ベビーパウダー。
あ、ちょっと夏。

夏って子供のころの記憶に彩られているなあ。
記憶、だから私の夏は
いつもセロファン越しの映像なんだなあ。


PS.タイトル、うっすらリンクしてます。ふふふ。

| | コメント (4)

2008年7月 7日 (月)

クロ(BlogPet)

きのうシロクロが、SKIP*で予定したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「シロクロ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネコとタコ

その店の前に立ち
ウインドウを覗いたとたん、電流が走った。
ああ、電流が走るとは、こういうことを言うんだ。

それから、無意識につぶやいていた。
「落ち着いて、落ち着いて…。」
口の中で何度も、自分に言い聞かせる。

抑えられない興奮。
勢いに乗るアドレナリン。
しかし、表面上はあくまで冷静に。
おかしなことの無いように、
後輩の手前があるのだ。

すでにお忘れかもしれませんが、
それは先週のINシモキタ。

古着屋に続き、古道具屋。

小さいものから大きなものまで
ごちゃごちゃと並べられた店内。
鼻の穴はふくらみ、アドレナリンは放出
毛穴は開き、瞳孔も…ってほんま危ない状態。

かのビル・ゲイツがバスタブをドル札でいっぱいにして
その中で至福の表情を浮かべたと言う
伝説のドル札風呂(かなり脚色いれてますよ)

それに匹敵するぐらい、
そのときの私は「やさぐれ風呂」に入った状態。

ビルなら、店ごと買って、バスタブに入れるだろうが
庶民の私は、探す。
この店の中で、一番の叫びを。
耳をすまして、目を開き、神経を集中して、
まず一番に救済しなくてはならない、やさぐれを。

ああ、探すのではない。
声を発するのを待つのだ。
(かなり危ないことになっていますが・・)

そして、私のソウルに熱く響いたパッション。
Cimg0076 この2点だっ。

ネコ、めっちゃ下向いてます。
これは下からあおり気味で
撮っているので、
まだ顔が分かりますが、
正面視、耳しか見せません。

そしてタコ。
貝殻の上に、
ピンクのタコ2匹。

何?

わからん。

これは何?

わからん・・・。

この2点とも500円と言う
適当な値段が付けられ、隅っこに追いやられ。

私がこの2点を握り締めているのを見て、
あとの二人大笑い。
さらに、レジで買うのを見てまた
大笑い。

いやいや、普通なんすけど。

「店主もびっくりだよねー」
「タコ、売れちゃったよー、とか思ったよねー。」
「タコ、どこにいたっけ?とかおもったんじゃない?」
「普通、見つけないよねー。」
「500円とか、チョー適当だよねー。」

盛り上がる会話。


まだまだ、叫び声をあげる子達がいっぱいの
古道具屋。
常連になりそうです。

では、広い世界に放たれたネコをどうぞ。
それでもうつむき、さびしげ。

Cimg0057_2

| | コメント (4)

2008年7月 6日 (日)

移ろう空の姿を

Cimg0081_4 ちょっと動いただけでも汗。。。
今日は朝から、首にタオル。

それでも、夏だと言う気がしない。
まだ、夏の匂いじゃない。

暑いの大嫌いーーなので、
午後はひからびたナメクジのように
動けず頭も働かず。。

夕方、やっと活動再開。
「We Love Pasta」Tシャツを着て
スパゲッティを買いに、スーパーへ。
買い物かごがすっかりなじんできた
今日この頃。
なんか、サザエさんな感じ。
ミートソースを作ろう。
近所の家の石垣の、
ローズマリーをこっそり頂戴する。

自転車をこぎながら、顔はずっと上。
涼しげな雲。
夏はまだ来ない。

ぐつぐつ煮える鍋を
ぐるぐるかき回していたら、
おろしたてのTシャツに、ソースが飛び散る。
シミになるーーーっ、すぐに洗濯。
なかなか忙しい夕暮れ時。
Tシャツを干す、空を見上げる。
Cimg0088 ぽんぽんと浮かぶ雲の
あまりの可愛らしさに
きゅんとなる。

まあるいコットンのようです。
輸入雑貨とかで売っている
丸いカラフルなコットン。

あれはとても可愛いのだけど
実用性に欠けるのかな。
生活は、機能重視。
いかに無駄なく動けるか。
なのである。

再び、鍋をかき回す。

台所の窓がアカネに染まる。
急いで外に出る。
それは、一瞬のことだから。
逃してはいけない。
Cimg0097 薔薇色に染まる空。
刻一刻と色を変える。

この瞬間を逃してはいけない。
けど、鍋を焦がしてはいけない。
おまけに、パスタのお湯も
沸いているのだ。

いったん戻って火を止める。

移ろう空の姿を
しばし眺める。

近所のスーパーは
パスタの種類が○マーが主流で、
あとはイタリアもの。
ソースは好きな味になってきましたが
買ったパスタが失敗でした。
まずい、のです。

まずい、と思ったのは2回目。
皆様が、スーパーでこの二つのパスタに当たりませぬよう、
願うばかりです。

まだまだ夏じゃない、なんていってる間に
季節は過ぎ、秋の入り口、なんてことをそのうち言い出す。
いったいオマエの夏はいつ来るんだ?
ってえ話になるが、
一日二日、あるか、今年はないか。
そりゃわからんのだ。

| | コメント (2)

2008年7月 4日 (金)

夕暮れのあの美しさ

ひどく疲れております。
ふぅ~。

川沿いをずっと歩いて往復。
あまりの美しさに立ち止まる。
大正ロマンか昭和レトロか、そんな風情。

Cimg0051_2                

            眠って、そして明日また、川沿いを歩きましょう。

日傘を求めなくてはなりませぬ…。
けど、傘が身につかない私は、すぐに失くしてしまいます。

どんなに愛情注いでも、傘が身から離れてしまう。

あー、愛情注がないほうが良いのかも。
コンビニのビニール傘は、失くならない。。。
なんか、悲し。

| | コメント (0)

2008年7月 3日 (木)

こんな日もあるさ。

今頃は、帰りの新幹線に乗っているか、
はたまた、大阪支所の人と飲んでいるか
はたまた、ライブの余韻に酔いしれ、
ビールで一人打ち上げINホテル。

のはずだったのですが…。

イヤホンでライブ盤を大音量で聴く。
まあ、こんな日もあるさ。
今日は難波でライブ、の予定でした。
チケットも取り、私にとってはツアーファイナル。
でもまあ、こんな日もあるさ。


母の手術。
朝一で手術室に入り、終わったのが1時前。
無事生還(笑)
昨年もそうだったけど、今回も麻酔から醒めて、
「お帰り、お疲れさまでした。」と声をかけて、
二言三言のちに「おなかすいた」と。
まあ、無理も無い。
昨夜から何も食べていないんだもの。

手術中、川土手から路地まで、病院の周りを散策。
周りには定食屋も点在し、
少しずつ制覇していこうかと、チェック。
麻酔から醒めて、経過良好なのを確認し
遅いお昼を食べに出る。

今日は、自然食の定食屋に入ってみました。
玄米ご飯とお惣菜が8品、お味噌汁。
体に良さそうなお昼ご飯です。

Cimg0040_6 病室に帰って
弟とデジカメの話。
何気に窓の外を撮った1枚。
またしてもミラクルが。

私が撮ったこの画像と
弟が彼のカメラで撮った画像。
空と建物の割合から、配置から
寸分たがわぬ一枚に。

まあ、同じ場所から空を
撮ったんだから、似てて
当たり前っちゃあ当たり前、
なんだけど。

あまりの違わぬ加減にびっくり。 

経過も良く、付き添っているとしゃべりすぎてかえってよくないので、
(ずーっとしゃべりっぱなしなのですよ、この人は)
早めに帰っても良かったんだけど、
一人はさびしいだろうと思い、結局夕方までいました。

行って行けないことは無かった大阪。
けど、ちょっとしんどいってのが本音です。。
昨日今日と、何でもないようでも
やっぱり気は張っていたのでしょう。
ぐったり。。。
列車に飛び乗る気力は、残っていなかった。。。
家に帰って、そのまま突っ伏す。

川土手に咲いていた白い花。
くちなし、あじさい、ナンテン、たいさんぼく。

Cimg0032_2 Cimg0035 Cimg0036 Cimg0038 



| | コメント (0)

2008年7月 2日 (水)

10年目の同窓会

若干、疲れ気味であります。

昨夜は、久しぶりの舞台を観に行きました。
その舞台を見始めて、10年。
そして、10年前に出会った仲間たち。
同じグループではないけれど、心打ち解けて話す仲間。
東京以南、あちこち寝食ともに旅してきた仲間。
今でも大切な人たち。

舞台があったからこそ出会えた。
それぞれが、本気で恋をして、本気で泣いたり笑ったり。
やることなすこと、危なっかしく見えたらしい私と相棒は
いつも、様々な人に助けてもらいました。
懐かしいです。
1分1秒、一所懸命だった。

舞台終わった後、呑みに行って、
あの頃は、舞台終了後にゆっくり飲み食いするなんて
考えられんかったねー。
思い出話に花が咲く。

久しぶりに会えた友よ、楽しかったね。
今年は私たちが出会って10周年。
盛大に同窓会を開きましょう。
あのころのバカっぷりを、笑いあいましょう。

みんなに出会えて、心からありがとうです。

さて、舞台は。
これまでのような派手さ、華やかさはなかったけれど
胸に迫るものもあり、大ベテランの役者さんの加入(?)で
芝居自体が奥行きのあるものになっていました。
すまさん、すごかった。鳥肌たった。

昔からのファンの評価は分かれるところかなーー?
私は好きです。


今日明日と、気を張る日が続きます。
疲れていて、かえって眠れそうにないのでビールを1缶。
けど、今日はちょっと苦く感じる。

Cimg0031_4
噂のネコTっす。
めちゃめちゃピースフルじゃないですか?

オーラはネコ関連商品が多く
ネコ好きの方、おすすめです。

近々移転するそうです。
ROSE RECORDSのあった場所へ。
そう、オーラもソカベファミリー。

シモキタはソカベ一門多しですよ。



| | コメント (2)

2008年7月 1日 (火)

季節が変わります

Photo  

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »