« センチメンタル☆ジャーニー | トップページ | あまりってどこにあるかな(BlogPet) »

2008年7月13日 (日)

旅情

家です、帰りましたーー。

さて、何から話せばいいのか
何から伝えればいいのか
わからないまま時は流れて…。

おおっ、東京ラブストーリー、じゃないスか(照。。)
って、なんで(照)なんじゃーーっ!!
おかしくなっとる。
完全に、痛いことになっとる…。
まあ、置いといて(また、置くんかい、はぁ~)

金曜日の乙女時間から、ココロは女子高生(笑)

友達と学校の廊下で、好きな人のこと話して
きゃっきゃ言ってるような、
目が合っただけで、どきどきしてうつむくような、
「目が合ったよー、どうしよ・・・」
「いい感じだったよ。大丈夫!」
「覚えてくれてたよー(涙。。)」
「良かったねー♪」
なんて。ふふ。

ハッピーガーリーライフ☆
これだから女の子は楽しい。

そんなこんなで、微熱続き。

080711_20330001
結局、CCCに行ったフライデーナイト。
でも、ランチタイムシェフは
ランチタイムにしか居ないから(当たり前)、
パスタも食べられないし。。。
まあ、その方が緊張しなくて良いか、
って。気楽~に。

がしかし、素敵な偶然はあるものです。

夜のCCC。
窓に映る灯り、
上の小さい光は月。

テーブルには、
シロにピンクの縁取りの
トルコキキョウ。

デザートは、
チーズケーキとくるみのティラミス
またしてもめちゃウマ。
チーズケーキは酸味の感じが
私の大好きなチーズケーキの感じ。

たくさんのローソク
(なんか、キャンドルってのは違うくて。)
電灯とローソクの灯りが
両側の窓に映って、
奥行きのある不思議な空間を作る。
窓の外にもずっと、この部屋が続いているようだ。


気がつけば、
そこは、特別の場所じゃなくなっていた。

いつもの場所。
見慣れたテーブル、窓からの風景。
壁のレコード、BGM。
居ることが、普通で自然な場所。
この場所と、打ち解けた。そんな感じ。

そういえば、
今回、さっちゃん驚かせようと思って、
東京行きを告げずに、いきなりお店に行ったんだけど、
意外とフツーのリアクション。
なんで?って聞くと、
いや、(東京に)居ても、普通だから驚かない、って。

私は、何処に居ても普通に街になじんでいるらしい。
だからか?何処に居ても、良く道を訪ねられる。
今回も2回、聞かれた。
喜ぶべきか、
でも、なんか損した感じ?
「旅情」というものが無くなっているような?

ああ、でも旅情は、
何処かへ旅立たなくても、
例えば、いつもの通勤でも感じることは多い。
花を見た瞬間とか、風が吹いた時、とか。
それが東京でも、広島でも。何処でも。
旅情は、その場所が何処かではなくて、
何かに出会った瞬間瞬間に抱く。
そして、それは私だけでなく、
みんな案外そうなのかもしれませんねー。


今日、岡本太郎記念館で
パラパラと本をめくっていて
太郎さん曰く
「ゴッホは美しい、けど綺麗ではない
 ピカソは美しい、けど綺麗ではない」
(正確ではありません、悪しからず)
という言葉を目にした。

そうだなあ、と思った。
美しいと綺麗は、愛と恋の感じと似ている。
醜いと汚い、もかな。

きれいな人は沢山居る。
テレビにも沢山出ている。
けど、その全ての人が美しいわけではない。
キレイ、という表面上のカタチやサマ。
でも、キレイでも美しくない物や人は沢山。

汚い、は問題外だけど、
醜さの中に、泣けるほどの美しさを見ることがある。
逆に、美しさゆえの痛いほどの醜さを見ることもある。

東京は、キレイな人がいっぱい居る。
男の人も、女の人も。
そして、キレイでその上美しい人もいっぱい。
そういう人たちに出会えると、
心から嬉しくなりますね。

美しい…かあ。
はあ~。ため息しか出ん。

そんな太郎記念館や、虫の息で行動した
土曜日のことは、また。


携帯からの更新は、トラバの制限ができんのですよ。。









|

« センチメンタル☆ジャーニー | トップページ | あまりってどこにあるかな(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センチメンタル☆ジャーニー | トップページ | あまりってどこにあるかな(BlogPet) »