« 太陽(BlogPet) | トップページ | 2008、夏を結ぶ »

2008年7月29日 (火)

セトスト08、いざ出陣の巻

Cimg0213  ライブは熱いうちに打て。
…あれ、これつい最近も使ったような。。
とにかく!!日が経つにつれて、なんか弱くなってしまうので一気にその模様を記録しておきましょう。


焼きそば食べてビール飲んで、
物販並んで(ってもちょっとだけ)
Tシャツとタオル買って、
EAST STAGE前の丘陵へ向かう。
少し高い位置に陣取って、芝生の上に座る。
テナー(↑上げ気味で言うらしいよ)演奏中。
いやしかし、ごめんなさい。
あぢぃのです。
兎に角、あぢぃあぢぃのです。

兎に角、日陰なのです。
我我の欲するところは、何はさておき日陰なのです。
根性無し、と言われようと、まだ、
夏のど真ん中の暑さに慣れていない私たちは
遊具施設に非難。
アスレチック遊具にベースキャンプを張る。
しょっぱなすでに、頭にタオル。風呂上り状態。

時々、空を見上げ、話す。
極悪八雲も登場し、笑う。
時々、風に目を細めながら、話す。
引き続き極悪八雲登場で、大笑い。
…って、あんたらライブは?!

そんな時間も、ありなのです。
楽しみ方はそれぞれ。
私たちらしい、ライブの楽しみ方。
でないと、この一日がもったいない。

ベースキャンプにて、十分な体力回復&温存を図っていたところ
ステージから斉藤和義さんの歌声が聴こえる。
ああっ、やばい行かなきゃ。
急いでキャンプ地を後にして、エリア後方芝生の上に座る。
暑さに体も慣れてくる。

久しぶりです、和義さん。
毎回のようにライブに行っていた時期がありました。
相変わらず、この人の歌声の確かさは、ホールでも野外でも
同じくらい胸に響く。

「歌うたいのバラッド」炎天下、鳥肌が立ちました。
ステージを見て、空を見て、空の下に広がる歌を聴いて。
そして、少し泣きそうになったよ。


極暑の中、
この空に随分と助けられた。
待ち時間も、苦ではなく、短く感じられたのは
空のおかげだ。
本当に、この日の空の様といったら!!

さて、次はゆず。
元ゆずっ子の相方。
でも、もう卒業したから特にいいっす。的な。
別に後ろでもよくね?的な(笑)
がしかしですね、「徐々にエリア前方に行っちゃう作戦」
「スピッツはより近くで大作戦」
多くのミッションを遂行すべく、前へ移動。

で、ゆず登場。
相方、出るか出んかのところですでに
「ゆうじーーーん(はあと)」叫ぶ。
そのあまりの変わりっぷりに大爆笑。
しかも、早やっ。相方、ノンストップ。
それにまた大爆笑。
別に後ろでもよくね?って、
そりゃもう、大人の階段登った感じだったのに、っすよ?

まあ、走れ走れ。
今は、ゆうじんに向かって、突っ走れ。
爽やかな笑顔がスクリーンいっぱいに映し出される。
そりゃ、女子はやられるっしょ。
「ゆうじーーーん(はあと)」になるっしょ?

お昼に物販並んでるときすでに、「ゆずは完売です」のアナウンス。
いやー、すっげえなあ、ゆず。
がっちりと組まれた礎(いろんな意味での)の強さを感じました。


今日一気にレポしようと思いましたが、
力尽きる。


明日また。
思い出のアルバムとともに、また明日~。

Cimg0210_2 Cimg0216

Cimg0219

Cimg0220

Cimg0225_2

Cimg0223

|

« 太陽(BlogPet) | トップページ | 2008、夏を結ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太陽(BlogPet) | トップページ | 2008、夏を結ぶ »