« 音楽の楽園 | トップページ | それとも満足する(BlogPet) »

2008年8月 5日 (火)

僕らの夏休み

瞳に君を焼き付けた 尽きせぬ思い
明日になればもうここには 僕らはいない
映る全てのもの 急ぎ足で変わっていくけれど

君を愛してる 世界中の誰よりも
言葉じゃいえないもどかしさ伝えたいよ 今も

(山下達郎「さよなら夏の日」)


Photo_7                                 

そんな尽きせぬ思いがあった、あの夏の日を思い出す(笑)

何故か、この唄をすごく思い出し、
鼻歌歌いながら、歩いた尾道city。
それは昨日のこと。

私が島の楽園で見つけた忘れ物は、
そんなこと、恥ずかしくていえないような
青臭いもの。だった。


君を愛してる、世界中の誰よりも。

「恋してますか」ソカベ君が何度も言う。
それはフェスタデラマでのこと。
別に、ノリで「はーーいっ!!」って言えば良いのに。
なんか心の中で躊躇してた。

君を愛してる、世界中の誰よりも。

ふふふ。
そうだそうだ、
それを堂々と、臆面無く言えるあの季節。
それだけが全てだった、あの季節。

その只中に立たせてくれた、昨日のソカバン。
あのころのようにはもう、言えないけれど。
ただただ素直に
嬉しい楽しい大好きっ!!!(ドリですね・笑)

ほんと恥ずかしいくらい

・・・言うよ、言っちゃうよ

青春したっっ!!


Photo_8                                        

ラマが目的の小旅行ではありましたが、
自転車借りて、島内をすこしだけサイクリング。
海岸沿いをずっと走る。
潮風を受けながら。

小学生のころに戻ったようでした。
浮輪をつけて、水着のまま海まで自転車こいだ
僕たちの夏休み。

080803_11340002
アイス食べて、
廃校の木造校舎を見て、
学校の怪談的なことを
ちょっと想像したりして、
ひんやり(笑)

夏の日差しも
空の下の校舎も二宮金次郎さんも
全部が、僕たちの夏休み。

尾道への渡船が
まるでタイムマシーンのように
現実に戻す。
大人に戻った私たちは
さっそく尾道ラーメンへ。
商店街の人におすすめはどこですか?とたずねると
「みやち」さんの名前。
以前も、地元の方に聞いたら「みやちさん。」と。
いわゆる「尾道ラーメン」のイメージからははずれるかも。
けど、私はここのラーメン、好きです。
二度目、今回もスープ飲み干す。
隣を見ると、彼女も飲み干してた。

080803_18360001
その後、デザートを求め、からさわへ。
アイスもなか、ほんっとに美味しいです。
そしてまたしても
食べかけです。

そういえば、昨日載っけた画像、
ジェラートも焼きそばも食べかけ。
ビールにいたっては、飲み干した後。

まず、食べたい。
その気持ちには勝てんらしい。

高速バスの時間を見計らって
デパ地下でビールを買う。
バスに乗って
かんぱーーい☆
こうして、僕たちの夏休みは終わったのでした。
ありがとう、お疲れ様。

080803_18410001
さよなら夏の日 
いつまでも忘れないよ
雨に濡れながら 
僕らは大人になっていくよ                               

                                         

                                   

                                   

|

« 音楽の楽園 | トップページ | それとも満足する(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽の楽園 | トップページ | それとも満足する(BlogPet) »