« 散歩道2 | トップページ | シロ(BlogPet) »

2008年9月23日 (火)

3時間のぶらり旅

いつもバスから見る風景。
その中で、気になってい古本屋と喫茶店。
そこを目指して、歩きました。

バスどおりから、1本違う筋の旧道に入り、
てくてく歩く。
080923_16050001 こじんまりしたタバコ屋。
中から子どもたちの声。
駄菓子も売っているようです。
中二階の窓のしつらえが素敵で、
日本家屋なのに、ちょっと洋を
取り入れた感じ。

窓にはバラ模様の白いレースカーテン。


この通りには、
格子戸のお家や
ちょっと洋館ぽいお家なんかがあって
普段は通らない道は
発見色々。

080923_15000001 小川沿いの道を下っていくと、
なつめやしの古木。
実はもう熟していましたが
手の届く範囲には無くて、
残念。

小学校のとき
台風後の増水した川へ
自転車ごとダイブした
あの時の風景とダブりました。

この手間へにコンクリの橋。
まさに、島のあの場所とかぶる。

古本屋に到着。
ああ。
ああ、ほんまもんの店でした。
日本の文化「OTAKU」
ここは、私なんぞが入っちゃダメな店でした。
中央部、書棚両サイド、ぶち抜きで
鉄道ファンやら時刻表やら、切符やら、運転手の制服やら…。
まあ、そんな店でした。

あとは、マニアックなマンガ雑誌やら
マニアックなグラビア雑誌やら
よくわからんが、マニアックな雑誌が沢山ありました。
あとは、DVDが。
アキバやリトルアキバでよく見るような女の子のアニメの
DVDが…。

ああ。
早く出たい、が、
入り口ではマニアックな方たちの集いが。

それでも、太陽のガラス特集を見つけ、
気分はものすごくどんよりしながらお金を払い
店を出ました。

ああ。

気を取り直して、また川沿いに歩く。
踏切。
そこで折り返して、
小学校をぐるりと取り巻く小道を歩く。

そこで、沢山の渦巻きをみて、
どの渦巻きもぜんぶ可愛くて、
夢中で写真を撮る。

Uzuuzu_edited1_3 とげとげのは実。
これ、直島で見た
地球外生物の実だ!!

なんてまた、思い出に浸る。
まだかたいつぼみ
開く直前、
色んな表情の渦巻き。

かわゆし。

結局、喫茶店に到着した頃には汗だく。
コーヒーを飲む気分になれず、
自販でお茶を買い、一気飲み。
さらに汗だくになり、帰路に着く。

が、途中へこたれバスに乗る。
甘い冷たいものにすがりたく、
ミスドでマンゴーシェイク。



そんな小さな地元旅行。





|

« 散歩道2 | トップページ | シロ(BlogPet) »

コメント

この頃は、静かに
秋らしくお過ごしの様子。
普段歩かない通りを抜けるとき
ドキドキするものが、ありますね。
タイムスリップを、期待しながら
感慨深く一人で歩く。
時々、開け放したお家の窓から
話し声がきこえたり、笑い声が
聞こえたりして
そんな時、なんだか懐かしくて
ちょっと不思議なのだけど
涙が出るときが、あります。
なんの涙なのか、
悲しい涙でないのは、確か。
秋は、一人で過ごす時間を大切に
したくなりますね。

明日は、お休み
眠るのが、惜しくて
秋の夜長を愉しみながら
ここへ、おしゃべりしに
やってきました。
まだ起きてますか?
ここ1ヶ月以上、何も制作していなくて
明日は、少し何か作りたくなりました。

そうそう、20日のいずみさんの日記
はなちゃんは、素晴らしい母親に恵まれ
ました。
だから、はなちゃんのような、もう
人格と言っていいのかしら?
そのへんの、お子とは別格の小さな紳士に
育つのね、と、しみじみ思いました。
なんか常識とか、すでに身についているような
気がしてなりません。

投稿: 中原のばら | 2008年9月24日 (水) 00時59分

苔桃文庫さん、こんにちは。
お元気ですか?
見覚えのあるタバコ屋さん、あそこであろう古本屋さん。私も行きました。そうそうにお暇したくなる気持ちわかります。
あのタバコ屋さんの近くにある神社をご存じですか?
雄々しく優しいイチョウの木があるのですよ。
緑の葉の時も、黄色の葉の時も、空にのびる枝の時も、どれも素晴らしいのです。


投稿: 種もの屋 | 2008年9月24日 (水) 13時53分

のばら様。

昨夜は早々に休んでおりました。
さすがに、歩き疲れてしまい、
夕食作りながらも、不機嫌が最高潮に達してしまい。。
まだまだ、精神鍛錬が足りませぬ。

知らない街や、普段通らない道は、
現実にタイムスリップすることは無いけど、
時間の狭間にすとんと落ち込んだような
錯覚に陥ることがあります。
あるいは、思い出の風景の真っ只中に立たされ、
それらはある意味、タイムスリップなのかも。


私も、あれこれイメージはあるのですが
なかなか、手が動きませぬ。
こればっかりは、「手」にその気になっていただかないと。
でも今思っているのは
着られなくなったもの、使えなくなったもの。
それらのパーツを使って、新しいものと組み合わせて
おもしろいものができたらなあと。

まだまだ、頭の中にある「ザ・漠然」です。

小さいジェントルマン。
私もかげながら、ばあやとして、
暖かく、時には厳しく(!?)
お付き合いさせていただけたらなあと思います。


例の鬼胡桃(笑)。
秋も深まってどのような様相になってきたでしょうか?
ぜひとも、確かめに行きます!!

投稿: みち代 | 2008年9月24日 (水) 17時25分

た、た、た、種もの屋さーーんっっ。
(勢い、本名を言ってしまいそうに…笑)

こんばんは。
種もの屋さんもお元気でしょうか?
無沙汰をいたしております、申し訳ありませぬ。

先日、種もの屋さんの夢を見ました。
つか、ワタクシ
ここ最近いろんな方が夢枕に立たれます。
が、よく考えれば、私が皆さんの枕元に?
な、なんか大丈夫なんでしょうか、私?


やはりお分かりになりましたか。
さすが地元。
あの古本屋は…本当に、ねえ。
あの空間の居心地の悪さよ(笑)


大イチョウの木は、
バスからもいつも気になっていて、
で、見当をつけて、
あの近くのお寺の境内には行ったのです。
けど、こじんまりしたイチョウの木があるばかり。


次は、そばまで行ってみます。


季節ごとに、
花が咲くごとに、
種もの屋さんのことを思いました。


笑顔でお会いできる日を
楽しみにしています。

投稿: みち代 | 2008年9月24日 (水) 21時37分

あ、行こうと思った喫茶店は
夢の名のつく珈琲館です。
種もの屋さんは行った事あるのかしらん。

投稿: みち代 | 2008年9月24日 (水) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 散歩道2 | トップページ | シロ(BlogPet) »