« シロ(BlogPet) | トップページ | 素麺賛歌 »

2008年9月27日 (土)

オトメの祈り

080927_13450001 秋明菊(シュウメイギク)が咲きました。
秋の明り。
これは桃色ですが、白もあります。
白い秋明菊がわっと咲いて
風に揺れる様は
そりゃもう美しくて、はかなげで
夕暮れ時なんぞは、切なくて
涙しますよ。

別名「貴船菊(キブネギク)」とも。
京都の貴船山に自生していることから
こう呼ばれるそうです。

幼少の頃より
そのはかなげな様が胸を打ったのでしょうか
大好きな花のひとつです。
Photo                                    

                               

                                 

                               

「集団食中毒」
1日半、苦しんでおりました。

木曜日、東京本社からのVIPを迎えて会食。
家に帰りついたあたりから、激しい頭痛と吐き気。
その日は黒ビールを2杯。
もしや普段(黒は)飲まないので、悪酔いか?と。
割れそうな頭と吐き気に、何度もトイレに駆け込みながら
「神様、もう二度とアルコールは飲みません。」
と、心の中で猛反省。

あまりの吐き気と頭痛に、
どうやっても、どんな体勢も、1秒すら楽な時は無く、
この世にもはや身の置き所は無い。
そんな状態。

頭痛薬を飲むも、吐く。
眠れず、夜中も何度かトイレに駆け込む。

ああ、酒に弱くなってしまったのかと、
情けなく、しかし飲みの次の日に休むなんてもってのほか。
いつもどおり起きて、弁当もつくる。
そして、依然おさまらない吐き気と、ついにはおなかも下し、
ひどい朝なわけで。

でもこの時もまだ、「ああ、神様もう二度と飲みません」

で、出勤したら人がまばら。
前の席の女の子が「大丈夫でしたか?」と。
聞けば、出勤してる人たちもみんな、夜から朝にかけ、同じような症状。
今もまだ、続いていると言うではないか。
隣の女の子も、夜中何度も吐いて、下して、
「神様もう二度とバカ食いはしません」と思ったらしい。

乙女たちの早とちりな祈りを捧げられた神様、困ったであろう。

どうしてもその日片付けなきゃならない仕事をやって、
寒気もするので、昼過ぎに早退。
帰って計ったら、37.7度。
病院にいくのもしんどいので、そのまま寝る。


下痢発熱はおさまりましたが、
少し物を食べると、胃の中に鉛が入ったみたいに
にぶーくながーく痛い。


ほんま、ひどい目にあいました。
会社も壊滅状態で、それはちょっとおもしろかったです(笑)
学級閉鎖みたいに、事務所閉鎖にすりゃよかったのに。

オトメの祈りもそこそこに、
本日はゆるゆると回復を待ちます。


080927_13460001



|

« シロ(BlogPet) | トップページ | 素麺賛歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シロ(BlogPet) | トップページ | 素麺賛歌 »