« 瞬きほどの時 | トップページ | ディスカバー宮島「旅情篇」 »

2008年10月 5日 (日)

ディスカバー宮島「食い倒れ篇」

美味しいものをいただきました。

081004_11540001 宮島と言えば「あなご飯」
あなご飯といえば、
宮島口のお店が有名ですが
ここは島内の、路地を入ったところ。
メニューはあなご飯だけ。

お父さんとお母さん、お二人で
切り盛りされています。

今まで食べた中で
ここのが一番おいしい。
と、私は思いました。
081004_11380001焼きあなごはふっくらとして
甘めの醤油ダレ、焦げ目の香ばしさ。

おいしいあなご飯なら「和田」さんへどうぞ。

箸置きのミント、
入り口横に
さりげに生けられた
ホトトギス。

081004_11400001 お父さんのお話も
とても興味深く、
宮島のことをたくさん
教えていただきました。

なにげないけど丁寧な
おもてなしの心のお店です。


あなご飯で始まった、食い倒れの旅。
お次は、前回の宮島に引き続き
チーズもみじ食べ比べ。
クリームチーズ、固形チーズ全部で7店舗のチーズもみじ
計8個をいただきました。
チーズのしょっぱさと、がわの甘さとのバランスが絶妙だった
「紅葉堂」さん(固形チーズ部門)と
宮島口の「おきな堂」さん(クリームチーズ部門)が
それぞれナンバー1。

あなご飯、もみじ饅頭、とくれば
お次は、焼き牡蠣。
オーダーストップ間際(17時前…)のお店に
滑り込みセーフ。
焼き牡蠣一皿とグラスビールを注文。



あ、スペシャにかえたら、ライジングサン。
ちょうど、ランデブーがっ!!
ちょっくら観て来ます~。


Photo                                      

                               

思いがけず、ソカベ君。きゅん☆(はぁと・笑)
サニーデイもやるかな~?


焼き牡蠣は、ふっくら焼きあがりジューシーで、
ジョッキにすりゃ良かったねー、ビール。

さて、食い倒れの〆は
テレビなどで話題の「あなごまん」
中華まんの中に野菜あんと煮あなご?かな?
コショウの味が強く、あなごの味はあまりしない。
まあ、話の種に、かな。

デザートに鹿ソフトを、と行きたいとこだが
もうおなかいっぱい。
鹿ソフト…おそらく、普通のバニラソフトに
チョコチップか小豆のトッピング…。


旅に食はすごく重要。
最初のあなご飯がおいしかったから
全てが喜ばしく、楽しい時間となりました。














|

« 瞬きほどの時 | トップページ | ディスカバー宮島「旅情篇」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瞬きほどの時 | トップページ | ディスカバー宮島「旅情篇」 »