« バラ一輪 | トップページ | 夜と朝の間に »

2008年11月15日 (土)

お達者ですか?鳥取篇

081115_14300001 美しいですねー。
ボタン屋で選んだのは
紫系のボタン。
菫色
ラベンダー色
藤色
あやめ色
ライラック色

写真では分かりにくいですが
様々な色
素敵なカッティング。

宝石よりも
輝石よりも
美しいと思えるボタン

紫系の表現も、色々あるもんだなあ…。

                                                       

081115_13440001 081115_13450001
モヘア毛糸。
手芸屋さんで、
箱買いです。
箱の中は、
私なりの世界観。

これは使えません。
使いたいけど
もう、これだけしかないから
使っちゃうと、ねえ。

こちらも写真では
分かりにくいですが
色合い風合い、
現行品には無いものばかり。
だから、使ってみたいと言う思いも強く
うっとりと眺めつつ
ひらめきが舞い降りたら、編み針を動かすとしましょう。


                                                        

081115_13500001布屋さんで。
これと、あと2種類入手。
作りたいもの、
頭の中にあるのですが
さて、ミシンを出すまでに
時間がかかりそう。。。

今日は、
そんな宝物のような材料の整理、
少しやりました。
そして、年末に向けて
小さなものから少しずつ
作りたい気持ちが高まる。

鳥取は宝物がいっぱい。
この3つのお店の店主さんたちは
おばあちゃんだったり、おばちゃんだったり
もう、お年はずいぶん上の方ばかり。
けど、みなさんとてもお元気で
しゃんとしていらして、そして美しいのです。
手芸のなせる業でしょうか。

やはり手仕事は、脳を活性し
細胞をふっくらはりはりにするのでしょうか。


お店に入るたび
「お元気でしたか~?」って、お達者確認(笑)

けど、むしろ大丈夫なのか?と疑問なのは、こっちのほう。
ボケボケなのはこっちのほうで、
みなさんのきりりとした佇まいに、背筋が伸びる思いです。


鳥取の底力に、地元のヤングたちは気づいていない。
そして、ヤングでない人たちも。
あっ、でも気づいておられる方々が…。
先だってのイベントの
キャプテンおよび客室乗務員および
関係者各位様たち。
トリへの愛に溢れた、今回の企画をされた皆様。

なのでワシら広島チームは、隠密で行動するのである。
ひそやかにトリに潜り込み
秘密裏に行動し、お宝をがっつり入手して
またひそやかにトリを後にする。。。


でも、やっぱり暗躍時間が足りないので
トリのウイークリーマンションに1週間滞在しようかと
そんな乱暴な計画まで出ている始末。
トリへの熱い思いは
ジモッティにも負けんのであった。                                    

                                                      

|

« バラ一輪 | トップページ | 夜と朝の間に »

コメント

お達者倶楽部withはなちゃまへ

この度は当ツアー「TOTTORI-SIGHTSEEING」にご参加頂き誠にありがとうございました。
“街角スライドショー“のDVDも出来上がりましたので
勝手に送らせていただきます。


夜の丸福、苔桃先輩の宇野ドレスステキでしたぁ〜
ギラリと栄えておられましたっ!☆

マイドマイドお土産もありがとうございました。
うれしや。大切な水玉コレクションに加えさせていただきます。


では、またのお越しこころよりおまちしております。
トリの集金係より

投稿: コトヤ | 2008年11月17日 (月) 18時13分

コトヤ女将さま、こんばんは。

こちらこそ、かっこよくてなのに何処かしら切ない、
とても素敵なイベントに参加させていただいて
ありがとうございました。

コトヤ女将はじめ、イカした女子の面々の
制服姿は激萌でございました。
ええ、お達者二人は血圧が上がりっぱなし、
そのまま昇天されるものかと
危ぶまれたものでございます。


DVD、うれしいです(はぁと)
一人酒の肴にしたいと思います。


お達者の行くところ、何故か水玉あり。
ひっそりと店の奥に追いやられた水玉が
「ここじゃ~~」
と、微弱な電波を発しており、
それを常に傍受できる特殊能力。

やはり、やさぐれ好きこそがなせる業。


いつか、女将主催の「大水玉展」
心ゆくまで開催される日を、楽しみにしております。

またトリでお会いしましょう☆

投稿: みち代 | 2008年11月17日 (月) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バラ一輪 | トップページ | 夜と朝の間に »