« いくじなし~序章 | トップページ | ほろよいマンション »

2009年1月20日 (火)

いくじなし

仕事中。

暇なのか?

いえ、暇ではないのです(笑)
やらねばならぬことは、左横に積まれています。


Photo_3 まま、コーヒーでも飲みながら。
 イラスト、このスキン用に書きたいんだけど
時間がなく。前のスキン用に書いたやつ、使い回しっすよ。。。



えー、ゴーイングライブの続きの話。


これまでのゴーイングライブでは感じられなかった気持ち。
初めて感じた。
それは、ライブが云々言うのではなく、
あくまで私サイドの気持ちのありよう。

軽々と、解き放たれた気持で。
その場所に立っていた。



だから、心から音を楽しめた。
それぞれの楽器の音がちゃんと届いた。
ギターの音が、こんなにかっこよかったなんて。
リズム隊、リズムアレンジが、こんなにスパイシーだったなんて。
そしてキーボードの豊かさ、
すべてが調和して、こんなにも彩られた音だったなんて。

ほんと、これまで何をやってたんだか。。。



「号泣する準備はできている」的なー。
ゴーイングのライブはいつもそうだった気がする。
歌詞の描く物語、私(私たち)にとっては
そのすべてがノンフィクションで、
悲しい物語の主人公は、そこで身動きがとれなくなっていた。
悲しいままで物語が終わってしまって、
その先を見いだせないでいた。

でも、ゴーイングの描く世界は
もっと光にあふれていて、彩りにあふれていて
生きている世界。

私たちは、泣くのに忙しくて、
下ばかり向いて、
あるいは涙で曇って、
目の前の悲しい物語の先にある、
その先の未来を見ていなかった。
希望や、ひかりや、生きるきらめきみたいなの
そんなのが全部見えていなかった。

あー、

俺の涙腺っ


1年の禊ぎ期間(笑)が私たちにもたらしたものは、
大きいなあ。
ノンフィクションはフィクションに。
フィクションの世界を、少しだけの切なさで見る。
その先にある未来を、その光を感じることができる。
キラキラ。
まさに。

楽しいっ。

私的には、ゴーイング第2章の始まり、
って感じ。
Photo_4
                                         

               

新曲、
完成度が高かったですねー。
サウンド的にも、
その世界の作り上げ方も
練れているかんじがしました。

そして。
こちらのギター王子。
ギター王子の王子たる所以を見せつけられた!
さすが、元祖ギター王子のAルフィーのT見沢公認(笑)
王子は王子然としていなくてはなりません。
中澤くん、そこにブレがない。
プレースタイルもかっこいい。

女子は夢見たままでいられるもんね。

つか、ギターめちゃめちゃかっこよかった。
私から中澤君は、視界が遮られていて
あんまり見えなかったんですが、
ギターソロとか、かっこいいフレーズの時は
つま先立ちで見ちゃいましたよ。


出会ってくれてありがとう 君に会えてよかった


私たちのテーマソング
いっしょに歌う。
PVかなにかのように、
そっと手をつなごうかと思ったけど(笑)
できなかった。

俺のいくじなしっ


とある事件にものすごくどきどきしながら、
髪の毛をくくった男の人に弱いことが判明しつつ、
目の前にして、ちょっとクラっとしながらも

私と私たちのこれからのダイアリー
その先に、未来が見えてるもんね。
夕暮れのあの美しさ!!











|

« いくじなし~序章 | トップページ | ほろよいマンション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いくじなし~序章 | トップページ | ほろよいマンション »