« 悪天候のあおり | トップページ | 「東京」ってことで。 »

2009年2月23日 (月)

ねじれてゆがんだ恋愛感

090223_12570001_2 土曜日。
友達と横浜へ行き、
彼女はそのまま横浜でライブ、
私は、新宿に戻って
小さな劇場へ。
当日券で「恋愛戯曲」

演劇は、当日券が出やすい。
「恋愛戯曲」は
ノンスタ石田が出る芝居。
鴻上尚史さん作。

久しぶりに、このキャパでの芝居。
うんうん、これこれ。
この、独特の空気。
観客の、ちょっと入れ込んだ感じ。
知り合い同士の会話。
ちょっとした知識のお披露目。

なんか懐かしいなあ、
なんて思いながら、開演を待つ。

舞台は低く、
客席は前方5列目まではパイプ椅子席。
後方が階段席。
後方のほうが見やすいと思われます。

感想。
おもしろかったーー。
もう2回は観ても良い。
めちゃめちゃ笑い、心底泣き、
切なく哀しく痛い、恋愛の話。
石田(くん)は←(俳優なので一応、くん付け)
漫才のときとは全然違う表情。
かっこよかったです。

台詞回しも実直で、
胸に響いたことばもいくつか。
そして、最後の台詞にマジ泣き。
ああ、そんな風に言われたい。
そんな風に言われたら、明日なんて無くて良い。
一刹那で、それだけでいい。
んな、台詞でした。

八十田さんが、よかったですねー。

まだ公演中なので、まあこれくらいで。
26日が楽日です。
もう1回で良いから観たいなあ。

そんな舞台でした。

願っていた生石田。
こんな形で実現。
ますますファンになりました。

Photo                                                   

                                                   

ねじれてゆがんだ恋愛感。
ねじれてゆがんだ自信過剰。

そんなこんなで、
まあいろんな東京ライフ。

|

« 悪天候のあおり | トップページ | 「東京」ってことで。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悪天候のあおり | トップページ | 「東京」ってことで。 »