« 晴れた日は列車に乗って | トップページ | ねじれてゆがんだ恋愛感 »

2009年2月23日 (月)

悪天候のあおり

あまりに疲れたのか
はたまた、ねこの仕業か。

おそくまで寝付けず、
泥沼のような朝を迎える。
まだ、沼の生物のまま、人に戻れていません。

昨日は、
飛行機の離陸が45分遅れ、
家に着いたのが11時でした。

全国各地の悪天候により、
空路が乱れてしまったようです。

飛行機は満席、
私は、3人掛けの真ん中。
両隣、おやじ。
最悪のパターンじゃないですか。

おまけに
「飛ぶことは飛ぶけど、悪天気で視界が悪いと
羽田に引き返しちゃうけど、文句は言わないでね」
そんなようなアナウンス。

かなり疲れていたのですが、
うっかり眠ってしまい、
まかり間違って、
どっちかのおじさんの肩に頭を乗せて…。
なんてことが起こってはえらいこと。

カッと目は見開き、前方をまっすぐ睨みつけ
姿勢をただし、微動だにせず。
目あけたまま気絶か?くらいな1時間半でした。

悪天候と言えば、
旅立った金曜日。
どこかの飛行機が乱気流でけが人続出、の日。
着陸前、めちゃめちゃ揺れました。
ジェットコースターみたいだった。

そうそう落ちることはないだろうからと、
わくわくしていた私。

脳天気っ。

金曜日は、リムジンバス満席で積み残しされ、
余裕の時間だったはずが、
次のバスの時間まで20分ばかし寒空の下。
待合室に入ってしまって、また積み残しされたら大変と、
がんばって居続ける。


まあ、次のバスでも間に合わないことはない。
がしかし。
高速渋滞に巻き込まれ、
バスは進まず、時間はすぎるばかり。
10分前。
かろうじて間に合う。

まあ、間に合ってよかった。
けががなくてよかった。
昨日も、遅れたけど、ついてよかった。

ポジティブ!

家を空けていると
帰ったら、ねこがくっついて離れない。
かわいいっ(はぁと)

|

« 晴れた日は列車に乗って | トップページ | ねじれてゆがんだ恋愛感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晴れた日は列車に乗って | トップページ | ねじれてゆがんだ恋愛感 »