« 文化に触れる@益田 | トップページ | おべんとうの時間 »

2009年8月17日 (月)

15年

バス停からの道のり
虫の声が日に日に増しています。

***

昨日、ジローが
最高のの猟場に旅立ちました。

あまりにもあっけなく、
まるで何も起こっていないかのような我が家ですが
犬小屋は空き家になってしまいました。

昼過ぎ
買い物に行こうと外に出ると
ジローは大はしゃぎでうちの中に入れてくれと。
それが最後でした。

1時間あまり、帰ってみると
小屋の横にシーツにくるまれた物体。

すぐには理解できず、
そっと触ってみると、ジローでした。

心臓発作だったそうです。
苦しまず、あっけなく、
本当にあっけなく逝ってしまったと。

15年。
病院にかかることもなく、困らせることもなく、
優しくておとなしい犬でした。
最期の最期まで、飼い主の手を煩わせることなく逝きました。
ジロー、最期まで良い子だったねー。

実感がわかないとか、
理解ができないとか、
そんなでもなく
やっぱり何も起きていないかのような私。

昨日の出来事なんて、無かったかのような。
展開の速さに、感情が追いつかない。



ジロー、ありがとね。

|

« 文化に触れる@益田 | トップページ | おべんとうの時間 »

コメント

そうか~。

ジロー君もいたのね。

そうか~、、、、、、、。

投稿: 中原のばら | 2009年8月18日 (火) 10時59分

のばら様

そうなのですよ、しばいぬ。
ジローはすっかり家族、だったので
居ることがあたりまえだったようです。

いろいろ思い出すも何も
まだ、気持ち的には何も起きていない状態なので。
晩年は、ほとんどの時間眠っていたのですごく静かでした。
今もその続きのようです。

散歩係の父の落胆が大きく、
寂しさは埋められないようで
次のお犬さんが来る日も近いと思います。

ジローが家族ならしっぽちゃんはまだ恋人・笑
これからだんだんと家族になっていくでしょう。

投稿: みち代 | 2009年8月18日 (火) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文化に触れる@益田 | トップページ | おべんとうの時間 »