« 浜田遺産的な。 | トップページ | 大阪漫遊チャージ篇 »

2009年8月25日 (火)

大阪漫遊LIVE編

090824_20340001 デパ地下でベーグルを買って
帰りがけにとあるデリコーナーの前。
通り過ぎようとして、
鮮やかな色が目に入り振り返る。

三色トマトのあっさりマリネ。
トマトの感じがおいしそうで
どーしても食べてみたく、
衝動買い。

酸味が程よく抑えられ
和テイストのものを舌に感じ
まろやかなマリネ液。
それぞれのトマトの味を生かしつつ
ちゃんと味はついている。

緑のトマトはサクサクした食感。
酸味やや強し。
黄色のトマトはフルーティな甘さ。
赤いトマトは2種。
プチトマトは凝縮されたトマトの濃い味。
やや大きめのトマトは酸味と甘みのバランス。

美味しく頂きました。


***

大阪1泊の旅。
土曜日の出発から波乱続きでしたが
楽しい二日間。
友達と積もりに積もった話をして
食べて笑ってしゃべって。

090822_18010001 タシローくんとソカベくんのライブ。
阿波座というところの
とあるカフェで行われました。

このエントランス、
私の想像はふくらみ、
内部も鬱蒼とした
一種異空間を想像して
勝手に盛り上がっていましたが、

イマドキのカフェ。
雑貨があって、お酒も飲めてっいう。
まあ、良くある感じです。

食事に力を注いでる感じですが
なにせ、
昼ごはんをたらふくいただき
その後すぐに
みたらし風ソフトクリームを食べ
さらにそのあと
タルトの(有名)店に行き
食べ尽くめの後だったため
ガツンと食欲は無く、

私が肴に選んだのが
アボカドスライスの牡蠣醤油かけ。
なので、食事のお味は確認できず。

そしてドリンクは、
なんかちょっと気取ってみたかったのかなんなのか
ビールをジンジャーで割った飲み物。
甘ったるく、変に酔いが回る。

やっぱ、
女は黙って生ビール。
に限る。


席はテーブル席とカウンター。
私は後方の1段高くなっているカウンターをキープ。

全体が見渡せる位置でした。
ソカベくんお目当てが多いのかな?
ソロの時はカップル度高し。
ソカベくんは「前座です」といって歌い始める。

ななななんすか、あーたたち。
そんな一番前で手なんか握り合って
彼の肩に頭なんか乗せちゃって。

そんな風景も展開され、
アコースティックギターの甘い音色

甘い甘い歌声に
そりゃ、恋人たちもそーなるでしょうよ。

良いですねー、ソロ。
ソロでたまにやるから、ソカバンが良いって思えるし
ソカバンがあるから、ソロ良いって思う。


タシローくん。
この独特のグルーブ感。
体が自然に動くよねー、って思うんだけど、
みんな座ったまま微動だにせず。

なんかアコースティックのライブは
こうあらねば、ってのがあるのかな?
もっと自由に楽しもうよ。
そんな風にちょっと高いところから見渡して思った。

カフェ、でもいいんだけど
も少し自由な感じ、バーみたいなところのほうが
タシロー君のグルーブ感が生きるのかな。

どーもね、そのライブにおける盛り上げ方の決まりとか
アコースティックやバラードの時はこうしないと、とか
そんなのができてしまってるようでヤダ。
(今回のライブに限らず)

タシロー君はすごくよかったです。
音楽の波の小さな大きな様々なうねりに
身をゆだね、飲み込まれ、もまれ、漂い、
そんなライブでした。


***オマケの話
ライブ終わってホテルでチェッックイン。
ロビーに見覚えのある御方。
さっき目の前で歌ってた前座の人。

ひぃぃぃぃっ。

翌日、チェックアウトしようとフロント階に行ったら
ロビーに見覚えのある方々。
日曜日のこやそにフェスのため
バンドメンバー全員集合。

ひぃぃぃぃぃぃっ。

大阪、こんな広いのに。
ホテル、いっぱいあるのに。

よりによって・・・。

こういう時って、嬉しいよりも
ひじょーに困る。
ひじょーに困るのである。

大阪漫遊二日目に続く。





|

« 浜田遺産的な。 | トップページ | 大阪漫遊チャージ篇 »

コメント

シロクロは衝動したかった。
だけど、きのう、感じ集合するはずだった。
それで酸味微動するはずだった。

投稿: BlogPetのシロクロ | 2009年8月25日 (火) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浜田遺産的な。 | トップページ | 大阪漫遊チャージ篇 »