« ある缶にまつわる話 | トップページ | また春に会いましょう »

2009年9月29日 (火)

窓の外は雨

初恋の嵐ってます。


というメールを送る。
何のこっちゃ、です。

初恋の嵐を聴いている、ということ
そして、今現在の私の状況もろもろ
全てをあらわした動詞。

そんな説明をしなくても
一番正解に近い形で
受け取ってくれたのであろう。


この時期に初恋の嵐を聴く。
音楽は思い出インデックス。
途端、感傷旅行が始まるのである。

が、これくらいがちょうど良いかも。
これくらいの湿度が必要かもしれない。
なんせ今、心にウエット感がない。
仕事に追われ、なんかぱっさぱさな心である。

思い出のインデックス
そのページを開いて少しだけ眺める。
でも、長居は無用です。
少しが良い。
でないと、どっぷり頭まで浸かって
息ができなくなるからなあ。


***

ひとつの国が私の手によって
崩壊しようとしている。

一昨日から、蟻が活発に行動を始めた。
10匹くらいならまだしも
黒い塊になって部屋の中を行動する。

昆虫は好きだが蟻は好かない。

しっぽちゃんの餌にもたかり始めた。

心を鬼にしてありの巣コロリ。
今の状況をお伝えしますと、
せっせとコロリを巣に運んでおります。
死の行軍です。

「チョー旨そうな餌があったぞ」
「どこだどこだ」
「あっちだよ、伝達しろ」
「これでこの冬も安泰だな」
「豊富な食料で我らが王国は発展を遂げるであろう」

そんな会話をしながら
せっせと運ぶ。

王国の崩壊。
人間とはなんと身勝手。

|

« ある缶にまつわる話 | トップページ | また春に会いましょう »

コメント

きのうみち代と、初恋を旅行しなかったよ。

投稿: BlogPetのシロクロ | 2009年9月30日 (水) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ある缶にまつわる話 | トップページ | また春に会いましょう »