« このすばらしき日々 | トップページ | 卵 »

2009年11月 9日 (月)

文章世界

かばんの中には
ちくま日本文学004「尾崎翠」
(ちなみにこのシリーズ、装幀は安野光雅さん)

読み返してもう3回目くらい。
鳥取へ行く車中も
時おり本を開いて読んで
眠り、また本を開いて読む。
「歩行」
そして「第七官界彷徨」のさわりまで。

091107_09320001 さすが出身地県。
そこかしこに所縁あり。

かゆいところに
手が届く、
そんな古本ばかりが集まる
コトヤさん。

そこには
素敵な表紙の尾崎翠全集。
(なんだけどそれには手が出せず
買ったのは別冊太陽「蝶」)

そして
女将より耳寄りな情報。

近くのお寺に墓所があるという。091107_09390001_2


翌日、案内していただき
行ってきました。

墓石の前で手を合わせ
「素敵な文章が書けます様に」と
声に出してお祈り。

「迷惑だわ・・・」
草葉の陰から聞こえたとか聞こえないとか。


そんなわけで
相変わらず文章はスチャダラな感じですが
思いがけず、行けてよかったです。

読めば読むほど面白さが増す。
今は、
読むものが無く、困った時のこの1冊、
でございます。


月曜日くらいは
心穏やかに、人に優しく過ごそうと
心に誓った朝でしたが

トップのあまりのダメッぷりに
怒り心頭。
会議であれこれ意見するも力及ばず。
力の無さをみんなに謝り、最善策を探る。

ああ、中間管理職。
くるくるくるくる上と下の狭間を
いつもより余計に回ってます。



お口直しに
美しいものを。

Ajisai



|

« このすばらしき日々 | トップページ | 卵 »

コメント

みち代が口直しするの?

投稿: BlogPetのシロクロ | 2009年11月13日 (金) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« このすばらしき日々 | トップページ | 卵 »