« ミシン | トップページ | 僕たちは何度でも生まれ変われる »

2009年12月29日 (火)

野苺を摘みながら

イヤホンをちょっといいヤツに変えました。
ギターの音もコーラスも
今までより良く聴こえるようになりました。
ああっ、かぁーーっこいいっ。

***

素敵な休日のお話を。


昨日、高速バスに乗って
私たちのお城へ行ってきました。

高速バスの時間は
好きな音楽に浸かり
時に好きな言葉をつらつら読み
そしてつらつら眠り、

至福のヒトトキ。
そして、安息の時間です。

高速を降り、
途中、私の大好きな風景を眺め
バス停に到着。
歩き始めた途端、
粉雪が降り始め、

まあ、お約束なんで
小さく粉雪~~♪と唄ってみる。


ここから少し歩きます。
いつもは、大きな車道脇の草の上を
(本人はスタンドバイミーのつもりで)歩きます。

昨日は、もう一方の細い山沿いの道を。

傘は持っていたものの
地元の方はこれくらいの雪では
傘は必要ないらしく
私も、地元に習い襟元をぎゅっと握って歩く。

しばらくすると雪も止み
日が差し始める。

寒さで強張った顔をほぐすべく
変顔体操をしながら歩く。
人通りも車も通らないのをいいことに
やりたい放題(笑)

風が無いとぽかぽかと暖かい。

ずーーと気になっていた大きな樹。
川向こうからもその存在感はグレートで
車で下を通る時も
エネルギーを放っている。

樹齢400年のスダジイ。
真下に立つと、うわっ、すごい。
生物だけでなく
精霊も妖精も棲家としているであろう。

しばし、口をあけて見上げる。
しげしげと眺め、うんうんとうなずく。
少し下がって見上げ
腕組みをし、ため息をつきながら
首を横に振る…

どこかで聞いたフレーズ(笑)

この山手は、この椎の樹をはじめ
大きな椎の樹が何本かあります。
花はないこの時期、
木の実が彩りを添える。

ムラサキシキブの紫の実
柏の赤い実
そして、斜面びっしりと
野苺!!!

それがピカピカと日の光に輝いて
煌いて、
とても綺麗で、

一枝だけ下さいね、と
小さな枝を頂く。

30分の山道散歩はとても楽しく、
ずっと笑顔で、
いやしかし、客観的に見れば
笑いながら歩くよそ者の女という、
若干気持ち悪いことを覗けば
無邪気に嬉しい時間でした。

(お迎えに来て頂いていた事も知らずに…)

お城の前に立ち、笑顔に迎えられ、
温かく居心地のいいその空間に身を置く。

ひとしきり話し、
気がついたように
「何か食べる?」と聞かれ、
それが家に帰ってきたみたいで
おかしくてうれしくてまた笑顔。

ゆっくりとした時間を頂くことができ
たくさんお話をしました。
楽しい計画、
現実に近い夢の数々。

また、楽しい1年になりそうです。

優しくゆっくりとした休日を
ありがとうございました。

つれて帰って小さな可愛い子たちは
今はパソコンの前に飾ってあります。
(本当に可愛いったらありゃしないっ)


***

パソコンの画面、
左側に小さく小窓でこれを打ってます。
右側には大きくライブDVD。
前述のイヤホンで聴きながら。

んもう、ほんと
堰切って次から次から思いを垂れ流しそうなので
抑えておきますが。

イヤホンの右側から聴こえる音に
”大好き”が出っ放しです(笑)


新生ゴーイングがスタートしました。
ワクワクします。
ドキドキします。
ミナミ、なんかウキウキする。
一昨日辺りから、ウキウキが抑えられない。

イライラしてる場合じゃないよ。

何かが始まったこの感じが、
来年を予感させます。


さて、予定が変わり
明日八雲今年最後の広島デート。

2009年を打ち上げます。





















|

« ミシン | トップページ | 僕たちは何度でも生まれ変われる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野苺を摘みながら:

« ミシン | トップページ | 僕たちは何度でも生まれ変われる »