« 今、伝えなくちゃ。 | トップページ | ぼやきます。 »

2009年12月 6日 (日)

週末ミュージアム~2

朝方、毎日夢を見る。
毎日が冒険。

昨日は、富士山に登る夢。
炭鉱の洞窟っぽいところや
狭く暗い道を登る。

その前の日は
女王みたいな女の人に導かれ
闇の世界(青い鳥っぽい)へ行く。
闇、不安、恐怖、
その中を進んでいく。

今朝もまた
やっと通れるほどの
下水管の中を進んでいく。
目指すはスタジオみたいなところ。


そして、いつも一緒に
冒険の旅に出るしっぽちゃん。


うーーん。
枕の端っこに頭を乗せて
隣で眠るしっぽちゃん。
ひょっとして、こいつが私の夢をコントロールしているのか?
だから、いつも猫目線の冒険なのか?!

同じ夢を見ていると想像したら
すごく楽しいね、しっぽちゃん。

明日の朝はどんな冒険なのかな?


***

先週1週間。
如何ともし難い日々。
研修、打ち合わせ、会議、課題。
放課後は毎日TV会議。
気を抜けない日々。

水は重く体に纏わり、
うまく前に進めない。
息継ぎもできないまま、全力で泳ぎきる。

けれど、
事務所を出て、携帯取り出し
PLAYボタンを押す。
イヤホンから流れる音に
体中包まれて、ふっと宙に浮き上がる感じ。
疲れていても、如何ともし難くても

気持ちがほぐれ
幸福オーラが出てくる出てくる。

単純。


***

久しぶりに家に居た週末。
風邪はほぼ完治、
残存する咳の根っこを根絶すべく
引きこもってゆっくりしてました。

気持ちは音楽で上がっても
体は休まっていないので
調整しておかないとね。

さて、
週末ミュージアムの続きの話でもいたしましょうか。

大江戸線に乗って六本木を後にし、
両国に降り立つ。
以前よりずっと来たかった「江戸東京博物館」
まず、建物のでかさに圧倒される。

そりゃそうだ、
このビルの中に江戸や東京の町並みが
再現されているんだもの。
エスカレーターで6階まで上り
エントランスをくぐる。

目の前にどーーんと日本橋。
主に6階が江戸ゾーン。
5階が東京ゾーン。

徳川幕府誕生から
江戸の全盛期、維新。
そして、幕府崩壊から関東大震災を経て
戦後までの東京。

その概要を資料や展示品で紹介。
歴史の流れを知るには
非常に見やすいが、
展示品も多いため、集中力が必要。

そう、
本当に沢山提供されてるのだ。
さあ、どうぞ、こんなに沢山用意しましたよ。
存分に堪能してくださ~い。

という感じ。

それなのに何か物足りない。
私は江戸文化とか興味あるし
本も好んで読むし、
いや、ほんと大好きなはずなのに、
何故か物足りなさを感じる。

本当に膨大な展示物にも関わらず、だ。

気がついた。

私は、一個のことを突き詰めて、というのが好きなのだ。
広く、沢山展示しているここは
私の好奇心を満たさないのだ。

浮世絵なら浮世絵。
古川柳なら古川柳。
吉原や江戸言葉。
本で読んだあれこれを目の当たりにしたい。

そこまでやるかっつうくらい
しつこいからもう良いですつうくらい
細かくねちねちと
突き詰めて展示してあるほうが
好きなのだ。


前出のハプスブルク家しかり。
その周辺を幅広く見せられるより、
小さい規模でもいい、
ねちねちとコアな部分まで見たい知りたい。

というわけで
半日で、江戸幕開けから終戦まで時間旅行。
ぐったり疲れ
芝居小屋の椅子に座って

団体客のオヤジの
アキバのめいどカフェに行くだの行かんだのの話を
聞くともなく聞き、
「オレはそういうのキライなんだ」
という、一人の硬派オヤジのきっぱりした態度に
エールを送り、

何故か清々しい気持ちで
江戸博を後にするのであった。


私の好みはありますが
博物館のつくりや、展示は
すっげー!!って感じになりますので、
あと、両国といえば相撲の街。
冥土の土産にはもってこいの観光スポットです。


***
さて週末ミュージアム。
もう1回だけ続きます。
先週またしても訪れた、庭園美術館。

その様子はまた。

今月の東京行き日程が決まりました。
来週末にはまた東京。
そしてその日は
下北でまたライブがある日。

私の引きの強さ、ここに現る(笑)
思いの強さが引きの強さに繋がるのでしょうか。
おとぎ話と栗コーダーアンダーグラウンド。

おとぎ話も割に縁が深いというか、
数えて今年3回目。
どんなクリスマスナイトになるのか
楽しみです。

そしてこの日は
ナカザお誕生日前夜。

おしゃれして行こう。








|

« 今、伝えなくちゃ。 | トップページ | ぼやきます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今、伝えなくちゃ。 | トップページ | ぼやきます。 »